1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「衷心より」の読み方、意味、使い方、感謝やお悔やみでの例文、類語、英語
「衷心より」の読み方、意味、使い方、感謝やお悔やみでの例文、類語、英語

「衷心より」の読み方、意味、使い方、感謝やお悔やみでの例文、類語、英語

「衷心より」という言葉をご存知でしょうか?「衷心より」はビジネスシーンにおいて多く使われます。今回は「衷心より」の意味や使い方について解説してます。感謝やお悔やみ、お詫び、お見舞いなどで使う場合の例文も紹介します。類語や英語も解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

「衷心より」の読み方と意味

「衷心より」の読み方は「ちゅうしんより」

「衷心より」は「ちゅうしんより」と読みます。

「衷心より」の意味は「心より強く」

「衷心」の意味は「心の奥底」「真心」「心の中」「衷情」になります。 「衷心より」は「心の奥底より」「心の中より」となり、強く「心より」と思っていることを表します。 「衷」は音読みだと「チュウ」、訓読みだと「うち」「こころ」「まこと」と読みます。 「衷」は読み方の通り「まごころ」「中央」という意味があり、「衷」を使った熟語には、「折衷」「愚衷」「苦衷」などがあります。

「衷心」の発音(イントネーション)は「中心」と同じ

「衷心」という言葉のイントネーションは、「中心」と同じです。 「衷心」は「衷(ちゅう)」の部分にイントネーションの強勢がきます。

「衷心より」の使い方と注意点

「衷心より」は心から思っていることを伝えたい場合に使う

「衷心より」は、心より伝えたいことがある場合に使用するかしこまった言い方です。 「衷心より」は、例えば「衷心よりお祈り申し上げます」といったように、「衷心より」の後に続く言葉を強調する効果があります。より深く丁寧に「心から思っている」ということを相手に伝えたいとき、「衷心より」と表現します。 「衷心より」は開店祝いや創業祝い、結婚式などの祝辞やお悔やみなど、特別な場面で使います。お悔やみの言葉として使う場合は、基本的に弔電の中で使われます。他にもお店の創業祭の広告、企業の年賀状などでもよく使用されます。 このように、「衷心より」は重要な場面に使われる、かしこまった言葉です。使いどころを間違えないように注意して使いましょう。

「衷心より」は礼状や弔電など書き言葉として使う

「衷心より」は日常会話ではあまり使わない表現で、主に礼状や挨拶状など書き言葉として使います。 不幸やお詫びに用いられることが多いですが、おめでたい場面でも使うことができます。 お願いをする際や感謝を伝える際にも手紙で使うことができます。

「衷心より」はビジネスシーンでの多用は避ける

「衷心より」は書き言葉ですのでビジネスメールでも使うことができます。 しかし「衷心より」はかしこまった言葉なのでビジネスメールで多用すると不自になります。 日頃のビジネスメールで「衷心よりお願い申し上げます」などと使うと、慇懃無礼(いんぎんぶれい)であると捉えられてしまう場合があります。 お祝いの言葉や感謝の言葉、またお悔やみの言葉など特別なことがあった場合に使いましょう。

「衷心より」は目上の人に対してのみ使う

「衷心より」は目上の相手や取引先の相手に対して使うことができる表現です。 「衷心」という言葉自体は敬語ではありませんがとても堅い言葉なので、目上の相手に対して使います。 同等や目下の相手には基本的に使用しません。 注意点としては、「衷心より」はあまり使われる熟語でないので、逆によそよそしい印象を与えてしまう可能性があります。 目上の相手でも親しい間柄の相手であったら、他の言葉に言い換えた方が印象が良くなります。

「衷心より」の例文

「衷心より」の定型文と具体的な例文を紹介します。

「衷心より」の定型文

・衷心よりお詫び申し上げます ・衷心より感謝申し上げます ・衷心よりお慶び申し上げます ・衷心よりお願い申し上げます ・衷心よりお祝い申し上げます ・衷心よりお祈り申し上げます ・衷心よりお見舞い申し上げます ・衷心よりお悔やみ申し上げます ・衷心より哀悼の意を表します

このような使い方が主にされています。 さらに「衷心より」を用いた例文をシーン別に詳しく紹介していきます。 様々な場面で使うことができるので、ぜひ覚えておきましょう。

お詫びの言葉で「衷心より」を使ったときの例文

・この度の不始末について、衷心よりお詫び申し上げます。 ・多大なるご迷惑をおかけしましたことを、衷心よりお詫び申し上げます。

感謝の言葉で「衷心より」を使うときの例文

・◯◯株式会社在勤中は公私にわたり格別のご愛顧を賜り、衷心より御礼申し上げます。 ・日頃より一方ならぬご贔屓を賜り、衷心より御礼申し上げます。 ・ご定年を迎えられるに当たり、長年のご功労に衷心より感謝の意を表します。 ・先生には言葉で言い表せないほど深厚なるご恩情を頂戴し、衷心より御礼申し上げます。 ・過分なるご配慮を賜りましたこと、衷心より拝謝申し上げます

お祝いの言葉で「衷心より」を使うときの例文

・この度は創業100周年を迎えました由、衷心よりお祝い申し上げます。 ・今回の事業のご成功、衷心よりお祝い申し上げます。 ・貴店御開店に当たり、社員一同衷心よりお慶び申し上げます。

お願いの言葉で「衷心より」を使うときの例文

・ご支援ご厚情を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。 ・何とぞ皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。 ・今後とも末永くお付き合いくださいますよう、衷心よりお願い申し上げます。

お見舞いの言葉で「衷心より」を使うときの例文

(災害に遭った人へのお見舞い) ・この度被災されましたすべての方々に、衷心よりお見舞い申し上げます。 ・一日も早いご復興を衷心より祈念申し上げております。 (入院している人へのお見舞い) ・お体の具合はいかがでしょうか。衷心よりお見舞い申し上げます。 ・遠方のためお見舞いに伺えず申し訳ありません。一日も早いご回復を衷心よりお祈り申し上げます。

お悔やみの言葉で「衷心より」を使うときの例文

・突然の訃報に接し、誠に驚きました。衷心よりお悔やみ申し上げます。 ・この度の地震で甚大な被害を被られた由、衷心よりお見舞申し上げます。 ・故人のご功績を偲び、衷心より哀悼の意を表します。 ・ ご訃報に接し、衷心よりから哀悼の意を表します。

「衷心より」の類語

「衷心より」と同じ意味を持つ言葉を紹介します。 「衷心より」と同じような言葉ですが、使いどころがそれぞれ異なります。

心より

「心より」は「自分の心がもとで」「心を通して」「心によって」という意味です。 「心より」は「衷心より」と同義になりますが、「衷心より」も意味が伝わりやすく、柔らかい表現になります。あえて「心より」を使った方が適する場合もあります。 「衷心より」はとてもかしこまった言い方なので、目上の相手や取引先などに対して使います。しかし、「心より」だとそれほどかしこまった言い方ではありません。「心より」は目上の相手に使うことが間違いではありませんが、使うとしても親しい間柄の相手などに使うようにしましょう。

例文 ・皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 ・ご迷惑をおかけしたことは、誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。 ・一日でも早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

心から

「心から」は、「心の底から」「真心を込めて」という意味で、「建前ではなく、本当にそう思っているさま」を表します。 「心より」と似ていますが使用場面が異なります。 「〜より」は書き言葉なのに対して、「〜から」は口語表現になります。 例として、 ・「本日は午後2時から会議を始めます」 ・「本日は午後2時より会議を始めます」 とした場合。 「から」と「より」は両方使うことができ、文の意味は同じです。使い方としては、「2時から」は話し言葉で、「2時より」は文章的で手紙・文書などで用いられることが多く、改まった感じがするという違いがあります。

例文 ・先日はご多忙中にも関わらず、当店まで足をお運びいただきまして、心より感謝申し上げます。 ・皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 ・ご自愛のほど心よりお祈り申し上げます。

切に

「切に」は、「しきりに」「心を込めて」という意味で、「心から思っていること」「うわべではなく本心によるもの」を表します。「切に」は「とても」と同じような意味です。 「切に」を使った言葉の中では、「切に願っております」がよく使われます。

例文 ・常にこうありたいたいと切に願っています。 ・皆様のご健康とお幸せを切にお祈り申し上げます。 ・ご活躍のほど切に願っています。

誠に

「誠に」は「偽りなく」「本当に」「非常に」という意味で、「間違いなくその通りである」というニュアンスになります。 「誠に」は副詞なので、形容詞や形容動詞に付く言葉です。

例文 ・その節は誠に申し訳ありませんでした。 ・本日はご来店、誠にありがとうございます。 ・誠に残念ながら、今回はお断りさせていただきます。

心底

「心底」は「しんそこ」と読みます。 「心底」には名詞と副詞の2つの品詞があります。 「心底」のそれぞれの意味は、 名詞「心底」の意味 ・心の奥底、心根 ・物事のいちばんの奥底、いちばん深いところ 副詞「心底」の意味 ・心から、本当に となります。

例文 ・心底呆れた顔をしている。 ・心底嬉しく思う。 ・その話を聞いて心底驚いた。

深厚な

「深厚(しんこう)」の意味は、 ・人や物事に寄せる気持ちが、極めて深く厚いこと ・物事の持つ意味や内容が極めて奥深いこと になります。 「深厚な〜」「深厚に〜」といった形で使われます。

例文 ・深厚な敬意を表す。 ・深厚の同情を寄せられた。

「衷心より」の英語表現

「衷心より」は英語で「from the bottom of my heart」が一番自然

「衷心より」の英語表現を考えていきましょう。 下記の表現はすべて「衷心より」という意味合いで副詞的に使用します。 ・from the heart(心から) ・from the bottom of my heart(心の底から) ・heart and soul(完全に) ・sincerely(心から) ・truly(本当に) などなど。 それでは例文を見ていきましょう。

We sincerely appreciate your continued support.

貴社の引き続きのご支援、衷心より感謝申し上げます。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

就職先で英語が必要な方や海外への転職を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「衷心より」について理解できたでしょうか? ✔︎「衷心より」は「ちゅうしんより」と読み、意味は「心の奥底」「真心」「心の中」「衷情」 ✔︎「衷心より」の後に続く言葉を強調する効果がある ✔︎「衷心より」はより丁寧に「心から思っている」ということを相手に伝えたいときに使う ✔︎「衷心より」は、特別な場面で使用する書き言葉 ✔︎「衷心より」の類語には、「心から」「心より」などがある

こちらの記事もチェック

「お忙しいところ恐れ入りますが」ビジネスメールや返信の例文、類語、英語

eigobu.jp

「真摯」の意味、使い方、例文、類語、英語!「真摯に受け止める」とは

eigobu.jp

「適宜」の意味、使い方、例文、英語!類語「適時・随時・都度」との違いも

eigobu.jp

「益々」の意味、使い方と例文、「ますます」との使い分け、類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

eigobu.jp

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方、返し方、類語・言い換え、英語も

eigobu.jp

「鑑みる」意味・読み方・英語表現!「考慮する・踏まえる」との違いも

eigobu.jp

「兼ね合い」の意味とビジネスでの使い方!類語や英語表現も紹介します

eigobu.jp

「お伺いします」の意味、メールの使い方、類語、英語

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「衷心より」の読み方、意味、使い方、感謝やお悔やみでの例文、類語、英語