1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い
「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い

「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い

「方々」という言葉をご存知でしょうか。日常会話でもビジネスシーンでも使う表現ですが、実は「方々」には3つの意味があります。特に意識することなく使っているという方も多いかと思います。しかし、それぞれ異なるので、意味に合わせてしっかりと使い分ける必要があります。また、「皆様・皆様方」という言葉がありますが、これも正しく使い分けなくてはいけません。そこで今回は「方々」の意味と使い方、類語、読み方「皆様・方達」との違いについて解説していきます。「方々」を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「方々」は実は3つも意味がある!

「方々」には3つの意味があります。また意味によって使い方が変わります。 「方々」の意味は、 ・「人々」の敬意を含んだ言い方 ・二つ以上の事実や状態が併存していることを表す ・あちらこちら。あちこちの場所や方角 となります。 「方」は「敬意を含んで複数を示す」を意味します。 「方々」は重ね言葉です。同じ字を重ねることによって、意味を強めています。 それでは1つずつ解説していきます。

「人々」の敬意を含んだ言い方の「方々」

読み方と漢字

「方々」は<かたがた>と読みます。 「方方」「旁」と書くこともできますが、一般的には「方々」と表記することが多いです。

使い方

複数の人々を敬っていう語なので、主に「◯◯の方々」という形で使います。 「方々」と単体で使うのではなく、修飾する語句を伴って使う必要があります。 複数の人を指すことが多いですが、一人に対して使うこともあります。 「多くの方々」「ご来場の方々」「当店へお越しの方々」などと使います。 尊敬の意を含んでいる人代名詞なので、身内に対しては使いません。「弊社の◯◯担当部の方々です」などは間違いです。 他にも、「任務を終えた方々が帰る」といったように一般的な人々を表す場合も使わないので注意しましょう。 「方々」は口語的に使うことが多いですが、やや堅い表現となります。

例文

・ご来場の方々にお知らせいたします。本日予定されていた講演は中止となりました。 ・周囲の方々に支えられたおかげでここまで勤め続けることができました。 ・この方法については、多くのお世話になった方々から教えていただきました。 ・本日は誠にありがとうございました。ご協力いただいた方々に、感謝申し上げます。 ・多くの方々にご迷惑をおかけしていまい、大変申し訳ございません。 ・もっとたくさんの方々に知ってもらえるように、活動を広めたいと思います。 ・つい先ほど、A社の方々がお見えになりました。

類語

人々 (意味:多くの人。また、おのおのの人) 「人々によろしくお伝えください」 ご一同 (意味:居合わせた者全部) 「◯◯スタッフご一同に連絡いたします」 あなた方 (意味:むこう方。相手方) 「あなた方はどちらからお越しで?」 お宅ら (意味:ほぼ対等のあまり親しくない相手に軽い敬意をもっていう語) 「お宅らはどうお考えですか」 諸君 (意味:多数の人を指す語。皆さん) 「諸君によろしく言っておいて」 ご一統 (意味:一同。みなみな) 「ご一統揃っています」

「二つ以上の事実や状態が併存している」という意味の「方々」

読み方と漢字

「方々」は<かたがた>と読みます。 漢字では「方方」「方々」「旁」と表記することができます。「旁」は「かたがた。ついでに」と読みます。 「方々」と書く以外に、「旁」と表記することも多いです。

使い方

一つのことをするついでに他のことをするという場合に「方々」を使います。 例えば、「運動方々ポストに手紙を出しに行く」「散歩方々本屋に立ち寄る」などと言います。 「運動するついでに手紙を出す」「散歩するついでに本屋に行く」という意味です。 「〜を兼ねて」「〜がてら」「〜のついでに」「〜を兼ねて」と言い換えることができます。 ビジネスシーンにおいては、感謝の気持ちと別に他に伝えたいことがある場合に使うことが多いです。 ビジネスメールや手紙などにおいてよく使われます。 例えば、「お礼方々ご連絡まで」「お礼方々お伺いいたします」などと言います。 「お礼を兼ねて連絡します」「お礼のついでに伺います」という意味です。 主に、「お礼方々...」という形で使います。相手に感謝しつつも、本題の件に入るための前置きとして用いています。

例文

・お見舞い方々実家を訪ねてみる。 ・散歩方々友人宅に寄ってみる。 ・先日は大変お世話になりました。お礼方々ご挨拶申し上げます。 ・当時のお礼方々、その後のご報告をしに参りました。 ・メールにて大変恐縮ですが、お礼方々ご報告申し上げます。 ・恐縮ですが、書状をもちましてお詫び方々ご挨拶申し上げます。 ・新しいプロジェクトについてお話ししたいので、ご挨拶方々伺いたく存じます。

類語

ついで (意味:よいおり。機会。あることを併せてするとよい機会) 「散歩のついでに買い物を済ませる」 がてら (意味:一つのことをするついでに他のことをする) 「ジョギングがてらコンビニに寄る」 傍ら<かたわら> (意味:あることをする一方。その一方では) 「会社勤めの傍らで小説を書く」 おまけに (意味:その上に。さらに加えて) 「わがままでおまけに暴力を振るってくる」 一方で (意味:ところでもう一つの側では。別の面からみると) 「一方で君とは違った見方もある」 同時に (意味:同じ時に。同じ時間に) 「彼が初めた頃、同時に別の企画も行われていた」 道すがらに (意味:道を通りながら。あるきながら。みちみち) 「歩く道すがら彼の愚痴を聞いた」

「あちこちの場所や方角」という意味の「方々」

読み方と漢字

「方々」は<ほうぼう>と読みます。 「方方」と表記することもあります。 ただ、「方々」と漢字で書くよりも、「ほうぼう」とひらがなで表記することが多いです。

使い方

いろいろな方角や場所を表したり、いろいろなところへ向かう様子を表す場合に「方々」を使います。 「方々」はあるところを基準として、その場所からさまざまなところという意味です。 例えば、「方々旅行する」「方々から知らせを集める」「方々を探す」などと使います。 「あちこち」や「所々」などと言い換えることができますが、「方々」は改まった表現となります。 目上の人に対して使うには、「方々」が適します。ただ、「方々」はやや古い言葉で意味が通じない場合もあるので、状況や相手によって使用するか判断するようにしましょう。

例文

・運動のため、方々を走り回ってみる。 ・私の学校では毎年、方々の国から留学生が勉強をしに来る。 ・方々でいなくなった犬を探したが、結局見つからなかった。 ・雪が降った次の日は、街の方々で残雪がキラキラと輝いている。 ・換気をしていなかったせいで、部屋の方々に埃が舞っている。 ・私の趣味は方々旅行して回ることです。来月はアメリカに行きます。 ・方々で情報を集めてみたものの、今でも決定的な証拠が見つからない。

類語

あちこち (意味:あちらとこちら。あちらこちら) 「父は出張であちこち出掛けている」 諸所 (意味:さまざまな場所。あちこち) 「諸所、どこかへ行くことが趣味だ」 各地 (意味:それぞれの土地。ここかしこ) 「各地を巡ってみる」 隅々<すみずみ> (意味:方々の隅。ここかしこの隅。あらゆる方面) 「全国隅々に情報は知れ渡っている」 所々 (意味:あちらこちら。それぞれの場所) 「所々に未だ雪が残っている」 随所 (意味:いたるところ。どこにも) 「町の随所にポスターを貼る」 四方八方 (意味:あちらこちら。あらゆる方面) 「消えた猫を四方八方探す」

「方々」と「皆様」の違い

「方々」と「皆様」はどちらも厳密には敬語ではないが、敬意をもって人々を指す言い方です。 「皆様」は「すべての人々を敬っていう語」です。 「方々」と違い、修飾語句を伴うことなく「皆様」と単体で使うことができます。 ただ、「遠方からお越しの皆様」「当店へお越しの皆様」などと修飾語を付けて使うこともあります。 「皆様」は関係している人全てに呼びかけることを表しているので、「お越しの方々」とするよりも「お越しの皆様」と言う方が自然な表現となります。 具体的な複数の人を指したい場合は「皆様」を使うようにしましょう。 「方々」はやや堅い表現であるということもあって、「皆様」の方が少々柔らかい印象を与えられます。

例文 ・本日お越しの皆様にお知らせいたします。 ・お久しぶりです。ご家族の皆様にもよろしくお伝えください。

「皆様方」は「皆様」を丁寧に表現した言葉

上記でも説明したように、「皆様」は「すべての人々を敬っていう語」です。 敬意を含む「方」を付けて「皆様方」とすることで、「皆様」をより丁寧にした表現となります。 「皆様方」は二重敬語では?、と思う方もいるかもしれませんが、「皆様」も「方」も敬語ではなく、あくまでも敬意を含んでいる言葉ということなので、二重敬語にはなりません。 「皆様方」はビジネスメールや手紙、スピーチなどと様々な場面で使うことができます。 例えば、「皆様方のご支援に、深く感謝申し上げます」などと言います。 敬意が強調されるので、目上の相手に感謝を示すときは「皆様」ではなく「皆様方」とするのが良いでしょう。 「各々方」が類語です。「各々方(おのおのがた)」は「(二人称)みなさんがた」を意味します。 「皆様方」と同じ意味ですが、「各々方」は江戸時代の武士ことばで現代ではあまり多く使われません。

例文 ・皆様方のお力添えのおかげで、無事上手く終わることができました。深く感謝申し上げます。 ・皆様方のあたたかい励ましの言葉に、深く感謝しております。

「方々」と「方達」の違い

「方達」は、「関係する人。それをする人」という意味の「方」+「多くまとめていう語」を意味する「達」で成り立っています。 「方達」は「人たち。人々」という意味です。「お越しの方達」「お持ちの方達」などと使います。 「達」という言葉は「方」と違い、敬意は含まれないです。 日常会話でも、目上の人に向かって「先生方」「先輩方」とは言いますが、「先生達」「先輩達」とはあまり言いません。 「方々」と「方達」はどちらも「人々」という意味になりますが、「方々」の方が敬意が高い表現となります。 例えば、「資料をお持ちの方々は前の方へお越しください」と「資料をお持ちの方達は前の方へお越しください」だったら、「方々」の方が丁寧に聞こえますよね。

「方々」は結婚式で忌み言葉?

「忌み言葉」とは、不吉な意味や連想をもつところから、忌みはばかって使用を避けるべき語です。 結婚式といったお祝い事では、その場に相応しくない忌み言葉はNGとされています。 主な忌み言葉としては「別れる」「切る」「離れる」「死ぬ」「負ける」などがあります。 どれも、負なことを連想したり、不吉なことを表しているため使ってはいけません。 「忌み言葉」の中には「重ね言葉」が含まれます。 重ね言葉には、「重ね重ね」「ますます」「度々」「くれぐれも」「繰り返し」などがあります。 「方々」も重ね言葉になります。 「重ね言葉」は、悲しい出来事が繰り返し起こることを連想させるので、印象が良くないです。 結婚式では「方々」は避けるようにしましょう。 例えば、「いらしてくださった方々」だったら「いらしてくださった方」、「お世話になった方々」だったら「お世話になった方」などと言い換えるように意識します。

「方々」の英語

「方々」の英語表現を見ていきましょう。 「人々」という意味の「方々」は、英語で「people」になります。 「あちらこちら」という意味の「方々」は、英語で「everywhere」「all over」になります。

I hope that more and more people will buy this item.

より多くの人がこの商品を購入するといいですね。

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

「方々」が由来の魚

「ホウボウ」という名前の魚がいます。漢字では「竹麦魚」と表記します。 この名は「方々」が由来であると言われています。 「ホウボウ」はカサゴの仲間で、美味しいことで人気があります。 「ホウボウ」は体が小さい割には胸びれがとても大きく、一部が細い脚のように変化します。 この3本の胸びれを使って、海底を方々(ほうぼう)に舞うように歩き回る様子から「ホウボウ」と名付けられました。 ただ、「ホウボウ」の名付けについては他にも様々な説があります。 「ホウボウ」が這い這いするように歩き回ることから、「這い這い」が転じて「ホウボウ」となったという説。 「ボーボー」と鳴く様子から「ホウボウ」と名付けられた説。 このように、どの説が正しいかは分かっていませんが、「方々」が由来の説もあるということです。

まとめ

「方々」について理解できたでしょうか? ✔︎「方々」には3つの意味がある ✔︎「方々」は「人々の敬意を含んだ言い方。二つ以上の事実や状態が併存していること。あちこちの場所や方角」という意味 ✔︎「方々」と「皆様」はほぼ同じ意味だが、「方々」はやや堅い表現なので「皆様」の方が柔らかい印象をもたらす ✔︎「方々」は重ね言葉なので、結婚式などお祝いの場面ではNG

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

Article 7 thumb

「碩学」とは?意味と使い方を解説!「博学」「顕学」との違いとは??

eigobu.jp
Article 27 thumb

ビジネスでの「せっかく」の意味と使い方!「わざわざ」との違い

eigobu.jp
Article 26 thumb

「伺わせていただきます」は目上の人に使える正しい敬語?二重敬語?

eigobu.jp
Article 19 thumb

「懸念」の意味とビジネスでの使い方!危惧・心配・懸案 との違いは?

eigobu.jp
Article 24 thumb

「ご入用」の読み方、意味、使い方、類語など徹底解説します!!

eigobu.jp
Article 9 thumb

敬語「ご笑納」の意味とビジネスでの使い方、類語、返事の仕方とは?

eigobu.jp
Article 20 thumb

「忸怩たる思い」の正しい意味と使い方!語源と例文付きで詳しく解説

eigobu.jp
Article 8 thumb

間違いが多い「是非」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現

eigobu.jp
Article 14 thumb

「精査」の意味とビジネスでの使い方!検査・検討・照査・査収との違い

eigobu.jp
Article 22 thumb

「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い