1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現
「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現

「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現

「ご相伴にあずかる」はビジネスシーンでよく使われています。「相伴」とはどのような意味なのでしょうか。「「相伴」はよく使う表現なので、意味をしっかりと覚えておく必要があります。そこで今回は「ご相伴にあずかる」の正しい意味や使い方を例文付きで解説します。また漢字や語源、敬語表現、類語、英語表現も紹介していきます。是非参考にしてみてください。

「ご相伴にあずかる」の読み方と漢字

「ご相伴にあずかる」の読み方は「ごしょうばんにあずかる」

「ご相伴」はごしょうばんと読みます。 「ごあいはん」「ごそうはん」とは読まないので注意しましょう。

「ご相伴にあずかる」の漢字は「ご相伴に預かる」ではなく「ご相伴に与る」

「あずかる」の漢字は「預かる」ではなく「与る」です。 「与る」の意味は「関わりを持つ、関与する」「名誉あることや願わしいことに関わる、それによって恩恵を受ける」です。

「ご相伴」の漢字は「御相伴」とも

「ご相伴」の「ご」の漢字は「御」となります。 そのため「御相伴」と表記されることもあります。

「ご相伴にあずかる」の意味と敬語

「ご相伴にあずかる」の意味は「同席させていただく」「ごちそうになる」

「相伴」には、 1.一緒に行くこと 2. 食事の場で、もてなしを受けること 3. 人の相手役を務めて、一緒に飲み食いすること 4.(比喩的に)他人とのつり合いで利益を得ること と4つの意味があります。現代では1の意味で使うことはほとんどありません。 主にビジネスシーンにおいて「ご相伴にあずかる」は「同席させていただく」「ごちそうになる」といった意味で使われています。

「ご相伴」の意味は?「お相伴」との違いや「ご相伴にあずかる」、類語や英語も解説

eigobu.jp

「ご相伴」の敬語は謙譲語

「ご相伴/お相伴」は、「相伴」に敬語の接頭辞「ご」「お」が付いた言葉です。 「ご相伴=同席」は自分の行為のため、謙譲語となります。

「ご相伴にあずかる」の使い方と例文

ご相伴にあずかります

「ご相伴にあずかる」のまま目上の人に使うことはありません。 「ご相伴にあずかります」と語尾も敬語にしましょう。 「ご相伴にあずかります」は目上の人から食事や飲み会に誘われたときに「ごちそうになります」といった意味で用いることができます。

例文 ・本日はご相伴にあずかります。 ・社長が主催する宴会に、社員である私もご相伴にあずかることになりました。

ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました

目上の人にごちそうしてもらった時やもてなされた時、接待の席に同席させてもらった時のお礼の言葉として「ご相伴にあずかりまして、ありがとうございました」を使うことができます。 「お供させていただきありがとうございました」「おこぼれをいただきありがとうございました」といった意味になります。

例文 ・本日はご相伴にあずかりましてありがとうございます。 ・先日はご相伴にあずかりましてありがとうございました。

ご相伴にあずかりたい

上司など目上の相手に「同席させてほしい」「ご一緒させてください」と伝えるときに「ご相伴にあずかりたい」と言います。 この場合は食事や趣味など、仕事以外の話題のときに使える表現です。

例文 ・美味しそうですね。ぜひ今度ご相伴にあずかりたいです。 ・ゴルフ大会いかがでしたか?今度私もご相伴にあずかりたいです。

ご相伴する/ご相伴させていただく

「ご(お)相伴させていただく」の「いただく」は謙譲語なので、「ご(お)相伴させていただく」は二重敬語(同じ種類の)ではないかと思う人がいるかと思いますが、正しい表現になります。 「ご(お)〜いただく」は一つの定型文になっていて成立しているので、正しい表現になります。 「いただく」と一緒に使う「ご(お)」は丁寧語と解釈して二重敬語ではない、とすることもできます。

例文 ・本日は、私がご相伴させていただくこととなりました。 ・私でよければ、いつでもご相伴しますよ。

「ご相伴にあずかる」の類語・言い換え

お供する

「お供」の意味は「目上の人などに付き添うこと、同行すること」を謙って使います。 また、同行するその人のことを「お供」と呼ぶこともあります。 ビジネスシーンでは、主に目上の人の会食や出張に同行する際に使います。 また「お伴をする」といった形でも使われます。

例文 ・私がお供します。 ・部長のお供をさせていただくのは、もう5回目だ。 ・部長のお伴をすることになった。

ご馳走になる

「ご馳走になる」は、目上の相手に食事などを振る舞ってもらうことです。 振る舞ってもらったあとは、「ご馳走になりました」と使うことができます。

例文 ・今日は課長にご馳走になる。 ・昨日はご馳走になり、ありがとうございました。

饗応(きょうおう)を受ける/饗応にあずかる

「饗応」の意味は「お酒や食事で客をもてなすこと」といった意味です。 漢字は「供応」と代用表記されることもあります。

例文 ・先日、社長の饗応を受けた。 ・尊敬していた上司の饗応にあずかり、最高の夜になった。

「ご相伴にあずかる」の英語

「おもてなし」と解釈して英訳を考えるとGOOD

「私は彼らから、おもてなしを受ける」の英語表現は、 ・They welcome me with warm hospitality ・They treat me very well. ・They hosted me so warmly. などがあります。

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話についてまとめましたので、興味のある方はぜひ見てみてください

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

「ご相伴」と「お相伴」の違い

接頭語の「御(ご/お)」は和語に「ご」が付き、漢語に「お」が付く

一般的には、和語に「ご」が付き、漢語に「お」が付くというルールがありますが、例外が多いため、絶対このルールでなければ不適切とは言い切れません。

ただ「ご相伴」と「お相伴」はどちらも正しい

結論から言うと、「ご相伴」と「お相伴」のどちらも正しい表現になります。 漢字にすると「御相伴」となり、「御」は「ご」とも「お」とも読めるためどちらも間違いではありません。 「相伴」は漢語なので、そのルールであると「お」となりますが、「ご相伴」もよく使われています。

「ご相伴」と「お相伴」は敬語

「ご相伴/お相伴」は、「相伴」に敬語の接頭辞「ご」「お」が付いた言葉です。 自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」は使っていいのか?自分を敬っていておかしくないか?と勘違いしている方がたまにいますので、敬語の解説を少しします。

敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。 「尊敬語」・・・相手を高めて、その人に敬意を表す語 「謙譲語」・・・自分や身内をへりくだることで、相手を高める語 「丁寧語」・・・ものごとを丁寧に表すことで、聞き手に敬意を表す語

「ご相伴/お相伴」は使い方によって、目上の人の行為を敬う尊敬語の場合と、目上の人に対する自分の行為をへりくだる謙譲語の場合があります。 自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」を使う場合は謙譲語、と覚えておけば問題ないでしょう。

「ご相伴」の語源

茶道が語源

元々「相伴」は茶道用語です。 メインの人、最上位の客を「正客(しょうきゃく)」、その人と共にお茶の席に招かれる人を「相伴」と呼びます。 「相伴」は主ではないものの、正客に連れておもてなしを受ける人を表します。

「ご相伴いたします/ご相伴させていただきます」などと使う

お茶の席では、まず正客にお茶をご馳走し、次に隣の席に座っている相伴にお茶を出します。相伴はお茶をもらう時に、正客と主人に対して「ご相伴いたします」「ご相伴させていただきます」などと声をかけてから飲みます。 これは「あなたと共に厚遇を受けられて嬉しいです」と感謝の気持ちが込められています。茶道は礼儀作法に厳しいということもあって、「相伴」という言葉を用いることで正客に対して敬意を示すことができます。

「ご相伴にあずかる」のまとめ

「ご相伴」について理解できたでしょうか? ✔︎「ご相伴にあずかる」は「ごしょうばん」と読む ✔︎「ご相伴にあずかる」は「もてなしを受けること。一緒に飲み食いすること。他人とのつり合いで利益を得ること」を意味 ✔︎「ご相伴にあずかる」を漢字にすると、「ご相伴に与る」になる ✔︎「相伴にあずかる」の類語は「お伴する」「ごちそうになる」などがある

おすすめの記事

「その通りです」の意味と使い方、類語「ご認識の通りです」との違い、英語表現

eigobu.jp

「その通りでございます」の意味と使い方、敬語と類語、英語「exactly」の使い方

eigobu.jp

「拝受」「拝受いたしました」の意味と使い方!類語「受領」との違いは?

eigobu.jp

「感謝の意」の意味と使い方を例文付きで解説!類語と英語表現も!

eigobu.jp

「ご臨席」の意味と読み方、類語「ご列席」との違い、お礼・返信の仕方は?

eigobu.jp

「臨席」と「列席」の違いは?類語「参列」「陪席」「来臨」との使い分けは?

eigobu.jp

「嬉しい限り」の意味と例文、敬語では?類語と英語表現も解説!

eigobu.jp

「感服」の意味と読み方、敬語は?類義「敬服」との違い、英語表現も解説!

eigobu.jp

「丁重」の意味とメールでの使い方、類義語・対義語は?漢字の違い、英語表現も解説

eigobu.jp

「続柄」の読み方と意味、家族親族の書き方を徹底解説!関連英語も!

eigobu.jp

「幸甚の至り」の意味と使い方、敬語、類語、例文、英語表現は?

eigobu.jp

「お迎えにあがります」は正しい敬語?意味は?漢字「上がります」は間違い?

eigobu.jp

「お声がけ」の意味と使い方、類語、断りメールの書き方、「お誘い」との違い

eigobu.jp

「ご相談」の意味と敬語、相談メールの件名・書き方は?英語は?

eigobu.jp

「過分」の意味と使い方、読み方、類語・対義語、英語

eigobu.jp

「お許しください」の意味とメールでの使い方、類語と敬語、英語とは?

eigobu.jp

「差し支えなければ」の意味、使い方、例文、類語、英語表現も紹介

eigobu.jp

「ご愁傷様/ご愁傷様です」の意味と使い方、例文、返事、類語、英語を紹介

eigobu.jp

「拝見する」の意味とビジネスでの使い方を例文付きで解説!類語や英語も紹介

eigobu.jp

「齟齬」の意味、漢字、使い方、類語、英語を紹介!「相違」との違いも

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現