1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「締結」と「契約」の意味の違いと使い分け

「締結」と「契約」の意味の違いと使い分け

「契約」は「両者の合意のもと実現する約束のこと」で、「締結」は「契約や条約、協定について両者が合意したこと」です。一緒に使われることも多く意味が混同しやすいですが、明確な違いがありますのでしっかりと覚えておきましょう。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「契約」と「締結」の違い

「契約」と「締結」という言葉はよく目にしたり耳にすることが多いかと思います。 しかし、明確な違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか? 「契約」と「締結」は、ビジネスシーンや家の賃貸の場面などでよく用いられています。 それぞれの意味は、

▶契約・・・両者の合意のもと実現する約束 ▶締結・・・契約や条約、協定について両者が合意したこと

となっています。 「契約」とは、当事者間で交わす約束のことを指します。 主に法的効果が発生するものであるため、ビジネスシーンや賃貸の際に結ぶものとなっています。 口約束とかではなく、しっかりと書面にサインをしたりして法律上の権利義務を発生させ、法的な拘束力を持ちます。 そして、その「契約」を結ぶことを「締結」と言います。 話し合いがまとまり、当事者同士が合意をすると「契約の締結」となります。

「契約」の意味と使い方

「契約」は「けいやく」と読みます。 「契約」の意味は「約束を取り交わすこと」です。 両者の合意のもと、実現する約束のことを指します。 特に複数の人の合意によって当事者間に法的効果を発生させる約束のことです。 法的な拘束力を持つことを期待され、雇用・売買等に関して行われます。 主に「契約する」「契約を結ぶ」「○○契約」と用います。

  • A社と契約する
  • B社と契約を結ぶ
  • 契約者
  • 契約日
  • 契約書
  • 賃貸契約

などと使います。

例文

  • 新しく契約するための準備をしなければならない。
  • どうやらA社とB社が新契約を結ぶらしい…。
  • 昨今は部屋探しから契約手続きまでアプリで出来る。
  • 契約者のほとんどが女性だったようだ。
  • A社は重大な契約違反を犯した。

「締結」の意味と使い方

「締結」は「ていけつ」と読みます。 「しけつ」「しゅうけつ」とは読みません。 「締結」の意味は「契約や協定などを両者が合意したこと」です。 条約・協定・契約などを、”絶対に守る”という強い意思で結ぶことを表します。 「締結する」場合は、話がまとまってから取り決めの内容に対して各当事者全てが合意する必要があります。 主に「締結する」「締結される」という形で用います。

  • 条約を締結する
  • 協定を締結する
  • 契約締結日
  • 締結済み

などと使います。

例文

  • A社とB社はパートナーシップ契約を締結した。
  • 災害協定の締結が増えている。
  • あの契約締結のニュースはフェイクだったようだ。
  • 契約締結日までに引っ越しの準備を済ませたい。

こちらの記事もチェック

「言葉遣い」と「言葉使い」の意味の違いと使い分け

WURK

「煩雑」と「複雑」の意味の違いと使い分け

WURK

「享受」と「甘受」の意味の違いと使い分け

WURK

「一貫」と「一環」の意味の違いと使い分け

WURK

「排出」と「輩出」の意味の違いと使い分け

WURK

了知・承知・承諾・了解・了承 の違いと使い分け

WURK

「公平」と「公正」の意味の違いと使い分け

WURK

「衒い」と「外連」の意味の違いと使い分け

WURK

「確かに」と「確か」の意味の違いと使い分け

WURK

「一貫性」と「統一性」の意味の違いと使い分け

WURK

「目下」と「目先」の意味の違いと使い分け

WURK

「一過性」と「一時的」の意味の違いと使い分け

WURK

「事案」「案件」「事例」「事件」の意味の違いと使い分け

WURK

「諦観」「諦念」「達観」の意味の違いと使い分け

WURK

「合理的」「効率的」「能率的」「論理的」の意味の違いと使い分け

WURK

「始祖」と「開祖」の意味の違いと使い分け

WURK

「欺瞞」と「偽善」の意味の違いと使い分け

WURK

「元祖」と「本家」の意味の違いと使い分け

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「締結」と「契約」の意味の違いと使い分け