1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の違いと対義語「受動的」の使い方

「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の違いと対義語「受動的」の使い方

「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」という言葉を使ったことがありますか。「能動的に取り組む」「積極的に発言する」などと言いますが、4つの意味や使い方についてしっかりと理解できているでしょうか。違いはないように思ってしまいますが、実はそれぞれ意味が異なります。何となく使っていると、自分が恥ずかしい思いをしてしまいます。そこで今回は「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の意味と使い方、対義語「受動的」の使い方について解説してきます。各々の例文も紹介しているので、日常会話のなかでも是非使えるようにしておきましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の違いまとめ

▶︎「能動的」・・・自分から他へ働きかけるさま。自分の方から他に作用を及ぼすさま ▶︎「自発的」・・・他からの働きかけがなくても、自然と物事を自分から進んでするさま ▶︎「積極的」・・・他からの働きかけに関係なく、進んで物事を行ったり、他に働きかけたりするさま ▶︎「主体的」・・・様々な状況下においても、自分の意志や判断に基づいて行動するさま

「能動的」の意味と使い方と例文

「能動的」の意味は「自ら働きかけるさま・自分の方から他に作用を及ぼすさま」です。 「能動」は「自己の作用を他に及ぼすこと。はたらきかけ」を意味します。 他者から強制されることなく、自分から働きかけるのであれば、何でも「能動的」になります。 自分のために行動するのではなく、他人に呼びかけたり、何かを訴えることで、新しい繋がりを生み出していくような働きかけのことです。 「能動的な行為」とした場合は、「自分から他へ働きかける行為」を表します。 例えば、自分の考えなどをブログに書き込んで、他者に働きかけることなどが「能動的な行為」です。 「能動的」はあくまでも”自分から”ということを表しているので、「友達からの誘いを能動的に受ける」などとは言うことができません。この場合、自分から友達を誘うのが「能動的」となります。

例文

  • 彼は元気ハツラツで能動的な人である。
  • 企業の多くは能動的な人材が必要であると考えている。
  • 仕事を順調に片付けていくためにも、能動的に行動する。
  • 能動的に地域のボランティア活動に参加する。
  • 彼女は能動的に外国人留学生との交流を図っている。
  • 能動的に世の中と関わっていく。
  • 能動的になるためには、まず行動に移すことが大切だ。
  • 彼は能動的でリーダーに向いている人物である。

「自発的」の意味と使い方と例文

「自発的」の意味は「自分から進んでするさま」です。 「自発」は「自ら進んで行うこと」を意味します。 物事を進んで行うさま、他からの働きかけがなくても自然とするさまを表します。 ”他からの働きかけがなくても、自分から進んで行う”という意味合いが強いのが「自発的」です。 例えば、「自発的に勉強する」といった場合は「他からの働きかけがなくても、自分から進んで勉強する」という意味になります。 よく「自発的な人」とも言いますが、これは”他者からの働きかけや干渉がなくても、自分の意思によって行動を起こせることができる人”を表しています。 「能動的」と似た意味を持ちますが、「自発的」の方が「能動的」よりも積極性が高いです。

例文

  • 会議中は自発的に発言するように意識している。
  • 地域の運動会に自発的に参加する。
  • まだ教わっていない箇所については、自発的に学習するようにしている。
  • 今日は思い切って自発的に意見を述べた。
  • 自発的な行動は素晴らしいことである。
  • 彼は自発的に被災地に大金を寄付した。
  • 報酬を受けることなく、自発的に何かを助けたり活動を行ったりする。
  • 彼女の息子は自発的に家の手伝いをする。

「積極的」の意味と使い方と例文

「積極的」の意味は「物事を進んでしようとするさま・進んで働きかけるさま」です。 「積極」は「対象に対して進んで働きかけること。意欲的に行動すること」を意味します。 他からの働きかけに関係なく、進んで物事を行ったり、他に働きかけたりすることを表します。 「積極的」は「自発的」と比べると、”自分から進んで行う”という意味合いが弱いです。 例えば、「積極的に発言する」といった場合は「自分から進んで発言する」という意味になります。 「積極的」は自分から進んで行う場合、他からの働きかけに応じて行動する場合、他へ働きかける場合にも使います。このように、「能動的」と「自発的」の両方の意味を含んでいるので、「積極的」は比較的使われることが多いです。 「積極的」は「ポジティブ」とも言います。 また、「積極的」の反対語は「消極的」です。「消極的」は「進んで事をしないこと。控え目」を意味します。

例文

  • 集会には積極的に参加するようにしている。
  • 思ったことを積極的に述べる。
  • 彼女は積極的に学級委員長に立候補した。
  • 難題に積極的に取り組んでみる。
  • あの人はとても積極的で勇敢な人物である。
  • この建物は防災対策に積極的に取り組んでいる。
  • 彼女は積極的に男性にアピールしている。
  • 必ず成功すると願って、積極的に物事を行う。
  • 発言の内容というよりも、積極的に発言しようとする姿勢を重視しています。

「主体的」の意味と使い方と例文

「主体的」の意味は「ある活動や思考などをなす時、その主体となって働きかけるさま。他のものによって導かれるのではなく、自己の純粋な立場において行うさま」です。 「主体」は「自覚や意志に基づいて行動したり作用を他に及ぼしたりするもの」を意味します。 様々な状況においても、自分の意志や判断で行動することを表します。 ですので、「主体性」は何を行うか決まっていない状況でも何をするべきなのかを自分で考えて、判断して行動するということになります。 例えば、「主体的に行動する」といった場合は「やるべき事をやるだけではなく、状況を見ながら自らの意思で判断し、行動する」という意味になります。

例文

  • 言われたことだけをやるのではなく、もっと主体的に行動しないと!
  • 社長が社員の主体的な試みを促した。
  • 自分のためにも、もう少し主体的な行動をする。
  • 主体的な生徒を育てることを目的とする。
  • 青少年が主体的な役割を果たしていける社会を目指していく。
  • 主体的な努力をすることによって、成長することができた。
  • 主体的に考える力を身につけられるように意識する。
  • 難しい問題に主体的に取り組む。

「能動的」の対義語は「受動的」

「受動的」の意味は「他から働きかけられて行動するさま」です。 「受動」は「他からの働きかけを受けること。受身」を意味します。 自分から積極的に動くのではなく、他人の働きかけによって行動することを表します。 「能動的」は”自分から他へ”という方向性なのに対して、「受動的」は”他から自分へ”という方向性になります。 例えば、友達と映画を見にいくとします。しかし、お互い見たい映画が違っていたため、「絶対にこっちが見たい」と主張する友達につられて、結局自分が見たかった映画とは異なる映画を見たとします。 この場合、自分で言い出してその通りになったので、友達の行動は「能動的」になります。 一方で、自らの意思ではなく友達の意見を受けたので、自分の行動は「受動的」になります。

例文

  • 人に合わせがちな受動的な性格を直さなければ。
  • 受動的な考えではこのプロジェクトは成功しない。
  • 受動的な人よりも、能動的な人の方が印象が良いだろう。
  • この件に関して当社はあくまでも受動的な立場であり、指示に従うだけです。
  • こちらとしてはしばらくの間、受動的な姿勢を貫くしか方法がない。

まとめ

「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の違いについて理解できたでしょうか? 4つとも非常に似ていますが、それぞれ意味や使い方が異なります。 「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の違いをしっかりと理解して、上手く使いこなせるようにしましょう!

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

幸せという意味?「僥倖」の正しい意味と使い方

WURK

「顰蹙」や「顰蹙を買う」の正しいと読みと使い方

WURK

「意図的」や「偶然的」とは違う、「恣意的」の正しい意味と使い方

WURK

「お大事に」の意味、言い換え、ビジネスでの敬語表現やメールの返事の仕方

WURK

「ひいては」の意味とビジネスでの使い方は?「しいては」との違い

WURK

2つの読み方がある「泡沫」の正しい意味と使い方

WURK

次は「成長期」が来る?「黎明期」の正しい意味と読み方

WURK

ビジネスシーンでもよく使われる「拙い」正しい意味と読み方

WURK

「乖離」の正しい読み方と使い方、「解離」との違い

WURK

批判やクレームとは違う「辛辣な言葉」とは?「辛辣」の正しい意味と使い方

WURK

誤用が多い「石の上にも三年」の意味と使い方、類語、語源、英語

WURK

「流石」の読み方と意味、使い方、語源、類語、英語表現

WURK

「いっぴ」の意味と漢字、使い方、由来、英語表現

WURK

「成功裏」の意味と使い方、類語、「成功・成功裡・盛会裏」との違い

WURK

「淑女」の読み方と意味は?「淑女」になるために必要な事とは?

WURK

《古い?死語?》「とりま」は何の略?意味と使い方を例文付きで解説

WURK

「飄々(ひょうひょう)」の意味と「飄々とした人」の特徴・性格・なり方

WURK

誤用に注意「手前味噌」の意味と使い方、語源、類語、反対語、英語

WURK

「対外的」の意味と使い方!「対外的な仕事」とは?対内的との違い

WURK

「行間を読む」の意味と使い方、類語、「空気を読む」との違い

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 「能動的」「自発的」「積極的」「主体的」の違いと対義語「受動的」の使い方