1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「徴収」と「徴集」の意味の違いと使い分け

「徴収」と「徴集」の意味の違いと使い分け

「徴収」と「徴集」という言葉をご存知でしょうか。「徴収する」「徴集をかける」といったように使います。では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。二つとも「ちょうしゅう」と読みます。「ちょうしゅう」は日常会話でもよく使われている言葉ですが、「徴収」か「徴集」なのか区別がつかない場合があります。同じように使うイメージですが、実は意味が異なります。そこで今回は「徴収」と「徴集」の使い分けについて解説していきます。適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「徴収」と「徴集」の違い

「徴収」・・・法やルールに基づいて、人から金銭を催促して集めること 「徴集」・・・何か目的があって、人やものを無理やり集めること

「徴収」はお金を集める場合、「徴集」は人やものを集める場合に使います。

「徴収」の意味と使い方

「徴収」は<ちょうしゅう>と読みます。 「徴」は音読みで「チョウ」、訓読みで「めす・しるし」と読みます。 「徴」は「催促して集めること」を意味します。 「収」は音読みで「シュウ」、訓読みで「おさめる・おさまる」と読みます。 「収」は「取り込むこと」を意味します。 「徴収」の意味は、

  • お金などを催促して集めること
  • 行政機関が行政目的を達するために、租税や手数料、現品を国民から取り立てること

です。 国家または公共団体が税を取り立てることを表します。「税を徴収する」「税金の徴収」「特別徴収」「源泉徴収」などと使います。 また、出すことが決まっているお金を催促して集めることも「徴収」と表します。 この場合は「会費を徴収する」「代金を徴収する」といったように使います。「徴収」を使うことで、「お金を集めること」を表すことができます。 このように、主に「徴収」は人からお金を集める場合に使います。 「徴収」の類語には、「取り立てる」「募る」「集める」「回収」「工面」「集金」などがあります。

例文

  • 飲み会費は事前に徴収させていただくので、当日◯◯までお持ちください。
  • 来週、会費の徴収があるので、忘れないようにしなければならない。
  • サークルを順調に進めるために、部費を徴収させていただくことになりました。
  • トラブルを防ぐためには、会費は飲み会が始まる前に徴収しておくのが良いだろう。
  • 地域の活動を円滑に行うために、自治会費を徴収することになっている。
  • 参加するメンバーに、会費の徴収があることを知らせないといけない。
  • 一通りプランを立て終えたので、みんなから旅費を徴収する必要がある。

「徴集」の意味と使い方

「徴集」は<ちょうしゅう>と読みます。 「徴」は音読みで「チョウ」、訓読みで「めす・しるし」と読みます。 「徴」は「催促して集めること」を意味します。 「集」は音読みで「シュウ」、訓読みで「あつまる・つどう」と読みます。 「集」は「ものをまとめること」を意味します。 「徴集」の意味は、

  • 人や物を無理やり集めること
  • 兵役法で、無理やり現役または補充兵として人を集めること

です。 国家や公共団体が強制的に人を呼び集めたり、お金やものを催促して集めることを表します。 「徴集」は「軍人を徴集する」と大きい団体が何かを集める場合に使いますが、「部長が部下を会議室に徴集する」といったように一般的な事柄に対しても使うことができます。 何か目的があって人を集めたり、ものを預かるために集めることを表す場合に使うのが適します。 また、「徴集」は兵役法において、兵役義務のある人を集めることも表します。 「徴集」は、人やものを集める場合に使うことが多いです。 「徴集」の類語には、「回収」「召集」「雇う」「呼び集める」「招聘」「召す」などがあります。

例文

  • ◯◯の件について話し合うため、社員全員に徴集をかける。
  • 授業に真剣に取り組んでもらうため、生徒が所持している携帯やゲーム機を徴集する。
  • 不正が行われないように、試験を始める前に参加者全員のカバンを徴集することになっている。
  • 息子が遊んでばかりで全く勉強をしないので、漫画とゲームを徴集した。
  • 企画をより良いものにするために、一人一人の報告書を徴集して案を出すことにしている。
  • より良いチームを作るために、チームメイトを徴集して一人一人の意見を聞いた。
  • 過去のデータを徴集して、どのような方法で進めるのが最良であるかを考える。

おすすめの記事

「誠に勝手ながら」の意味やビジネスシーンでの使い方、例文、類語、英語表現を解説!

WURK

文末で使う?「重ねて御礼申し上げます」の意味とメールでの使い方、英語表現を解説!

WURK

誤用に注意!「失笑」の正しい意味と使い方、苦笑・冷笑・爆笑との違い

WURK

「参りました」の意味と使い方、英語、「伺いました」との違い

WURK

「わかりました」は敬語じゃない?正しい敬語変換

WURK

「召し上がってください」は正しい敬語?意味や使い方を例文付きで解説

WURK

お礼に使える?「お手数をおかけしました」の意味と使い方、類語、返事、例文を紹介!

WURK

「ご多用」の意味と使い方と例文!類語「ご多忙/お忙しい」との違い

WURK

「ありますでしょうか」は間違った敬語!正しい言い換えと英語表現を徹底解説!

WURK

「諸行無常」の正しい読み方と意味を例文を添えて解説します!

WURK

「光栄です」は正しい敬語?意味と使い方、類語・言い換え、英語も解説!

WURK

「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現

WURK

「その通りでございます」の意味と使い方、敬語と類語、英語「exactly」の使い方

WURK

「その通りです」の意味と使い方、類語「ご認識の通りです」との違い、英語表現

WURK

「拝受」「拝受いたしました」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?

WURK

「感謝の意」の意味と使い方を例文付きで解説!類語と英語表現も!

WURK

「ご臨席」の意味と読み方、類語「ご列席」との違い、お礼・返信の仕方は?

WURK

「嬉しい限り」の意味と例文、敬語では?類語と英語表現も解説!

WURK

「感服」の意味と読み方、敬語は?類義「敬服」との違い、英語表現も解説!

WURK

「丁重」の意味とメールでの使い方、類義語・対義語は?漢字の違い、英語表現も解説

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「徴収」と「徴集」の意味の違いと使い分け