1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは
「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは

「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは

「結構です」はよく使われる言葉ですが、どのような場面で使用できるのでしょうか。「結構です」には肯定と否定の2つの意味があるため、正しい使い方を知っておくと、ビジネスシーンでも日常会話でも使えるようになります。意外にも意味や使い方、目上の人に使えるかなど知らなかったりしますよね。そこで今回は「結構です」の意味や使い方、類語について解説していきます。

「結構です」の読み方・意味

「結構です」の読み方は「けっこうです」

「結構です」は「けっこうです」と読みます。 「結」という字は、訓読みで「結ぶ(むすぶ)」「結う(ゆう)」と読み「むすびつける」「たばねる」という意味があります。 「構」という字は、訓読みで「構う(かまう)」と読み「気にかける」「関心を持つ」という意味があります。 そのため、「結構」の名詞として「全体の構造を組み立てる、考える」「計画」「用意」などといった意味があります。 しかし現代ではあまり使わていません。

「結構です」の意味は「肯定(許可)と否定(断り)の2つある」

「結構です」と使う場合は、許可を表す肯定と断りを表す否定の2つの意味で使われます。

▶肯定の意味・・・「それで結構です」といったように「申し分のないこと、満足なさま」を意味する ▶否定の意味・・・「いいえ、結構です」といったように「それ以上必要としないさま、十分」を意味する

「結構です」における形容動詞としての「結構」の意味は、 ・すぐれていて欠点がないさま ・それで良いさま、満足しているさま ・気立てが良いさま ・それ以上必要としていないさま となります。

「結構です」は肯定の意味でも否定の意味でも、「満足している」という基本的な意味が含まれます。 例えば、お店に行った時に店員さんの「ご注文は以上でよろしいでしょうか」という問いに対して、単に「結構です」と答えた場合は、「(満足いくほど頼んだので)それで良いです」といった肯定の意味になります。 一方で「お水のおかわりはいかがですか」という問いに対して、「結構です」と答えた場合は、「(もう十分なほど飲んだので)必要ありません」といった否定の意味になります。 「結構です」は肯定をするときも否定をするときも、根本に「満足する・十分である」という意味が含まれることを覚えておきましょう。

「結構です」を使う上での注意点

「結構です」は目上の人には使えない

目上の人に対しては、肯定の意味でも否定の意味でも「結構です」を使用するのはなるべく避けた方が良いでしょう。 なぜなら、元々身分の高い人が自分より身分の低い人に対して「それで良い、十分である」と、許可を与える意味合いで使っていた言葉であるからです。 そのため、上から目線なニュアンスがあります。 「結構です」は、一般的に目上の人が目下の人に対して使う言葉です。 肯定の意味で「それで結構です」ということを目上の人に伝える場合は「◯◯でよろしくお願いします」「◯◯でお願いいたします」と答えるのが適切になります。 また否定の意味で「いいえ、結構です」ということを目上の人に伝える場合は「ありがとうございます。せっかくですが、今回は◯◯なのでお断りします」「また別の機会にお願いします」などと言い換えることが必要です。

「結構です」は冷たい印象を与えることがある

「結構です」を否定の意味で使う場合、やや強く否定するニュアンスになるため冷たい印象を与えてしまうこともあります。 そのため、何か相手に「これでよろしいですか?」と聞かれた際に「結構です」とだけ答えるのは避けましょう。 目上の相手にきっぱりと断らなければならない場面や、あまりにしつこい勧誘に対して、失礼にはならないようにやや強く否定したい際は「申し訳ありませんが結構です」「せっかくですが、今回は結構でございます」などと使うと良いでしょう。

「結構です」は相反する意味があるため、真意が伝わらないこともある

誰かに何かを尋ねたときに返答が「大丈夫です」だけだと、イエスかノーか曖昧になります。 実は「結構です」と答えても、同様のことが起きてしまいます。 「結構です」には肯定と否定の2つの意味があるため、相手に真意が伝わらない可能性があります。 相手の質問に対して、単に「結構です」と言った場合、「これで良い」のか「これじゃなくていい」のかと、肯定か否定か判断できないことがあります。 誤解を招かないためにも、例えば「そのままで結構です」「色はどれでも良いので、カタログと同じ赤でなくても結構です」などといったように肯定か否定か分かるような言葉や、もしくは具体的に理由などを添える必要があります。 適当な理由が思い付かず、かつ、どのような場面でも使えて便利なのが、 否定をするとき・・・「いいえ、結構です」「もう結構です」 肯定をするとき・・・「はい、結構です」「これで結構です」「それで結構です」 などです。

「結構でしょうか?」は誤用なので注意

相手に対して質問をするときなどに「こちらで結構でしょうか」と聞くことがありますが、この使い方は間違いです。 「結構」は自分の行動について使う言葉なので、相手の行動に対して使うと失礼になってしまいます。 相手に何かを聞くときは、「こちらでよろしいでしょうか」「よろしいですか」と言い換えるのが良いでしょう。

「結構です」の例文

「結構です」を肯定の意味で使う場合

・こちらの方はサインのみの記入で結構です。 ・お茶だけで結構ですので、どうぞお気遣いなく。 ・まだ時間はたくさんあるので時間に余裕を持ってお越しいただいて結構です。 ・◯◯様のご都合に合わせていただいて結構です。 ・「こちらの案でよろしいでしょうか」「はい、それで結構です」

「結構です」を否定の意味で使う場合

・申し訳ありませんが、こちらのみで結構です。 ・すぐに帰るので、気を使っていただかなくて結構です。 ・そちらの方には明日の午後2時頃にお伺いします。車で参りますのでお出迎えは結構です。 ・「よろしかったらこちらの商品のご試食でもいかがですか?」「すみませんが、結構です」

「結構です」の類語・言い換え

「結構です」の類語・言い換えについて紹介します。

大丈夫です

「大丈夫」は、 ・安心できるさま、強くてしっかりしているさま ・間違いなく確かなさま を意味しています。 「大丈夫です」は「結構です」と同様に、肯定にも否定にも使うことができます。 「大丈夫です」には「問題ありません」「分かりました」という意味が含まれます。 ただ「大丈夫です」は若者言葉でスラング的なので、「結構です」よりも失礼な印象を与える可能性があります。ちなみに若者言葉の例としては「やばい」「マジ」「ガチ」「ウケる」などがあります。 また「大丈夫」は自分を基準として使う言葉のため、相手を基準としなければいけないビジネスシーンでは不適切な表現になります。「大丈夫です」は日常会話でも使う便利な言葉ですが、目上の人には使用しないように気をつけましょう。 「大丈夫です」を使いたい場合は、「かしこまりました」「承知しました」「問題ありません」などと言い換えた方が適切です。

「大丈夫です」を使った例文 ==> 目上の人に使える言葉に言い換えた例文 ・提出は明日まで大丈夫です。==> 提出は明日まで問題はないのでよろしくお願いいたします。 ・その予定で大丈夫です ==> その日であったら空いているので、よろしくお願いします。 ・◯月◯日の午前10時でお願いします。 ==> ◯月◯日の午前10時で問題ありません。

構いません

「構う」には、「世話を焼く」「気にかける」「気を使う」「からかう」とたくさんの意味が含まれます。 その中でも「構う」の否定形「構わない」は、「気にしない」「差し支えない」を意味しています。 例えば「午前10時でいかがでしょう」という問いに、「構いません。では明日の午前10時に伺います」といったように使います。「構いません」は「問題ありません」といった否定の意味で用います。 また「◯◯しても良いですか」といった意味の「◯◯で構いませんか?」という形で、自分の都合で何か行うことについて許可を求める、確認をする場合にも使います。 ただ「構いません」には「許可する」「どちらでも良し」といった偉そうなイメージを持つニュアンスが含まれるため、取引先の相手や顧客など目上の人に対しては使用しない方が良いでしょう。 「構いません」は主に、同等や目下の人に対して使用します。 また「構いません」と同じような状況で使用する言葉に「差し支えありません」があります。 「差し支えありません」は、「支障はありません」「問題ありません」といった意味で、「許可する」といった意味合いは含まれないので、目上の人に対して使うことができます。

例文 ・いつでも構いませんので、ご都合がよろしい時にお越しください。 ・私としてはどちらの案でも構いません。そちらにお任せいたします。

お気遣いなく

「お気遣いなく」は、「そのようなご心配はなさらないで下さい」といった意味で使います。 例えば、使う場面として、訪問先でお茶を出されたときに、「お気遣いなく」と使うことによって、「ありがとうございます。これ以上のお気遣いは大丈夫ですよ」という意味になります。 「お気遣いなく」の後に、「お気持ちだけで十分です」だったり「お気持ちだけ頂戴します」と加えて言うこともできます。「お気遣いなく」は主に否定する場合に用います。 「お気遣いなく」も、目上の相手に使うと失礼にあたります。 目上の相手に使う場合は「お気遣いないようお願いします」や「お気遣いなさらないで下さい」などと完結した文章で使いましょう。 また「お気遣いなく」の文頭に「どうぞ」などと言葉をつけることによって、より丁寧に表すことができます。

例文 ・お気遣いないように、と◯◯にお伝えください。 ・どうぞ私のことはお気遣いないよう、楽しんでください。

遠慮しておきます・遠慮いたします

「遠慮」の意味は、 ・人に対して、言葉や行動を慎み控えること ・辞退すること になります。 「遠慮しておきます」「遠慮いたします」は否定の意味で使う言葉です。 「遠慮しておきます」「遠慮いたします」は、主に目上の人からの誘いを断る際に「いいえ、結構です」の言い換えとして使えます。 一番丁寧な表現は、「申し訳ありませんが」といった断りの言葉を先に入れ「申し訳ありませんが、遠慮いたします」となります。

例文 ・せっかくのお誘いですが、今日は遠慮しておきます。 ・申し訳ありませんが、急いでいるので遠慮いたします。

「結構です」の英語

「結構です」の英語表現を見ていきましょう。 「結構です」は英語で「okay」「good」「fine」などを使うのですが、ポイントは主語になります。 「That's good.」と言うと「肯定」の意味になりますが、 「I'm good.」と言うと「否定」の意味になります。 この英語のややこしさは日本語の「大丈夫」「結構」ととても似ていますよね。 否定するときの「結構です」は「No, thank you.」も使います。 「No, thank you.」はレストランで断るときなどに使うことが多いです。日常会話で友人間や家族間で使うと少し堅い印象のフレーズになります。 否定する「結構です」は「Don't worry about it.」などと言うことも可能です。 否定の「結構です」を言ったあとは、基本的に「Thank you.」を言うのがマナーです。 相手が気にかけてくれたことに対する感謝です。日本語ではあまりわざわざ「ありがとうございます」とは言いませんが、英語圏では言う方が自然です。 例文です。

「Would you like some water?」- 「No, I'm good. Thank you.」

「お水入りますか?」-「いいえ、結構です。どうもです」

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

「結構です」のまとめ

「結構です」について理解できたでしょうか? ✔︎「結構です」は肯定と否定の2つの意味を持っている ✔︎「結構です」は敬語でないため、目上の人に対しては使わない ✔︎「結構です」だけだと意味が伝わらないため、一言添えるようにする ✔︎「結構です」の類語には「大丈夫です」「構いません」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

Article 23 thumb

「取り急ぎ〜まで」の意味とビジネスにおける正しい使い方とは??

eigobu.jp
Article 24 thumb

例文付き「軋轢」の意味と使い方!類語「確執」との違いは?

eigobu.jp
Article 15 thumb

「拝啓 時下ますますご清祥のこと...」の「時下」意味と使い方、例文、読み方

eigobu.jp
Article 27 thumb

「過日(かじつ)」の意味と使い方とは?「先般」「先日」との違いとは

eigobu.jp
Article 0 thumb

「ご清祥」の意味と使い方!「ご清栄」「ご健勝」との違い

eigobu.jp
Article 13 thumb

「よしなに」は目上の人に使える敬語?正しい意味と類語、例文を解説

eigobu.jp
Article 18 thumb

とんでもないです・とんでもございませんは誤用!正しい意味と使い方とは?

eigobu.jp
Article 5 thumb

目上の人に使える?「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは

eigobu.jp
Article 1 thumb

営業でよく使う「引き合い」の意味と正しい使い方とは?英語表現も解説

eigobu.jp
Article 20 thumb

「お世話になります」の意味とビジネスでの使い方、返事、類語、英語表現を解説

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは