1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!
目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!

目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!

「貴殿」という言葉をご存知でしょうか。あまり聞き馴染みのない言葉ですよね。ビジネスシーンでは「Aさん」「A様」「A部長」などと呼びます。ですが、ビジネスメールや手紙などでは「貴殿」という言葉が使われます。使い方から、なんとなく意味が分かったでしょうか。普段は聞き覚えがなくても、改まった場面では多く使う表現です。使用するに当たっては注意しなければいけない点があるので、しっかりと理解しておく必要があります。そこで今回は「貴殿」の意味や使い方、類語、複数表現について解説していきます。「貴殿」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「貴殿」の読み方と意味

「貴殿」は<きでん>と読みます。 「きとの」「きどの」とは読まないように注意しましょう。 「貴」は音読みで「キ」、訓読みで「たっとい・とうとい・とうとぶ」と読みます。 「貴」は「相手に対して敬意を示す語」を意味します。 「殿」は音読みで「デン・テン」、訓読みで「との・どの」と読みます。 「殿」は「相手に対する敬称」を意味します。 「貴殿」の意味は、 ・他人の殿舎の尊敬語 ・(尊敬の二人称)あなた。貴下 です。 相手を敬ってその住居を呼ぶ語、男性が目上や同輩の男性に対して用いる語を表します。 「貴」は「相手に関する事柄に冠して敬意を表す語」、「殿」は「高貴な人を指して、敬っていう語」を意味します。 近世まで「貴殿」は、武家が目上の人を尊敬して呼ぶ語として使われていました。 「貴い」と「殿」という言葉で成り立っているということもあって、元々はお侍さんが使う言葉でした。

「貴殿」は女性にも使えるが「貴女」がベター

元々「貴殿」は目上の人の敬称として使われていましたが、だんだんと同輩に対しての親愛を伝える言葉として用いるようになりました。 上記で「貴殿」は「男性が目上や同輩の男性に対して用いる語」と説明しましたが、女性宛の手紙や文書でも多く使われています。女性が文書で「貴殿におかれまして...」と使うこともあります。 「貴殿」の意味からして、女性に使うのは間違いな気がしますが、今の世の中は男女差別をなくそう、男女平等にしようという考えが広がっています。そういう考えもあって、「貴殿」を女性に対して使うことができます。 しかし、本来「貴殿」は男性に対して使う言葉ということで、基本的に女性に対しては使うべきではないでしょう。 女性に対しては、「貴殿」ではなく「貴女(きじょ)」を使います。 「貴女」の意味は「(女性に対する尊敬の意を表す二人称)あなた」です。 元々は「身分の高い女。貴婦人」を表していましたが、今では、女性に対して軽い敬意をもって用いる語として使います。 日常会話で『貴女は...』と言うのは違和感があるので、主に手紙や文書において用います。

「貴殿」の類語

貴台<きだい> (意味:相手を敬っていう語。多く手紙文で用いる) 貴社<きしゃ> (意味:相手方の神社・会社の尊敬語) 貴公<きこう> (意味:男性が同輩程度の男性に対して用いる語) 貴様<きさま> (意味:男性が親しい同輩か目下の人に用いる語。相手をののしっていう語) 貴下<きか> (意味:相手を敬っていう語。多く手紙文で用いる) 貴兄<きけい> (意味:男性が対等もしくはそれに近い男性に対して敬意を込めて呼ぶ語) 貴方<きほう・あなた> (意味:同等の相手を敬っていう語) 貴姉<きし> (意味:男性が年上の女性を敬っていう語) 貴君<きくん> (意味:男性が対等以下の男性に対して尊敬の気持ちを込めて用いる語) 貴嬢<きじょう> (意味:未婚の女性を敬っていう語) 貴職<きしょく> (意味:相手の身分や職名を敬っていう語)

「貴様」の使用上の注意点 「貴様」を使う際は注意が必要になります。 「貴様」は男性が親しい同輩か目下の人に用いる語ですが、相手をののしっていう語としても用います。 元々は尊敬の意を含んだ表現でしたが、だんだんと敬意が薄れて同等や目下の人に使うようになりました。 そして、完全に敬意がなくなって、今では相手をののしる意味で用いられています。 よく映画や漫画でも『おい!貴様!』『貴様!何者だ!』などと使われていますよね。 ちなみに、「お前」や「手前(てめぇ)」も元々は敬語の一種でしたが、「貴様」と同様にだんだんと敬意が薄れてきました。 たとえ尊敬の気持ちを込めたとしても、目上の人には「貴様」を使ってしまわないように注意しましょう。

「貴殿」の使い方と例文

「貴殿」には2つ意味がありますが、主に「男性が目上や同輩の男性に対して用いる語」として使います。 「貴殿」はビジネスシーンでの使用頻度が高く、主に手紙や文書、ビジネスメールなどで用いられることが多いです。 会話では「◯◯さん」「◯◯部長」と言っているところを、文書では「貴殿」に置き換えることができます。 文書内では挨拶文として「拝啓 貴殿には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます」もしくは、「貴殿の益々のご活躍を楽しみにしております」などと文章の締めとして使うことが多いです。 相手への敬意を含んでいる表現なので、「貴殿」は目上の人に対して使っても問題ありません。 男性から男性へ、女性から男性に対して使います。 敬意を含んだ表現ですが、最近では親愛の気持ちを込めて同輩に対して使うことが多くなっているため、相手によっては失礼だ、見下されたと受け取ってしまう可能性があります。「貴殿」は、状況や相手によって使用するか判断するようにしましょう。

例文 ・貴殿のご尽力の賜物であると感謝申し上げます。 ・貴殿におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 ・◯◯の件に関しまして、貴殿のご意見を伺いたく存じます。 ・貴殿の益々のご活躍をお祈り申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。 ・末筆ながら、貴殿のご多幸をお祈りしております。 ・貴殿におかれましていよいよご清祥の由、慶賀の至りに存じます。 ・現職にご就任以来、貴殿の目覚しいご活躍には感服いたしております。 ・貴殿にお引き受けいただけないものかと、失礼ながらお願い申し上げます。 ・貴殿のあたたかいお心遣いには、深く感謝申し上げます。 ・貴殿、益々ご健勝のご様子、何よりと存じます。

「貴殿様」は避けるべし

「貴殿様」という表現は基本的に避けるべきだとされています。 「様」は年齢・性別・職業・社会的地位どれも関係なく使える敬称で、個人名の後に付けます。 「山田様」「田中様」といったように、主に「個人名+様」という形で用います。 ただ、すでに敬称が含まれている役職名、例えば「課長」や「社長」に「様」を付けることは間違いです。 「貴殿」も尊称(人や物を尊敬の意を持って呼ぶ称)なので、「貴殿様」も誤りだと言えます。 「貴殿」だけでも十分丁寧な言い方なので、「様」を付けなくても大丈夫です。 どうしても、「様」を使いたい場合は「貴殿」を使うのではなく、「名前+様」としましょう。

「貴殿」の複数形は「貴殿ら」「貴殿方」

相手が複数の場合は「貴殿方」「貴殿ら」を使うことができます。 「方」は「人を敬意をもっていう語」です。よく「皆様方」「お二方」などと言いますよね。 敬意を含む「方」を付けて「貴殿方」とすることで、「あなた」の複数形を丁寧に表すことができます。 「貴殿ら」は「貴殿」の複数形ではありますが、「お前ら」「俺ら」と使うように「ら」という言葉には失礼なニュアンスが含まれているので、なるべく避けた方が良いでしょう。 相手が会社ならば「貴社」「御社」とします。 両方とも「相手を敬って、その所属する会社をなどを言う語」です。文章内では「貴社」、口語では「御社」を使うようにしましょう。 その他にも、複数の相手に敬意を示す表現は、 ・各位 ・皆様 ・皆様方 ・諸公 ・諸賢 などがあります。 少しくだけた言い方だと「みなさん」「みなさん方」、目下の人には「諸君」「諸氏」などとなります。

例文 ・◯◯に関する問題について、貴殿方はどうお考えでしょうか。 ・本日はどうもありがとうございました。貴殿らにどうぞよろしくお伝えください。 ・来週までに、貴社に商品を発送いたしますので少々お待ちください。 ・来週中にも、御社にお伺いしてよろしいでしょうか。 ・お得意様各位 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。 ・ここ最近、暑い日が続いていますが、皆様お変わりありませんか。 ・諸賢もすでにご承知のこととは存じますが、新しい事業を展開することになりました。

社内 / 社外で使える?「各位」の意味とビジネスシーンでの使い方、「様」との違いを解説!

eigobu.jp

「当社・弊社」と「貴社・御社」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「貴殿」の英語

英語では「あなた」を意味する単語は「you」しかありません。 古英語では「you」は「thou」と言われていました。 しかし尊敬語という概念はありません。

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「貴殿」について理解できたでしょうか? ✔︎「貴殿」は「きでん」と読む ✔︎「貴殿」は「男性が目上や同輩の男性に対して用いる語」を意味 ✔︎「貴殿」は手紙や文書、ビジネスメールなど、ビジネスシーンで使うことが多い ✔︎「貴殿」の類語には、「貴台」「貴公」「貴兄」などがある

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「碩学」とは?意味と使い方を解説!「博学」「顕学」との違いとは??

eigobu.jp

ビジネスでの「せっかく」の意味と使い方!「わざわざ」との違い

eigobu.jp

「伺わせていただきます」は目上の人に使える正しい敬語?二重敬語?

eigobu.jp

「懸念」の意味とビジネスでの使い方!危惧・心配・懸案 との違いは?

eigobu.jp

「ご入用」の読み方、意味、使い方、類語など徹底解説します!!

eigobu.jp

敬語「ご笑納」の意味とビジネスでの使い方、類語、返事の仕方とは?

eigobu.jp

「忸怩たる思い」の正しい意味と使い方!語源と例文付きで詳しく解説

eigobu.jp

間違いが多い「是非」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現

eigobu.jp

「精査」の意味とビジネスでの使い方!検査・検討・照査・査収との違い

eigobu.jp

「頂戴する」は正しい敬語か?「頂戴」の意味と使い方、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!