1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」の意味の違いと使い方
「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」の意味の違いと使い方

「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」の意味の違いと使い方

「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」という言葉をご存知でしょうか。「雄々しく振る舞う」「盗人猛々しい」「女々しい男」などと使います。では、「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」とはどのような意味なのでしょうか。この3つの言葉は、日常会話で使うので見聞きしたことがある方が多いかもしれません。ただ、これらの言葉は似ているので正しく使い分けできるのか不安に思う人もいると思います。そこで今回は「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」の使い分けについて解説していきます。正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」の違い

「雄々しい」・・・男気溢れていて、凛として勇ましいこと 「猛々しい」・・・何事にも怯むことなく、凛として勇ましいこと。自分勝手で図々しいこと 「女々しい」・・・仕草や行動が女のようであること。諦めが悪くて、弱々しいこと

「雄々しい」と「猛々しい」は「勇ましくて強い」という意味だが、「猛々しい」は「図々しい」という意味で使うことが多いです。

「雄々しい」の意味と使い方

「雄々しい」は<おおしい>と読みます。 「雄々しい」の意味は「男気のある、凛としていて勇ましい」です。 勇気があって男らしいことを表す場合に「雄々しい」を使います。「雄々しい」は「男男しい」と表すこともできます。 女性に対して、「勇ましい、潔い」という意味で「雄々しい女」「雄々しい女性」と褒め言葉として使えます。 ただ、「雄々しい」には「見るからに男性であると思わせる気質がある」という意味合いなので、人や状況に合わせて「男勝りな」「負けず嫌いな」と言い換えるのが無難です。 言い回しとしては、 ・雄々しい姿 ・雄々しげ ・雄々しい叫び声 ・雄々しく立ち向かう などがあります。 「雄々しい」の類語には、「凛々しい」「男っぽい」「大胆不敵」「堂々たる」「勇ましい」「勇敢」「精悍な」「勇猛な」「度胸がある」「健気」などがあります。

例文 ・どんな困難に見舞われても、雄々しく立ち向かって解決できるようにする。 ・近い場所から雄々しい叫び声が聞こえてきたので、何事かと思いじっとしていられなくなった。 ・彼は雄々しげで、いつも人のためになることを成し遂げているから、安心して相談できる。 ・どんなに衝撃的な事が起きたとしても、雄々しく振舞っている彼を見て心を打たれる。 ・重々しくて難しい場面でも、本気で取り組む彼の雄々しい姿に憧れを抱く。 ・弱々しくて頼りにならない人よりも、雄々しい男の人の方が女性からモテるはずだ。 ・彼が雄々しかったのはほんのわずかで、時間が経つにつれて全く信用できなくなってきた。

「猛々しい」の意味と使い方

「猛々しい」は<たけだけしい>と読みます。 「猛々しい」の意味は、 ・度胸があって、いかにも強そうである ・図々しい、恥知らずなこと です。 「猛々しい」には2つ意味がありますが、主に「図々しい」という意味で使うことが多いです。 「猛々しい」を用いた表現でよく使われているのが「盗人(ぬすっと)猛々しい」です。悪いことをして、注意されたり責められても、開き直る様子を表します。 言い回しとしては、 ・猛々しい顔つき ・猛々しい姿 ・猛々しい態度 などとなります。 「猛々しい」の類語には、「いかめしい」「たくましい」「図々しい」「厚かましい」「恥知らず」「白々しい」「横風」「押し強い」「不遠慮」などがあります。

例文 「強そうである」という意味 ・相手チームの猛々しい姿を見て、勝負する前から気落ちしてしまう。 ・何が起こっても決して怯むことがない彼は、猛々しい雰囲気がある。 「図々しい」という意味 ・彼は悪いことをして怒られているのに、人のせいにするなんて猛々しい。 ・あの人は自分のことは棚に上げて、人に対しては厳しくて本当に猛々しい。 ・自分の罪を一切認めようとしないなんて、本当にあなたは盗人猛々しいね。 ・犯人が猛々しい態度をとっているので、何とか反省するように促す。 ・ありもしない人の噂を勝手に流しておいて、その事について謝らないなんて彼女は猛々しくて嫌になる。

「女々しい」の意味と使い方

「女々しい」は<めめしい>と読みます。 「女々しい」の意味は、 ・態度や行動が女らしいこと ・困難を乗り越える気力がないこと、諦めが悪いこと です。 「女々しい」は基本的に男性に対して、侮蔑的な意味を含んで使います。「男のくせに、仕草や振る舞いが女のようだ」「意気地がなくて弱々しい奴だ」ということを表したい場合に使うのが適します。 女性に対して使うことはありません。 言い回しとしては、 ・女々しい奴 ・女々しい振る舞い ・女々しい動作 ・女々しいことを言う などとなります。 「女々しい」の類語には、「不甲斐ない」「柔弱」「心弱い」「意気地ない」「臆病」「根性なし」「未練がましい」「往生際が悪い」「悪あがきする」などがあります。

例文 ・そんな女々しいことしか言わないから、何事も失敗するんだよ。 ・少し注意されたいぐらいで落ち込んでしまうとは、君は女々しいね。 ・小さいことでいちいち悩んでいるようでは、女々しくて話にならない。 ・女々しい性格を直して、どんな困難にでも立ち向かえる男を目指す。 ・いつまでも彼女のことを思っているなんて、君は女々しくて気持ちが悪いよ。 ・彼は女々しいので、背丈が高くて筋肉質の男に遭遇すると怯えてしまう。 ・彼がそんな女々しいことを言う人だと思っていなかったので、落胆してしまう。

こちらの記事もチェック

Article 9 thumb

ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

eigobu.jp
Article 10 thumb

「承る」「受け賜る」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp
Article 20 thumb

「ご愁傷様」の意味と使い方、例文、類語も徹底解説!

eigobu.jp
Article 18 thumb

宛名の敬称で使う「様方(さまがた)」とは?正しい書き方を解説

eigobu.jp
Article 19 thumb

敬語「ご所望」と「ご要望」の意味と使い方の違いとは?《例文付き》

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「雄々しい」「猛々しい」「女々しい」の意味の違いと使い方