1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 【完全版】「余裕」を意味する英語表現
【完全版】「余裕」を意味する英語表現

【完全版】「余裕」を意味する英語表現

「余裕」を英語でどのように表現すればよいでしょう?日本語の「余裕」はすごく使い勝手がよくて、経済的、時間的、空間的、精神的なゆとり、何かが実に容易であることなど幅広く表現することが可能です。しかし英語の場合はそれぞれのニュアンスやシチュエーションで使い分ける必要があります。そこで今回は「余裕」という抽象度の高い日本語の英語表現を徹底解説したいと思います。

「経済的、時間的、空間的、精神的な余裕」を意味する英語

can't afford to...

経済的、時間的、心理的と全般的に「余裕」を意味する英単語は、動詞「afford」です。「afford」は他動詞で「...する余裕がある」の意味です。 否定文で「◯◯を購入する余裕がない」という金銭的なニュアンスで使うことが一番多いです。 可能を意味する「be able to」「can」という助動詞と使うことが一般的です。 ✔「can't afford to」「not able to afford to」のように否定文で使うのが基本 ✔「afford」の後は不定詞の「to」がくる。「to」の後は動詞の原形。動名詞(...ing)は不可 ✔ 肯定文で「afford」を使うと、今までは余裕がなかったがようやくその余裕ができたんだ、というニュアンスになることがある ✔ 税金など義務的なものに大しては使えない。「can't pay taxes」というのが普通

I can't afford to buy a house in Tokyo.

東京に一軒家を買う余裕なんてない。

She experienced sexual harassment at work, but couldn't afford to pay the lawyer's fee.

彼女は職場でセクハラを受けたが、弁護士を雇う余裕はなかった。

I really wanna buy a new iPhone, but I can't afford it.

新しいiPhoneマジほしいんだけど、金ないねん。

We can't afford another trip abroad this year.

今年はもう海外旅行をする余裕はない。

have the luxury of...

「luxury」という言葉も「afford」と同様に、経済的、時間的、心理的と全般的に「余裕」を意味します。「afford」は口語、文語ともによく使われますが、「luxury」は口語で使われることの方が多いです。 「luxury」は元々「豪華」「贅沢」などを意味する名詞ですので、比喩的に「余裕」を表し、少しウィットに富んだ表現になります。 ✔「have the luxury of ...ing」「have the luxury to...」で「...する余裕がある」の意味になる ✔「afford」同様、否定文で使うのが普通

Bill wants to go abroad but doesn't have the luxury of taking even a week off work.

ビルは海外旅行に行きたいが、一週間でさえ仕事の休みを取る余裕はない。

We don't have the luxury of standing on the sideline and just complaining!

傍観して文句言ってる余裕なんて俺たちにないんだよ!

I've been so busy this month that I couldn't have the luxury to spend time with my wife.

今月はずっと忙しかったので、嫁と一緒に過ごす余裕がなかった。

give oneself plenty of time to...

何かに取り組むときに十分な時間を設けることを「余裕をもって...する」と表現しますよね。 その際にネイティブが使うのが「give oneself plenty of time to...」というフレーズです。 直訳すると「自分自身にたくさんの時間を与える」という意味です。 ✔「plenty」は「豊富」を意味する名詞。「plenty of...」で「十分な」という意味で使う ✔「extra time」と言ってもOK

I always give myself plenty of time when I leave the house.

いつも余裕をもって外出するようにしています。

Make sure you give yourself plenty of time to work on this task.

この仕事に取り組むときは十分な時間を設けなさい。

You should've given yourself more time to finish your summer vacations homework.

あなたは、もっと余裕をもって夏休みの宿題を終わらせるべきだったね。

There is room for...

「room」は皆さん知っての通り「部屋」という意味です。そこから転じて「空間的な余裕、ゆとり」を意味します。 比喩的に「心の余裕」を意味することもあります。「room in one's mind」「room in one's heart」で「心の余裕」という意味になります。「with room in one's mind」で「心の余裕を持って」という意味になります。 「room」はそれ以外にも「余地、可能性、機会」などの意味もあります。 例えば、「There is still room for improvement.」というと「まだ改善の余地はある」となります。このような用法では「余裕」という意味合いはありません。

There's still room for two people on the back seat.

後ろの席にまだ2人分余裕あるよ。

There's always room for dessert.

デザートは別腹。(甘いものを食べる余裕は常にある、が直訳)

I have no room in my mind to think about it now.

今そんなこと考える精神的余裕なんてないよ。

have a margin of

「margin」も「時間・経費・活動などの余裕」を意味する単語です。 「margin」のコアの意味は「余白」です。そこから転じて「余裕」を意味することがあります。 「have a margin of / for...」で「...の余裕がある」となります。 「by a margin」というフレーズでは「margin」は「差」を意味します。 表現方法によっては「余裕」という意味にもなります。

We still have a margin of 5 minutes.

まだ5分の余裕がある。

※上記の意味では「We still have 5 minutes left.」という方が自然。

Japan Self-Defense Forces need to provide a margin of safety in case of an impending nuclear missile attack from North Korea.

自衛隊は、北朝鮮からの予期せぬ核ミサイル攻撃に備えて、安全性に余裕を持つ必要がある。

※この例文のように「a margin of safety」は「安全網」「安全余裕度」などの意味があります。一緒に使う動詞は「give」「provide」「prepare for」などでよいでしょう。

Liberal Democratic Party won the election by a comfortable margin this year.

今年、自民党は十分に余裕をもって選挙に買った。

※「win by a large margin」で「余裕で勝つ」という意味になります。

have leeway to

「leeway」という単語にも、空間・時間・お金などの余裕という意味があります。全般的に広く使うことができます。「leeway」も元々は別の意味があり、比喩的に使われている表現ですので、ちょっとウィットに富んだニュアンスがあります。 「leeway」は意味が複数あるのですが、アメリカ英語の日常英会話で使われた場合、ほとんど「余裕」という意味になるので、心配ありません! 参考までに、他の意味も書いておきます。 ・風落  風の吹いて行く方に船が流されてしまうこと。元の意味はこれ。日常英会話でこの意味で使うことはあまりない ・時間の損失 「make up leeway」で「遅れを取り戻す」の意味。この意味はイギリス英語。アメリカ英語ではまず言わない ・自由裁量 「I'm giving leeway to...」で「...する自由裁量を得ている」の意味。「give」という単語と使うのがポイント。「自由裁量」という言葉は日常英会話では使いません。これは日本語でも同じです。

We have an hour's leeway to board on the airport.

飛行機に乗るのに1時間の余裕がある。

Homeowners need some leeway to buy a new house after they sell the old one.

古い住宅を売却した後、新しい住宅を購入する余裕が必要です。(でないと住む場所がなくなってしまう)

「朝飯前」を意味する「余裕」の英語表現

何かが簡単に成し遂げられるとき日本語で「余裕だわ!」と言いますよね。「超簡単」「朝飯前」などの日本語で表現することもできます。 とても容易に何かが達成できる、という意味の英語のスラング表現はたくさんありますが、代表的なものを紹介したいと思います!

a piece of cake

「a piece of cake」は知っている人が多いのではないでしょうか?「朝飯前」という意味の最も一般的な言葉です。 同じく「簡単」を意味する「cakewalk」という言葉が語源と言われています。

"Can you get it done by Friday?" - "Sure, it'll be a piece of cake."

「金曜までにできる?」-「はい、余裕です」

a breeze

「a breeze」も「余裕です」という意味になります。元々は「そよ風」の意味です。 「a piece of cake」の方が、より容易かったというニュアンスが強いです。 「a breeze」はちょっとキザな雰囲気があるので、個人的にはあまり使いません。。笑 「◯◯ be a breese」で「◯◯は余裕だ」となります。

The exam was an absolute breeze.

試験は超余裕だった。

nothing

「nothing」は皆さんご存知の通り、「何もない」という意味ですが、「余裕だった」というニュアンスでネイティブがよく使う単語です。

"How was the job interview?" - "It was nothing."

「面接どうだった?」-「余裕だった」

easy money

最後に紹介するのが「easy money」です。元々「easy money」は「簡単に手の入るお金」という意味ですが、アメリカのアフリカ系アメリカ人を中心に「余裕だわ」という意味で使われています。このように使う場合、「お金」というニュアンスはありません。

Come on man. That's easy money. I can do it in my sleep.

おい馬鹿にすんなよ。それ余裕だわ。寝ながらでもできるわ。

「大人の余裕」の英語表現

mature and calm

「彼って大人の余裕があるんだよね」は、英語でどのように表現すればよいでしょう。 「大人の余裕」というのは日本語特有のフレーズで、直訳してしまうと意味不明になります。(adult's room? 笑) 「彼って大人の余裕があるんだよね」と言うときは形容詞「mature」「calm」などを使います。「mature」は「大人っぽい」、「calm」は「落ち着いている」という意味です。

He is so mature and calm that I am almost falling love with him.

彼って惚れてしまうほど、大人の余裕があるのよ。

「余裕がない」を間接的に表現する方法

「余裕」という言葉をあまり意識しなくても、「...する余裕がない」という意味を伝えることが可能です。例えば、「I don't have time for that now!(今そんなことする時間ないよ!)」というフレーズでも「余裕のなさ」を表現できていますよね。 そんなフレーズをニュアンス毎に紹介します。

精神的に余裕がない場合

・I have a lot on my plate.  やることいっぱい! ・I’m not in the right frame of mind.  正常な精神状態じゃない ・I don’t have the headspace for it.  そんな心の余裕はない ・My mind is too busy.  心がバタバタしてる ・It's not easy for me to care for other things  他の事を気にしてなんていられない ・I can't get into this right now.  今これに取り掛かるのは無理や ・I'm too stressed out these days.  最近ストレスがやばい ・This is freaking me out.  このせいで、気が狂いそう。 などなど

時間に余裕がない場合

・I don’t have time to spare.  割く時間なし ・I’m too tight on time.  時間に余裕なし ・Time fucking flies these days.  最近時間すぎるのクッソ早い ・I wish I had more time!  もっと時間があればいいのに! などなど

お金に余裕がない時

・I'm broke!  金欠や! ・I'm too tight on money.  お金がない。 ・I'm out of cash now.  現金切れなう などなど

こんな感じでたくさん表現することが可能です。 まだまだあると思いますが、これくらいにしておきます。 あまり「余裕」というワードに気を取られる必要もなく、何かが不足してることをストレートに伝えるだけで「余裕がない」というニュアンスは伝わります!

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

会話もメールも 英語は3語で伝わります

こちらの本では、「主語・動詞・目的語」のシンプルな構造で英語の文章を組み立てる方法を紹介しています。日本語を英語に直訳してしまうと、つい文章が長く分かりづらいものになってしまいますよね。ネイティブに分かりやすく伝わる綺麗な英語を身に付けたい方におすすめ書籍です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい使い方や文法が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

本気で英語学習をしたい方へ

近年のグローバル化で英語学習の重要度が高まっています。 留学や海外で就職を検討している方はもちろん、国内に住みながらも訪日外国人旅行者数の増加や企業の英語公用語化などの影響で、英語学習の必要性に迫られている方も多いのではないでしょうか? そんな本気で英語学習をしたい方にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 【完全版】「余裕」を意味する英語表現