1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. ビジネスにおける「案件」の意味や使い方、例文、「事案」との違いを解説
ビジネスにおける「案件」の意味や使い方、例文、「事案」との違いを解説

ビジネスにおける「案件」の意味や使い方、例文、「事案」との違いを解説

「あの案件はどうなっている?」「いい案件があるんだけどどう?」などと、ビジネスシーンでよく使われる「案件」という言葉があります。「その件」や「例の件」と言うよりも「あの案件」と言った方が、ビジネスマンらしく、より仕事ができそうなイメージがあるので、なんとなく使っている人も多いと思います。「案件」には様々な意味があり、それぞれ使い方が異なります。そこで今回は「案件」の意味や使い方、「事案」との違いについて解説していきます。

「案件」の意味

「案件」の意味は「処理されるべき事柄」「議題とされる事案」になります。 何か問題、話題になっている事柄なので、誰も知らないようなことを”案件”とは言いません。 ビジネスでの「案件」は、大きく分けて次の意味があります。

◯現在、問題として挙がっている事柄(現在進行中) ◯今後、調査・解決をすべき事柄(未来形) ◯訴訟事件

「案件」は問題の中身を表すというよりも、問題そのものを表していると考えられます。名前が決まっていない問題を取り上げるときは「◯◯の案件」とします。 「今後、調査・解決すべき事柄」という意味での「案件」は、これから検討することを表します。 「案件」には「訴訟事件」の意味も含まれます。法廷の場で「この案件は〜」といった場合、「この事件は〜」という意味になります。 「訴訟事件」という意味での”案件”は、弁護士や裁判官など法律に携わる仕事でない限り、使うことはありません。 ビジネスでの「案件」は幅広く使うので、曖昧な意味になりがちなので注意してください。

「案件」の使い方と例文

ビジネスシーンでは「あの件については〜」「例の件については〜」と言うよりも、「その案件については〜」と言う方が丁寧になります。 では、「案件」はどのように使うのでしょうか。使用例を紹介します。

A「そういやあの案件はどうなった?」 B「昨日◯◯さんと打ち合わせしたよ。三日後にまた打ち合わせするよ」

この場合の”案件”は「問題になっている事柄」という意味で使われています。 このようにビジネスシーンでの”案件”は、「現在、問題として挙がっている事柄」を指すことがほとんどです。 では、次のような場合はどうでしょうか。

A「バイト、どうしようかな〜」 求人サイト「大量求人案件あり!興味のある方は、是非是非ご応募ください!」 A「お!いいなこれ〜」

こちらもよく見る「案件」の使い方です。 この場合、「求人案件」は検討すべき「募集中の求人」を表します。 他にも「案件情報」とした場合は、”提示された案件の中から自分が気に入ったものをこれから選ぶ”という未来へ向けた意味合いで使います。 このように”案件”は、「問題となっている事柄」と「これから検討すべき事柄」という意味合いで使います。

⚠︎「案件」は日常会話では使わない! 「案件」は何となく堅い印象がある言葉なので、日常的に使用するには不適切です。 日常会話で「案件」を使用すると、格好つけていると思われてしまいます。

例文 ◯「現在、問題として挙がっている事柄」を意味する場合 ・この間の会議で取り上げた案件ですが、今週中には必ず答えを出すようにと取引先から連絡がありました。 ・ここ最近はひたすら案件処理に追われていたが、先週から進行している案件がまだ4件もある。 ・この緊急案件に対し、迅速に対応してください。 ・本案件へのご理解を、よろしくお願いいたします。 ◯「今後、調査・審議をすべき事柄」を意味する場合 ・別の案件を抱えているので、◯日までは手一杯です。 ・大量求人案件あり!興味のある方は、ぜひご連絡を! ・エンジニアのための案件情報サイトです。 ◯「訴訟事件」を意味する場合 ・あの案件については、この間やっと示談が成立したところだ。 ・本案件は未だに未解決のままである。 ・あの案件の参考人に話を聞く。

「案件」と「事案」の違い

「事案」は「(処理の対象とするしないに関係なく)問題になっている事柄そのもの」を意味します。 「案件」は何か具体的な行動がなされて、処理をする必要が事柄を指します。それ以前の検討段階にあるものが「事案」です。 例えば、道で人が倒れていたとします。ただ、病気で倒れているのであり、誰も責任を負わない状況ならば単なる「事案」になります。 しかし、ある人が別の人を指して「この人が殴った」と訴えれば、それが本当かどうか結論が出る前でも、訴えたという事実に基づいて警察が動くので「案件」となります。 「事案」は「処理するかしないか関係なく問題となっている事柄」、「案件」は「処理されるべき事柄」を意味します。

「案件」の類語

問題 (意味:研究・議論して解決すべき事柄) 「そんな小さいことは問題にならない」 ◯課題 (意味:題、また問題を課すこと) 「まだ達成すべき課題は残っている」 ◯事例 (意味:事件の前例。前例となる事実) 「ある事例を調査する」 ◯事柄 (意味:事の内容。事の模様) 「重大な事柄を発表する」 ◯タスク (意味:課せられた仕事。任務) 「このタスクが終わったらすぐ行きます」 ◯ミッション (意味:使命。重要な任務) 「ミッションを遂行する」 ◯ケース (意味:場合。事例。事件) 「特殊なケースとして処理する」

案件の断り方は?便利な例文集を紹介

断り方としては、 ・案件の依頼についてのお礼を述べる ↓ ・案件を断る旨をしっかり伝える ↓ ・最後にお詫びをする となります。 案件の依頼の返事は、できるだけ早く返すのが基本です。 特に、案件を断る場合は、相手は他に案件を引き受けてくれる人を探す時間が必要になるため、なるべく早く返信します。

例文 ・お声を掛けていただきありがとうございます。大変申し訳ありませんが、今回はどうしても都合がつかず、お役に立てそうにありません。また同じような機会がございましたら、是非お誘いいただければ幸いです。本当に申し訳ございません。 ・お世話になっております。この度は、求人案件のご紹介をいただきありがとうございます。せっかくのご紹介ですが、勤務地は◯◯市近郊を希望しておりますので、本案件は辞退させていただきます。今回ご紹介いただいた案件は、勤務地以外はほぼ要望に一致していますので、このような案件がございましたら、引き続きご紹介いただけると幸いです。 ・ご依頼いただいた資料作成の件ですが、今抱えている案件の納期が◯月◯日のため、お引き受けできません。本当に申し訳ありません。△月△日以降であれば取りかかることができますが、いかがでしょうか?

「案件」の英語

「案件」は英語で、 ・matter ・case と言います。

I'd like to discuss that matter.

あの案件について議論したいです。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

まとめ

「案件」について理解できたでしょうか? ✔︎「案件」は「処理されるべき事柄」「議題とされる事案」を意味する ✔︎ ビジネスでの「案件」は、「問題として挙がっている事柄」「今後、調査をすべき事柄」を意味する ✔︎「案件」は堅い印象があるので、日常会話ではあまり使わない ✔︎「案件」の類語には、「事柄」「事例」などがある

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 23 thumb

ビジネスでの「懸案」の意味と使い方!懸念事項、懸念、課題との違いは?

eigobu.jp
Article 19 thumb

「懸念」の意味とビジネスでの使い方!危惧・心配・懸案 との違いは?

eigobu.jp
Article 18 thumb

「申し上げます」の意味とビジネスでの使い方!「致します」との使い分けも解説!

eigobu.jp
Article 11 thumb

「当方」の意味とビジネスでの使い方、例文、読み方、反対の表現、類語

eigobu.jp
Article 22 thumb

「感謝申し上げます」の意味や例文、ビジネスでの様々な感謝の伝え方を解説

eigobu.jp
Article 25 thumb

「いえいえ」の意味、場面ごとで変化する使い方、「いやいや」との使い分けを解説

eigobu.jp
Article 16 thumb

目上の人に使える?「いかがでしょうか」の意味と使い方、例文、類語を解説!

eigobu.jp
Article 1 thumb

ビジネスにおける「案件」の意味や使い方、例文、「事案」との違いを解説

eigobu.jp
Article 2 thumb

「いらしてください」の意味と使い方!「来てください」の敬語表現は他にどんなのがある?

eigobu.jp
Article 26 thumb

「わざわざ」は失礼?敬語変換と本来の意味、使い方、類語、漢字を解説!!

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. ビジネスにおける「案件」の意味や使い方、例文、「事案」との違いを解説