1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「問題」と「課題」の意味の違いと使い分け

「問題」と「課題」の意味の違いと使い分け

「問題」とは、「個人や組織における現状と目標の差」を指します。そして、「問題を解決するためにやらなければならない具体的な事柄」が「課題」です。辞書によっては「問題」の定義が「解決が必要な課題」、「課題」の定義が「解決が必要な問題」と堂々巡りになっていますが、ビジネスでは使い分けが必要です。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「問題」と「課題」の違い

「問題」と「課題」の違いは、辞書によると明確な違いは分かりません。 辞書によっては「問題」の意味が「解決・処理などを必要とする課題」、「課題」の意味が「解決しなければならな問題」となっています。 ただビジネスシーンなどにおいて使われる場合は、明確な違いがあります。

▶問題・・・「目標達成のために解決しなければならない事柄」「目標と現状の差や違い」 ▶課題・・・「解決するためにやるべきこと」「差や違いを埋めるために果たすべきこと」

目標達成に向けてどんな「問題」があるかを提起して、それらを解決するための「課題」があります。 元々は近い意味を持つ「問題」と「課題」ですが、何か目標があることに対して使う場合はこのような違いを持っています。 例えばビジネスでプロジェクトの計画をしているとします。 その計画の実行の目標が2月とします。 しかし現状は既に2月なのに実行すべきことが定まっていません。 ここにおいて「問題」は「計画が遅れていること」です。 そして「課題」は「計画の遅れを取り戻すためにするべきこと」となります。

「問題」の意味と使い方

「問題」の意味は4つあります。 先程は「課題」との比較としての意味を紹介しましたが、 ①「知識や学力の程度を知るために答えを求める問い」 ②「批判や研究などの対象となる事柄」「解決や処理を必要とする課題」 ③「めんどうな事件」「厄介で困る事柄」 ④「世間から注目されているもの」「話題となっている事柄」 があります。 「課題」との比較になるのは②の意味です。 ①の意味は、テストなどで出てくる「問題」のことです。 「練習問題」「入試問題」「英語の問題」などと使われています。 ③の意味は、周りに迷惑となる事柄を指します。 「問題になる」「問題児」「大問題」などと使われています。 ④の意味は、プラスな意味でもマイナスな意味でも用いられます。

例文

  • 問題
  • 今回の問題点は、それぞれの部署の連携が取れていなかったことだろう。

「課題」の意味と使い方

「課題」の意味は2つあります。 ①「仕事や勉強などの題目」「題、問題を課すること」「課せられた題、問題」 ②「解決しなければならない問題」「果たすべき仕事」 です。 ①の意味は、「宿題」と同じように使われます。 小中学生では学校から出される問題や家でやるべき勉強を「宿題」と言います。 高校生や大学生になってくると、問題や家でやるべき勉強、また論文や研究すべきことを「課題」と言います。 ②は先程「問題」と比較した意味となります。

こちらの記事もチェック

「排出」と「輩出」の意味の違いと使い分け

WURK

了知・承知・承諾・了解・了承 の違いと使い分け

WURK

「公平」と「公正」の意味の違いと使い分け

WURK

「衒い」と「外連」の意味の違いと使い分け

WURK

「確かに」と「確か」の意味の違いと使い分け

WURK

「一貫性」と「統一性」の意味の違いと使い分け

WURK

「目下」と「目先」の意味の違いと使い分け

WURK

「一過性」と「一時的」の意味の違いと使い分け

WURK

「事案」「案件」「事例」「事件」の意味の違いと使い分け

WURK

「諦観」「諦念」「達観」の意味の違いと使い分け

WURK

「合理的」「効率的」「能率的」「論理的」の意味の違いと使い分け

WURK

「始祖」と「開祖」の意味の違いと使い分け

WURK

「元来」「本来」「本当」「元々」の意味の違いと使い分け

WURK

「欺瞞」と「偽善」の意味の違いと使い分け

WURK

「元祖」と「本家」の意味の違いと使い分け

WURK

「慣れる」と「馴れる」の意味の違いと使い分け

WURK

「情けない」と「不甲斐ない」の意味の違いと使い分け

WURK

「籠絡」と「懐柔」の意味の違いと使い分け

WURK

「什器」「備品」「家具」の意味の違いと使い分け

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「問題」と「課題」の意味の違いと使い分け