1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「しつこい」と「ひつこい」の違いは?どっちが正しい日本語?
「しつこい」と「ひつこい」の違いは?どっちが正しい日本語?

「しつこい」と「ひつこい」の違いは?どっちが正しい日本語?

「しつこい」と「ひつこい」どっちが正しいんだろう?と考えたことがある人も多いのではないでしょうか。どちらも同じ意味で使われているけど、どちらかは言い間違いなんじゃないの?と思っている人も少くないはずです。今回は、「しつこい」と「ひつこい」の違いについてまとめます。さらに、類語表現なども紹介しますのでぜひ参考にしてください。

「しつこい」が標準語、「ひつこい」は関西の方言

「しつこい」と「ひつこい」どちらが正しい言葉なのか迷ったことがある人も多いのではないでしょうか。 正しくは「しつこい」という言葉になりますが、「ひつこい」という人も多いですし、意味も通じるので「ひつこい」が間違っているというわけでもありません。 実は、「ひつこい」は、関西地方で使用されている方言なのです。 意味は、「しつこい」と同じになります。なので、「しつこい」でも「ひつこい」でも意味が通じてしまいます。 関西以外の地域に住んでいる人は、「ひつこい」じゃなくて「しつこい」でしょ!?と思うでしょうし、逆に関西の地域に住んでいる人にとっては「しつこい」という言葉に違和感を感じているのでしょう。

「しつこい」の意味と使い方

「しつこい」の漢字は「執拗い」

「しつこい」という言葉は、漢字で表記すると「執拗い」となります。 元々「しつこい」という言葉は「執拗(しつよう)」という言葉を元にしている「造語」で、「執拗」には「粘り強くしつこい・自分の主張をや態度を曲げない」という意味があります。

「しつこい」の意味は「迷惑に感じるほどつきまとう様」

「しつこい」の意味は、 ・迷惑に感じるほどつきまとう様 ・空きていやになるほど一つのことを繰り返す様子 ・味・匂いなどが濃厚で後に残る様子 です。

「しつこい」の語源は諸説あり・・・

「しつこい」という言葉の語源には諸説あります。 語源① 子供に何度も同じことを教える「躾(しつけ)」と、「濃い」という意味の言葉を重ねて「躾をかさねて習慣を濃くする」といった意味から転じて「しつこい」という言葉になった。 語源② 「粘り強い」という意味のある「執」と「濃い」を組み合わせて「しつこい」となった。 語源③ 「根気がない・意気地がない」という意味で使用されていた「尻腰がない」を「しっこし」と読んでいたことから、次第に「しつこい」という言葉になっていった。 語源④「執拗」という「粘り強い・強く拘る様」という意味のある漢字を、「しつくどい」と読んていて、次第に「しつこい」と読むようになっていった・・・・ といいた4つほど説があり、正解は未だにわかっていません。

「しつこい」の例文

・しつこい〜・・・ ・しつこくする ・しつこくされる ・しつこくなる といったような言い回しがあります。 詳しい使い方は例文を確認してください。

例文 ・ふられたのに、しつこく付きまったのですから「ストーカー行為」と言われても仕方ありません。 ・同じミスを繰り返さないように、本番までに何度もしつこいくらいに復習してきた。 ・もうライブの度におきまりのメドレーをやるので、さすがにしつこいな・・・と感じてきた。 ・どうしても彼のことがしつこく頭に浮かんできて、周りの人の話しが耳に入らなかった。 ・しつこくされると、第一印象がよくても引いてしまいます。 ・この中華料理屋は、しつこい味だと感じるが何だか癖になってしまって毎週通っている。 ・どうしてもお願いしますと、首をたてにふるまで、とにかくしつこくお願いをされた。

「しつこい」の類語

執拗

「執拗(しつよう)」の意味は、「相手に対する態度が、ねばり強くしつこい様子」 さらに、自分の意見にいつまでもこだわり続ける頑固な様子を「執拗」といいます。

例文 ・あまりに執拗につきまとってくるので、警察に相談しにいくことに決めた。 ・彼は、執拗にこの漫画を見ることを進めてきていたのだが、読む気になれなかった。 ・犯人は、執拗に迫られ、とうとう真実をうちあけじめた。

くどい

「くどい」は、「同じ用なことをしつこく繰り返しうんざいする」という意味の言葉です。 また、「色や味などが濃すぎる」場合にも「くどい」という表現が使われることがあります。

例文 ・くどうようだけど、明日は絶対に遅刻しないでくださいね! ・話しが少しくどいので、わかりやすくまとめてもらっても良いですか? ・幼い頃から母の味付けは、いつもくどいと感じていた。

しぶとい

「しぶとい」の意味は「困難にへこたれず粘り続ける様子」です。 また、「しつこくて強情である」というニュアンスでも使用される言葉です。

例文 ・その昆虫はどんなに振り払おうとしても、しぶとくしがみついてきた。 ・彼女の何回断っても誘ってくるしぶとさに、心を動かされた。 ・なかなかしぶとい性格をしているので、一度決めたことは諦めません。

執念深い

「執念深い(しゅうねんぶかい)」は、「執着する心が極めて強いさま」という意味があります。 ・しつこく思いこんで諦めが悪い ・しつこく恨みの心をいつまでも持っている というように、ネガティブな見合いを含みます。

例文 ・サバサバしていると思っていたが、以外と執念深い一面があることを知った。 ・犯人は、昔から執念深く被害者の命を狙っていたと供述した。 ・執念深い性格のおかげで、あちこち探し回り欲しい物を手にいれることができた。

ねちっこい

「ねちっこい」の意味は「ねちねちしている・しつこい」です。 「しつこく、うんざりしてしまうようなこと」に対して使用される言葉です。

例文 ・もっとお小遣を1000円アップしてほしいと子供にねちっこく言われ続けて折れた。 ・そんなにねちっこい性格ではないので、去る者は追いません。 ・彼女からのねちっこい視線に気づかないふりを続けているしかなかった。

「しつこい」の英語は「insistent」「persistent」

「しつこい」の英語は「insistent」「persistent」などになります。 「insistent」の動詞形は「insist」で、「主張する」という意味です。 「persistent」の動詞形は「persist」で、「持続する」という意味です。

The sale person was so insistent that I didn't know what to do.

営業の人がしつこすぎて、何をすればいいかわからなかった。

Get off my back!

いつまでもしつこくいうな!

The ramen I had today was so heavy.

今日食べたラーメンはかなりしつこい味だった。

まとめ

「しつこい」と「ひつこい」について理解していただけましたか? ✓「しつこい」が標準語、「ひつこい」は関西の方言 ✓「しつこい」の意味は「迷惑に感じるほどつきまとう様」など ✓「しつこい」を漢字で表記すると「執拗い」    など 「ひつこい」が関西の方言だったなんて驚いた方も多いのではないでしょうか。 実際どちらを使っても間違いではないので、自分の言いやすいほうを使ってみてください。

こちらの記事もチェック

「老婆心」の意味と使い方、語源、返し、類語、読み方、男は?

eigobu.jp

「さみしい」と「さびしい」の違いと使い分けとは?

eigobu.jp

「寂しい」と「淋しい」の違いと使い分けとは

eigobu.jp

「ご提案」は自分に使える敬語?意味、類語、提案メールの書き方、英語は?

eigobu.jp

「お伝えします」の社内外での使い方、敬語、「申し伝えます」との違い

eigobu.jp

【完全版】「ご提供」は自分に使える敬語?二重敬語?意味、類語、英語も解説

eigobu.jp

「お伝えします」の社内外での使い方、敬語、「申し伝えます」との違い

eigobu.jp

【完全版】「ご提供」は自分に使える敬語?二重敬語?意味、類語、英語も解説

eigobu.jp

「お尋ね」の意味と敬語、メール、類語「お伺い、お訊ね」との違いは?

eigobu.jp

「ご一読ください」の意味と読み方、類義語、返信方法を例文付きで解説!

eigobu.jp

「感謝いたします」の意味と使い方、敬語、類語「感謝申し上げます」との違い

eigobu.jp

「恐縮ですが」の意味と敬語、類語「申し訳ありませんが」との違い、英語表現

eigobu.jp

「大変恐縮ですが」の意味、お願い時の使い方、類語・言い換え、英語表現

eigobu.jp

「考察」の意味と使い方、類語「感想、結果、結論、推察、まとめ」との違い、英語

eigobu.jp

「ご参考ください」は誤った日本語!敬語の言い換え、類語「ご参照ください」との違い

eigobu.jp

「あるいは」の意味と読点の使い方、「もしくは/または/それとも」との違い

eigobu.jp

「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

eigobu.jp

「ご快諾」の意味とビジネスでの使い方、「ご承諾」との違い、例文、類語、英語

eigobu.jp

「頑張ってください」の敬語は?正しい言い換え、類語、返事の仕方、英語表現を解説!

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「しつこい」と「ひつこい」の違いは?どっちが正しい日本語?