1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 脱帽・感服・敬服・感心 の違いは?目上の人にも使えるのは?

脱帽・感服・敬服・感心 の違いは?目上の人にも使えるのは?

言葉には非常に似ていても、違った意味、異なる使い方をする語がたくさんあります。適切に意味を知らないまま、使ってしまっているということが多いです。その中には「脱帽」「感服」「敬服」「感心」があります。確かに、見ただけでも印象が似ていますよね。しかし、それぞれ違う意味、異なる使い方をするのです。また、この4つの言葉は目上の人に使うことができるのでしょうか。正しく使うためには、しっかりと意味を理解する必要があります。そこで今回は「脱帽」「感服」「敬服」「感心」の意味と使い分けについて解説していきます。違いを知って、上手く使えるようにしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「脱帽」「感服」「敬服」「感心」の意味

▶︎「脱帽(だつぼう)」

  • 帽子を脱ぐことによって、その人に対しての敬意を表すこと
  • 相手が自分よりも上だと認めて、降参の気持ちを表すこと

▶︎「感服(かんぷく)」

  • 深く心に感じて、尊敬や敬意の気持ちを抱くこと

▶︎「敬服(けいふく)」

  • ある物事に深く感動して、相手に対して心から尊敬の気持ちを抱くこと

▶︎「感心(かんしん)」

  • 感情や知性から物事に触れて優れていると判断し、心が動かされること

「脱帽」「感服」「敬服」「感心」の使い分けと例文

「脱帽」は「ただ帽子を脱ぐ」という意味もあります。『脱帽せよ』と言った場合は「帽子を脱げ」という意味になります。 「脱帽」には「この人にはかなわないと」と、「参った」「恐れ入りました」という気持ちが強く含まれます。 実際に帽子を脱ぐ場合と、自分よりも上であると思った相手に対して敬意を示したい場合に「脱帽」を使います。 「感服」はある物事に深く心を動かされて、服従する気持ちを強く抱くことを表す語です。 『その行い、ものすごく良い!』『その技術はとても素晴らしい!』というニュアンスになります。 何か技術や人の行動に深く感じて、尊重の気持ちを抱くことを表す場合に「感服」を使います。 「敬服」は相手の立ち振る舞いや、その人の特性について深く感銘を受けることを表す語です。 相手の態度や人柄に深く感じて、尊敬し従う気持ちを表す場合に「敬服」を使います。 「感心」は「感動する。深く心に感じること」という意味で、人の行動や物事が優れていると思った時に用いる褒め言葉です。 何か素晴らしいものを見て、『すごいな〜』『偉いな〜』と思うことを表します。 尊敬するという気持ちは含まれず、ただ相手の行動に感動した場合に「感心」を使います。 尊敬する気持ちの度合いとしては、「敬服」>「感服」>「脱帽」>「感心」となります。

例文

  • 先生の話を聞くときは脱帽してください。
  • 彼女の今回の作品の素晴らしさには脱帽する。
  • 彼の物知りぶりには、毎回脱帽してしまう。
  • こないだの彼女のスピーチには感服した。
  • 誰に何を言われても自分を貫く彼の勇気には感服する。
  • スケールが大きく完璧な仕上がりの映像に感服する。
  • 自分の応援している選手の活躍ぶりを見て、敬服する。
  • 彼女の誰にも思いつかない発想には毎度敬服する。
  • 自分の目標に向かって頑張っている彼の姿に敬服する。
  • 突然の事故にも関わらず、彼の勇敢な咄嗟の行動には感心した。
  • 真面目で、良い働きぶりには毎度感心させられる。
  • 日本人の礼儀の良さ感心する外国人はとても多い。

「脱帽」「感服」「敬服」「感心」で目上の人に使えるのはどれ?

「脱帽」「感心」は目上の人に使うべきではない、「感服」は目上の人によっては使用を避けるべき、「敬服」は目上の人に使うことが可能です。 「感心」は上から目線な響きがあります。通常「感心する」は「ものすごく良かったと評価する」という意味で、目上の人が目下の人に使います。 「感心」自体は失礼な言葉ではありませんが、「思っていたよりも...」「評価する」というニュアンスが含まれるため、目上の人に使うのは避けた方がよいでしょう。 「脱帽」にも「相手を自分よりも上だと認める」という、上から物を言うニュアンスが込められます。 ですので、基本的に「脱帽」も同等か目下の人に対して使います。 「感服」と「敬服」は「評価する」という意味合いは含まれず、尊敬する気持ちや憧れの気持ちを表す表現です。 何か目上の人の行動に心を動かされた時は、「感服いたします」「敬服しております」を使います。 「感服した」「敬服した」などと目上の人に言うと失礼なので、敬語を伴って表現するのが基本です。 「敬服」と「感服」とでは、上記でも説明した通り、「敬服」の方が尊敬する度合いが強い言葉になります。 そのため、「敬服」は同等か目上の人にのみ使いますが、「感服」は目下、同等、目上の人にも使うことができます。 よって、「感服」は目下の人に使えるということもあり、失礼に感じる人がいますので、目上の人には「敬服」を使うのが無難でしょう。

例文

  • ◯◯様の勇気ある行動には毎回感服いたします。
  • 部長のテキパキとしたクレーム対応には、いつも感服いたします。
  • 今回のプロジェクトの出来上がりには感服いたします。
  • 先生の物事に対する考え方には毎度敬服いたします。
  • 部長の生き方は本当に素晴らしいです。敬服いたします。
  • 皆様の心暖かいおもてなしにはいつも敬服いたします。

「感心する」は目上の人には使えない?!正しい意味と使い方、「関心・歓心・寒心」との違い

WURK

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

下ネタという意味?「下世話」の正しい意味と使い方、読み方、類語について解説!

WURK

「慧眼」の読み方と意味、ビジネスでの使い方とは?「炯眼」との違いは?

WURK

「けしからん」の意味と語源、使い方、類語、英語表現

WURK

「参りました」の意味と使い方、英語、「伺いました」との違い

WURK

「参りました」の意味と使い方、英語、「伺いました」との違い

WURK

誤用に注意!「失笑」の正しい意味と使い方、苦笑・冷笑・爆笑との違い

WURK

「適当」は逆の意味が2つある!?正しい意味、使い方、語源を解説

WURK

文末で使う?「重ねて御礼申し上げます」の意味とメールでの使い方、英語表現を解説!

WURK

「誠に勝手ながら」の意味やビジネスシーンでの使い方、例文、類語、英語表現を解説!

WURK

「老婆心ながら」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も解説

WURK

「時期尚早」の意味と使い方!「時期早尚・時期早々」は誤用!

WURK

「為政者」の意味と使い方、読み方、「政治家」との違い、類語、英語表現を解説!!

WURK

「群雄割拠」 の意味と使い方を例文付きで分かりやすく解説!英語表現も!

WURK

誤用?「ほっこり」の本来の意味と使い方、語源(京都)、類義語、英語表現を解説

WURK

誤用が多い「他力本願」の本当の意味と使い方、例文、類語・対義語、浄土教における意味

WURK

「是々非々」の意味と使い方、「是非・是が非でも」との違い

WURK

「羨望」の意味と使い方、類語「憧れ・嫉妬」との違い、英語表現

WURK

「暫定」の意味と使い方、類語、対義語、「恒久・決定」との違い

WURK

「昨今」の意味と使い方、類語「最近・近年・今日」との違い、英語表現

WURK

「きな臭い」の意味と使い方、語源、類語、「胡散臭い」との違い

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 脱帽・感服・敬服・感心 の違いは?目上の人にも使えるのは?