1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと使い分け
「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと使い分け

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと使い分け

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」という表現をご存知でしょうか。どちらも相手にどうしたら良いか尋ねる場合に使う表現ですよね。丁寧な言い回しですが、何か違いはあるのでしょうか。日常会話で聞くことは少ないですが、ビジネスシーンでは使われています。そこで今回は「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いについて解説していきます。正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いまとめ

▶︎「いかがいたしましょうか」 ・自分の行動に対して使う ・自分が相手のために何をしたら良いのかを尋ねる場合に使う ▶︎「いかがなさいますか」 ・相手の行動に対して使う ・相手が何をしたいのかを尋ねる場合に使う

「いかがいたしましょうか」の意味と使い方

「いかがいたしましょうか」は「どうしたら良いですか」という意味で、自分が相手のために何を行えば良いか尋ねる場合に用います。 「いかが」は、相手の状態・気分について尋ねる表現です。 「いかが」は「どう」「どのように」の改まった言い方になります。顧客や取引先などの目の相手には「どう」ではなく「いかが」を使うのが適します。 「いたす」は「する」の謙譲語です。謙譲語は敬語の一つで、自分の行為をへりくだることで、相手に敬意を示すことができる表現になります。 相手のために自分が何をするべきか聞く場合に「いかがいたしましょうか」を使います。 「いかがいたしましょうか」は自分がどうしたら良いか、お伺いを立てる場合にのみ用います。相手から意見を出してもらわないと自分が行動できないというときは「いかがいたしましょうか」が適します。 はじめに自分はこうした方が良いかと意見を出してから「いかがいたしましょうか」と相手に尋ねます。

例文 ・先日の件についてまとめた資料を今日か明日お送りすることができますが、いかがいたしましょうか。 ・お弁当は温めることもできますが、いかがいたしましょうか。 ・旦那様、お車はいかがいたしましょうか。 ・◯◯の件についての打ち合わせを実施すると先方がおっしゃっていました。いかがいたしましょうか。 ・お客様が予定の時間より早く到着されるようです。いかがいたしましょうか。

「いかがなさいますか」の意味と使い方

「いかがなさいますか」は「どうされますか」という意味で、相手が何を行うのか尋ねる場合に用います。 「なさる」は「する」の尊敬語です。尊敬語は敬語の一つで、相手の行為に対して使うことで、相手に敬意を示すことができる表現になります。 相手がすることを聞く場合に「いかがなさいますか」を使います。相手の意向を尋ねる場面で使うのが適します。 「いかがなさいますか」を使う場合は聞く側がすでに選択肢を用意していることがほとんで、その中で相手がどうするかどうかを尋ねます。

例文 ・デザートはケーキかアイスかどちらかをお選びいただけます。いかがなさいますか。 ・お客様、コースはいかがなさいますか。 ・お支払い方法は一括払いでも分割払いでも可能です。いかがなさいますか。 ・ゲームに勝った場合、商品Aか商品Bかどちらを選ぶことができますが、いかがなさいますか。 ・まだ待ち合わせ時間まで時間がありますが、いかがなさいますか。

おすすめの記事

「感謝申し上げます」の意味は?手紙・ビジネスメールなどの例文、英語も紹介

eigobu.jp

「よろしければ」は正しい敬語?意味、漢字、類語、英語表現などを解説

eigobu.jp

「よろしかったでしょうか」は間違い!?理由とビジネスで使える正しい敬語を紹介!

eigobu.jp

「当方」の意味とビジネスでの使い方、例文、読み方、反対の表現、類語

eigobu.jp

「申し上げます」の意味とビジネスでの使い方!「いたします」との使い分けも解説!

eigobu.jp

「深謝」の意味は?お詫びメールの使い方、「陳謝」違い、英語表現も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと使い分け