1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご厚情」のビジネスでの意味と使い方!「ご厚誼」との使い分け、英語表現
「ご厚情」のビジネスでの意味と使い方!「ご厚誼」との使い分け、英語表現

「ご厚情」のビジネスでの意味と使い方!「ご厚誼」との使い分け、英語表現

「ご厚情」という言葉をご存知でしょうか。「ご厚情を賜る」「ご厚情をいただき」などと聞いたことがあると思います。「ご厚情」はフォーマルな場面で使うことが多い表現です。ただ「ご厚情」は使い方を間違ってしまうと、相手に不快感を与えてしまうため使用する際は気をつける必要があります。そこで今回は「ご厚情」の意味や使い方、使用上の注意点について解説していきます。

「ご厚情」の読み方と意味

「ご厚情」の読み方は「ごこうじょう」

「ご厚情」は<ごこうじょう>と読みます。

「ご厚情」の意味は「あつい情け」「心からの親切」

「厚情」の意味は、「厚いなさけ」「心からの深い思いやりの気持ち」となります。 「ご厚情」は「厚情」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けた表現です。 「ご厚情」は「目上の相手が深いなさけや思いやりを持っていること」を表します。 「ご厚情」は、相手に大事にしてもらった、親切にしてもらったことを示しています。

「ご厚情」はビジネスで目上の人の思いやりに感謝して使う語

「ご厚情」という言葉は堅い表現なので、日常生活ではほとんど使わないですよね。 「ご厚情」は基本的にビジネスシーンで目上の人の思いやりに感謝するときに使う言葉です。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。

「ご厚情」の使い方と例文

ご厚情を賜(たまわ)る

「賜る」は「もらう」の謙譲語です。 「ご厚情賜る」といった場合は「相手のなさけや思いやりを受ける」という意味になります。 「ご厚情を賜る」は日常会話ではそんなに使いませんが、手紙やスピーチなど改まった場面で使うことが多いです。 「ご厚情を賜る」は「日頃から格別のご厚情を賜り〜」といったように、年賀状やお礼状でよく使われます。主に感謝の気持ちを述べるときに使います。

例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

ご厚情の賜物

「賜物(たまもの)」は、 ・恩恵や祝福として与えられたもの ・あることの結果として現れたよいもの を意味します。 よく「努力の賜物」というように、良い結果・良いものを表します。 「ご厚情の賜物」といった場合は、「相手の親切心のおかげで現れたもの」という意味になります。 例えば「皆様のご厚情の賜物で◯◯」といったように使い、主に感謝を述べるときに使います。

例文 ・当店は今年で開店10周年を迎えることができました。これも皆様のご支援ご厚情の賜物でございます。感謝いたします。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。

一方ならぬご厚情

「一方ならぬ」は<ひとかたならぬ>と読み、「普通ではない」「並ひととおりではない」ことを意味します。 「一方ならぬご厚情」といった場合は「並ひととおりではないご厚情」という意味になります。 「一方ならぬご厚情」は年賀状やお礼状などで使うことが多いです。また、退職の挨拶にも使うことがあります。退職の挨拶は、主に在職中のお礼の言葉を伝えます。 「一方ならぬ」は古めかしく、少々堅い表現なので、改まったメールや手紙でしか使いません。

例文 ・日頃より一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。

ご厚情に痛み入る

「痛み入る」には ・相手の親切・好意に恐縮する ・相手の図々しい様子にあきれる という意味があります。 基本的に「相手の親切・好意に恐縮する」といった意味で使います。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなく、あくまでも「感謝」の気持ちを表します。 「ご厚情に痛み入る」は相手のなさけに感謝しつつも、自分にはもったいないと感じ恐縮してしまうことを表します。

例文 ・◯◯様のご厚情に痛み入ります。 ・寛大なるご理解いただきました上に温かい励ましのお言葉まで頂戴し、ご厚情に痛み入ります。

ご厚情にお応えする

「お応えする」は「働きかけに対して、それに添うような反応を示すこと」を表します。 「要求に応える」「要望に応える」などと言いますよね。 「ご厚情にお応えする」といった場合は「相手の親切心に応じる」という意味になります。 「ご厚情にお応えすることができるよう〜」「ご厚情にお応えすることができず〜」といったように使います。相手の厚情に対して同意するか、もしくは断るときに使うことができる言い回しです。

例文 ・子猫の件ですが、すでに引き取り先が決まってしまったため、ご厚情にお応えすることができません。大変申し訳ございませんでした。 ・わかりました。ご厚情にお応えすることができるよう、精一杯頑張ります。

ご厚情に御礼/感謝/深謝

「ご厚情に感謝」といった場合は「相手の親切心に感謝する」という意味になります。 「深謝」は「深く感謝すること」を表していて、「お礼申し上げます」「感謝いたします」よりも丁寧な表現になります。ただ「深謝」には「深くお詫びする」という意味でも使うので間違わないようにしましょう。 「ご厚情に感謝する〜」などは、何かいただいたことに関してのお礼としてよく使われます。

例文 ・私どもの結婚に際してお祝いの品だけでなくお祝いの言葉まで頂戴し、ご厚情深く御礼申し上げます。 ・皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。

ご厚情あふれるお言葉/ご祝辞/ご挨拶

「ご厚情あふれるお言葉」とは「相手の親切心がいっぱいに満ちた言葉」というニュアンスになり、相手からの言葉が励みになったときや元気付けてくれたときに使うことができます。 また結婚式やお祝いの席で「ご厚情」を用いられます。 例えば、「株式会社◯◯の創立祝賀会の折は、遠方から足を運んでくださった上に、ご厚情あふれるご祝辞と力強い励ましのお言葉を賜りまして、誠に深くお礼申し上げます」といったように使います。 「ご厚情」を使うことによって、相手への感謝の気持ちを示すことができます。

例文 ・この度はご厚情あふれる励ましのお言葉をいただき、深く感謝申し上げます。 ・この度は私どもの結婚に際して、お忙しい中ご出席をいただい上にご祝辞を賜り、ご厚情に感謝申し上げます。

「ご厚情」の使用上の注意点

上司には使うのが基本で、同僚・部下など同等・目下の者に使用するのは不自然

「ご厚情」の「ご」は尊敬を表す接頭語のため、基本的には目上の人に対して使います。 目下の人に対して「ご厚情」を使ってしまうと、改まりすぎてかえって失礼になってしまいます。 目上の人といっても、日頃からお世話になっている上司や取引先などへのメールや手紙で使いますが、日頃全くといって言いほどお付き合いのない人へのメールで使ってしまうと冷たい印象を与えてしまう可能性があります。 「ご厚情」を使う際には、相手によって使用しても良いか判断する必要があります。

「ご厚情」前後の言葉の意味が重複をしないように注意

「ご厚情」は、言葉自体に「思いやり」「親切心」「気持ち」という意味が含まれているため、同じ意味の言葉と使ってしまうと意味が重複することになってしまいます。 例えば、「ご厚情のお気持ち」「深いご厚情」「ご厚情心」「ご厚情な思いやり」といった使い方は全て誤りです。 「ご厚情」を使う際には、前後の言葉が意味が被っていないか確認してから使うようにしましょう。

「ご厚情してください」とは言わない

「ご厚情」は、あくまでも相手の親切心や思いやりを表しています。 「ご厚情してください」といってしまうと「(あなたの)心からの思いやりをください」という意味になってしまい、大変おこがましくなってしまいます。 間違っても「ご厚情ください」という表現は使わないと思いますが、大変失礼な言い方になってしまうと覚えておきましょう。

「ご厚情」の類語とその例文

ご高配(ごこうはい)

「高配」は「他人への心配りや配慮」という意味です。 「ご高配」は「他人の配慮の尊敬語」になります。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 「ご高配」は相手を敬う言い方なので、基本的に目上の相手や顧客に対して使う言葉で、自分よりも立場が下の相手には使いません。

例文 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。資料をFAXにてお送りしますので、ご確認ください。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。

ご厚誼(ごこうぎ)

「ご厚誼」は「ごこうぎ」と読みます。 「厚誼」の意味は、「心からの親しい付き合い」「手厚い親切」「深い親しみの気持ち」となります。 「ご厚誼」は、ビジネス文書やスピーチの際の挨拶や結びの言葉として使われることが多く、訃報や葬儀の際にも使うことができる表現です。 「ご厚誼」は目上の相手に対して使うことのできる言葉になります。 「ご厚誼」は、相手を敬い、日頃からお世話になっていることに対する感謝の気持ちを込めて目上の相手に対して使用する言葉です。

例文 ・皆様への日頃のご厚誼を謝しつつ、下記の通り忘年会を開催いたします。 ・どうか今後とも変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

ご交誼(ごこうぎ)

「ご交誼」は「ごこうぎ」と読みます。 「交誼」の意味は、「交際のよしみ」「親しい交わり」「友人としての親しい付き合い」となります。 「ご交誼」は”対等な関係を結ぶこと”を表しています。 「ご交誼」は、年賀状や喪中ハガキの文中に使うことが多い言葉です。 「ご交誼」は親しくしてくれた感謝する場合、これからも親しい関係を続けることをお願いする場合に使う表現になります。 「ご交誼」は親しい間柄の相手や団体に向けて使うことができ、相手と友人関係である、上下関係がない場合に使うのが適切です。 「ご交誼」は親しい相手に使うのが一般的なので、目上の相手に使ってしまうと失礼に当たってしまいます。

例文 ・何卒末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。 ・昨年中はひとかたならぬご交誼にあずかり、深く感謝申し上げます。

ご厚志(ごこうし)

「厚志」は「情の厚い心」「親切な気持ち」を意味します。 ビジネスシーンにおいて「ご厚志」は、忘年会や新年会、歓迎会などで上司や主賓が幹事に渡すお金のことを指します。 このような場面では、主賓や上司が感謝や労いの気持ちを込めてお金を出してくれることがあります。 「ご厚志」はありがたく受け取り、幹事が会の挨拶で「ご厚志をいただいた」ということを報告するのが礼儀となっています。

例文 ・課長からご厚志をいただきました。 ・◯◯様よりご厚志を賜りました。この場を借りてご報告させていただきます。

ご配慮(ごはいりょ)

「配慮」は「他人に対して心をくばること」という意味です。 「ご配慮」は「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を表している言葉です。 「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、自分が気を配る場合にも使うことができます。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 相手に「気をつけてください」「上手に対応してください」と言うことを伝えたいときは、 ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます などと使います。 「ご配慮」は目上の相手や顧客だけではなく、同等にも使うことができる言葉です。

例文 ・大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮願えませんでしょうか。 ・このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。

ご厚意(ごこうい)

「厚意」は「思いやりのあるこころ」「厚情」を意味しています。 「ご厚意」は「相手の優しく思いやりのある気持ち」を指していて、他人が自分に示してくれた気持ちのことを言います。 「ご厚意」は相手の親切心や気遣いのことを表しているので、「ご厚意を賜り」「ご厚意に甘えて」といったように、感謝やお礼をするときに使用することができます。 また、断る場合に「ご厚意」を使う場合は「せっかくのご厚意〜」といった形で使います。 「せっかく」という言葉は、相手の厚意や行動を起こそうとしてくれたことを認めながらも何かを断る場合に使用します。 「せっかくのご厚意ですが」と使うことによって、残念に思っている気持ちや遺憾の気持ち伝えることができるので、相手に不快な思いにさせることなく、やんわりと断ることができます。

例文 ・社員の皆様のご厚意によって、新しいプロジェクトが完成しました。 ・せっかくのご厚意ですが、私にはもったいないのでお断りいたします。お気持ちだけでもありがたく頂戴したいと存じます。

ご愛顧(ごあいこ)

「愛顧」は「あいこ」と読みます。 「愛顧」は「目をかけて引き立てること、ひいき」を意味します。 「ご愛顧」は「相手から贔屓にされること」を意味しています。 「ご愛顧」は元々芸人や役者がひいきしてくれるお客さんに対して使う言葉でしたが、そこから転用させ現在ではビジネスシーンで全般的に使用されるようになりました。 企業や法人側がいつも贔屓してもらっている顧客などに対して使います。例えば「ご愛顧いただき~」「ご愛顧のほど~」「ご愛顧を賜りますよう〜」などの形で使います。 「ご愛顧」は、ビジネスシーンでは企業や法人(目下の存在)が顧客や取引先(目上の存在)に対して使います。企業側が主体となって「ご愛顧させていただく」などとは使いませんので注意しましょう。

例文 ・平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 ・お客様の日頃のご愛顧に感謝して、本日より全品50%セールを実施いたします

ご温情(ごおんじょう)

「温情」は、「あたたかみのある優しい心」「思いやりのある寛大な心」を意味しています。 敬語表現にするには、「温情」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご温情」とします。 「ご温情」は「目上の人から受けた親切や思いやり、気遣い」を意味しています。 「ご温情」は感情についての意味合いが強いので、ビジネスシーンではあまり使用することのない表現ですが、手紙やお礼状などで多く使用されます。 「ご温情」は目下の人に使う言葉で、目下の人や同等には使用しません。

例文 ・今回頂戴した身に余るほどのご温情に心よりお礼申し上げます。 ・この度は思いもかけぬ皆様のご温情に触れ、感激いたしました。皆様の励ましのお言葉をしっかり胸に刻み、これからも精進してまいります。

「ご厚情」の英語

「kindness」「consideration」など

「厚情」は英語で、 ・kidness(親切さ) ・courteous consideration(丁重な配慮) ・compassion(哀れみ) 「ご厚情」は「相手の厚情」なので「your」を付けて表現することができます。 感謝を表す英語は実は「thank you」以外にもたくさんありますので、紹介します。 ・Thank you for... ・would like to express my gratitude for... ・I appreciate... ・I am thankful for... などです。

I would like to express my gratitude for your courteous consideration.

貴社のご厚情深く御礼申し上げます。

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

まとめ

「ご厚情」について理解できたでしょうか? ✔︎「ご厚情」は「相手の厚いなさけ」や「深い思いやりの気持ち」を意味する ✔︎「ご厚情」は堅くフォーマルな言葉 ✔︎「ご厚情を賜る」「ご厚情に痛み入る」などと使う ✔︎「ご厚情」の類語は、「ご高配」「ご厚誼」などがある

こちらの記事もチェック

「ご厚意」の意味と使い方、類語、例文、英語!「好意」の違いと使い分けも

eigobu.jp

「好意」と「厚意」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご交誼(こうぎ)・ご厚誼・ご高誼・ご好誼」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご愛顧(ごあいこ)」の正しい意味とビジネスにおける使い方、類似表現も紹介

eigobu.jp

「琴線に触れる」の誤用に注意!正しい意味と使い方、類語、英語表現も

eigobu.jp

「差し上げる」は正しい敬語?「差し上げる」の意味と使い方、類語を紹介

eigobu.jp

「こちらこそ」は正しい敬語?正しい意味とビジネスでの使い方、英語表現を解説

eigobu.jp

「お電話差し上げます」は正しい敬語?失礼?目上の人に使う方法とは?

eigobu.jp

「より一層」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語、英語表現を紹介

eigobu.jp

「お納めください」の意味とビジネスでの使い方、返事の仕方や類語表現も紹介

eigobu.jp

「ご了承」の意味と使い方!「ご容赦、ご理解」との違い、類語、英語表現も紹介

eigobu.jp

「お気遣い」の意味や使い方は?類語「お心遣い/ご配慮」との違いとは?

eigobu.jp

「承諾」の意味とビジネスメールでの使い方!「了承」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご厚情」のビジネスでの意味と使い方!「ご厚誼」との使い分け、英語表現