1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「注意」と「留意」の意味の違いと使い分け
「注意」と「留意」の意味の違いと使い分け

「注意」と「留意」の意味の違いと使い分け

よく似た意味と読み方の「注意」と「留意」。 どのように使い分けていますか? なんとなく、使い分けているという人もいるかと思います。 今回は、「注意」と「留意」の意味の違いと使い分けについて説明します。 分かりやすく、例文もつけて解説します。 また英語表現も紹介しますので、ぜひ覚えてください。 正しく学び、しっかりと覚えましょう。

「注意」と「留意」の違い

「注意」は、「ある物事に気を付けること、警戒・用心すること」 「留意」は、「ある物事に心を留めること、気を付けること」 「留意」と「注意」のどちらも、基本的に「何かに気を付けること」であることが分かります。 そのため、混同しやすくなっています。 では、「注意」と「留意」にはどんな違いがあるのでしょうか? 大きな違いは注意」は「物事に対して神経を集中させ、それに対して気持ちを注ぎ用心する、警戒する」といったニュアンスがあることに対して、留意」は何かに用心や警戒といった意味は含まれず、「物事を比較的長く心に留め置くこと」といったニュアンスがある点です。 「注意」の方が気をつける度合いが強く、危険性を強く背景に持っています。 また、瞬間的な物事や具体的な物事に対して使われることが多くあります。 「留意」は、気をつける度合いが弱く、危険性を伴う場面で使うには表現として弱すぎます。 また、時間に継続性のある物事や抽象的な物事に使われることが多くあります。 「気に留めておく」「頭の片隅においておく」といったニュアンスです。 例えば、地震による二次災害や雪などによる路面の凍結、また精密機械の取扱などに対して「留意」では表現が弱すぎますよね。 「留意」は警戒や用心の必要がある場面では使えないということです。 「留意」とはあくまでも「心に留めておく」といった意味合いです。 上記の例のように「危険が伴うこと」「危険を及ぼす可能性があること」に対しては「注意」を使うようにしましょう。 それでは1つずつ意味と使い方をもっと詳しく見ていきます。

「注意」について

「注意」の意味

「注意」という言葉は日頃から使っていますよね。 意味は、「あることに気を付けること」「心をくばること」です。 また、「警戒すること、用心すること」「気をつけるよう忠告すること」などといった意味も持ちます。 「注」という字は訓読みで「注ぐ(そそぐ)」です。 「注意」はある対象に「意識を注ぐ」ことです。

「注意」の使い方

「注意」とは、いかなる場面でも用いることができます。 日常生活からビジネスシーンなどにおいて、ある対象に「気を付けること」「警戒・用心すること」があれば「注意」と使います。 「注意」における言い回しは「注意する」と動詞として用いることが多くあります。 また他の動詞と繋げる場合は「注意して歩く」「注意深く観察する」などと使います。 また、何かに対して複数の注意すべきことがある場合や注意すべきことをまとめる場合は「注意点」「注意事項」と使われています。 よく使われる言い回しに「細心の注意を払う」があります。 これは「ものすごく細かい部分にまで気を付ける」「とくに用心する」といった意味で使われています。 逆に「注意が足りないこと」を「不注意」といい、「不注意による事故」「不注意な操作」などと使います。 もうひとつよく使われる言い回しに「注意喚起」があります。 これは、「注意を呼びかけて意識させること、注意を促すこと」といった意味があります。 詳しくは例文をいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

「注意」の例文

「わたしは健康でいるために、食事には注意している」 「雪道が凍っているので、注意して歩く」 「彼の運転はいつも注意深い」 「今回の注意点をまとめた資料になります」 「利用する上での注意事項はしっかりと読むべきだ」 「山道は細心の注意を払って進まないと危険だ」 「不注意による失敗だなんて、そんな恥ずかしいことはない」 「光化学スモッグが出ているので家から出ないようにと注意喚起した」 「あなたはデブよ!食べ過ぎ注意!」

「留意」について

「留意」の意味

「留意」という言葉も目にしたことがあると思います。 意味は、「ある物事に意を留めること」「気を付けること」です。 「留」という字があるように、「気に留める」という意味になり「気にかけておく」「頭に入れておく」といったニュアンスがあります。

「留意」の使い方

「留意」は常に気にかけるわけではないが「心に留めておく」「頭に入れておく」ことごがある場合に使われています。 「注意」同様に日常生活からビジネスシーンなどいかなる場面で用いられています。 言い回しは主に「留意する」といった動詞としての使い方がされています。 また「留意すべき」「留意される」などとも使われています。 また、何かに対して複数の留意すべきことがある場合や留意すべきことをまとめる場合は「留意点」「留意事項」と使われています。 ビジネスシーンでは「ご留意ください」がよく使われています。 相手に気に留めてもらいたいときに用いる敬語表現です。 「留意」の詳しい使い方は例文も参考にしてみてください。

正しい敬語?「ご留意」の意味とビジネスでの使い方!類語・言い換えも紹介

eigobu.jp

「留意」の例文

「今度のレセプションパーティーでは上層部や関係者が大勢参加するので、スピーチするにあたり服装に留意する必要がある」 「留意すべきは今後の業務遂行の環境です」 「まだ暫定であるということを留意しつつ、進めてください」 「何を指しているのか明確にしておかなければ、誤解を招く恐れがあることに留意しなければならない」 「アプリケーションの簡易バージョンをダウンロードする場合は制約があることに留意する必要がある」 「任された仕事を全うするのはいいが、部下や後輩の養成にも留意するべきだ」 「女は嘘がうまいということを留意しておこう」

さいごに

「注意」と「留意」の違いについて理解できたでしょうか? ✔どちらも「気を付ける」といった意味 ✔しかし、「注意」には「警戒する」「用心する」といった意味合いがある ✔「留意」は「心に留めておく」といった意味合いがある ✔「注意」は物事に危険が伴ったり危険を及ぼす可能性がある場合に使う よく使う言葉ですが、使い分けるとなると判断が難しい「注意」と「留意」。 今後はそれぞれの意味を「留意」して誤用には「注意」しましょう。なんちゃって!

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「取り急ぎ〜まで」の意味とビジネスにおける正しい使い方とは??

eigobu.jp

例文付き「軋轢」の意味と使い方!類語「確執」との違いは?

eigobu.jp

「拝啓 時下ますますご清祥のこと...」の「時下」意味と使い方、例文、読み方

eigobu.jp

「過日(かじつ)」の意味と使い方とは?「先般」「先日」との違いとは

eigobu.jp

「ご清祥」の意味と使い方!「ご清栄」「ご健勝」との違い

eigobu.jp

「よしなに」は目上の人に使える敬語?正しい意味と類語、例文を解説

eigobu.jp

とんでもないです・とんでもございませんは誤用!正しい意味と使い方とは?

eigobu.jp

目上の人に使える?「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは

eigobu.jp

営業でよく使う「引き合い」の意味と正しい使い方とは?英語表現も解説

eigobu.jp

「お世話になります」の意味とビジネスでの使い方、返事、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「注意」と「留意」の意味の違いと使い分け