1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「了解しました」と「承知しました」ビジネスシーンで正しいのはどっち?
「了解しました」と「承知しました」ビジネスシーンで正しいのはどっち?

「了解しました」と「承知しました」ビジネスシーンで正しいのはどっち?

「了解しました」「承知しました」仕事をしている経験がある人は必ず見聞きしたことのあるこの2つのフレーズ。特に使い分けをせずに何となく使っている人が多いのではないでしょうか?実はこれら2つのフレーズには明確な違いがあり、ビジネスシーンで相手に失礼になっていることもあり得ます。そんな「了解」「承知」という2つの言葉の意味と正しい使い方、類語などを徹底解説します。

「ご依頼の件、了解しました」 「ご依頼の件、承知しました」 ビジネスシーンで使うには、どちらが正しいのでしょうか? 二つとも似ている言葉なので、区別がつかない方も多いと思います。 これから「了解しました」と「承知しました」の意味と使い方の違いについて解説していきます。

「了解しました」の正しい意味と使い方

「了解」の意味

「了解」とは「物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味です。

「了解しました」の使い方

「了解」という言葉は、尊敬語でも謙譲語でもないので、同等もしくは目下の者に使うようにしましょう。 「了解しました」は「了解」+「しました」で丁寧な言い方になりますが、軽い印象を与えてしまうため、目上の相手に「了解しました」と使うのは失礼にあたります。「了解」「了解です」も然りです。 目上の相手に使ってはいけない言葉ですが、親しい間柄であれば目上の者に使っても許される場合があります。

「了解しました」の例文 ・○○の件については了解しました。 ・了解しました。また明日話しましょう。 ・私は彼女がその会議に出席できないことを了解しました。 ・私はその金額について了解しました。

「了解しました」は目上の者に使うと失礼に当たりますが、「承知しました」は目上の者に使えるのでしょうか?

「承知しました」の正しい意味と使い方

「承知」の意味

「承知」とは「旨をうけたまわって知ること」「聞き入れること」といった意味があります。

「承知しました」の使い方

「承知」は「承る」と「知る」で成り立っています。 「承る」は謙譲語ですが、「承知」は厳密には謙譲語ではありません。 しかし「承知」は「承」という文字を含むため丁寧な表現になっています。 返答するときに、「承知」だけでは失礼ですが、「承知しました」「承知です」といったふうに丁寧語をつけることで、目上の相手やお客様に使用するのが適切になります。 ビジネスシーンなどでも、何か依頼を受けたり、相手の話を理解したことを伝えたいときに自然と「承知しました」という言葉を使うのが良いでしょう。 「承知しました」と似た言葉に「承知いたしました」があります。「する」の謙譲語「いたす」と丁寧語「ます」の過去形を加えたものです。謙譲語+丁寧語は敬語のなかで、最上級に当たるのでより丁寧な言葉になります。二重敬語ではないので、そのまま使用しても問題ではありません。

「承知しました」の例文 ・時間変更のことにつきまして、承知しました。 ・ご注文の件、承知しました。準備出来次第、お届けいたします。 ・面接日程の件について、承知いたしました。 ・明日までに仕上げをご提出していただけるということで、承知いたしました。

「了解しました」の類似表現は?

「了解」を表す言葉は他にもたくさんあるので、紹介したいと思います。

かしこまりました

「かしこまる(畏る)」は「つつしんで目上の人の言葉をお承る」という意味の謙譲語になります。「相手の言ったことを理解し、その言葉に従う」という意味になります。 「かしこまりました」は、謙譲語「畏る(かしこまる)」+丁寧語「ます」なので丁寧な言葉になります。 「かしこまりました。その件は○○に伝えておきます」のように、「かしこまりました」の後にその後の対応などを伝えるように使うのが一般的でしょう。 「かしこまりました」はとても丁寧な表現なので、主にお客さまや取引先などに対して使用するのがよいです。 「かしこまりました」は「承知」を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 相手に敬意を示したいときは「かしこまりました」を使うのが良いでしょう。

承(うけたまわ)りました

「承りました(うけたまわりました)」は「聞く」「受ける」の謙譲語で、「謹んでお受けする」といった意味です。 「承りました」は「相手の要件をしっかり聞いた、対応した」という意味で使われます。 主に取引先や顧客などと電話で話していて、伝言を受け取った際に使用することが多いです。 「ご依頼の件、確かに○○が承りました」といったふうに使うことできます。

拝承(はいしょう)しました

「拝承(はいしょう)」は「承知」「聞く」の謙譲語です。 「承知しました」よりも堅い表現になります。 「拝承いたしました」の構成は謙譲語「拝承」+謙譲語「いたす」+丁寧語「ました」なので厳密には二重敬語になり、「拝承しました」が正しい表現ですが、「拝承」という言葉は慣習的に「拝承いたしました」というフレーズで使われることが多いため、相手に違和感を与えることはないでしょう。

わかりました

ビジネスシーンや日常生活などで使われることが多いのが「わかりました」という表現です。 「わかりました」という言葉は、元々「わかった」を丁寧に言い換えた言葉です。 「了解しました」と同じように、目上の人に「わかりました」と言っても失礼にはありませんが、少し砕けた印象を与えてしまいます。

了承(りょうしょう)しました

「了承しました」は「相手の申し出や事情を納得し、承諾する」という意味になります。 「了承」も「承知」と同じ「承」が使われていますが、謙譲語ではありません。 「了承」には「許可する」「承諾する」という意味合いがあるため、上から目線のニュアンスが含まれてしまいます。目上の者が目下の者に使うのが一般的です。 「了解しました」と「了承しました」は、どちらも同等や目下の者に使う言葉ですが、使用する場面に違いがあります。 「了解しました」は「理解した」ときに使い、「了承しました」は「承諾した」ときに使うと言った部分です。

御意(ぎょい)

「御意(ぎょい)」とは「目上の人の考え・ご意向」「おっしゃる通り・お考えのように」といった意味です。 「御意」の「御」は、尊敬語を意味する接頭語になるので、厳密には「御意」は尊敬語の一種と考えられます。 「御意」単体でも使えますが、正式には「御意の通り」「御意にござります」などの形で「おっしゃる通りです」のように目上の人に相槌を打つときや返答の意味になります。 時代劇などで聞いたことがある人もいるかと思いますが、「御意」は鎌倉時代あたりから使われているかなり古い言葉です。ビジネスシーンや日常生活では意味が伝わらない可能性があり、敬意を示せない場合があるので、あまり使用するのはおすすめしません。

「了解しました」と「承知しました」の英語表現

「了解しました」と「承知しました」の英語表現を見ていきます。 日本語の「了解しました」と「承知しました」のような違いは英語にはありません。 英語にはそもそも謙譲語という概念がないためです。 「了解しました」の英語表現は複数あるので、紹介します。 ・I got it. ・You got it.(相手の依頼を承諾したときのみ使える) ・I understand. ・Roger that.(元々は軍隊用語) など。

"Can you make a copy of this document?" - "You got it."

「この資料コピーしてくれる?」-「承知しました」

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

《まとめ》ビジネスで使うのはどれ??

✔ ビジネスシーンで使うのにベストなのは「承知しました」 ✔「わかりました」「了解しました」はカジュアルな表現なので目上の立場の人には使えない ✔「了承しました」は堅い語ではあるが、意味自体が”上から目線”なので目上の立場の人には使えない ✔「承知しました」のより丁寧な表現は「かしこまりました」「承りました」「拝承しました」など。これらはどれも謙譲語にあたる ✔「御意」は今でも使う人がいるが、かなり古い言葉なので基本的には使わない方が無難

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

「真摯」の意味、使い方、例文、類語、英語!「真摯に受け止める」とは

eigobu.jp

「益々」の意味、使い方と例文、「ますます」との使い分け、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「適宜」の意味、使い方、例文、英語!類語「適時・随時・都度」との違いも

eigobu.jp

敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

eigobu.jp

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

eigobu.jp

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方、返し方、類語・言い換え、英語も

eigobu.jp

「鑑みる」意味・読み方・英語表現!「考慮する・踏まえる」との違いも

eigobu.jp

「兼ね合い」の意味とビジネスでの使い方!類語や英語表現も紹介します

eigobu.jp

「お伺いします」の意味、メールの使い方、類語、英語

eigobu.jp

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「了解しました」と「承知しました」ビジネスシーンで正しいのはどっち?