1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「物見遊山」の意味と語源、使い方、例文、類語、英語表現を解説

「物見遊山」の意味と語源、使い方、例文、類語、英語表現を解説

「物見遊山」という言葉をご存知ですか?日常ではあまり見かけない言葉ですが、ニュースサイトなどではよく見る言葉です。今回は「物見遊山」の読み方、意味、使い方を例文付きで詳しく解説していきます。「旅行」などの類語との違いや英語も紹介しますので是非参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「物見遊山」とは

「物見遊山」の読み方は「ものみゆさん」

「物見遊山」の読み方は「ものみゆさん」です。 「遊山」には「ゆうさん」「ゆうざん」という読み方は存在しないので注意しましょう。

「物見遊山」の意味は「気晴らしに見物して遊び歩くこと」

「物見遊山」の意味は「気晴らしに見物して遊び歩くこと」です。 「物見」の意味は「物事を見ること、見物すること」です。 「遊山」の意味は2つあり「野山に遊びに行くこと」「気晴らしに遊びに行くこと」です。 「物見遊山」の場合の「遊山」の意味は、後者となります。 「物見遊山」する場所は特定されていません。 「物見遊山」は目的が気晴らしである点に注意しましょう。 特定の建造物や土地を見るのが目的の場合は「物見遊山」とは言いません。 はっきりとした目的がなく、ただ気晴らしに遊び歩くことです。

「物見遊山」の語源は仏教用語

「遊山」は元々は仏教用語で「修行を終え悟りを得て、山紫水明の地に悠々自適に散策する」という意味です。 元々「物見遊山」は「修行が終わったあとの気晴らし」といった意味合いがありました。 それが一般的にも使われるようになり「気晴らしに散策する」といった意味になりました。

「物見胡散」は誤用

「物見胡散」は誤用になります。 「胡散」は「うさん」と読むため、「ゆさん」と勘違いしてしまうことがあります。 しかし、実際には「物見胡散」という言葉はありません。

胡散臭い人の特徴と原因は?胡散臭いと言われないための対策とは?

eigobu.jp

「物見遊山」の意味と使い方

「物見遊山する」「物見遊山に出かける」「物見遊山で来る」などと使う

「物見遊山」は主に ・物見遊山する ・物見遊山に出かける ・物見遊山で来る などと使います。 「気晴らししに来る」といった意味合いです。 「物見遊山」単体で名詞として使うことも多くあります。

例文 ・疲れが溜まっていたせいか、毎週末の物見遊山が絶えない。 ・たまには嫁と物見遊山にも出かけようか。 ・仕事で来たため少しも観光出来なかったので、今度は物見遊山で来たい。 ・物見遊山はストレスが溜まってる時ほどするべきだが、心に余裕がないとなかなか出来ないものだ。 ・思い切ってヨーロッパに物見遊山としゃれこむことにした。

「物見遊山気分」は「遊び歩き気分」

「物見遊山気分」は「遊び歩き気分」ということです。 「物見遊山気分である」といったように使います。 本格的な目的がなく、気晴らしに遊び歩いている気持ちであることを表しています。

例文 ・遠出の出張は物見遊山気分になってしまう。 ・社員旅行の幹事になり下見に来たが、物見遊山気分ではしゃいでしまった。 ・本日は物見遊山気分で楽しんでもらって結構ですので、良い時間を過ごしてください。

「物見遊山的」はネガティブなニュアンス

「物見遊山的」とは、本来遊び気分ではないのにそうなってしまっていることを表す時に使います。 遊び気分になってしまってる自分を戒めたり、相手を指摘する際に用いられる表現です。 「物見遊山的にならないように」と言われた場合は、注意されています。

例文 ・今日は新しく建った大きなビルの中の企業まで行くので、つい物見遊山的になってしまいそうだ。 ・来週の出張はくれぐれも物見遊山的にならないように気をつけてください。 ・社会人にもなって物見遊山的な言動はとても恥ずかしいですよ。

「物見遊山」の類語との違い

旅行

「旅行」の意味は「家を離れて他の土地へ行くこと、旅をすること」です。 「旅行」は日常会話でもよく使われますね。 「日帰り旅行」「海外旅行」などと他の言葉と合わせて使われることも多くなっています。 「物見遊山」は気晴らしに見物することですが、「旅行」は気晴らしというよりも計画的に行われる旅のことです。

例文 ・今度のゴールデンウィークはヨーロッパ旅行をしよう。 ・30代になったら毎年旅行したいのでずっと貯金をしています。

観光

「観光」の意味は「他の国や街の景色や史跡などを見ること」です。 昨今では、余暇時間を使って日常から離れスポーツやレクリエーションなど楽しむことを指して使います。 観光を目的とされる場所を「観光地」「観光名所」と呼びます。 また、観光しに他所から来ている人は「観光客」と呼びます。 「物見遊山」は気晴らしに見物することですが、「観光」は景色や史跡などを見に行くことを目的としています。

例文 ・次来る時は、もっと時間に余裕を持って観光したい。 ・外国人観光客を増やすために、様々な対策を考えていく。

行楽

「行楽」の意味は「山野などに出かけ、景色などを見て楽しむこと」です。 「遊山」とほぼ同義で使われています。 普段はあまり「行楽に出かけよう」などとは使われていませんが、「行楽地」「行楽気分」などと用いられることが多いです。 ちなみに「行楽」は「こうらく」と読みます。 「ぎょうらく」ではないので注意しましょう。

例文 ・自宅で行楽気分を味わえるグッズが増えてきている。 ・雲ひとつない晴天で、最高の行楽日和だ。

遊覧

「遊覧」の意味は「あちこちと見物してまわること」です。 「遊覧船」などは聞いたことがあるかと思います。 湖や港湾など景観の良い観光地で航行される旅客船のことです。 修学旅行などで乗ることも多いかと思います。 「物見遊山」は気晴らしに見物することですが、「遊覧」はあちらこちらとを見て回るといった意味合いが強い言葉です。

例文 ・遊覧船できれいな湖と山々を堪能することが出来た。 ・自分の住む街を宛もなく遊覧するのも、新たな発見があって面白い。

遠足

「遠足」の意味は「見学などを目的として遠いところまで出かけること」です。 特に学校における日帰りの小旅行を指して使われています。 「物見遊山」は気晴らしに見物することですが、「遠足」はしっかりとした目的を持って出かけることを指します。

例文 ・遠足のおやつは500円までです。 ・バナナはおやつに入りますか?  ー 遠足ナメてますか?

レジャー

「レジャー」の意味は「余暇(仕事などから解放された自由時間)」です。 また「余暇の時間を使った遊び」といった意味でも使われています。 遊園地や水族館などの娯楽施設を「レジャーランド」と言います。 「物見遊山」は気晴らしに見物することですが、「レジャー」は見物するわけではなく余暇や余暇の遊びそのものを指して使います。

例文 ・県内に新しくレジャー施設がオープンするからとても楽しみだ。 ・全国のレジャーランドを制覇したい。

レクリエーション

「レクリエーション」の意味は「仕事や勉学などの疲れを、楽しみや休養によって回復すること」です。 また、その楽しみや休養そのものを指して使われることもあります。 学校や施設などでも「レクをしましょう」などと、レクリエーションの時間を取って身体を動かしたり楽しんだりしますよね。 「物見遊山」は気晴らしに見物することですが、「レクリエーション」は仕事・勉学以外の時間で楽しむことです。

例文 ・レクリエーションで行うゲームを考えるのは、結構大変だったりする。 ・車椅子に乗ったままで楽しめるレクリエーションを行います。

「物見遊山」の英語

sight-seeing and pleasure-seeking

「物見遊山」の直訳の英語は「sight-seeing and pleasure-seeking」です。 「物見」は「sight-seeing」で、「遊山」は「pleasure-seeking」です。 「sight-seeing」は「観光」という意味でもよく使われますよね。

go on a picnic

ただし「sight-seeing and pleasure-seeking」という表現はネイティブはあまり使いません。 「go on a picnic(ピクニックに行く)」で「物見遊山」は表現することが可能です。

「物見遊山」に関連する表現

遊山宿、遊山所、遊山船、遊山箱など

「遊山」のつく言葉はたくさんあります。 たとえば 「遊山宿」は、遊山のための宿 「遊山所」は、物見遊山をする場所 「遊山船」は、遊山客を乗せた船 などです。 「遊山箱」は、徳島に伝わる伝統工芸品のひとつで、お弁当などを入れる子供用の小型の重箱です。 カラフルで可愛いものが多くなっています。

物見高い

「物見高い」の意味は「ちょっとしたことでも珍しがったり面白がったりして、見たがる性質が強い」です。 どんなことにも好奇心が強い様子を表します。 「野次馬」や「ミーハー」などは「物見高い人」のことです。 何かが起きたらすぐに群がったり、流行りにすぐ乗ったりするような人たちは「物見高い」です。

まとめ

いかがだったでしょうか? 「物見遊山」について理解できていたら幸いです。 ✔意味は「気晴らしに見物して遊び歩くこと」 ✔元は仏教用語 ✔類語は「旅行」「行楽」など

こちらの記事もチェック

「整合性」の意味と読み方、使い方、例文、類語「一貫性」との違い、英語表現を解説

eigobu.jp

「二枚舌」の意味と語源、使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

eigobu.jp

「嘘も方便」の意味と語源、仕事と恋愛での使い方、例文、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「求道者」の意味と読み方、使い方、例文、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「愛別離苦」の意味と読み方、使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

eigobu.jp

「如才ない」は褒め言葉?悪い意味?正しい使い方とは?類語、英語表現も解説

eigobu.jp

「関係者各位」の意味とメールの使い方、上司やお詫びで使える?「関係各位」との違いとは?

eigobu.jp

「油を売る」の意味と使い方、例文、語源由来、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「ましてや」は誤用に注意!意味と使い方、漢字、敬語、類語、英語表現を解説!

eigobu.jp

「にて」の6つの意味と使い方、類語「で・より・おいて」との違いとは?

eigobu.jp

「英雄色を好む」の意味と語源、使う際の注意点、類語、対義語、英語表現を解説

eigobu.jp

「御大」の意味と読み方、使い方、例文、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「引導を渡す」の意味と語源、仕事や恋愛での使い方、例文、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「生来」の意味と読み方、使い方、例文、類語「元来」との違い、英語表現を解説

eigobu.jp

「三々五々」の意味と使い方、例文、読み方、由来、類語、対義語、英語表現

eigobu.jp

「完了」の意味と使い方、類語「完成・完結」との違い、対義語、英語

eigobu.jp

「稚拙」の意味とビジネスでの使い方、類語「幼稚」との違い、対義語、英語表現

eigobu.jp

「推して知るべし」の意味と使い方、類語「言わずもがな」との違いを例文付きで解説

eigobu.jp

「随一」の意味と使い方、語源、類語、「逐一・唯一」、英語表現を解説

eigobu.jp

「平謝り」の意味と使い方、例文、語源、類語、対義語、英語表現を解説

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「物見遊山」の意味と語源、使い方、例文、類語、英語表現を解説