1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「精進して参ります」の意味は?履歴書・謝罪・年賀状・メールでの使い方、類語を解説
「精進して参ります」の意味は?履歴書・謝罪・年賀状・メールでの使い方、類語を解説

「精進して参ります」の意味は?履歴書・謝罪・年賀状・メールでの使い方、類語を解説

「精進して参ります」という表現をご存知でしょうか。意気込みを述べる際に「精進して参ります」と使うことが多いですよね。ビジネスシーンでよく使われていますが、意味についてしっかりと理解しているでしょうか。普段何気なく使っていて、意味はよくわからないという方も多いかもしれません。そこで今回は「精進して参ります」の意味や使い方、言い換え、返事について解説していきます。正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「精進して参ります」の意味と敬語

「精進して参ります」の意味は「一つのことに集中して、一生懸命努力すること」

しょうじんしてまいります」と読みます。 「精進して参ります」の意味は「一つのことに集中して、一生懸命努力すること」です。 「精進して参ります」は、「精進する」と「参ります」で成り立っています。「精進する」は「頑張ります」「努力します」と同じ意味で、物事に対する前向きな気持ちを丁寧に表しています。 相手に対して自分の決心や決意を表明する言い回しで、目上の人に使うことができます。

ビジネスにおける「精進します」の意味と使い方、「邁進」との違いを解説!

eigobu.jp

「参ります」は補助動詞なのでひらがな表記の「精進してまいります」が正しい

「参ります」の意味は、「行く」「来る」の謙譲語です。 「精進して参ります」の「参ります」は補助動詞です。 補助動詞とは他の動詞とセットで使うため、本来の意味が希薄になっている動詞のことです。別の動詞が直前にある場合は補助動詞になります。補助動詞は正式にはひらがな表記します。よって、正確には「精進してまいります」が適切な表記です。 補助動詞「まいります」は「精進してまいります」以外にも、「応援してまいります」「持ってまいります」「出てまいります」という使い方ができます。 「参ります」は「ただ今参ります」「御社へ参ります」などと、本動詞として使うこともでき、この場合は「参ります」と漢字で表記します。

「精進して参ります」の使い方と例文

今後の意気込みを述べる時に使う「精進してまいりますので、よろしくお願いいたします」

「精進してまいりますので、よろしくお願いいたします」は「一生懸命物事に励むので、よろしくお願いします」という意味です。 これからの意気込みを述べる場合に使う表現になります。ビジネスシーンではスピーチなどで使われます。 「より一層精進してまいります」などと強調する表現も用いられます。

例文 ・よりよい商品を開発できるように、研究に精進してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・皆様のご期待に添えられるよう、より一層精進してまいりますので、お願いいたします。

謝罪・お詫びでも使う「精進してまいります」

「精進してまいります」は、謝罪・お詫びをする際にも使うことができます。 「大変申し訳ありませんでした。今後はこのようなことがないよう精進してまいります」と使えます。 謝罪した後に、同じことは繰り返さないよう努力します、ということを伝えるときに使います。

例文 ・先日は私の不手際により、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。同じことを繰り返さないよう、より一層精進してまいります。 ・この度はご心配をおかけして申し訳ありませんでした。今後はこのようなことがないように、精進してまいります。

年賀状やメールの挨拶なので「日々精進してまいります」

「日々精進してまいります」は「毎日、向上を目指して物事に励みます」という意味です。 年賀状で新年の抱負として毎日コツコツ努力していく旨を伝えるときに使います。 メールなどでは褒められたときの返信として、「お褒めのお言葉をいただき、大変光栄です。これからも日々精進してまいります」などと使います。

例文 ・昨年は大変お世話になりました。本年は期待に応えられるよう、日々精進してまいります。 ・お褒めのお言葉をいただき、大変感謝しております。今後も日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

就活の履歴書の志望動機で使う「精進してまいります」

「精進してまいります」は、就活の履歴書の志望動機で使うこともできます。 入社してからどのように自分が会社に貢献できるか、意気込みを伝えるときに使います。 例えば、「御社の役に立つように力の限り精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします」と使います。

例文 ・◯◯部門は経験がないですが、今までの経験を活かして、早く仕事に対応できるよう精進してまいります。 ・自分のスキルや経験を活かして、少しでも早く御社の発展に貢献できるよう精進してまいります。

「精進して参ります」の言い換え

精進していく所存です

「所存」は「考えていること、思っていること」を意味します。 「所存です」は、自分の思っていることや意見を述べる際に使う表現です。 「精進していく所存です」とすると「頑張っていきたいと思っています」という意味になります。丁寧な表現なので、目上の人に対して使うことができます。 また、「より一層の精進を重ねてまいる所存です」というフレーズも使われます。これは「もっと努力していきたいと思っています」とう意味です。

例文 ・会社の発展のため、日々精進していく所存です。 ・より一層精進していく所存です。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

邁進してまいります

「邁進」は「まいしん」と読みます。 「邁進」とは「気合を奮い起こし、ひたすら突き進むこと」を意味します。 「精進」は「ある物事のために、一生懸命頑張ること」で、「邁進」は「何も恐れることなく、突き進むこと」を表します。 「精進してまいります」と「邁進してまいります」は共に同じように使えますが、「邁進」の方が勢いがあるニュアンスが強いです。 「これからは精進いたしますとともに、邁進してまいります」などと、一つの文章で「精進」と「邁進」を両方使用することもできます。

例文 ・新しい事業の立ち上げに邁進してまいります。 ・お客様に今まで以上にご満足いただけるように、日々邁進してまいります。

「邁進」の意味、敬語での使い方!四字熟語、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「邁進」と「精進」の違い、それぞれの意味と使い方とは?

eigobu.jp

努力してまいります

「努力」は「目標を実現させるために、心を込めて物事に当たること」を意味します。 「努力してまいります」は「ある物事のために、労力を費やしていきます」という意味です。 「鋭意努力してまいります」という表現も使われます。これは「一生懸命物事にあたります」ということです。ただ「努力してまいります」と言うよりも、頑張っていくことを強調することができます。

例文 ・これからはよい企画を生み出せるように、努力してまいります。 ・今後も努力してまいりますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

尽力してまります

「尽力」は「ある物事を達成するために、力を尽くすること」を意味します。 「尽力してまいります」とすると「ある物事のために、力を尽くします」という意味になります。 物事の目標のために、力や能力を存分に発揮することを表します。「尽力してまいります」は仕事や勉強だけではなく、「事件の解決のために尽力する」など持っているスキルや知識を磨くという意味でも使われます。

例文 ・プロジェクトが成功するように、尽力してまいります。 ・皆さんのお言葉を胸に刻み、これからも尽力してまいります。

頑張ります

「頑張ります」は「ある事を達成しようと、苦しみに耐えること」を意味します。 「頑張ります」は丁寧な表現ですが、「頑張る!」「私も頑張ります!」などと日常会話でも使われることが多いです。 「精進してまいります」とほとんど同じ意味ですが、カジュアルな表現なので、ビジネスシーンでは不適切です。 親しい間柄の相手や同等の立場の人に伝える場合は「精進してまいります」だと堅苦しい印象を与えてしまうので、「頑張ります」が適します。

例文 ・よい結果を残せるように頑張ります。 ・優勝を目指して、みんなで頑張ります。

「精進して参ります」への返信・返事・返答

相手から「精進してまいります」と言われた場合は、何と返せばよいのでしょうか。 「そうですね」「はい、頑張ってください」では冷たい印象を与えてしまいます。 「精進してまいります」の返事としては、 ・その言葉に違わぬよう、何卒お励みください ・ご成功をお祈り申し上げます ・努力が実ることをお祈りいたします ・益々のご活躍をお祈りいたします などとなります。 これらの表現は「頑張ってください」という意味で、相手の頑張りが報われるように励ます表現です。 相手と親しい間柄だったり、同等の立場の人である場合は「頑張ってください」「応援しています」と返事をするのが自然です。

その他「精進」を使った表現

その他にも「精進」を含む表現がいくつもあるので、紹介しておきます。

・精進を重ねる:物事を上達させるために、一生懸命励むこと ・精進揚:野菜・植物性食品だけの揚げ物 ・精進固め:盂蘭盆などの精進日に先立って、魚・肉を食べておくこと ・精進潔斎:肉食を絶つなどして身を清めること ・精進根:雑念を交えず堅く正法を信じて行うこと ・精進肴:肉・魚介類を使わず、野菜や雑穀酒で作った酒の肴 ・精進腹:菜食ばかりで力の入らない腹 ・精進物:肉・魚介類を用いない植物性の食べ物 ・精進料理:精進物のみを用いた料理 ・一心精進:一つのことに集中して努力すること ・刻苦精進:心身を苦しめながらも努力すること

「精進して参ります」の英語

色々なパターンあり

「精進して参ります」の英語表現には様々なパターンがあります。

I will do my best!

最善を尽くします!

I won't let you down!

後悔させません!

I will make more efforts into that.

もっと努力いたします。

We will constantly strive to improve our service.

サービス向上のために努力を続けてまいります。

I won't let you down!

後悔させません!

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話に関してまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

まとめ

「精進して参ります」について理解できたでしょうか? ✔︎「精進して参ります」は「一つのことに集中して、一生懸命努力すること」を意味 ✔︎「精進して参ります」の「まいります」は補助動詞として使われているので、ひらがなで表記する ✔︎「精進してまいります」は、これからの意気込みを述べる場合に使われることが多い ✔︎「精進してまいります」の言い換えには、「邁進してまいります」「努力してまいります」「頑張ります」などがある

おすすめの記事

「申し伝える」の意味と敬語の種類とは?類語「お伝えする・伝え申す」との違いも解説

eigobu.jp

「ご迷惑」の意味とお詫びでの使い方、類語「お手数・ご心配・ご面倒」との違いは?

eigobu.jp

「ご連絡」の意味とメールでの使い方、敬語(尊敬語・謙譲語)、類語、英語表現

eigobu.jp

「ありますでしょうか」は間違った敬語!正しい言い換えと英語表現を徹底解説!

eigobu.jp

「あたかも」の意味、漢字、使い方を例文付きで解説!類語や英語表現も紹介

eigobu.jp

「いただいた」の正しい敬語の使い方!「頂いた・戴いた」の意味の違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「暖簾に腕押し」の意味と語源は?「糠に釘」などの類語、対義語、英語も紹介!

eigobu.jp

「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介

eigobu.jp

「放念」の意味と「ご放念ください」の使い方、返信、年賀状、対義語を解説

eigobu.jp

「ご請求書」は正しい敬語?「ご請求」の意味とメールでの使い方、英語表現

eigobu.jp

「大事をとる」「大事をとって」は自分で使える?意味と類語、語源、使い方を解説

eigobu.jp

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」で正しいのはどっち?

eigobu.jp

「案件」の意味とビジネスでの使い方、例文、英語を紹介!「事案」との違いを解説

eigobu.jp

「ございますでしょうか」は二重敬語!正しい日本語の言い換えを紹介!

eigobu.jp

「示唆する」の意味と使い方、類語「暗示する、示す」との違い

eigobu.jp

「いかがでしょうか」の意味と使い方、例文、類語を解説!

eigobu.jp

「いえいえ」の意味と使い方、「いやいや」との使い分けを解説

eigobu.jp

「つきましては」の意味とメールで謝罪するときの使い方!漢字や類語、英語表現も紹介

eigobu.jp

「留意」の意味と使い方、読み方、敬語は?類語「配慮」との違いとは?

eigobu.jp

「すみません」が正しい!「すいません」との違いや分別は?ビジネスでの使い方を紹介

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「精進して参ります」の意味は?履歴書・謝罪・年賀状・メールでの使い方、類語を解説