1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「もとい」は方言?意味と使い方、語源、漢字、類語、英語表現を解説!

「もとい」は方言?意味と使い方、語源、漢字、類語、英語表現を解説!

「もとい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことがあるけれど意味は知らない、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。「もとい」は言い間違いを訂正するときに使う言葉です。あまり耳慣れない「もとい」という言葉ですが、意外と使い勝手が良い便利な表現と言えます。そこで今回は「もとい」の意味や使い方、語源、漢字表記、類語について解説していきます。いざというときに使うことができるように、「もとい」の意味や使い方を正しくマスターしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「もとい」の意味

「もとい」は”言い間違えて訂正するときに発する言葉”です。 「前言を改める、誤りを正しく直す」というニュアンスで、今の発言は言い間違いなので、訂正してなかったことにするということを表します。 「〜ではなく」「〜ではなかった」という意味合いになります。 このように、「もとい」は前言・前文を打ち消すような役割を持ちます。 口語で言うと「じゃなくて」「じゃない」などと同じ意味合いで、「間違った!すいません。言い直す」ということをスマートに伝えられます。 言い間違いや、言いたいことを上手く表現できないというのはよくあることです。しかし、一回言ってしまった事は相手に伝わり、それがもととなって相手に誤解を生んだり、相手との関係に亀裂を招く原因となってしまうことがあります。 そういったことを避けるためにも、「もとい」を「前の発言は忘れて」という意味で用います。

「もとえ」は誤用

「もとい」と響きが似ていますが、「もとえ」は間違いです。 そもそも「もとい」は「元へ(もとへ)」という言い方が訛った言い方です。そのため、間違えて「もとえ」という言い方が使われることが多くなっています。 確かに、「い」と「え」の区別はなかなか難しいですが、誤用なので間違えないように注意しましょう。

「もとい」の語源

「もとい」の由来としては、軍隊の号令であるとされる説と元結であるとされる説があります。 軍隊の号令説としては、軍の指揮官や上官などが、号令をかけている最中にうまくいかなかった場合に「もとへ戻れ(元の姿勢に戻れ)」ということを「もとへ」と号令をかけるので、それが会話の中では「自分が言ったことを無しにして、戻る」という意味で使われるようになったと言われています。 元結(もとゆい)説としては、昔の床屋さんが髷(まげ)の元結を締め直すところからきています。 元結とは「髻(もとどり)を結ぶ細い緒。昔は組紐または麻糸を、近世は髷(まげ)に趣向を凝らして水引元結と称するこより製のもの。日本髪を結うときに髪の根元を束ねるために使う紐」を意味します。 元結は別名「もっとい」と言うので、これがもといの語源とされています。 髷(まげ)を始めから結い直すことから、「もっとい」が始めから言い直すという意味になりました。

「もとい」は方言なのか

「もとい」という表現にあまり馴染みがない方は、「もとい」はどこからの方言なのではないかもしれませんが、「もとい」は方言ではありません。 上記で説明した通り、語源がちゃんとあります。

「もとい」の漢字

「もとい」を漢字で書くと「元い」となります。 「元へ」が変化したもの、軍隊用語として使われていた「元へ(もとへ)」が訛った言い方です。 また、他にも「もとい」と読む言葉には「基」「元結」などがあります。 「基」は「物事の根本をなすところ。基礎。根幹」「建物の土台。いしずえ」を意味します。 「国の基を築く」「事業発展の基を築いた」などと使います。 「元結」は「もとゆい」と読む他に、約して「もとい」とも読みます。 上記でも紹介したように、「日本髪を結うときに髪の根元を束ねるために使う紐」を意味します。 漢字が違うと、意味も違ってしまうので間違えないように気をつけましょう。

「もとい」の使い方と例文

「もとい」は言い間違いを訂正して、元に戻すときに使う言葉です。 言い間違いをしたときに、わざわざ「今のは言い間違いですので訂正します」と言うのは面倒ですし、話の流れも止まってしまいますよね。「もとい」を使うと会話の流れがスムーズになるので非常に便利です。 訂正の言葉としては非常に短いので、急いでいる場合などにもよく使われます。 「違う、そうじゃなくて」といった意味ですぐに訂正したいときに「◯◯です、もとい△△です」といったように使います。人によっては「もといもとい」と二度繰り返すこともあります。 訂正するときに使う言葉は人によって異なります。「違う!」「ちゃうちゃう!」「そうじゃなくて!」などと反射的に言ってしまうように、それぞれ癖が見られます。「もとい」も口癖のように使っている人はたくさんいます。 また、前言を訂正するだけでなく「あの人はケチ....、もとい倹約家である」といったようにあえて悪い言い方をした後に良い言い方で打ち消す形があります。これは皮肉ととれる使い方で、一旦発言したことを打ち消すことで、相手には逆に良くない発言の方が深く印象に残すという効果を発揮します。 自分や相手の立場に関係なく、幅広く日常会話で使われます。 自分のうっかりで、不注意でつい誤った発言をしてしまったときに使うので、基本的に話し言葉であって、書き直しが可能な文章では使いません。

例文

  • 田中さん....、もとい!山田さん。
  • これは1000円です....、もとい1200円です。
  • 会議はもう終わっているはずですが....もとい、まだでした。
  • もうそろそろ始めていいですよ。もとい!もう少々お待ちください。
  • 佐藤さんならもう帰られましたよ。あっ!もとい、まだいました。
  • こんばんは、もといもとい!こんにちは!
  • 私の祖父は昭和、もとい大正生まれです。
  • お小遣いもとい生活費1万が、どこかに消えてしまった。
  • 田中さん、30歳もとい40歳のお誕生日おめでとうございます!
  • それでは次に46ページの....、もとい47ページに移ります。
  • それを実行するにはいささか時期ソウソウ、もとい時期尚早なのでは?
  • 君のその間抜けさ....、もといマイペースさを見習いたいよ。
  • 今日もあの店は大行列....、もとい大人気!こんな暑い日によく並ぶよ。
  • 我が家で飼っている天使....、もといインコのぴーちゃんです。

「もとい」の類語・言い換え

ならぬ

「ならぬ」は動詞「なる」の未然形+打ち消しの助動詞「ぬ」で成り立っています。 「なる」は「別の物・状態に変わる」ことを表します。これを否定する形になるので、「別の物・状態に変わらない」という意味になります。 主に、「◯◯ではない△△」といったように、様々な語に付いて補助動詞的に用いられます。 例えば、「並々ならぬ意欲」といった場合は「並々ではない意欲」、「一方ならぬご指導」といった場合は「並ひととおりではないご指導」といった意味になります。

ではなく

「ではなく」は「後述の断定と対照させて、ある事柄を提示し、それを否定すること」を表します。 「そうではなく」の略として用いられています。 「ではなく」は最初に述べたことを否定して、適切なことを述べるときに使います。 例えば、「徒歩ではなく車で行く」「それはプリンではなくババロアです」などといったように使います。

というより

「というより」は「そのように言うよりは」「より適切に言うと」を意味します。 「より」は「他との比較・対照としてとりあげる」ということを表しています。 「というより」は一般的に、最初に言ったことよりも適切な表現をする際に用います。 例えば、「彼はかっこいいというより、可愛い」「それは助けというより邪魔になる」などといったように使います。

「もとい」の英語

「もとい」は英語で「I mean,」となります。 「I mean,」は日本語の「もとい」と同じで、間違って発言したことを訂正するときに使います。

I want to go to a restaurant, I mean, a supermarket.

レストランもといスーパーにいきたい。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

WURK

「もとい」のまとめ

「もとい」について理解できたでしょうか? ✔︎「もとい」は「〜ではなく」という意味で、言い間違えを訂正するときに発する言葉 ✔︎「もとい」は漢字では「元い」と書く ✔︎ 間違った発言を訂正したいときに、「◯◯です、もとい△△です」といったように使う ✔︎「もとい」の類語には、「ならぬ」「ではなく」などがある

おすすめの記事

「ご提示」の意味、使い方!「ご呈示」「ご教示」との違い、類語、英語

WURK

「お世話様です」と「お世話になっております」の違いと使い分け

WURK

「お目通し」の意味と使い方、敬語表現、類語、「ご一読」との違い

WURK

「お世話様です」「お疲れ様です」「ご苦労様です」の違いと使い分け

WURK

「当該」と「該当」の意味の違いと使い分けとは?類語や英語も紹介

WURK

「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いと使い分け

WURK

「取り急ぎ○○まで」の意味、使い方、例文、類語、英語を紹介

WURK

「ご足労」の意味と使い方、類語、敬語、お礼、「お手数」との違い

WURK

「迎合」の意味と使い方、類語、対義語、読み方、四字熟語、英語

WURK

「正念場」の意味と使い方、由来、類語、対義語、英語

WURK

「神算鬼謀」の意味と使い方、語源、類語、英語表現

WURK

方言?法律用語?「ないしは」の意味と使い方、「ないし」との違い

WURK

「異国情緒」の意味と読み方、使い方、類語、英語表現

WURK

「追って連絡」の意味や使い方、漢字、返信の仕方、示す期間は?

WURK

「相違ない」の意味や使い方、読み方、「違いない」との違い、類語

WURK

「胸を借りる」の意味と語源、使い方、類語、泣く時も使う言葉?

WURK

「お粗末さまでした」の意味や使い方、返事、言い換え表現、方言として使われている?

WURK

「そういうテイで」の「テイ」の意味と漢字、使い方、類語、英語表現

WURK

「ご法度」の意味と使い方、読み方、由来、類語、英語表現

WURK

死語?方言?「尻切れトンボ」の意味と使い方、類語・言い換え、由来

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「もとい」は方言?意味と使い方、語源、漢字、類語、英語表現を解説!