1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「熟考」と「熟慮」の意味の違いと使い分けとは?
「熟考」と「熟慮」の意味の違いと使い分けとは?

「熟考」と「熟慮」の意味の違いと使い分けとは?

「熟考」と「熟慮」という言葉をご存知でしょうか。「熟考を重ねる」「熟慮する」などと言います。では、「熟考」と「熟慮」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。2つとも「熟」という漢字が用いられているということもあって、違いはなさそうに思いますよね。しかし、それぞれ意味が異なります。何気なく使ってしまっている、という方も多いかもしれません。正しく使い分けるには、適切に意味を知っておく必要があります。そこで今回は「熟考」と「熟慮」の違いについて解説していきます。違いを覚えて、使い分けできるようにしましょう!

「熟考」と「熟慮」の違い

▶︎「熟考」・・・十分に考えること ▶︎「熟慮」・・・十分に考えをめぐらせること

「熟考」と「熟慮」の意味は非常に似ています。「熟考」と「熟慮」は同義語で意味は同じであると解釈しても誤りではありません。 あえて「熟考」と「熟慮」の違いを見出すならば、それぞれの漢字の意味の違いを認識する必要があります。 まずはじめに、「熟」は「十分に」「よくよく」という意味になります。 「考」はそのまま「考える」という意味です。 「慮」は「考えをめぐらせる」という意味になります。 「考」と「慮」は類似の漢字になりますが、「めぐらせる」という意味合いが「慮」には加わっている点で異なります。 「めぐらせる」とは、「多方面から、様々な方面から物事を考える」という意味です。 つまり、「熟慮」は「種々の状況や条件、人の意見などを加味して十分に考える」と言うことができます。「熟考」は単に「十分に考える」という意味になります。 「十分に考える」の「十分に」という部分に、「色々な方面から」というニュアンスも含まれると解釈することも可能です。 そのように解釈した場合は「熟考」=「熟慮」ということになります。 言い回しを見るとこの2つの熟語のニュアンスの違いがより明確になります。 「熟考」は「熟考を重ねる」という表現をよく使います。「熟考」は単に「十分に考える」ことなので ”重ねる” ことが可能です。一方で「熟慮」は「あらゆる方面から十分に考える」ことなので、"重ねる" ことはできず、「熟慮を重ねる」という表現は不自然です。「熟慮」だけで「あらゆる方面から」という意味合いが含まれているので、「重ねる」という表現と一緒に使うと、意味がクドくなってしまうからです。厳密に言えば、「熟考を重ねる」=「熟慮」になります。 また「熟慮」は「熟慮の末」という言い回しをよくするのですが、「熟考の末」とは言いません。「熟慮」は「あらゆる面から十分に考えている」ので、これ以上考える余地がありません。なので「終わり」を意味する「末」を使うことができます。しかし「熟考」にはまだ考える余地があるので「熟考の末」とは言わず、「熟考の上」と表現とします。

「熟考」の意味と使い方

「熟考」は<じゅっこう>と読みます。 「熟」は音読みで「ジュク」、訓読みで「うれる・にる・なれる・つらつら」と読みます。 「熟」は「十分と。たっぷりと」を意味します。 「考」は音読みで「コウ」、訓読みで「かんがえる」と読みます。 「考」は「かんがえる。計算に入れる」を意味します。 「熟考」の意味は「十分に考えること」です。 ビジネスシーンで見聞きすることが多く、「熟考」は「判断や決定に間違いがないように念を入れて深く考える」というニュアンスで使います。何か重要な決断をする際に使うのが自然です。意思決定を間違えても取り返しがつくならば、わざわざ「熟考」する必要はありませんよね。 言い回しとしては、 ・熟考する ・熟考を重ねる ・熟考を要する ・熟考した上 などとなります。 「熟考」の類語には、「深く考える」「思慮に思慮を重ねる」「吟味」「検討」「考慮」「勘案」「考えに耽る」などがあります。

例文 ・熟考した上、新しい計画を実行することになった。 ・その件に関しては、熟考した上で決定するのでしばらくお待ちください。 ・賭博に誘われたが、とても重大な選択なので参加するかどうか熟考する。 ・熟考を重ねた結果、今回の大会は中止することに決定した。 ・長い熟考の末に、オーストラリアへ留学することを決めた。 ・彼は行くか行かないか決意するのに、丸一日熟考を要した。 ・問題解決のため、熟考を重ねたがまだまだ不安が残っている。 ・熟考してみたものの、いまいち納得できる回答が思い浮かばない。

「熟慮」の意味と使い方

「熟慮」は<じゅくりょ>と読みます。 「熟」は音読みで「ジュク」、訓読みで「うれる・にる・なれる・つらつら」と読みます。 「熟」は「十分と。たっぷりと」を意味します。 「慮」は音読みで「リョ」、訓読みで「おもんぱかる」と読みます。 「慮」は「どうするのが良いかあれこれと思い巡らすこと」を意味します。 「熟慮」の意味は「あらゆる方面から十分に考える」です。 「熟慮」も「熟考」と使う場面は似ています。 ビジネスシーンで物事を決定する際に、「落ち度がないように色々なことに思い巡らして意思決定を下す」という意味合いで使います。 言い回しは、 ・熟慮する ・熟慮して ・熟慮の末 などがあります。 「熟慮」の類語は「熟考」と同じで、「よくよく考える」「思い巡らす」「思索」「思案」「考え抜く」「再考」「熟思」などになります。

例文 ・何か手違いがないように、熟慮した上で決定する。 ・熟慮の上、もう一度プロジェクト実行のお願いをしに行く。 ・熟慮をするためには、もう少し時間が必要となる。 ・熟慮を重ねた結果、新しいビルを建設することが決まった。 ・何事も熟慮断行できる彼女は、本当に素晴らしいと思う。 ・ある事を達成するためには、熟慮断行が求められるだろう。 ・熟慮した上で結論を出せば、だいたいは成功するはずである。 ・熟慮の末、今月いっぱいで◯◯社を退社することになった。

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

下ネタという意味?「下世話」の正しい意味と使い方、読み方、類語について解説!

eigobu.jp

「意外」と「以外」の意味の違いと使い分け、英語表現も!

eigobu.jp

「二つ返事」「一つ返事」の意味と使い方、類語、対義語、例文、英語表現

eigobu.jp

「曲解」の意味と使い方、類語、「誤解」「歪曲」との違い

eigobu.jp

「参りました」の意味と使い方、英語、「伺いました」との違い

eigobu.jp

誤用に注意!「失笑」の正しい意味と使い方、苦笑・冷笑・爆笑との違い

eigobu.jp

「適当」は逆の意味が2つある!?正しい意味、使い方、語源を解説

eigobu.jp

文末で使う?「重ねて御礼申し上げます」の意味とメールでの使い方、英語表現を解説!

eigobu.jp

「誠に勝手ながら」の意味やビジネスシーンでの使い方、例文、類語、英語表現を解説!

eigobu.jp

「老婆心ながら」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も解説

eigobu.jp

「時期尚早」の意味と使い方!「時期早尚・時期早々」は誤用!

eigobu.jp

「為政者」の意味と使い方、読み方、「政治家」との違い、類語、英語表現を解説!!

eigobu.jp

「群雄割拠」 の意味と使い方を例文付きで分かりやすく解説!英語表現も!

eigobu.jp

誤用?「ほっこり」の本来の意味と使い方、語源(京都)、類義語、英語表現を解説

eigobu.jp

誤用が多い「他力本願」の本当の意味と使い方、例文、類語・対義語、浄土教における意味

eigobu.jp

「是々非々」の意味と使い方、「是非・是が非でも」との違い

eigobu.jp

「羨望」の意味と使い方、類語「憧れ・嫉妬」との違い、英語表現

eigobu.jp

「暫定」の意味と使い方、類語、対義語、「恒久・決定」との違い

eigobu.jp

「昨今」の意味と使い方、類語「最近・近年・今日」との違い、英語表現

eigobu.jp

「きな臭い」の意味と使い方、語源、類語、「胡散臭い」との違い

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「熟考」と「熟慮」の意味の違いと使い分けとは?