1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「送らせていただきます」は正しい敬語?意味と目上への使い方、言い換え表現を紹介

「送らせていただきます」は正しい敬語?意味と目上への使い方、言い換え表現を紹介

「送らせていただきます」という表現をご存知でしょうか。品物を送るときや、メールを送るときなどに使うことが多いですよね。では、「送らせていただきます」とはどのような意味なのでしょうか。ビジネスシーンで使われていることが多い言葉ですが、正しい敬語なのでしょうか。また、言い換え表現には何があるのでしょうか。そこで今回は「送らせていただきます」の使い方、例文、言い換えについて解説していきます。正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「送らせていただきます」は正しい敬語?

謙譲語+丁寧語で目上に使える正しい敬語

「させていただきます」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「送らせていただきます」は「送らせてもらいます」という意味で、謙譲語と丁寧語が含まれる正しい敬語なので、目上の人に対して使えます。 「送らせて頂きます」と表すこともできますが、この場合の「いただく」は補助動詞として使われているので、ひらがなで表記します。

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

WURK

「〜させていただく」は相手の許可がないと使えない

あまり意識して使用している人はいませんが、「させていただく」という表現は厳密には「相手の許可」が必要です。 目上の人から「させてもらう」わけですから、勝手に実行するのは失礼になります。 なので、相手の許可を取ってない場合は「送らせていただきます」も使うべきではない、と考える人もいるので注意です。 しかし、実際は「相手の許可が必要なくらい遠慮している」という謙虚な姿勢を示すために使われていることが多く、そこまで意識する必要がないでしょう。

「送らせていただきます」の類似表現は正しい敬語?

「送らさせていただきます」は「さ入れ言葉」で誤用

「送らさせていただきます」は「さ入れ言葉」のため、誤用になります。 さ入れ言葉とは、正しい表現に間違って「さ」を入れてしまう言葉のことです。 助動詞「させる」「せる」は「いただく」と共に使うことで、「◯◯をさせてもらう」という意味になります。 上一段、下一段、カ行変格活用の動詞の場合は「させる」をつけます。五段とサ行変格活用の動詞の場合は「せる」をつけることになっています。 「送る」は五段活用のため、「せる」をつけて「送らせていただきます」と使うのが正しいです。

「お送りします」は正しい敬語(謙譲語+丁寧語)

「お送りします」は、謙譲を表す「お」+丁寧語「ます」で成り立っています。 相手に物を送ったり、メールを送る場合に使います。 「お送りします」は正しい敬語ですが、相手によっては自分勝手な印象を与えてしまうことがあります。「お送りします」は相手や状況によって、使うかどうか判断してください。

「お送りします」の意味と使い方 - 「送る」の敬語変換と類語を紹介します

WURK

「お送りいたします」はより丁寧な敬語(謙譲語+丁寧語)

「お送りいたします」は、謙譲を表す「お」+「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「お送りします」よりも丁寧な表現となります。 「お送りいたします」は、相手から頼まれた資料や品物を送る場合に使うことが多いです。 「お送り致します」と表すことができますが、この場合の「いたす」は補助動詞として使われているため、ひらがなで表記します。

「送らせていただきます」の使い方と例文

メール・請求書・お礼の品・お祝いなどをビジネスシーンでは送る

「送らせていただきます」は相手が注文した品物や、商品を送ったりする場合に使います。 他にも、メールや手紙で情報を送る場合にも使われます。就活においても「履歴書を送らせていただきます」と用います。 また、「近くまで送らせていただきます」などと、お客さんや取引先の人をどこかまで送っていくことも表します。 「送らせていただきます」は相手から頼まれていなくても、自分から資料や品物を送る場合に使うことが多いです。

「送らせていただきます」の例文

  • 新しいプロジェクトの詳しい内容につきましては、メールで送らせていただきます。
  • 本日請求書を送らせていただきますので、ご査収のほどよろしくお願いいたします。
  • ご注文の商品Aを送らせていただきます。貴社への到着は明日を予定しております。
  • 道が複雑で迷ってしまうと思うので、駅まで送らせていただきます。

「送らせていただきます」の言い換え・類語

送るものによって、言い回しが異なる場合があります

送付させていただきます

「送付」は「そうふ」と読みます。 「送付」は「資料や品物などをおくりとどけること」を意味します。 「送付」は、相手に物を送る場合に使う表現です。「送迎する」という意味では使いません。 また、手紙や資料を送ることも「送付」と表現できますが、メールそのものを送る場合は「送付させていただきます」ではなく「送信する」を使うことが多いので注意してください。

例文

  • 企画書につきましては、今日中に送付させていただきます。
  • 先日ご依頼された、弊社商品のパンフレットを送付させていただきます。

郵送させていただきます

「郵送」は「ゆうそう」と読みます。 「郵送」は「郵便で品物や書類を送ること」を意味します。 郵便局のサービスによって物を送ることなので、その他の方法で送る場合は「郵送させていただきます」とは使えません。 郵便で送る場合、「送らせていただきます」と言うよりも「郵送させていただきます」と言った方が、どのような方法で送ったかということが明確になります。

例文

  • 来週が誕生日ということなので、プレゼントとお花を郵送させていただきます。
  • 商品をご購入なさった方に、カタログを郵送させていただきます。

発送させていただきます

「発送」は「はっそう」と読みます。 「発送」は「品物を送ること」を意味します。 品物や商品などを送ることを表す場合に「発送させていただきます」を使います。 「発送させていただきます」は、郵便で物や手紙を送る場合に使うことが多いです。

例文

  • ご注文いただきました商品について、◯月◯日の便で発送させていただきます。
  • 新しい企画についてまとめた資料を発送させていただきます。

添付させていただきます

「添付」は「てんぷ」と読みます。 「添付」は「書類などに、他のものを付け足すこと」を意味します。 何か足りないことがあった場合に、他のものを付け加える場合に「添付させていただきます」を使います。 メールや資料に、他のものを付け足すことを表します。品物や商品に対して「添付」は使うことはできません。

例文

  • 請求書をメールに添付させていただきますので、ご査収ください。
  • 資料に地図を添付させていただきますので、参考にしていただければ幸いです。

「送らせていただきます」の英語

I will send...

「送らせていただきます」の英語は、口語では「I will send...」でOKです。 ちなみに「send」は「give」と用法が同じで、「send + 人 + 物」「send + 物 + to + 人」の形で使うことができます。

I'll send you flowers.

お花を送らせていただきます。

「ファイルを送らせていただきます」などとメールで書く場合は、「I will send」だと少し不自然です。 相手が「I will send....」という文章を見たときにはすでにメールが届いているからです。 代わりに、

  • I have ...ed(現在完了形)
  • This is...(このメールは、この内容は)
  • Here is...(このメールにあるのは)

などを使います。

i have attached the file to this email.

ファイルを本メールに送付して送らせていただきます。

This is just a friendly reminder that we are going to have a meeting tomorrow at 11 a.m.

明日11時よりお打ち合わせがあることを再度ご案内させていただきます。

Here's what we talked in the meeting yesterday.

これが昨夜の会議で話したことです。(この後に箇条書きで続ける)

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話に関してまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

WURK

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

まとめ

「送らせていただきます」について理解できたでしょうか? ✔︎「送らせていただきます」は謙譲語と丁寧語が含まれているため、正しい敬語 ✔︎「送らせていただきます」は、目上の人に使うことができる ✔︎「お送りします」「お送りいたします」などの使い方もできる ✔︎ 言い換えには「発送させていただきます」「添付させていただきます」などがある

おすすめの記事

「意向」の意味とビジネスでの使い方、類語「希望」との違いは?

WURK

「早速ですが」の意味とメール・打ち合わせでの使い方、類語、英語表現を解説

WURK

「いずれにせよ」の意味と使い方、敬語(丁寧語)、類語、英語表現を解説

WURK

「ご手配」の意味と使い方を例文付きで解説!「お手配」との違いも!

WURK

「言い得て妙」の意味と目上への使い方、発音、類語、例文、語源、英語表現

WURK

「必死」の意味と使い方、語源、類語、「必至・必須」との違い

WURK

「幸いに存じます」の意味と使い方、類語・言い換え、メールの例文、英語表現

WURK

「努めて」「努めてまいります」の意味とビジネスでの使い方、類語、漢字を解説

WURK

「ご期待に沿う」の意味とビジネスでの使い方、例文、「添う」との違いは?

WURK

「なので」は書き言葉でNG!敬語の言い換えは?文頭で使える?

WURK

「打診」の意味と使い方、承諾の返答、類語、医療用語、英語

WURK

敬語「しております」の意味と用法、類語、「いたしております」との違い

WURK

「存じ上げる」の意味と使い方、敬語(尊敬語・謙譲語)、類語、「存じます」との違い

WURK

「略儀ながら」の意味と使い方、お礼・お詫び・年末の挨拶のメール例文付きで解析

WURK

「推奨」の意味と使い方!「推進」「奨励」「推薦」との違い、類語、英語も紹介

WURK

「ご検討」の意味とビジネスメールでの使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介

WURK

「お願い」の敬語表現は?ビジネスメールの使い方、類語、英語表現など徹底解説!

WURK

「お気遣いなく」の意味やビジネスメールなどの使い方!類語や英語も紹介

WURK

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

WURK

「示唆」の意味と使い方は?敬語「ご示唆」、類語「暗示」との違いとは?

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「送らせていただきます」は正しい敬語?意味と目上への使い方、言い換え表現を紹介