1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「拝受」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?英語も紹介
「拝受」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?英語も紹介

「拝受」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?英語も紹介

「拝受」「拝受しました」という言葉を正しく使えていますか?「拝受」はビジネスメールで目にする機会が多いと思います。「拝受」はよく使うビジネスワードの中でも間違いやすい単語なので注意が必要です。今回は「拝受」の正しい意味とビジネスにおける使い方を詳しく説明していきたいと思います。

「拝受」の意味と読み方

「拝受」は「はいじゅ」と読みます。 「拝受」は「拝」「受」という漢字から意味は何となく連想できますが、日常会話で使う機会がない単語なので、正確な意味をしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか? 「拝受」は「受けることをへりくだって言う語」です。つまり「受け取る」「受領」の謙譲語です。 「拝」には拝んだり、おじきする、という意味合いがあり、目上の人に対する敬意を示す言葉です。それに「受け取る」を意味する「受」という漢字が組み合わさって「拝受」となります。

「拝受」の使い方

「拝受」は謙譲語です。謙譲語は、自分をへりくだることで相手への敬意を示す用法です。 「拝受」は謙譲語なので、日常会話で使うことはめったにないと思います。例えば、友達からお土産もらった時に「拝受しました」と言うのは明らかに不自然ですよね。 「拝受」はビジネスシーンで使用するのが一般的です。 例えばクライアントや取引先から「あの資料、届きましたか」という連絡に対して「はい、拝受しました」などと返事をします。 相手がクライアントや取引先の場合、謙譲語を使います。そのため、謙譲語である「拝受」は適した言葉になります。 しかし「拝受」は堅苦しく形式ばった印象もありますので、多用しすぎると人によっては少し違和感を感じるかもしれません。 その場合は「受領いたしました」などのフレーズも使えます。(「受領」に関しては詳しく後述します) ちなみに「拝受」は謙譲語ですので、自分より目下の者に対して使用するのは誤りです。敬語や謙譲語などは、丁寧でビジネスシーンでもよく使われますが使い方には十分に注意しましょう。

「拝受」の例文

「受け取る」の謙譲語である「拝受」という言葉を使った例文を紹介します。 何度も言っていますが、「拝受」は謙譲語なので自分の行為に対して使います。 そのため相手にの行動に対して使うのは誤りです。「社長、拝受してください」「先輩は拝受しました」などとは使わないように気をつけましょう。 相手に対しては尊敬語を使うのが正しく「社長、お受け取りください」「先輩が受け取りました」などの表現が正しいです。 それでは「拝受」の例文を見ていきましょう。

◯「先日、お手紙拝受しました。早急なご連絡ありがとうございました」 ◯「貴社の資料を拝受しました。ぜひ無料体験セミナーに参加させていただきたく、よろしくお願いいたします」 ◯「お見積書の方、確かに拝受いたしました。まずはお礼までに報告いたします」

相手の発言に対する返事として「拝受」という言葉は使うこともよくあります。 次は、返答として使用している「拝受」の例文を紹介します。

◯「資料のPDFをこのメールにて添付いたしました」-「拝受します」 ◯「書類を郵送しましたので、ご確認ください」-「届き次第、拝受します」 ◯「よろしくご査収ください」-「拝受しました」 「ご査収ください」には「受け取ってお調べください」という意味です。ビジネスメールの締めくくりの一文として使われることが多いです。「承知しました」と返信しても間違いではありませんが、「受け取ってお調べください」と相手は言ってるわけなので「受け取りました」と返事する方がより丁寧で相手によい印象を与えます。よって「拝受しました」と答えるのが一番よいとされています。

「拝受いたしました」は二重敬語で不適切なのか?

「拝受いたしました」という言い回しは二重敬語になっていて不適切ではないか?という意見があります。 確かに「拝受」は謙譲語で、補助動詞の「いたす」も謙譲語です。(「ました」は丁寧語「ます」の過去形なのでここでは一旦スルー) ですから「拝受いたします」「拝受いたしました」は間違いなく二重敬語です。 よって厳密には「拝受します」「拝受しました」という表現が正しいです。 (わたしは基本的この表現を使うようにしています) しかし「拝受いたします」「拝受いたしました」が間違っていると断言することはできません。二重敬語ではありますが、ビジネスシーンで慣習的によく使われている表現であり、誤りで使用してはならない、とは言えません。 前述した通り、自ら使う場合は「拝受します」「拝受しました」が無難ですが、人が使っている場合でも一般的に受け入れているのだ、と認知しておけばよいと思います。

「拝受」と「受領」の違い

「拝受」と近い意味を持つ言葉に「受領」があります。 この2つの言葉の違いには何があるでしょうか? それは「拝受」は謙譲語であるのに対して、「受領」は特に敬語ではないということです。「受領」の謙譲語が「拝受」になります。 そのため、「拝受」は目上の人に対してのみ使う言葉ですが「受領」は目下の人に対しても使うことのできる言葉です。 ちなみに「受領」は「(正式に)金品など重要なものを受け取ること」という意味があります。そのため、「受領」は物理的な物にのみ使い「親切」「厚意」などに対して使うのは誤用です。 「受領」について詳しくこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Article 16 thumb

「受領」の正しい意味とビジネスでの使い方、類語も紹介

eigobu.jp

「拝受」類語

「拝受」という言葉は「受け取る」の謙譲語ですので、同じく「受け取る」の謙譲語を紹介したいと思います。 「拝受」と同じく「受け取る」の謙譲語には他にも ・賜る(たまわる) ・頂戴(ちょうだい) ・拝領(はいりょう) などがあります。 「頂戴」も目上の人から何かをもらうことを意味します。「もらう」のへりくだった言い方なので謙譲語となります。 同じように「賜る」も「もらう」の謙譲語です。さらに「賜る」には「与える」の尊敬語としての意味もあります。 「拝領」は「頂戴」ほどメジャーな表現ではありませんが、ビジネスシーンで使うことがあります。「領」には「大切なもの」という意味があり、それが「おがむ」を意味する「拝」と組み合わさり「大切なものもらう」という意味になります。少し古い言い回しで現代ではあまり使ったり聞いたりする機会は少ないと思いますが、知っておくとよいでしょう。 「頂戴」「拝領」を使った例文を見てみましょう。

「お名刺、頂戴します」 「結構な品を頂戴しました」 「社長より定年祝いの記念品を賜りました」 「来賓の方々からお言葉を賜りたいと存じます」 「上司からお叱りを頂戴した」 「殿様から大変貴重な刀を拝領した」

Article 21 thumb

「賜る」「賜ります」の正しい送り仮名は?使い方と類語!承るとの違いは?

eigobu.jp

「拝受」の対義語

「拝受」の対義語は「拝辞(はいじ)」です。 「拝辞」は「辞退することをへりくだっていう語」です。「受け取らない」の謙譲表現になりますので、「拝受」の対義語にあたります。 「拝辞」を使った例文を見てみましょう。

「せっかくのご指名ですが拝辞いたします」 「彼は君主からの命令を拝辞した」

「拝受」の英語表現

「拝受」は英語表現は何でしょうか? 英語には謙譲語はありませんので、「受け取る」をそのまま英語にすればOKです。 ・recieve ・get などです。 例文を見ていきましょう。

I received a letter from you the other day.

先日お手紙拝受しました。

I received the document of your company.

貴社の資料、拝受しました。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

Article 16 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対におすすめ英会話教室

eigobu.jp

さいごに

「拝受」について理解できたでしょうか? ✔「拝受」は「受け取る」「受領」の謙譲語 ✔「拝受」は日常会話では使わない。ビジネスシーンで使用される ✔「拝受いたします」「拝受いたしました」は二重敬語ではあるが、誤りとは言えない ✔「拝受」の同義語は「頂戴」「拝領」 ✔「拝受」の反対語は「拝辞」 ビジネスシーンでよく使われている言葉ですので、しっかりと覚えておきましょう!

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 0 thumb

下ネタという意味?「下世話」の正しい意味と使い方、読み方、類語について解説!

eigobu.jp
Article 5 thumb

「けしからん」の意味と語源、使い方、類語、英語表現

eigobu.jp
Article 25 thumb

「いたします」「致します」どっちが正しい?ビジネスでの使い分けと意味!

eigobu.jp
Article 22 thumb

「ご健勝」の読み方と意味!「ご多幸」「ご清祥」との違いは?類語や英語も紹介

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「拝受」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?英語も紹介