1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ください」と「下さい」の違いと使い分け
「ください」と「下さい」の違いと使い分け

「ください」と「下さい」の違いと使い分け

「下さい」は、「〜をしてほしい」「〜が欲しい」という場面で使用する言葉ですが、平仮名で表記する場合と漢字で表記する場合の違いをご存知でしょうか?今回は、「ください」と「下さい」の違いをまとめますので参考にしてください。

「ください」と「下さい」の違い

「ください」・・・お願いごとをする場合に相手に敬意を示す補助動詞 「下さい」・・・「くれ」という請求の意を敬意を示して表現する動詞

「ください」の意味と使い方

「ください」と平仮名で表記する場合は、「ください」という言葉を何かをお願いする場面で相手に敬意を示す補助として使用する場面です。 例えば、 ・ご報告ください ・ご連絡ください ・歩いてください といったように主に「何かをしてほしい」という場合の「ください」は平仮名の表記にします。 お願いをする場合の「ください」は英語では「please」という、「受け入れてもらう・相手を喜ばせる」という意味がある単語になります。

例文 「使用中、に何か不具合が起きた場合はご報告ください」 「何かお困りの際は遠慮なくフロントの者にお申し付けください」 「大変危険ですので、走らずゆっくりとお歩きください」 「もう二度と同じことを繰り返さないと約束してください」 「何かあった場合はすぐにフォローいたしますのでご安心ください」

「下さい」の意味と使い方

「下さい」と漢字で表記する場合は、 ・お水を下さい ・アドバイスを下さい といったように、「物をもらう」という本動詞として使用する場合です。 「下さい」は英語で「give」という「与える・あげる」という意味がある単語になります。 「下さい」は元々「くれ」という命令するニュアンスの言葉の尊敬語であるため、「ほしい」と請求するには失礼な言い回しであると感じる人もいます。 ビジネスシーンでは、「〜をいただけますか」というような謙譲語を使用することが多いので「下さい」を使用する場合は、相手と場面に注意して使い分けましょう。

例文 「喉が乾いたので何か飲み物を下さい」 「量が多いようなら、少し分けて下さりますか?」 「チケットが余っているようでしたら下さい」 「何かアドバイスを下さい」 「お手数ですが、新商品のカタログを下さい」

おすすめの記事

「ロイヤリティ」と「ロイヤルティ」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「となります」と「になります」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「気遣い」と「気配り」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「越える」と「超える」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「答える」と「応える」の違いと使い分け

eigobu.jp

「早い」と「速い」の違いと使い分け

eigobu.jp

「今しばらく」と「少々」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご手配」と「お手配」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「申す」と「おっしゃる」の違いと使い分け

eigobu.jp

「エキスパート」と「スペシャリスト」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ロイヤリティ」と「ロイヤルティ」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「生かす」と「活かす」の違いと使い分け

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ください」と「下さい」の違いと使い分け