1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「わかりました」は敬語じゃない?正しい敬語変換
「わかりました」は敬語じゃない?正しい敬語変換

「わかりました」は敬語じゃない?正しい敬語変換

仕事の依頼を受けたり、あるいは何かを指示されたときは「わかりました」と返答することが多いですよね。明瞭かつ簡潔な言葉なので、非常に使いやす言葉です。ビジネスシーンだけでなく、日常会話でも頻繁に使いますよね。しかし、社会人となると「わかりました」と答えてしまうと、相手に「もう少し別の言い方があるでしょ」などと思われてしまうかもしれません。「わかりました」の他にも『承知』を表す表現は多々あり、その時によって使い分けが必要です。そこで今回は「わかりました」は正しい敬語なのか、その他の正しい敬語表現について解説していきます。

「わかりました」は敬語?

ビジネスシーンだけでなく日常会話でも。返事として頻繁に使われることが多いのは「わかりました」ではないでしょうか。敬語のような感じがしますが、目上の人に使っても良いのでしょうか? 「わかる」は「事の筋道がはっきりする」「合点がゆく」を意味します。 ”理解・承知・承諾・納得・得心”などを表しています。 漢字では「分かる」「解る」「判る」と書きます。 ちなみに違いとしては、 ・「分かる」は”事情がはっきりする” ・「解る」は”物事の意味や内容が理解できる” ・「判る」は”区別がはっきりする” となります。 返事としての「わかる」は”モヤっとしていたことが、はっきりする”という意味なので、『分かる』となります。「分かる」は「判る」や「解る」と比べて、非常に汎用性が高いです。 動詞「わかる」の連用形である「わかり」に、丁寧語「ます」の過去形が付いた形が「わかりました」です。 「わかりました」は正しい敬語ですが、丁寧語です。尊敬の気持ちを表すにはやや敬意が足りない表現になります。 そのため、上司や先輩などに対して使用しても失礼ではありませんが、やはり「わかりました」だと少々馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。 ですので、「わかりました」はビジネスシーンで目上の人に使うにはあまり適さない表現となります。

例文 ・わかりました。すぐにこちらの方で確認いたします。 ・当方の手違いによる誤りであることがわかりました。

「わかりました」の言い換え

かしこまりました

「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉を承る」という意味です。 「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」というニュアンスになります。 「かしこまりました」は「ただ理解する」ではなく、「目上の人の命令を承る」という意味合いが強いので、前向きな姿勢を相手に示したいときに用いるのが適切です。 「かしこまりました。その件は◯◯に伝えておきます」のように、「かしこまりました」の後にその後の対応などを伝えるように使うのが一般的でしょう。 「かしこまりました」はとても丁寧な表現なので、主にお客さまや取引先などに対して使用するのが良いです。 例えば、レストランやホテルなどで、自分がお客側に立ったときに「かしこまりました」と、よく店員や従業員が使用しているのを聞きますよね。 「かしこまりました」は、『承知』を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 相手に敬意を示したいときは「かしこまりました」を使うのが良いでしょう。

例文 ・「来週の食事会のお店を予約しておいて」「かしこまりました。すぐに予約いたします」 ・かしこまりました。明日の午前10時に、御社へお伺いします。

承知いたしました

「承知」には3つの意味があります。 ・事情などを知ること、わかっていること ・依頼・要求などを聞き入れること ・相手の事情などを理解して許すこと 「承る」は謙譲語ですが、「承知」は厳密には謙譲語ではありません。しかし、「承知」は「承」という文字を含むため丁寧な表現になっています。 「承知いたしました」は「旨をうけたまわって知りました」「聞き入れました」という意味になります。 「いたしました」は「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」なので、非常に丁寧な表現です。 「承知」は目上の相手に対して使うことができる言葉です。 返答するときに、「承知」だけでは失礼ですが、「承知しました」「承知いたしました」といったふうに丁寧語をつけることで、上司やお客様など目上の人に対して使用するのが適切になります。 ビジネスメールでは、例えば「◯◯の件、わかりました」ではなく「◯◯の件、承知いたしました」と返答するのが良いでしょう。

例文 ・会議の日程変更について、承知いたしました。 ・ご注文の件、承知しました。準備出来次第、お届けいたします。

承りました

「承りました」は<うけたまわりました>と読みます。 「承る」は「受ける・聞く・伝え聞く・引き受ける」の謙譲語で、「謹んで受ける」「謹んで聞く」という意味です。 「承りました」は「(相手の要件を)しっかり聞いた、対応した、理解した」という意味になります。 主に、取引先や顧客などと電話で話していて、伝言を受け取った際に使用することが多いです。 例としては、相手が伝言をお願いしてきたときに、「はい、確かに◯◯が承りました」といったように使います。「◯◯が承りました」と使うことによって、自分が責任を持ってしっかり依頼を引き受けたという印象を相手に与えることができます。 「承りました」は社外の相手にはよく使いますが、社内上司や先輩に対して使うことは少ないです。 社内の相手に対して使うことは少ないですが、社内でも役員クラスの相手に対してはより丁寧な「承りました」を使うのが良いでしょう。

例文 ・お客様のご注文を確認いたします。△△を2つですね。カスタマーサポートの××が確かに承りました。 ・あいにく◯◯は外出しております。私でよろしければご用件を承ります。

「了解しました」も目上の人にはアウト

「了解」の意味は、 ・事情を思いやって納得すること・理解すること・飲み込むこと ・無線などの通信で、通信内容を受け取ったことを表す語 となります。 「了解」は「物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味になります。 主に、何か頼まれたときの返事として使われることが多いです。 「了解」は尊敬語でも謙譲語でもないので、同等もしくは目下の者に使うようにしましょう。 「了解」は日常会話で親しい友人に対して使います。そのため、目上の相手に対して使うと軽い印象を与えてしまいます。「了解」「了解です」は当然のことながら、「了解しました」も丁寧な言い方ですが、失礼に当たります。 目上の人に使ってはいけない言葉ですが、親しい間柄であれば目上の人に使っても許される場合があります。

例文 ・了解しました。また次の機会にお話ししましょう。 ・あなたのご要望について了解しました。

まとめ

「わかりました」について理解できたでしょうか? 「わかりました」は敬語ですが、やや敬意に欠けるため、目上の人にはなるべく使用しない方が良いです。 「わかりました」の言い換えで最も適当なのは、「かしこまりました」という表現です。 「かしこまりました」だと少々堅いなと思う場合は、「承知いたしました」を使えます。 このように、『承知』を表す言葉は「わかりました」の他にも多くあります。 それぞれの意味や使い方を覚えて、使い分けできるようにしましょう!

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 23 thumb

「承諾」「承知」「了解」「了承」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp
Article 16 thumb

例文付き「承りました」の意味と使い方は?類語との違いと使い分けも

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「わかりました」は敬語じゃない?正しい敬語変換