1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「配慮」の意味と使い方、類語「考慮・気遣い」との違い、英語表現
「配慮」の意味と使い方、類語「考慮・気遣い」との違い、英語表現

「配慮」の意味と使い方、類語「考慮・気遣い」との違い、英語表現

「配慮」という言葉をご存知でしょうか。「配慮する」「ご配慮いただき」などと使います。日常会話でもビジネスシーンでも使うことがある言葉ですが、意味を適切に知っているでしょうか。また「配慮」に似た「考慮」や「遠慮」などとの違いについても知っておく必要があります。そこで今回は「配慮」の意味や使い方、読み方、類語について解説していきます。正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「配慮」の読み方と意味

「配慮」の読み方は「はいりょ」

「配慮」は「はいりょ」と読みます。

「配慮」の意味は「他人や物事を気にかけること」

「配慮」の意味は「他人や物事を気にかけること、注意を払うこと」です。 相手や他の物事のことをあれこれと考えて、思いやりをもって気を配ることを表します。 「配」は「広く及んでいること」、「慮」は「あれこれと考えること」を意味します。

「配慮」の使い方と敬語

「配慮する」が基本の形

「配慮」は「配慮する」という動詞の形で使います。 「気をつける」「心がける」などが類語です。 敬語にすると「配慮します」「配慮いたします」となります。

例文 ・彼は自己中心的だから、もっと他の人に配慮した方がよい。 ・相手の気持ちを配慮していれば、よい結果になっていたかもしれない。

「配慮が欠ける」「配慮が足りない」は「心配りが十分ではない」の意

「心配りが十分でないこと」を「配慮が欠ける」「配慮が足りない」と表現します。 「配慮が欠ける対応」「配慮が足りない発言」などと名詞を続けて使ったりします。 ビジネスシーンでは謝罪文で「配慮が足りず、申し訳ありませんでした」「配慮に欠けていて、申し訳ございません」などと使われます。

例文 ・配慮が欠けていたために、周りの人に迷惑をかけてしまった。 ・相手に配慮が足りなかったから、悪い結果になってしまったのだ。

目上の人の「配慮」は尊敬語の「ご配慮」を使う

「配慮」を尊敬語(敬語)にするときは接頭語「ご」を付けて、「ご配慮」となります。 「相手が自分のためにしてくれた気遣い」という意味で、目上の人から配慮を受けた場合に使う表現です。 「ご配慮」は、目上の人に感謝の気持ちを伝えるときに使うことが多いです。

例文 ・常日頃からご配慮いただき、誠にありがとうございます。 ・プロジェクト実行に当たってご配慮いただき、大変感謝しています。

「ご配慮」をもっと丁寧にいうと「ご高配(ごこうはい)」

「ご配慮」のより堅い表現に「ご高配(ごこうはい)」があります。意味は同じです。 「ご高配」はかなりフォーマルな言葉なので、ビジネスメールでは使用せず年賀状などで使われます。 配慮に感謝する場合と配慮をお願いする場合の2通りの使い方があります。

例文 ・平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 ・本年も変わらぬご高配を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

「ご高配」の読み方、意味、使い方!「ご配慮」とは?類語や英語表現も紹介

eigobu.jp

「ご配慮願います」は禁止の命令

「ご配慮願います」は、禁止の命令です。 「ご配慮願います」は、尊敬語の「ご」と丁寧語「ます」が使われているので敬語です。 「ご配慮願います」は目上に使える敬語ですが、直接的な表現なのでお店の注意書などで使われます。 口頭で言う場合は「ご配慮いただきますよう、お願いいたします/申し上げます」などを使う方がよいでしょう。

例文 ・店内の商品にお手を触れないよう、ご配慮願います。 ・館内は禁煙となっていますので、ご配慮願います。

「多大なるご配慮」「寛大なご配慮」「きめ細やかなご配慮」は感謝・お礼で使う

「多大なるご配慮」「寛大なご配慮」「きめ細やかなご配慮」は感謝する場合に使う表現です。 こちらが迷惑をかけたのに相手がうまく対応してくれた場合にお礼をする表現です。

例文 ・この度は多大なるご配慮をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・企画の実行に当たって寛大なご配慮を賜り、誠にありがとうございます。

「ご配慮のほど、よろしくお願いいたします」は失礼

「ご配慮のほど、よろしくお願いいたします」は、相手に配慮することを求める言い方になりますが、ビジネスにおいて配慮を求めることは失礼になる場合があるので注意です。

「配慮」「考慮」「遠慮」「気遣い」との違い

「配慮」・・・相手に対してあれこれと心を配ること 「考慮」・・・行動に移す前に、様々な要素を含めてあれこれ考えること 「遠慮」・・・相手に対して、行動や言葉を控え目にすること 「気遣い」・・・その時に応じて、相手のために思いやりを持って行動すること

「考慮(こうりょ)」は「考えをあれこれとめぐらすこと」

「考慮」の意味は「考えをあれこれとめぐらすこと」を意味します。 ただ考えることではなく物事を色々な要素を含めて考えること、判断や行動に移す前に様々なことを考え合わせることを表します。 「考慮」は「自分でしっかり考える」という意味合いで、「配慮」は「他人に気を配る」という意味合いになります。 漢字が似ていますが、意味は違います。

例文 ・性格や経験などを考慮して、リーダーを彼に決めた。 ・色々なことを考慮した結果、彼女に仕事を任せることにした。

「遠慮(えんりょ)」は「控えめに行動すること」

「遠慮」の意味は「相手に対して、控えめに行動すること」です。 相手に対して、言葉や行動を控え目に立ち振る舞うことを表します。「我慢をする」というニュアンスが含まれます。

例文 ・せっかくのお誘いですが、遠慮いたします。 ・お菓子を勧められたが、遠慮する。

「気遣い」は「あれこれと気を使うこと」

「気遣い」の意味は「相手に対してあれこれと気を使うこと」です。 その場の状況に応じて周囲のことを考えたり、相手のことを思いやって行動することを表します。 「気遣い」は「お気遣い」という形で、「お気遣い、ありがとうございます」などと、相手へ感謝する場合に使ったりします。

例文 ・いつもお気遣いをいただき、大変感謝しております。 ・お褒めのお言葉をいただき、お気遣いに感謝いたします。

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

eigobu.jp

「考慮」の意味と使い方、敬語、類語「配慮」との違い

eigobu.jp

「配慮」の類語

お心配り

「お心配り」は「相手のためにあちこちへ気を配ること、あれこれと気をつかうこと」を意味します。 例えば、相手が気を使ってくれたことに対して感謝の気持ちを述べたい場合は「お心配りいただき、ありがとうございます」と使うことができます。 相手に感謝の気持ちを表す場合に使うことが多いです。

例文 ・この度は、お心配りいただきまして誠に恐縮です。 ・お心配り賜りありがとうございます。今後も何卒よろしくお願いいたします。

ご温情

ごおんじょう」と読みます。 「ご温情」は「穏やかで思いやりがあること、優しい心を持っていること」を意味します。 相手の恩恵や情けによって、自分が救われたことへのお礼を伝えることができる言葉です。

例文 ・今回頂戴した身に余るほどのご温情に心よりお礼申し上げます。 ・この度は思いもかけぬ皆様のご温情に触れ、感激いたしました。

お心尽くし

おこころづくし」と読みます。 「お心尽くし」は「相手のために心をこめて尽くすこと」を意味します。 「お心尽くし」は「◯◯様のお心尽くし」と人に対してだけではなく、物に対しても使うことができる言葉です。

例文 ・お心尽くしの贈り物を頂戴いたしまして、感謝申し上げます。 ・部長のお心尽くしで本社に残れましたこと、心から感謝いたしております。

お取り計らい

おとりはからい」と読みます。 「お取り計らい」は「相手が自分のために行ってくれた気づかい」を意味します。 相手の行いに対して使われるため、自分の行動に対しては使えません。

例文 ・資料をご提供いただきありがとうございました。ご親切なお取り計らい、感謝申し上げます。 ・◯◯の件について、ご検討の上お取り計らい下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ご愛顧

ごあいこ」と読みます。 「ご愛顧」は「ひいきにすること、目をかけて引き立てること」を意味します。 「ご愛顧」はひいきされる側が使う言葉です。「ご愛顧する」「ご愛顧させていただく」などは間違った表現なので注意してください。

例文 ・平素より格別のご愛顧にあずかり、誠にありがとうございます。 ・昨年は大変お世話になりました。今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

お引き立て

「お引き立て」の意味は「ひいきにすること」です。 主に顧客に対する挨拶として用いられる言葉になります。目をかけてもらったことへのお礼を述べる場合に使うことが多いです。

例文 ・平素は一方ならぬお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 ・日頃より格別のお引き立てに与り、深く感謝申し上げます。

ご深慮

「ご深慮」は「ごしんりょ」と読みます。 「ご深慮」の意味は「心に思いはかること」です。 「ご深慮いただき」「ご深慮賜り」などと、相手の考えや思慮を敬う言葉になります。

例文 ・いつもながらの温かいご深慮に、心より感謝申し上げます。 ・この度は身に余るおご深慮を賜り、誠にありがとうございました。

心遣い

こころづかい」と読みます。 「心遣い」の意味は「人のためを思っていろいろ気を使うこと」です。 相手からの思いやりを感じたときに、それに応える気持ちを表す場合に使用する言葉になります。

例文 ・今回の件について、皆様より暖かいお心遣いをいただきましたことに大変感謝しています。 ・本日はお忙しい中ご出席してくださった上に、お花まで頂戴し、お心遣いに大変感謝しております。

ご厚情

ごこうじょう」と読みます。 「ご厚情」の意味は「手厚い情け、思いやりを持っていること」です。 相手の思いやりに対して、お礼を述べる場合に使われます。

例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。

「配慮」の英語は「consideration」「concern」

「配慮」の英語は「consideration」「concern」などになります。

Thank you for your consideration.

ご配慮ありがとうございます。

まとめ

「配慮」について理解できたでしょうか? ✔︎「配慮」は「はいりょ」と読む ✔︎「配慮」は「他人や物事を気にかけること、注意を払うこと」を意味する ✔︎「配慮する」「配慮が足りない」などと自分に対して使う ✔︎「ご配慮」は、相手が自分のためにしてくれた気遣いを表す

おすすめの記事

「おかれましては」の意味と謝罪・お願いでの使い方は?漢字・類語も紹介

eigobu.jp

「精進して参ります」の意味は?履歴書・謝罪・年賀状・メールでの使い方、類語を解説

eigobu.jp

「申し伝える」の意味と敬語の種類とは?類語「お伝えする・伝え申す」との違いも解説

eigobu.jp

「ご迷惑」の意味とお詫びでの使い方、類語「お手数・ご心配・ご面倒」との違いは?

eigobu.jp

「ご連絡」の意味とメールでの使い方、敬語(尊敬語・謙譲語)、類語、英語表現

eigobu.jp

「ありますでしょうか」は間違った敬語!正しい言い換えと英語表現を徹底解説!

eigobu.jp

「あたかも」の意味、漢字、使い方を例文付きで解説!類語や英語表現も紹介

eigobu.jp

「いただいた」の正しい敬語の使い方!「頂いた・戴いた」の意味の違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「暖簾に腕押し」の意味と語源は?「糠に釘」などの類語、対義語、英語も紹介!

eigobu.jp

「結構です」と「構いません」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「配慮」の意味と使い方、類語「考慮・気遣い」との違い、英語表現