1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「慇懃」は良い意味で使えるのか?正しい意味と使い方、類語、例文を解説

「慇懃」は良い意味で使えるのか?正しい意味と使い方、類語、例文を解説

「慇懃」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことあるという方も、そもそも何て読むかわからないという方もいると思います。どちらかというと、「慇懃無礼」という言葉の方が聞き馴染みがありませんか。「慇懃無礼」は「丁寧すぎてかえって失礼」という意味ですが、「慇懃」もこのようなマイナスな意味なのでしょうか。そこで今回は「慇懃」の正しい意味と使い方、類語、「慇懃無礼」の意味についても解説していきます。正しい意味を知って、上手く使いこなせるようにしましょう。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「慇懃」は良い意味で使える

「慇懃」は<いんぎん>と読みます。 「慇」は音読みだと「イン」、訓読みだと「いたむ」「ねんごろ」と読みます。 「慇」は「いたむ」「心をいためる」「心がこもっているさま」を意味します。 「懃」は音読みだと「キン」「ゴン」、訓読みだと「ねんごろ」「つとめる」と読みます。 「懃」は「ていねい」「親密になること」「つかれる」を意味します。 「慇懃」の意味は、

  • ねんごろなこと。ていねい
  • よしみ。親しい交わり
  • 男女の情交

となります。 「慇懃」は「礼儀正しく、丁寧なさま」「極めて礼儀正しいさま」を表しています。 「慇懃」を「慇懃無礼」の略だと勘違いしていたり、「慇懃無礼」の意味から、「失礼」や「無礼」といったマイナスイメージを持っている人が多いですが、「慇懃」単体では良い意味で使うことが可能です。

「慇懃」の語源

「慇懃」は「とても丁寧なこと、極めて礼儀正しいこと」を表します。 「慇」は「憂え悼んで心を傾けることからひいては丁寧」という意味、「懃」は「苦しむ、疲れるほどに気をつかう」という意味になります。 「慇懃」という言葉は、7世紀後半から8世紀後半に編まれた万葉集に登場します。 ここでは「ねもころ」と読み、「心を込めて」という意味で使われていました。 平安時代末期に成立した『色葉字類集(いろはじるいしゅう)』では、「いんぎん」と読まれています。 また、「慇懃無礼」という言葉については、江戸時代に成立した辞書『諺苑(げんえん)』に載ったのが初出だと言われています。

「慇懃」の使い方と例文

「慇懃」は「礼儀が正しいさま」「極めて礼儀正しく、丁重なさま」を表すときに使います。 主に、「慇懃な態度」「慇懃な対応」「慇懃な挨拶」などと用います。 例えば、「あのホテルのスタッフは慇懃な対応をしてくれるのでとても気分が良い」「あの人はいつも慇懃に接してくれる」などと使います。 また、「慇懃」を用いた言葉に「慇懃丁重(いんぎんていちょう)」という四字熟語があります。 「慇懃丁重」は「非常に丁寧であること。礼儀正しく、手厚いこと」「とても親切であること」を意味します。「慇懃」も「丁重」も非常に丁寧であることを表します。 「慇懃」よりも丁寧であることを強調しています。丁寧であることを強めて表現したい場合は、「慇懃」よりも「慇懃丁重」を使うのが良いでしょう。 「慇懃」には「よしみ。親しい交わり」という意味もありますが、こちらの意味で使うことはあまりないです。

例文

  • スタッフが慇懃な態度で接してくれたから、すごく気分が良い。
  • 慇懃に頭を下げてお断りする。
  • 青年は近頃では珍しく慇懃丁重である。
  • 慇懃な物腰で対応してくれる。
  • あの店員さんは慇懃な接客をしてくれて、感じがよかったわね。
  • 担当者の慇懃すぎる態度が気に障る。
  • 近所に住むおじいちゃんが慇懃な挨拶をしてくれた。
  • このレストランの店員さんは非常に慇懃丁重なため、気持ちが落ち着く。

「慇懃無礼」の意味と使い方と例文

「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」の意味は、

  • 言葉や態度が丁寧すぎて、かえって無礼であるさま
  • あまりに丁寧すぎると、かえって嫌味で誠意が感じられなくなるさま
  • うわべでは極めて礼儀正しく丁寧なようで、実は尊大で相手を見下げているさま

となります。 「慇懃」は「極めて礼儀正しいさま」を意味します。 一方で、「無礼」は「礼儀をわきまえないこと」「失礼」「ぶしつけ」を意味します。 これらの言葉が合わさった「慇懃無礼」は、「丁寧な口調だけどもかえって嫌味に感じる」という二つの言葉の意味を併せ持ちます。 例えば、電話対応などであまりにもマニュアルにそった話し方をしてしまうと「かえって嫌味っぽく聞こえる」と感じる人も中にはいます。これを慇懃無礼と表すことができます。 確かに、態度や対応が丁寧すぎて逆に誠意を感じないということがありますよね。 相手の態度や対応がいくら丁寧であっても、そこから良い印象を受けない、または不快感や腹立たしさを覚えたときに「慇懃無礼」を使います。 どちらかというと「慇懃」よりも「慇懃無礼」の方が使う機会が多いと思います。 また、「慇懃無礼」と同じ意味を持つ言葉に「慇懃尾籠(いんぎんびろう)」があります。 「慇懃尾籠」は「丁寧の度が過ぎて不快感を与えること」を意味します。 「尾籠」とは「礼を失すること。無礼。不作法」を表します。

例文

  • あのレストランは接客が丁寧なことで有名だが、実は慇懃無礼である。
  • 部下のミスを注意をしたら、慇懃無礼な態度をとられてしまった。
  • マニュアル通りの受け答えしかしない、スタッフの慇懃無礼な対応に腹が立った。
  • 高級店だからといって、その店の慇懃無礼な応対に不快感を覚えた。

「慇懃」の類語

丁寧 (意味:言動が礼儀正しく、配慮が行き届いていること) 「非常に丁寧に接してくれた」 丁重 (意味:礼儀正しく、手厚いこと) 「丁重にお断りした」 懇ろ<ねんごろ> (意味:心がこもっているさま。親身であるさま) 「旅先の旅館で懇ろなもてなしを受けた」 折り目正しい (意味:行儀作法をよくわきまえている) 「この店の店員は皆折り目正しいから居心地が良い」 親近 (意味:親しくすること。親しく近づくこと) 「彼には親近感が湧く」 親交 (意味:親しくつきあうこと。親密な交際) 「より親交を深める」 交友 (意味:友人として交際すること) 「彼女は交友関係が広い」

「慇懃」の反対語

無礼 (意味:礼儀をわきまえないこと。失礼。ぶしつけ) 「夜遅くにご連絡する無礼をお許しください」 失礼 (意味:礼儀を欠くこと。礼儀をわきまえないこと) 「これは失礼いたしました」 失敬 (意味:人に対して礼を失うこと。敬意を欠くこと) 「人の物を勝手に使うとは、失敬な奴である」 過干渉 (意味:他人のことに立ち入って自分の意思に従わせようとすること) 「子育てで過干渉は禁物である」 不躾 (意味:礼儀作法をわきまえないこと。無作法) 「不躾ではありますが、何卒よろしくお願いいたします」 無礼千万<ぶれいせんばん> (意味:これ以上ないくらい甚だしく無礼であるさま) 「全く無礼千万である」 失礼千万<しつれいせんばん> (意味:この上なく礼儀を欠いているさま。大変失礼である様子) 「あの店のスタッフは失礼千万である」

「慇懃」の英語

「慇懃」の英語表現を見ていきましょう。 「丁寧」という意味ならば「courtesy」 「親交」という意味ならば「intimacy」 「友情」という意味ならば「friendship」 などが当てはまります。 「慇懃無礼」は英語で、

  • smarmy(媚びる、お世辞がましい)
  • look polite but actually look down on...(丁寧に見えるけど実際は....を下に見てる)

などと表現します。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

WURK

まとめ

「慇懃」について理解できたでしょうか? ✔︎「慇懃」は<いんぎん>と読む ✔︎「慇懃」は「礼儀正しく、丁寧なさま」「極めて礼儀正しいさま」を意味 ✔︎「慇懃無礼」は「丁寧すぎてかえって嫌味で誠意が感じられないさま」を意味 ✔︎「慇懃」の類語には、「丁寧」「懇ろ」「折り目正しい」などがある

おすすめの記事

「ご提示」の意味、使い方!「ご呈示」「ご教示」との違い、類語、英語

WURK

「お世話様です」と「お世話になっております」の違いと使い分け

WURK

「お目通し」の意味と使い方、敬語表現、類語、「ご一読」との違い

WURK

「お世話様です」「お疲れ様です」「ご苦労様です」の違いと使い分け

WURK

「当該」と「該当」の意味の違いと使い分けとは?類語や英語も紹介

WURK

「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いと使い分け

WURK

「取り急ぎ○○まで」の意味、使い方、例文、類語、英語を紹介

WURK

「ご足労」の意味と使い方、類語、敬語、お礼、「お手数」との違い

WURK

「迎合」の意味と使い方、類語、対義語、読み方、四字熟語、英語

WURK

「正念場」の意味と使い方、由来、類語、対義語、英語

WURK

「神算鬼謀」の意味と使い方、語源、類語、英語表現

WURK

方言?法律用語?「ないしは」の意味と使い方、「ないし」との違い

WURK

「異国情緒」の意味と読み方、使い方、類語、英語表現

WURK

「追って連絡」の意味や使い方、漢字、返信の仕方、示す期間は?

WURK

「相違ない」の意味や使い方、読み方、「違いない」との違い、類語

WURK

「胸を借りる」の意味と語源、使い方、類語、泣く時も使う言葉?

WURK

「お粗末さまでした」の意味や使い方、返事、言い換え表現、方言として使われている?

WURK

「そういうテイで」の「テイ」の意味と漢字、使い方、類語、英語表現

WURK

「ご法度」の意味と使い方、読み方、由来、類語、英語表現

WURK

死語?方言?「尻切れトンボ」の意味と使い方、類語・言い換え、由来

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「慇懃」は良い意味で使えるのか?正しい意味と使い方、類語、例文を解説