1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味の違いと使い分け
「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味の違いと使い分け

「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味の違いと使い分け

「承認」「承諾」「了承」「認証」という言葉を普段から使用することもあるかと思いますが、この3つの言葉の使いわけ方をご存知でしょうか?とても良く似ている意味をもっている言葉なので、混合している方も多いのではないかと思います。今回は、「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味と使い分け方を例文つきで紹介しますので参考にしてください。

「承認」「承諾」「了承」「認証」の違い

▶「承認」・・・「ある事柄が正当・事実であると認めること」 ▶「承諾」・・・「相手の依頼・要求を了解して受け入れること」 ▶「了承」・・・「事情を理解して承知すること」 ▶「認証」・・・「一定の行為や文章の成立が適正であることを公の機関が証明すること」

「承認」「承諾」「了承」「認証」の違いを簡単に説明します。 「承認」は「事実であることを認める」という意味がある言葉なので「彼の言うことを承認する」とすと、「彼の言うことが事実であると認める」という意味合いになります。 「承諾」の場合は、「相手の依頼要求を了解して受け入れること」なので、「彼の言う事を承諾する」とすると、「彼の要求を受け入れる」という意味合いになります。 「了承」は、「事情を理解して承知すること」なので「彼の言うことを了承する」とすると、「彼の言っていることに納得する・理解する」というような意味合いになります。 「認証」は、「適正であることを公の機関が証明する」というような意味合いのある言葉なので、「彼の言うことを認証する」とするを、「彼のいう事が適正であるを公の機関が証明する」ということになります。

「承認」について

「承認」の意味は「ある事柄が正当・事実であると認めること」

「承認」は「しょうにん」と読みます。 「承」は音読みで「しょう」訓読みで「うけたまわる」と読みます。 「承」には「うける・うけつぐ」また「うけたまわる・ひきうける」という意味があります。 「認」は、音読みで「にん」訓読みで「みとめる」と読みます。 「認」には「みとめる・ゆるす」という意味があります。 「承認」は、「うけたまわる」という意味の「承」と「みとめる」という意味の「認」という漢字を組み合わせた言葉なので、「認めて承る」ということを言い表した言葉であるということがわかります。 よって、「承認」の意味は「ある事が正当・事実であると認めること」となります。

「承認」はビジネスで正しいと判断するときに使う

「承認」の意味は、「ある事柄が正当・事実であると認めること」ですが、主にビジネスで正しいと判断する場面に使用する言葉です。 「正しいことか判断がついていないものに対して、正しいと認める」ということです。 例えば、「契約会社の承認を得る」というように、企業など組織に公に認められたということを言い表す言葉として使用されます。 「企画書が社長の承認を得て認可された」という文章であれば、「企画書が社長に正当であると認められた」という意味になります。 また、ビジネスでは「認めてほしい」というときに、「ご承認のほど~」というようにも使用されます。

「承認」の例文

例文 「社長は、移動販売の車両が敷地内に入ることを承認することにした」 「やっと市の承認がおりて、部活の練習で近隣のグランドを使用できることになった」 「社長の承認を得る為に、問題点をすべて解決して再度企画書を提出した」 「契約を結んだということは、このやり方が承認されたということなのだろう」 「今の案のままでは、弊社としては承認するわけにはいきません」 「一般客の承認を得る為にはまだまだ時間がかかるだろう」

「承諾」について

「承諾」の意味は「相手の依頼・要求を了解して受け入れること」

「承諾」は「しょうだく」と読みます。 「承」は音読みで「しょう」訓読みで「うけたまわる」と読みます。 「承」には「うける・うけつぐ」また「うけたまわる・ひきうける」という意味があります。 「諾」は、音読みで「だく」と読みます。 「諾」には「こたえる・ひきうける」という意味があります。 「承諾」は、「うけたまわる」と「ひきうける」という言葉を組み合わせた言葉です。 よって、「相手に依頼や要望を了解してうけいれること」という意味になります。 例えば、「~の承諾を得る」というように使用します。

「承諾」はビジネスで依頼を引き受ける場面で使う

「承諾」は「相手に依頼や要望を了解してうけいれること」という意味があり、個人の行為に対して使われる場合が多い言葉です。 例えば、提示された内容を受け入れて許可をするという場面で使用され、「部長の承諾を得る」というように依頼を引き受けるよいうことを言い表すことができます。 「〜してほしい」と頼まれた場合に、それをしっかり理解して受け入れることを「承諾する」と言います。相手の依頼に対して「OK」と返事したことになります。 「承諾」とよく似た言葉で「受託」という言葉がありますが、意味合は同じではありますが「受託」は公的な提案や要求などを鋭子規に引き受ける際に使用する言葉ですので、一般的にはあまり使用しません。 「承諾」と「承認」は間違えないように気を付けましょう。

「承諾」の例文

例文 「〇月〇日会議室Aの使用を承諾いたします」 「未成年のイベントへの参加は、保護者の承諾を得る必要があります」 「こちらの内容に問題あなければ、承諾書にサインをお願いいたします」 「彼に結婚を申し込まれ、私の両親にも結婚の承諾を得たばかりです」 「お店の人は、店内での撮影を快く承諾してくれました」 「社長さえ承諾してくれればこっちのものだよ!」

「承諾」「承知」「了解」「了承」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「了承」について

「了承」の意味は「事情を理解して承知すること」

「了承」は「りょうしょう」と読みます。 「了」は、音読みでは「リョウ」、訓読みでは「おわる・さとる」と読みます。 「了」は、「終わりになる」「明らか」「はっきりとさとる」ことを意味しています。 「承」は、音読みでは「ショウ」、訓読みでは「うけたまわる」と読みます。 「承」は、「うける・うけつぐ」また「うけたまわる・ひきうける」という意味があります。 「了承」は、「承知すること」「相手の申し出や事情を理解し、聞き入れること」を意味しており、つまり「事情を理解して承知する」ということです。 「了承」は、「受け入れる」「認める」ことに重点を置いて、「許可する」という意味合いがあるので上から目線のニュアンスが強い言葉です。

「了承」は目上の相手に要求・依頼をする場合やそれを許可する場合に使う

「了承」は目上の相手に要求・依頼をする場合やそれを許可する場合に使用する言葉です。 「了承」をビジネスシーンにおいて使用する場面の例としては、 ・目上の相手などに何かを願い出る場合 ・相手に何かを提案する場合 ・相手からの依頼を承知することを伝える場合 という場面で、「了承を得る」というような使い方をします。 「許可を得たい」という場面では、「ご了承いただけますか?」というように使用します。

「了承」の例文

例文 「保護者様の了承のもと、ご同行をお願いいたします」 「先日、了承の旨を書面にて送付させていただきました」 「予約数の王子て受付を予定より早く終了する場合がございますので、その際はご了承願います」 「近隣住人の方にご了承いただきましたので、作業を開始いたしました」 「参加人数の関係て会場を変更させていただきました。ご了承ください」 「その内容で本当に了承してもらえたの?」

「認証」について

「認証」の意味は「一定の行為や文章の成立が適正であることを公の機関が証明すること」

「認証」は「にんしょう」と読みます。 「認」は、音読みで「にん」訓読みで「みとめる」と読みます。 「認」の意味は「みとめる・承知する」「したためる」という意味になります。 「証」は、音読みで「しょう」と読みます。 「証」には「あかす・あかし」という意味があります。 「認証」は「一定の行為や文章の成立が適正であることを公の機関が証明すること」という意味で使用されている言葉です。

「認証」は正しいかどうかを検証する場合に使う

「認証」は正しいかどうかを検証する場合に使用する言葉です。 例えば、パソコンにログインする際に、使用者が本人であることを証明する為に、ユーザー名や生年月日、パスコードなどを入力するということを、「認証する」といいます。 本人確認以外でも、ある行為または文章の成立・記載が正当な手続きでされたことを公の機関が証明することも「認証」です。

「認証」の例文

例文 「この商品はJISマークがついているので適合性の認証をうけている」 「情報を登録しておけば、指紋認証で簡単に支払いを済ませることができる」 「個人情報認証ツールの開発はどんどん進んできている」

まとめ

「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味の違いと使い分けについて理解sていただけましたでしょうか? ✓「承認」の意味は「ある事柄が正当・事実であると認めること」 ✓「承諾」の意味は「相手の依頼・要求を了解して受け入れること」 ✓「了承」の意味は「事情を理解して承知すること」 ✓「認証」の意味は「一定の行為や文章の成立が適正であることを公の機関が証明すること」など

おすすめの記事

「お願い」の敬語表現は?ビジネスメールの使い方、類語、英語表現など徹底解説!

eigobu.jp

「お気遣いなく」の意味やビジネスメールなどの使い方!類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

eigobu.jp

「示唆」の意味と使い方は?類語、「ご示唆」、「暗示」との違い

eigobu.jp

敬語「おります」の意味と使い方!「います」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと使い分け

eigobu.jp

「万障お繰り合わせの上」の読み方や意味、社内外での使い方、返事、類語・言い換え

eigobu.jp

「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

eigobu.jp

「大変恐縮ですが」の意味、お願い時の使い方、類語・言い換え、英語表現

eigobu.jp

「お気になさらず」の意味と使い方、類語、返事・返信、敬語、英語

eigobu.jp

「抵触」の意味と使い方は?類語「違反」との違いや英語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「承認」「承諾」「了承」「認証」の意味の違いと使い分け