1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「元来」「本来」「本当」「元々」の意味の違いと使い分け

「元来」「本来」「本当」「元々」の意味の違いと使い分け

「元来」「本来」「本当」「元々」の意味の違いはご存じでしょうか?どれも日常会話においてよく使われていますよね。ただ、意味と使い方の違いについて理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は「元来」「本来」「本当」「元々」の違いについ徹底解説していきます!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「元来」「本来」「本当」「元々」の違い

「元来」・・・「はじめからそのような性質や状態である、改めて物事を説き起こす際にいう語」 「本来」・・・「性質・実力・役割などとして本質的に備わっていること、当然そうするべきこと」 「本当」・・・「嘘や間違いではなくその通りである、当然そうするべきこと」 「元々」・・・「最初からその状態である、前に示した状態が起きても起こる前とそれほど変わらないこと」

「元来」の意味と使い方

「元来」は「がんらい」と読みます。「げんらい」とは読まないので注意してください。 「元来」の意味は、 ・元からその状態や性質であること ・順序立てて物事の説明をはじめるときにいう語 です。 「元来」ははじめからある状態や性質であること、前の状態を表します。生まれつき持っている性質という意味でも使えます。 例えば、「この着物は元来祖母の物である」と用います。これは「以前からこの着物は祖母の物だ」という意味になります。「前はその状態だった」と以前の状態も、「以前からその状態だ」とその状態が今現在も続いている場合にも使うことができます。 「元来」は物事だけではなく、人の性格を表す際にも用います。 また、「元来」は物事を説き起したり、疑問を投げかけるときに使うこともできます。「元来、◯◯は」と文頭で用います。 この場合の「元来」は「そもそも」と同義です。話を本題に戻したり、わけを振り返って説明する場合に役立ちます。 「元来」は話し言葉というよりも、書き言葉として用いるのが一般的です。

例文 ・彼女は元来病弱な人だから、風邪で仕事を休むことが多い。 ・元来若者向けのサービスであったが、最近は様々な世代から人気を集めている。 ・元来、普通とは何だろうか。

「本来」の意味と使い方

「本来」は「ほんらい」と読みます。 「本来」の意味は、 ・性質、能力、役目などとして、最初から備わっていること ・物事の道理として、そうするのが当たり前であること です。 「本来」はいつからそうだという訳ではなく、本質的に備わっているものを表します。 例えば、「テストで本来の力を発揮できなかった」と用います。これは「自分が元から持っている実力を十分に出すことができなかった」という意味になります。 また、「本来」は「当たり前」「一般的に考えて、当然そのようにすべき」という意味でも使うことができます。「本来あなたが持っているべきだ」ならば「本当はあなたが持っていなくてはならない」という意味になります。 「◯◯すべき」「◯◯はず」「ならない」などと、当為・禁止を表す表現を伴って使うことが多いです。

例文 ・その言葉は本来の意味とは違う意味で広く使われている。 ・A選手は試合を重ねるにつれて、ようやく本来の姿を取り戻した。 ・本来なら断るべき仕事だが、君からの頼みだから引き受けることにしよう。

「本当」の意味と使い方

「本当」は「ほんとう」と読みます。 「本当」の意味は、 ・間違いや偽りではなく、その通りであること ・実際はそうあるべきこと、当然そうすべきこと です。 うそや見せかけではないことを表します。例えば、「作り話ではなく本当の話だ」ならば「作り上げた話や嘘ではなく、事実である」という意味です。 本物である、正式な姿であるという意味でも「本当」を使うことができます。 「本当は私からお礼を言わなくてはいけない」などと「実際はこうだが、正しくはそうあるべきだ」という意味でも「本当」を使用します。 「演奏よかったよ、本当!」と文末に使うことで、自分の意見を強調することもできます。また、「本当にありがとう」「本当に嬉しい」などと、程度が甚だしいことも表します。 このように、「本当」は広い意味で使うことができる表現です。

例文 ・このアクセサリーは本当のダイヤを使っている。 ・彼がAさんと結婚するって本当? ・本当は右投げだが、実は左でも投げることができる。

「元々」の意味と使い方

「元々」は「もともと」と読みます。「げんげん」と読むと、「根本」「基本」と違う意味になってしまうので注意してください。 「元々」の意味は、 ・最初からそうである ・元、はじまり ・前に示した状態が起きても、それが生じる前と大して変わらないこと です。 「元々」は、はじめからそのような状態であることを表します。現在より遡った始まりに言及する場合に使います。 例えば、「元々左利きだった」ならば、「以前は左利きだった」という意味になります。「元々〜だった」と過去形になっているので、「今は左利きではなく右利きである」と解釈できます。 「元々左利きだ」と現在形の場合は、「以前から左利きである」と前から変わらず左利きであることを意味します。 「元々」は、実際に行う前と比べて何も変わらないという意味でも用います。この場合は、行っても得たり失うものは少ないだろうと見当する気持ちを表します。 「ダメで元々」という言葉があります。略して「ダメ元」です。これは「仮に試みて失敗しても、何もしないよりは良いと考えること」を意味します。

例文 ・私は元々登山に興味がある。 ・弟は元々足が悪いから、激しい運動はできない。 ・負けて元々だけど、頑張ってチャレンジしてみよう。

「ダメ元」の意味と使い方、ビジネスでの類語や言い換えとは?

eigobu.jp

こちらの記事もチェック

「ください」と「下さい」の違いと使い分け

eigobu.jp

「今しばらく」と「少々」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

eigobu.jp

「結構です」と「構いません」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「淡々と」と「粛々と」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「請け負う」と「受け合う」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「侘しい(わびしい)」と「寂しい(さびしい)」の違いと使い分け

eigobu.jp

「見くびる」と「見下ろす」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「了解しました」「承知しました」「かしこまりました 」「承りました」の意味と違い

eigobu.jp

「照査(しょうさ)」と「確認」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「照査」と「審査」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「侃々諤々(かんかんがくがく)」と「喧々囂々(けんけんごうごう)」の違い

eigobu.jp

「望む」と「臨む」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いと使い分け

eigobu.jp

「慣行」「慣習」「慣例」「恒例」「通例」の違いと使い分け

eigobu.jp

「小綺麗」と「綺麗」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「けりをつける」と「かたをつける」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「頽れる(くずおれる)」と「崩れ落ちる」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「おののく」と「わななく」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「入れ違い」と「行き違い」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「元来」「本来」「本当」「元々」の意味の違いと使い分け