1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご相談」の意味と敬語、相談メールの件名・書き方は?英語は?
「ご相談」の意味と敬語、相談メールの件名・書き方は?英語は?

「ご相談」の意味と敬語、相談メールの件名・書き方は?英語は?

「ご相談ください」という表現は、ビジネスシーンでも日常生活でもよく耳にする言葉だと思います。とくに目上の人に使用する場合は失礼のないよう注意を払って使用するべき言葉です。今回は、「ご相談ください」の正しい意と使い方を例文つきで解説しま す。類語表現や英語表現も紹介しますのでぜひ参考にしてください。

「ご相談」の意味と敬語

「ご相談」の意味は「相手に意見を求めること」

「ご相談」は、「相談」という言葉に接頭語の「ご」をつけることにより、敬語表現しています。 「相談」とは、「適切な結論を出すために、他人と話し合ったり他人の意見を聞いたりすること」をいいます。 自分の話を聞いてもらったり、アドバイスを相手に求めるときは「相談する」といい、その逆に自分が話を聞いたり、アドバイスをする場合は「相談にのる」というように表現します。

「ご相談」の敬語の種類は、基本的に尊敬語(謙譲語の場合もあり)

接頭語「ご」は敬語であり、文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなりえます。 「ご相談」の場合、相談するのが自分であるという時は相手への敬意を示した尊敬を表す接頭語になります。 逆に自分が「相談をされる」というときの「ご相談」の「ご」は、相手に敬意を示して自分の行動をへりくだった表現をする「謙譲語」になります。 このように接頭語の「ご」の意味合いは、使い方によって変化しますが「ご相談」の場合、基本的には「尊敬語」もしくは「謙譲語」であるといえます。

「ご相談」の前後の言葉も敬語にする

「ご相談」という言葉を使用する場合は、前後の言葉も敬語にする必要があります。 例えば「ご相談がある」などの表現は、「ある」が敬語表現になっていないため不自然です。 相談をする場合は「ご相談させてほしい」というお願いをする敬語表現にすることはもちろんのこと、「相談がある」なども後につづく言葉は敬語表現に変える必要があるということを頭に入れておきましょう。

「ご相談」の例文:自分が相談する場合

「ご相談させてください」が一番無難

相手に相談にのってくださいとお願いをする場合、「ご相談させてください」が一番無難な表現です。 「させてください」は、「〜させてほしい」という意味の敬語表現です。 つまり、「ご相談させてください」は、「相談させてほしい」という意味の敬語表現であるといえます。 しかし、「ください」という表現が「くれ」を丁寧語・尊敬語にした命令するニュアンスのある言葉であるため、目上の人にお願いをする言葉としてふさわしくないという考えもあります。 誤った表現ではありませんが、使用する相手によってはもっと丁寧な表現をするほうが好ましい場合もあります。

例文 「後日改めて○○の調査結果についてご相談させてください」 「誠に勝手を申し上げますが、ご相談させてください」 「この件に関しましては、○○さんのお手すきの際に改めてご相談させてください」

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味と使い方と言い換え表現

eigobu.jp

「ご相談申し上げる」だと堅い印象に

「ご相談を申し上げる」という言い回しを使用すると、固い印象になります。 「申し上げる」は、「言う」の謙譲語である「申す」に「上げる」という敬意を示すための補助動詞を使用して、さらに深い敬意を示しています。 「申し上げる」は、目上の人にお願する表現としてとても丁寧な表現です。

例文 「来月提出する予定である企画書についてご相談申し上げます」 「以前お話しした件について今回改でご相談申し上げます」 「みなさまの意見を伺いたく、今回この場を借りてご相談申し上げます」

「ご相談させていただけますと幸いです」だとより丁寧

「ご相談させていただけますと幸いです」だとより丁寧な表現になります。 「させていただく」は、相手に許可や了承を得る表現で、「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 つまり、「ご相談いただけますと幸いです」は「相談にもってもらえると嬉しいです・ありがたいです」というニュアンスになります。

例文 「まだまだ経験不足なもので、○○部長にご相談させていただけますと幸いです」 「またお時間のあるときに、改めてご相談させていただけますと幸いです」 「大先輩である○○さんにぜひご相談させていただけますと幸いです」

「ご相談がございます」も可

「ご相談がございます」は、「相談があります」の「あります」を「ご相談がございます」に言い換えて使用することが可能です。 「ございます」は、存在するという意味の「ある」の丁寧語で、「相談があります」という言葉を丁寧に表現したものであるため、目上の人にも使用することができます。

例文 「○○さんに折り入ってご相談がございます」 「○○のエキスパートである部長にご相談がございます」 「そこで皆様にご相談がございます!」

「ご相談したいです」は少しカジュアル

「ご相談したいです」は、少しカジュアルな言い回しになります。 「〜したいです」は、「〜したい」という自分の願望を伝える表現ですが、「〜したいです」という表現では相手に敬意を示す敬語表現にはなりませんので、社外の人や、目上の人に使用する表現としては、あまりふさわしくないと言えます。 身近な人など関係性によっては使用しても問題ありませんが、「ご相談したく存じます」などさらに丁寧な表現をすることが望ましいと言えるでしょう。

例文 「工程に関しては、判断しかねるので○○さんにご相談したいです」 「先日の件に関して部署の皆さんにご相談したいです」 「この件についてご相談したいです。お時間いただけますか?」

「ご相談に乗ってください」は自分の行為に対して尊敬語を使ってるので不可

「ご相談にのってください」は、自分の行為に対して尊敬語を使用しているため誤用となります。 上述しているように、接頭語の「ご」が相手に対して尊敬を表していう表現になりますので、自分の行為に対して使用することはできないのです。 「相談に乗る」という表現を使用するのであれば、「相談にのっていただきたいです」というような謙譲語で使用することが正しい表現になります。

「ご相談させていただきたい」は許可が必要&二重敬語

「ご相談させていただきたい」は、「相談させてもらいたい」という希望を伝える表現です。 「〜させていただきたい」は「させてもらう」の謙譲語である「させていただく」を使用した言い回しで、「〜させていただきたい」には「あなたが許可してくれたら」というニュアンスが含まれるため、相手の許可が必要な表現です。 また、「ご相談させていただきたい」は、「相談」の謙譲語の「ご」に、「させていただく」という謙譲語で成り立っているため、二重敬語となります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味と使い方と言い換え表現

eigobu.jp

「ご相談に乗っていただき〜」でお礼・感謝

相手に相談にのってもらったことに対するお礼の気持ちを表現する場合は、「ご相談に乗っていただき〜」を使用します。 この場合の「〜いただく」は、「〜してもらう」の謙譲語で、お礼を伝える様々な場面で使用できる表現で、「ご相談にのっていただきありがとうございました」など、感謝の気持ちを続けて使用することができます。

例文 「この度は、お忙しい中ご相談にのっていただき誠にありがとうございました」 「今回のプロジェクトに関しましてご相談に乗っていただきありがとうございました、お陰様で無事に成功させることができました」

「ご相談させていただくこともあるかと存じますが〜」はメール文末で使う

「ご相談させていただくこともあるかと存じますが〜」は、メールの文末で使用する言い回しです。 「ご相談させていただきたくこともあるかと存じますが〜」は、「相談させていただくこともあると思いますが」という意味の丁寧な表現で、相手に対して「今後、相談させてもらうかもしれませんが、その時はよろしくお願いします」というニュアンスで使用されます。

例文 「今後、ご相談させていただくこともあるか存じますが、どうぞよろしくお願いいたします」 「ご相談させていただくこともあるかと思いますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。」

「ご相談」の例文:自分が相談される場合

「ご相談いただければと思います」が一般的

「ご相談いただければと思います」は、一般的に相手に「何かあったら相談してくださいね」というニュアンスで使用する表現です。 「ご相談いただければと思います」の他にも、 ・ご相談いただければと存じます ・ご相談いただければ幸いです といった表現を使用することも可能です。

例文 「仕事内容に関して何かお困りの際は気軽にご相談いただければと思います」 「買い取り金額に関しては、ご相談いただければと思います」 「勤務時間については、ご相談いただければと思います」

「ご相談ください」は可

ご相談ください」でも使用可能です。 しかし、「ご相談ください」だと、「ください」という「くれ」の丁寧語を使用していることから命令口調に感じられ、上から目線だと思われてしまう可能性があります。 特に取引先の相手など目上の人に使用する場合は、より丁寧な表現をすることが好ましいです。 使用する相には注意が必要な表現です。

例文 「何かお困りの際は、受付の者へご相談ください」 「医療費に関する領収書については、それぞれの医療機関はご相談ください」 「常備薬がある場合はかかりつけの医師へご相談ください」

「ご相談してください」は不可

「ご相談ください」は使用可能ですが、「ご相談してください」は誤った表現であるため使用することはできません。 「してください」は、他人に行動を促す丁寧語です。 つまり、相手に敬意を示す表現方法である尊敬語や謙譲語とは違い、相手に敬意を示しているわけではないため相手の行動を促す言葉として失礼になる場合があります。 また、「相談してくださいね」のように、語尾につく「ね」は念を押す意味合いが込められていて上から目線で物を言われているという印象をうけてしまう可能性がるので、目上の人へ使用することは避けましょう。

「ご相談を承ります」だと丁寧

「ご相談を承ります」だとさらに丁寧な表現になります。 「承ります」は「うけたまわる」と読みます。 「承る」は「受ける」「聞く」「伝え聞く」「引き受ける」の謙譲語で、「謹んで聞く」「strong>謹んで受ける」という意味になります。 つまり、「ご相談を承ります」は「慎んで相談をうけます・お聞きします」というニュアンスの丁寧な言い回しになります。

例文 「どのようなご相談も承りますのでどうぞお気軽に!」 「本日こちらの事務所では、就職活動に関するご相談を承ります」

「承る」「受け賜る」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ご相談に応じます」とも

「ご相談に応じます」という表現を使用することもできます。 「応じる」とは、「他からの働きかけにこたえて、行動をおこす」という意味で使用される表現で、「ご相談に応じます」は「相手からの話を聞きますという姿勢」を言い表している言葉です。 つまり、「対応します」という言葉を丁寧にした言い回しです。

例文 「どんなご相談にも応じますのでなんなりと!」 「こちらの窓口では、お客様からのご相談に応じます」

相談メールの書き方と注意点

相談メールの件名は「○○に関するご相談」

目上の人に相談メールを送る場合のメールの件名には「○○に関するご相談」というように、何に関する相談内容なのか、ひと目でわかる件名を入れます。 ビジネスメールでは、基本的に件名を入れ、ひと目で用件がわかるようにすることが、相手の手をわずらわせないためのマナーでもあります。 相談の場合も、 ・料金設定に関するご相談 ・○○社への対応に関するご相談 ・日程調整のご相談 といったように、さっと内容把握する手がかりになるような件名をいれましょう。

相談内容は簡潔にまとめる

相談内容に関する本文の内容は、ダラダラと書かずに簡潔にまとめましょう。 ダラダラと余計なことを買いてしまうと、何が相談したいのかわらないといったことになってしまい、相手に余計な時間をとらせてしまうことになります。 万が一、相談内容が複数あるというような場合には箇条書きにするなど相手が内容をわかりやすくするための工夫をしましょう。

クッション言葉を使用する

「相談そする」ということは、相手の時間をとってしまうということすので、 ・恐れ入ります ・申し訳ございませんが ・お忙しいところ〜 というような、相手を思いやるクッション言葉を使用することが好ましいです。 相談する側として、聞いてもらう相手に対して押し付けがましい態度になってしまわないように心がけましょう。

「相談」が付く言葉

別途相談

「別途相談」は、「べっとそうだん」と読みます。 「別途」は、「別の方法」「別の扱い」という意味のある言葉で、「別途相談」は「別のことも相談に応じますよ」という意味の表現です。 「別件で」「別に」といった言葉を同じ意味がある言葉です。 例文 ・料金に関しては、別途相談を承りますので。 ・詳細については改て別途相談させていただきます。

要相談

「要相談」は、「ようそうだん」と読みます。 「要相談」は、「相談する必要がある」という意味で使用される言葉で、つまり「条件によっては相談をしてもらう必要があります」という意味合いで使われます。 例文 ・記載されている時間帯以外をご希望の場合は要相談。 ・貸し出しをご希望の場合は要相談。

応相談

「応相談」は、「おうそうだん」と読みます。 「応相談」は、「相談に応じます」という意味で使用される言葉です。 「相談してもらえれば、可能な限り応じます」というニュアンスで使用されます。 例文 ・オープニングスタッフの募集を行っておりますが、勤務開始日については応相談。 ・当社では、時間応相談の求人情報を多数ご用意しています。

「ご相談」の類語

ご質問

・「ご質問」 「ご質問」は、「質問」とう言葉を「ご(お)〜をする」という謙譲語にして使用しています。 「質問」は、相手にわからないところや疑わしい点について問いただすという意味の言葉です。

例文 ・ご質問がございましたら、受付のものにどうぞお尋ねください。 ・本日、ご質問は全部で3点ございますので順番にご質問させていただきます。

お問い合わせ

「お問い合わせ」は、「尋ねて確かめること」という意味で使用される言葉です。

例文 ・先日お問い合わせいただいていた件に関しまして回答いたします。 ・テレビで紹介された影響でたくさんのお問い合わせがありました。

お伺い

「お伺い」の意味は、「聞く・訪ねる」の謙譲語です。 「伺う」という言葉自体に、「聞く」「伝え聞く」「尋ねる」「訪問する」「行く」の謙譲語の意味があります。 相談として、相手の意見を聞きたいというような場合には「伺う」というへりくだった表現をすることで、目上の相手へ敬意を示します。

例文 ・今回の件について○○さんにも意見をお伺いしたいのですが。 ・後日直接お話をお伺いしたいのですがよろしいですか?

「ご相談」の英語

「相談」の直訳は「consultation」だが、専門的な相談に限る

「相談」を和英辞典で調べると「consultation」がよく出てきます。 確かに「consultation」は「相談」という意味なのですが、「consultation」は「専門的な相談」に限ります。

「相談する」は「ask for one's advice」「have a long talk」などが普通

「相談する」は「ask for his advice」となります。 または「長い話をする」という意味で「have a long talk」とすることもあります。

Let me first ask for my mother's advice.

まずはじめに母に相談します。

Let's have a long talk today.

今日相談しましょう。

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話についてまとめましたので、興味のある方はぜひ見てみてください

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「ご相談」という言葉について理解していただけましたか? ✓「ご相談」の意味は「相手に意見を求めること」 ✓「ご相談」の敬語の種類は、基本的に尊敬語 ✓「ご相談」の前後の言葉も敬語表現する必要がある ✓「ご相談ください」は使用可能 ✓「ご相談してください」はNGなど

おすすめの記事

「過分」の意味と使い方、読み方、類語・対義語、英語

eigobu.jp

「お許しください」の意味とメールでの使い方、類語と敬語、英語とは?

eigobu.jp

「貴職」の意味は?複数・弁護士・市長に使える?貴殿・貴台・貴社との違いは?

eigobu.jp

「ご賞味ください」の意味やビジネスの使い方!類語・言い換え、英語も紹介

eigobu.jp

「問題ございません」の意味とメールでの使い方、敬語、類語、「大丈夫です」との違い

eigobu.jp

「さぞかし」の意味と使い方、類語「さぞ・さぞや」との違いは?類語・敬語も解説!

eigobu.jp

「お目汚し」の意味、使い方、例文、類語、英語!「お耳汚し」とは?

eigobu.jp

「ご紹介」の意味とメールでの使い方、敬語、類語、「紹介」との違い

eigobu.jp

「つまらないものですが」の意味と使い方、返事、語源、言い換え、英語表現

eigobu.jp

「ご確認の程よろしくお願いいたします/申し上げます」の意味と敬語、返信、英語

eigobu.jp

「ご遠慮ください」の意味と使い方、類語、敬語、「お控えください」との違い

eigobu.jp

「お心遣いありがとうございます」の意味と目上への使い方、返信、類語、英語

eigobu.jp

「迅速な対応」の読み方と意味は?目上への敬語表現、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「ご愛顧(あいこ)」の意味と使い方!「ご愛好」は別の意味?類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ご健勝」の読み方と意味!「ご多幸」「ご清祥」との違いは?類語や英語も紹介

eigobu.jp

「追記」の意味と使い方、類語「加筆・追伸・付記・補記」との違い、英語は?

eigobu.jp

「概ね」の範囲は8割?正しい意味・程度・時間は?読み方は?「かねがね」との違い

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご相談」の意味と敬語、相談メールの件名・書き方は?英語は?