1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「なかんずく」「よしんば」の意味と使い方、語源、類語、英語表現
「なかんずく」「よしんば」の意味と使い方、語源、類語、英語表現

「なかんずく」「よしんば」の意味と使い方、語源、類語、英語表現

「なかんずく」と「よしんば」という言葉をご存知でしょうか。「なかんずく好きだ」「よしんば何か起きても」などと使います。日常会話ではあまり使わない言葉のため、聞いたことないという人も多いかもしれません。確かに「なかんずく」「よしんば」と聞くと、古めかしい感じがしますよね。なんとなく難しいイメージがしますが、意味をしっかりと知っておけばすぐにでも使えるようになります。そこで今回は「なかんずく」と「よしんば」の意味について解説していきます。それぞれをきちんと覚えて、正しく使えるようにしましょう!

「なかんずく」と「よしんば」は全く別の意味

「なかんずく」・・・数ある事柄の中で、特に一つを取り上げるさま 「よしんば」・・・もしもの事態を仮定するさま

「なかんずく」の意味・使い方・類語・語源

意味

「なかんずく」の意味は「たくさんの事柄の中から、特に一つを取り上げるさま」です。 「なかんずく」=「取り分けて。主に。その中でも」ということになります。 「なかんずく」は漢字だと「就中」と書きますが、ひらがな表記が一般的です。

使い方と例文

数多くある物事の中から、一つの事を取り上げるという場合に「なかんずく」を使います。 例えば、「映画はジャンルを問わず何でも見るが、なかんずく見ていてドキドキするスリラー映画が好きだ」と言えます。 これは、「映画はコメディーやアクションなど数多くあるが、中でもスリラー映画が一番好き」ということを表します。 このように、「なかんずく」は他の物事よりも優れている・好む・素晴らしいなどと、プラスなことを評価する場合に使うのが適します。 「映画のジャンルが様々だが、なかんずくロマンス映画が一番嫌いだ」といったように、悪いことをあれこれと指し示すという意味では使いません。 「なかんずく」は少々堅い表現なので、日常会話というよりも、手紙などの書き言葉として用いることが多いです。

例文 ・このドラマは全シリーズ面白いが、なかんずくシリーズ4が好きだ。 ・昔のことはほぼ頭に入っているが、なかんずくあの事件については鮮明に覚えている。 ・実験の授業はとてもワクワクするが、なかんずくカエルの解剖が楽しかった。 ・美味しいものだったら何でも好きだが、なかんずくケーキやアイスなど甘いのものを好む。 ・音楽はジャンルを問わず何でも聞くが、なかんずくテンションが上がるパンクミュージックが好きだ。 ・彼は理科を得意としていて、なかんずく動物の生態についてとても詳しく知っている。 ・A監督が作る物語は全て面白いが、なかんずくバッドエンドで終わる傾向がある。 ・料理をする際はいろいろな調味料を使うが、なかんずく塩をよく使う。 ・全学年に言えるが、勉強であったらなかんずく英語が大事である。

類語

中でも (意味:多くの中でも特に) 「何でも好きだが中でも釣りが好きだ」 殊に(ことに) (意味:他のものと比べて目立っているさま) 「今日の雨は殊に強い」 特に (意味:多くの物事の中で際立っているさま) 「一つ足らなくても特に問題ない」 取り分け (意味:同じような物事の中でも、際立っているさま) 「取り分け野菜が好きだ」 格段に (意味:程度がはるかに超えているさま) 「前よりも格段に良くなっている」 ひときわ (意味:他と比べて一段と) 「彼女はひときわ目立っている」 殊更(ことさら) (意味:特に抜き出ているさま) 「いつもより殊更元気そうで安心した」 一入(ひとしお) (意味:一段と際立っているさま) 「こんな結果になるとは感慨も一入だ」 取り立てて (意味:多くのものの中で特に取り上げる) 「取り立てて彼のオーラはすごい」 数ある中で (意味:たくさんある中でも) 「数ある中で君の考えた案が一番良い」

語源

上記でも説明したように、「なかんずく」は漢字だと「就中」と書きます。 「就中」を漢文訓読すると「中に就く(なかにつく)」で、だんだんと「なかんづく」となりました。 さらに「なかんづく」の「づ」が「ず」と混同されたことから、「なかんずく」も徐々に用いられるようになったのです。 古くは「なかについて」という形でも使われていましたが、「なかについて」が先に使われていたか「なかにつく」の方が早く使われていたかについてははっきりとしていません。 「なかにつく」から「特に。取り分けて」という意味が生まれたのではなく、漢語の「就中」自体が「特に。主に」を表します。 このように「なかんずく」は漢語「就中」を読み下したものが、そのまま使われるようになった語となります。

「よしんば」の意味・使い方・類語・語源

意味

「よしんば」の意味は「究極の事態を仮定するさま」です。 「よしんば」=「たとえそうでも。仮にそうでも」ということになります。 「よしんば」は漢字だと「縦しんば」と書きますが、ひらがな表記が一般的です。

使い方と例文

主に、「よしんば◯◯としても...」「よしんば◯◯であっても...」「よしんば、そうなっても...」という形で用います。 このように、「よしんば」の後は本当の話ではなく、仮の話を続けます。 例えば、「よしんば明日台風が来たとしても、予定は変わることはない」と言えます。 「よしんば明日台風が来たとしても、予定は変わる」とは言えません。 このように「よしんば」を使う場合は、「よしんば◯◯であれば△△する」と肯定の言葉ではなく「よしんば◯◯であれば△△しない」と否定の言葉を伴うことが多いです。

例文 ・よしんば一人揃わなかったとしても、何も困ることはない。 ・よしんば雨が降ってきたとしても、屋内開催なので問題ない。 ・よしんば泥棒に入られたとしても、防犯ブザーが鳴るようになっているから安心して寝られる。 ・よしんばスピードをもっとも早く出したとしても、時間には間に合わないだろう。 ・よしんばお金が多くあったところで、その問題が解決するわけではないよ。 ・よしんば都合が悪いとしても、別の日にすれば良いから不安に思うことはないよ。 ・よしんば彼に裏切られたとしても、君の味方はたくさんいるんだから気にする必要はない。 ・よしんばその時は逃げられたとしても、ゆくゆくは捕まってしまうに違いない。 ・よしんば彼がやって来たとしても、私達の所には来ないだろうから特に支障ない。

類語

万が一 (意味:物事の実現の可能性が低いことを想定するさま) 「万が一参加できなかったら、私の代わりに頑張って」 たとえ (意味:ある物事が生じた場合でも、事は問題なく進むさま) 「たとえそこまで行ったとしても、彼女には会えないよ」 仮に (意味:もしものことがあった場合) 「仮に行けなくなったら連絡するよ」 もしも (意味:はっきりとは分かっていないことを想定するさま) 「もしも大事な物が消えてしまったら、落ち込んでしまう」 仮定 (意味:念のために想定すること) 「物事を仮定してみる」 想定 (意味:ある物事を仮に考えてみること) 「本番を想定してリハーサルを行う」 最悪の場合でも (意味:物事が上手くいかなかったケースを考えるさま) 「最悪の場合でも逃げることはできる」 ものともせず (意味:問題にしないで進めるさま) 「怪我をものともせず参加する」 そうであっても (意味:ある物事が起こると想定するさま) 「そうであっても無事に済むだろう」

語源

上記でも説明したように、「よしんば」は漢字だと「縦しんば」と書きます。 「縦し」は「納得はいかないが、仕方ない。想定する」を意味します。このように、「縦」は「たて」という意味以外にも、仮定を表す場合にも用います。 仮定を表す「縦し」+条件を表す「んば」とすることによって、今現在使われている「かりに。たとえ」という意味になります。 方言だと思っている方が多いですが、「よしんば」は「大和言葉」に当てはまります。「大和言葉」は日本独自の言葉遣いで、ある決まった地域のみではなく、幅広く使われています。

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

「お世話になっております」の意味、社内やメールでの使い方!英語も紹介

eigobu.jp

「一入(ひとしお)」の意味と使い方!語源や類語、英語も紹介

eigobu.jp

「賜る」「賜ります」の正しい送り仮名は?使い方と類語!承るとの違いは?

eigobu.jp

「左様」「左様でございます」の意味と使い方!語源は然様?類語・英語も

eigobu.jp

「お世話になっております」の意味、社内やメールでの使い方!英語も紹介

eigobu.jp

「もしもし」は失礼?語源、意味、ビジネスでの使い方、英語

eigobu.jp

「いちおう」と「とりあえず」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い

eigobu.jp

「あながち」の意味と使い方、語源、類義語、例文について解説

eigobu.jp

目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!

eigobu.jp

「感嘆」の全く違う2つの意味と使い方、敬語、類語、英語表現

eigobu.jp

「意義」の意味と使い方、英語表現、類語「意味・定義・目的」との違いを解説!

eigobu.jp

「蔑ろ(ないがしろ)」の意味と使い方、類語、「蔑む」との違い

eigobu.jp

褒め言葉?「愚直」の意味と使い方!「実直」の違い、類語、英語表現

eigobu.jp

「饒舌」の意味と使い方、類語「多弁・雄弁・能弁」との違い

eigobu.jp

「叡智」の意味と使い方、「英知・知恵・知識」との違い、英語表現

eigobu.jp

「いきさつ」と読む?「経緯」の意味と使い方、類語、「経過」との違いを解説!

eigobu.jp

「席巻」の意味と使い方、「圧巻」との違い、英語表現も解説

eigobu.jp

「淘汰」の意味と使い方、類語、「排除」との違い

eigobu.jp

「準拠」の意味と使い方と類語、「遵守・適合」との違い

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「なかんずく」「よしんば」の意味と使い方、語源、類語、英語表現