1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「倣う」の意味と使い方、例文、類語「習う」との違い、英語表現

「倣う」の意味と使い方、例文、類語「習う」との違い、英語表現

「倣う」の読み方は「ならう」で、意味は「すでにある物事を真似てその通りにする」です。「先人に倣う」「右に倣え」などと主に使われています。今回はそんな「倣う」の使い方を例文付きで詳しく解説していきます。類語や英語も紹介しますので、是非参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「倣う」とは

「倣う」の読み方は「ならう」

「倣う」の読み方は「ならう」です。 「倣」は音読みで「ホウ」となります。

「倣う」の漢字は「傚う」とも書くが、常用漢字ではない

「倣う」の漢字は「傚う」とも書くことも出来ますが、「傚」は常用漢字ではありません。 そのため「倣う」が使われることが多くなっています。

「倣う」の意味は「すでにある物事を真似てその通りにする」

「倣う」の意味は「すでにある物事を真似てその通りにする」です。 手本として真似をすることを「倣う」と言います。 現代でいう「パクる」というよりも「お手本とする」といった意味合いが強くなります。

「倣う」の語源は古語「慣らふ」

「倣う」の語源は古語「慣らふ」です。 「慣らふ」の意味は、

  • 慣れる、習慣となる
  • なれ親しむ、懐く
  • 経験して身につける、学ぶ

となります。 「習う」も「慣らふ」が語源となっています。

「倣う」の使い方と例文

「先例/前例に倣う」「先人に倣って」などと使う

「倣う」は主に「先例/前例に倣う」「先人に倣って」と使います。 すでにある物事ややり方を真似るため、先例や先人という言葉が頻繁に使われています。 他にも

  • 伝統に倣う
  • イギリスに倣う

などと用いられます。 伝統もすでにある物事ですし、他国ですでに行われていることを真似る際には国名が用いられます。 また、「〜に倣って、○○する」という言い回しもよく使われています。 〜を真似て○○するということになります。 ちなみに「〜を倣う」とは使用しないので注意しましょう。

例文

  • 最初のうちは先輩に倣ってやってみてください。
  • それを実現するためには、他社に倣う必要がある。
  • 友人に倣って、わたしもスポーツジムに通っている。
  • 伝統に倣ったこの儀式は、100年以上続いているらしい。
  • イギリスに倣うようにして、日本は法律を整備していった。

「右へ倣え」は「無批判に他人の真似をしたり追随したりすること」

元々「右へ倣え」は「横隊の列などを整列させるときの号令」のことです。 右にいる人に合わせて自分の位置や角度を直すものです。 そこから「最初に行った人の真似をしたり追随したりすること」といった意味を持つようになりました。 「無批判に」といった意味合いが強く、主体性を欠いたさまを表します。 軍国主義的なところが表れた言葉です。 自分の意思で判断をしたり自由な言動をするのではなく、周りと足並みを合わせる様子が伺えます。 また、小学校などで縦に並ぶ際は「前へ倣え」と言いますよね。 これも「前の人に合わせて整列しなさい」ということです。 そうすることで縦の列がきれいに揃います。

例文

  • 先輩に右に倣えして飲み会では体を張っている。
  • AさんはいつもBさんに右に倣えで、Aさんは困惑している。

「顰に倣う」は「善し悪しを考えずやたら人の真似をする」

「顰」は「ひそみ」と読みます。 意味は「善し悪しを考えずやたら人の真似をする」です。 また他人と同じ行動をする時に謙遜して言うこともあります。 ちなみに「顰」とは「眉間にしわを寄せること」です。 なぜ「顰に倣う」がこういった意味になったのかとういと、中国古代四大美女の一人と言われる「西施(せいし)」が苦痛で顔をしかめていた際にそれを見た町の醜女はそれが美しいと思い、西施を真似て顔をしかめながら村中を歩きました。眉をひそめても美しいのは西施が元々美女だからなのですが、西施の美しさは知っていたのにそれには気が付かなかった、という故事に基づいています。 そのため「西施の顰みに倣う」とも言います。

例文

  • 自分の立場を失いたくなければ、顰に倣うしかない。
  • 彼女はいつも顰に倣っているからね、似合ってないことにはいつも気付いていないよ。

「倣」を含む熟語には「模倣」

「倣」という字を含む熟語には「模倣」があります。 「模倣」は「もほう」と読みます。 意味は「自分で創作するのではなく、すでにあるものを真似ること」「他者と類似あるいは同一の行動をとること」です。 「模倣犯」などと使いますよね。 これは、すでに起きた犯罪を真似て同じような犯罪をおかしたり、同じ手口を使う人を指します。

例文

  • これは尊敬する画家の作品を模倣して作ったものです。
  • 模倣品の対策をすぐにしていかなければならない。

「倣う」と「習う」の違い

「習う」の意味は「知識や技術などの教えを受ける」

「習う」の意味は「知識や技術などの教えを受ける」です。 稽古をしてもらったり教わったりして技術や学問を身につけたり、繰り返し練習して身につけることを指します。 「学習」「練習」「教習」などと使われているとおり、「知識や技術を自分の身に付ける」ことを表します。 ちなみに「倣う」と同様に「習う」も語源は古語「慣らふ」となります。 「倣う」は「真似る」といった意味合いが強く、「習う」は「教わる」といった意味合いが強くなっています。

「みならう」は「見習う」「見倣う」のどちらも可

「みならう」という言葉の感じは「見習う」と「見倣う」のどちらも正しくなっています。 ですが、一般的には「見習う」が用いられています。 「みならう」の意味は「人のすることを見て覚える、見て学ぶ」となります。 「人することを見て真似るだけでなく、自分の身に付ける」ため「見習う」の方が意味的にもマッチしています。

「習う」の例文

例文

  • 私は母から書道を習いました。
  • ピアノは15年ほど習っていました。
  • 中学時代に英語を習った先生と、ばったり会った。

「倣う」の類語

準ずる

「準ずる」の意味は「ある基準を標準として考える」「同等の扱いをする」です。 「先例に準ずる」「正社員に準ずる待遇」などと使います。 「準ずる」は「手本として真似をする」というニュアンスがあり「倣う」と近い意味を持ちます。 また、「準ずる」には「あるものと同様の資格で扱う」や「あるものを基準にしてそれに見合った扱いをする」といったような意味もあります。

則る

「則る」は「のっとる」と読みます。 意味は「規準・規範とする、手本としてそれに従う」です。 「法律に則る」「伝統に則る」などと使われています。 ちなみに同音異義語の「乗っ取る」と意味は異なります。 「乗っ取る」は「自分の支配下に置く」「攻め入って自分のものとする」です。

例文

  • 今回の件は法に則って裁いてもらいます。
  • 先例に則って進行していきます。

従う

「従う」の意味は「後ろについて行く」「他からの働きに順応する」です。 ただ前にいる人についていく、といった意味でも使われますし、目上の人やルールなどの指示の通りに動くといった意味でも使われています。 「手本とする」といった意味合いはあまりなく、「逆らわずに順応する」ということを表す言葉です。

例文

  • 交通ルールにちゃんと従ってください。
  • 郷に入っては郷に従えと言うじゃないか。

踏襲する

「踏襲」は「とうしゅう」と読みます。 「踏襲する」の意味は「前人の経験したものややり方をそのまま受け継ぐ」「元のまま伝える」です。 る前任者や先輩・上司など今までその業務や作業を行っていた人のやり方・思想を受け継ぐことを表しています。 「やり方や方針を継続すること」「受け継ぐこと」といったことを幅広く意味する表現です。

例文

  • この要素は前任の担当者が初めて導入し、引き継いだあとも踏襲している。
  • 部長の思想を踏襲しながら今後も開発を続ける。

例文付き「踏襲」の意味・読み方・類語・英語表現!「継承」との違いも解説!

WURK

追随する

「追随」は「ついずい」と読みます。 意味は「あとに付き従って行、それを真似ること」「前を行く者に従って後を追うこと」です。 主に、「追随」は「他人の意見や行動を真似する」という意味で使います。 例えば、「彼は追随を許さない」などとよく言いますが、これは「彼は技術が簡単に真似できないくらい優れている」という意味になります。

例文

  • 彼女の技能はものすごく素晴らしく、他の追随を許さない。
  • 最低限、やるべきことを行うには、追随するしかない。

真似る

「真似る」は「まねる」と読みます。 意味は「他の人や物に似せてする、みならう、模倣する」となります。 「真似る」は日常生活でもよく使われる言葉です。 そのためビジネスシーンで使うとくだけた印象があります。

例文

  • 子供はすぐ親の真似をする。
  • 彼女は他人の真似ばかりしていて、自分らしさというものが無い。

「倣う」の英語

follow one's example

「倣う」の英語1つ目は「follow」です。 「follow」は「〜に従う」という意味の他動詞です。 「follow a precedent」で「前例に倣う」という意味になります。 「follow his example」で「彼の過去に倣う」という意味のイディオムです。 「follow suit」で「先例に倣う」という意味のイディオムです。 「suit」は洋服の「スーツ」ではなく、ハートやスペードなどのトランプのマークを指します。 前の人が出したマークと同じことを出す動作が語源となっています。 「follow suit with...」で「...に倣う」となります。

She followed her mother's example and entered college in London.

彼女は母に倣い、ロンドンの大学に入学した。

The telecommunications company followed suit with the competitors and decided to lower their fees.

その通信事業者は競合に倣い、通信料金を下げることを決定した。

model on

「model A on B」で「Bに倣いAを作る」という意味になります。 使用できる場面は限定されますが、「倣う」という意味で使える表現です。

She modeled her villa on a very famous architect's design.

彼女はある有名な建築家の設計に倣って家を建てた。

まとめ

いかがだったでしょうか? 「倣う」について理解できたでしょうか? ✔読み方は「ならう」 ✔意味は「すでにある物事を真似てその通りにする」 ✔「先例/前例に倣う」「先人に倣って」などと使う ✔類語は「準ずる」「則る」など 難しい漢字ですが、「前へ倣え」など実は幼少期から耳にしている言葉です。 しっかりと意味を覚えておきましょう。

こちらの記事もチェック

「やんごとなき」は方言?古語?意味と正しい使い方、類語、英語表現を解説

WURK

「敵に塩を送る」のはなぜ?由来は?意味と使い方、類語、対義語を例文付きで解説

WURK

「いぶし銀」の意味と使い方、類語、対義語、英語表現を例文付きで解説

WURK

「身につまされる」は誤用に注意!意味と正しい使い方、語源、類語、英語を例文付きで解説

WURK

「夜分」「夜分遅くに」はメールで何時から?意味と読み方、使い方を例文付きで解説

WURK

「斡旋」の意味と使い方、類語「仲介・周旋」との違いを例文付きで解説

WURK

「悍ましい」の意味と語源、読み方、使い方、類語、英語表現を解説

WURK

「絆される」の意味と語源、使い方、類語、対義語、英語表現を例文付きで解説

WURK

「諸事情」の意味とビジネスでの使い方とは?類語と英語表現も例文付きで解説

WURK

「または」の意味と使い方、類語「もしくは・ないしは」との違い、対義語「かつ」との使い分け

WURK

「祈念」の意味と使い方、敬語、類語「記念・祈願」との違い、英語表現

WURK

「注意喚起」の意味と使い方、類語、対義語、英語表現を例文付きで解説

WURK

「お加減」の意味と使い方、敬語表現、返事の仕方、類語、英語を徹底解説

WURK

「画策」の意味と使い方、読み方、類語、「模索」との違いを例文付きで解説

WURK

「問答無用」の意味と使い方、例文、読み方、類語、同義語、対義語、英語表現を徹底解説

WURK

「相まって」の意味と使い方、読み方、類語、「相成って」との違い、英語表現を解説

WURK

「風上にも置けない」の「も」とは?意味と使い方、語源由来、類語、英語を解説

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「倣う」の意味と使い方、例文、類語「習う」との違い、英語表現