1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご紹介に預かりました」の意味と社内・結婚式での使い方、「ご紹介頂きました」との違い
「ご紹介に預かりました」の意味と社内・結婚式での使い方、「ご紹介頂きました」との違い

「ご紹介に預かりました」の意味と社内・結婚式での使い方、「ご紹介頂きました」との違い

「ご紹介に預かりました」という言葉をご存知でしょうか?「ご紹介に預かりました」は、スピーチなどをする前に「紹介してもらいました」というようなニュアンスで使用される言葉です。改まった場面で使用されることの多い言葉ですので、きちんと使い方を覚えておきましょう。今回は、「ご紹介に預かりました」の正しい意味と使い方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「ご紹介に預かりました」の意味と漢字

「ご紹介に預かりました」は「紹介してもらった」

「ご紹介に預かりました」は、「紹介してもらった」という意味で使用される言葉です。 例えば、「○○株式会社の○○さんにご挨拶いただきます」などと紹介された場合に、「紹介してもらいました○○です」という意味で、「ご紹介に預かりました○○です」というように使用する定型句です。 結婚式にスピーチなどかしこまった場面はもちろん、ビジネスメールでも使用できる丁寧な表現です。

「ご紹介に預かりました」の正しい漢字は「ご紹介に与りました」

一般的に「ご紹介預かりました」と表記されていることが多いですが、正しい漢字表記は「ご紹介に与りました」となります。 「預」という漢字は、「荷物を預る」といったように一時的に保管するといったニュアンスで使用される言葉であるため、意味合い的に「ご紹介に預かりました」ではおかしくなってしまいます。 しかし、「ご紹介に預かりました」と誤用されていることが非常に多く、「ご紹介に与りました」と表記することが正しいということを知らない人も多いため、「ご紹介にあずかりました」と平仮名で表記することが無難であるといえるでしょう。

「与る」の意味は「物事に関わりをもつ・関与すり」「目上から好意や恩恵を受ける」

「与」は、「与える」という意味で使用されることが非常に多い漢字ですが、「与る(あずかる)」という使い方をすることもできます。 「与る」は、「物事に関わりをもつ・関与すり」「目上から好意や恩恵を受ける」という意味で、目上の人から「〜をしてもらった」というような、恩恵を受けた場合に使用する謙譲語としてとして使用することができます。

「ご紹介に預かりました」の敬語

「ご紹介に預かりました」は尊敬語+丁寧語ですでに敬語

「ご紹介に預かりました」は、「紹介」という言葉に接頭語の「ご」と、「〜ました」という丁寧語を使用した表現です。 したがって、「ご紹介に預かりました」ですでに敬語表現になっているということがわかります。

「ご紹介頂いた」だと謙譲語になりより丁寧

「いただく」は「(物などを)もらう」「〜してもらう」の謙譲語になります。 謙譲語は、自分の行動をへりくだって表現することにより、相手に敬意をしめすことができる敬語表現です。 したがって、「ご紹介いただいた」と謙譲語を使用して表現するほうが、相手に敬意を示した丁寧な表現になります。

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご紹介賜わりました」も謙譲語?でもっと丁寧

「賜る」は「たまわる」と読みます。 「賜る」には大きくわけて、「もらう」の謙譲語 と 「与える」の尊敬語 の2つの意味があります。 「もらう」の謙譲語としての「賜る」は、「目上の人からものをいただく・ちょうだいする」という意味を持ち、目上の相手を立てながら自分がいただく様子を表します。 つまり、「ご紹介賜りました」は、「ご紹介していただきました」という意味で、特にスピーチなどかしこまった場面で使用される言い回しになります。

「賜る」「賜ります」の正しい送り仮名は?使い方と類語!承るとの違いは?

eigobu.jp

「ご紹介に預かりました」の使い方と注意点

「僭越ながら」をクッション言葉として使う

「僭越ながら」は「せんえつながら」と読みます。 「僭越ながら」は「身の程をわきまえず、失礼ながら」「失礼を承知の上で、出過ぎたことをいたしますが」という意味で、出過ぎた行動をするときや、意見を伝える場合に「申し訳ありませんが」といった意味合いで使います。 目上の人に意見するときや、大勢の人の前でスピーチするときなど謙虚さを表すとき謙虚さを表現するクッション用語としてよく使用されます。

「僭越ながら」の意味とビジネスやメールでの使い方、例文!類語や英語も紹介

eigobu.jp

紹介した人が社内の人間、身内なら「ご紹介に預かりました」は使わない

「ご紹介に預かりました」は、自分を紹介をしてくれた相手を立てるために使用される言葉です。 したがって、紹介してくれた相手が社内の人間や、身内である場合は立てる必要がないため、「ご紹介に預かりました」は省略することが基本となっています。 社内の人間や、身内からの紹介でスピーチなどと行う場合は、「本日はお足元の悪い中〜…」など、そのまま軽く挨拶を済ませて本題にはいりましょう。

「ご紹介に預かりました」の例文

「ご紹介に預かりました」のビジネスメールの例文

例文 「 株式会社○○  営業部 ○○   齋藤芳雄 様   ○○株式会社の齋藤様よりご紹介にあずかりました、○○株式会社の伊藤と申します。  早速ではございますが、プロジェクトの件につきましてぜひご協力をお願いしたくご連絡させていただきました。  6月9日に説明会を予定しておりますので、ご都合がよろしければぜひ、ご参加いただきたく存じます。  ご検討のほどよろしくお願いいたします。   株式会社○○   営業部  一課   伊藤雅                                                                              」

「 株式会社 四角  営業部 部長      佐藤寛太様  初めてメールを送らせていただきます。株式会社丸々の大津と申します。    株式会社四角の三角様よりご紹介に与りました。三角様にはいつもお世話になっております。  この度は、弊社の製品をご利用くださるということで、誠にありがとうございます。  早速ではございますが、製品利用に関する説明をさせていただきたいのですがご都合のよろしい日をお聞かせいただけますでしょか。           株式会社  丸々  営業一課  大 智則                                              」

「ご紹介に預かりました」の結婚式の挨拶の例文

「 ○○くん、○○さん、本日はおめでとうございます。   ただ今ご紹介に預かりました○○です。    本日はこのような華やかな席にお招きいただきまして、誠にありがとうございます。   僭越ながら、友人代表としてひとことご挨拶させていただきたいと思います」 「 ○○(新郎)さん、○○(新婦)さん、ご結婚おめでとうございます。   心よりお祝い申し上げます。   ただいまご紹介に預かりました○○株式会社の遠藤でございます。      僭越ではございますが、ご指名いただきましたので、   お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。        」

「ご紹介に預かりました」の言い換え

「ご指名に預かりました」は「ご紹介に預かりました」と同じように使える

「ご指名」は、「指名」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「指名」は「対象の人物の名前の指し示す」という意味があり、「ご紹介に預かりました」を同じような意味合いで使用することが可能です。 忘年会などの乾杯の挨拶の指名をされたという場合には「ご指名に預かりました○○です」などと使用することがあります。 しかし、かしこまった場面では「ご紹介に預かりました」を使用するのが一般的です。 例文 ・ご指名に預かりました営業部の○○です。僭越ながら乾杯の挨拶をさせていただきます。 ・ご指名に預かりました広報部の○○です、僭越ながら一本締めにて締めくくらせていただきます!

「ご質問に預かりました」は質問に答える時のみ使える

「ご質問に預かりました」は、「ご質問いただきました」という意味で、質問に応える時のみに使用できる言い回しです。 例文 ・ご質問に預かりました○○の件について、下記の通り回答させていただきます。 ・ご質問に預かりました○○の件については、確認がとれしだい回答させていただきますので、今暫くお待ちいただけますか?

「ご紹介に上がりました」は「紹介しに来ました」という意味なので類似表現ではない

「ご紹介に預かりました」を、「ご紹介に上がりました」を使用してしまうのは、よくある誤用ですので注意してください。 この場合の「上がりました」は、目上の人に対して「お迎えに上がりました」と使用するのと同様に「紹介しに来ました」という意味の敬語表現になってしまいます。 したがって、「ご紹介に上がりました○○です」などと使用してしまうと、「紹介しに来ました○○です」という意味になってしまい不自然な文章になってしまいますので注意してください。

「与かる」「預かる」の慣用句

ご相伴(ごしょうばん)に与る

「ご相伴」はごしょうばんと読みます。 「相伴」には、 1.一緒に行くこと 2. 食事の場で、もてなしを受けること 3. 人の相手役を務めて、一緒に飲み食いすること 4.(比喩的に)他人とのつり合いで利益を得ること と4つの意味があります。現代では1の意味で使うことはほとんどありません。 主にビジネスシーンにおいて「ご相伴にあずかる」は「同席させていただく」「ごちそうになる」といった意味で使われています。

例文 ・社長が主催する宴会に、社員である私もご相伴にあずかることになりました。 ・美味しそうですね。ぜひ今度ご相伴にあずかりたいです。 ・先日はご相伴にあずかりましてありがとうございました。

「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現

eigobu.jp

恩恵に与る

「恩恵に与る」は、「おんけいにあずかる」と読みます。 「恩恵」とは、「利益や幸福をもたらすもの」という意味の言葉で、「人に情をかける」という意味合いがあります。 「恩恵に与る」は目上の人に、何かをしてもらったという場面で、「恵みを受ける」「幸福を受ける」というニュアンスで使用されます。 例文 ・本日は○○様の恩恵に与ってこのような素敵なパーティーに参加させていただくことができました。 ・いくら両親が社長でも両親の恩恵には与りたくないと思い自力で起業することに決めた。

与って力がある

「与って力がある」は、「あずかってちからがある」と読みます。 「与って力がある」とは、「物事の実現のために、多大な貢献をする」という意味の言葉です。 例文 ・有名大学に入学できたのは子供のころの厳しい教育が与って力だあった。 ・○○さんが出世したのは奥さんの支えが与って力があったようだ。

留守を預かる

「留守を預かる」の意味は、「主人や家族が不在の間、留守番の責任を負うこと」です。 この場合の「預かる」は、「物事の管理や運営をまかされてする」という意味になります。 つまり、「留守番をまかされる」という意味で使用される言葉です。 例文 ・社長が長期休暇をとっている間、私が会社の留守を預かりますので安心してください。 ・犯人は、家をあけていた間留守を預かっていた貞子さんに間違いない!

下駄を預ける

「下駄を預ける」は、「相手に物事の処理の方法や責任を任せること」です。 ある問題について、処理や決断、責任などをすべて相手に任せるという場合に使用されます。 人に預けた下駄を返してもらうまでは自由に動くことができないといったことが由来で「下駄を預ける」と表現されます。 物事を任されるときは、逆に「下駄を預かる」と表現します。 例文 ・部長は半ば諦めたように、好きにしろと部下に下駄を預けた。 ・新プロジェクトについては、満を持して後輩に下駄を預けることにした。

「ご紹介に預かりました」の英語

「Thank you for the introduction.」とお礼するのが自然

「ご紹介に預かりました」の英語は「Thank you for the introduction.」といいます。 直訳的に「I was given an introduction.」や「My name is Taro Yamada, who was just introduced」などと言うのは不自然な英語です。 下記の例文のように言うのが自然な英語です。

Thanks for the introduction. I'm Taro Yamada.

ご紹介に預かりました山田太郎と申します。

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話についてまとめましたので、興味のある方はぜひ見てみてください

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

まとめ

「ご紹介に預かりました」について理解していただけましたか? ✓「ご紹介に預かりました」の意味は「紹介してもらった」 ✓「ご紹介に預かりました」は誤りで、正しくは「ご紹介に与る」 ✓「ご紹介いただいた」「ご紹介賜りました」はさらに丁寧な表現 ✓「ご紹介に預かりました」は結婚式のスピーチなどで使用される ✓ご紹介に上がりました」は「紹介しに来ました」という意味なので注意

おすすめの記事

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と社内上司への使い方、返信、言い換え、英語

eigobu.jp

「ご案内」の意味と敬語、される側の使い方、メール例文、英語表現

eigobu.jp

【完全版】「拝命」の意味と挨拶での使い方、類語「任命」との違いとは?

eigobu.jp

「ご用意」の意味と敬語の使い方、お願いの表現、「ご準備」との違い、メール例文は?

eigobu.jp

「恐縮です」「恐縮ですが」の意味とビジネスでの使い方、敬語、類語、英語表現

eigobu.jp

「受領」の意味と使い方!「受理」「拝受」との違いは?類語と英語も紹介

eigobu.jp

「お越しになる」の意味と類語「いらっしゃる、おいでになる」との違い

eigobu.jp

「折に触れて」の意味と語源、敬語、類語、「折を見て」との違い

eigobu.jp

「ご参照」は敬語?意味、類語「ご確認、ご覧、ご査収」との違いは?

eigobu.jp

「先方様」はおかしい!正しい言い換えは?メールでの使い方、「先様」との違いは?

eigobu.jp

「見てください」の敬語・謙譲語の言い換えは?意味、類語、英語表現も解説!

eigobu.jp

「ご送付」の意味と使い方、お願い・お礼の伝え方、敬語・謙譲語は?

eigobu.jp

「思われます」は敬語?意味と使い方、類語・言い換え、「考えられます」との違い

eigobu.jp

「お元気で」の意味と使い方、返事の仕方、敬語への言い換え、英語

eigobu.jp

「ご教示願います」は上司に使える敬語?意味と例文、「ご教授」との違いを解説!

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご紹介に預かりました」の意味と社内・結婚式での使い方、「ご紹介頂きました」との違い