1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「証左」の意味と使い方、類語「証拠・証人・証明・証跡」との違いは?

「証左」の意味と使い方、類語「証拠・証人・証明・証跡」との違いは?

「証左」という言葉を聞いたことがありますか。「証左であろう」「証左と言える」などといったように、ビジネスシーンでも多く使います。何だか難しそうな感じがする言葉ですが、いったいどのような意味があるのでしょうか。また、どんな場面で使うことができるのでしょうか。このように、「証左」に関して疑問に思う点がたくさんありますよね。そこで今回は「証左」の意味や使い方、語源、例文について解説します。類語との使い分けも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。「証左」の正しい意味を理解して、上手く使いこなせるようにしましょう!

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「証左」の読み方と意味

「証左」は<しょうさ>と読みます。 「証」は音読みだと「ショウ」、訓読みだと「あかす・あかし」と読みます。 「証」は「事実を明らかにするもの。あかし」を意味します。 「左」は音読みだと「サ」、訓読みだと「ひだり」と読みます。 「左」は「支え助ける。支えとなるもの」を意味します。 「証左」の意味は、

  • 証拠。あかし。左証
  • 証拠人。証人

となります。 事実を明らかにするよりどころとなるもの・真実をはっきりさせるための材料を表します。

「証左」の語源

「証左」のおける「左」は「みぎとひだり」という意味ではなく、「支え助ける。支えとなるもの」という意味になっています。 「左」は”ナ”と”工”で成り立っています。 ”ナ”は左手の形、”工”は祈りの時に使う神に仕える人が持つまじないの道具(呪具)を表します。 左手に呪具を持ち神に祈って、助けを求めるところからできた文字と言われています。 また、口に物を運ぶ(食事をする)手を右、食器をもつ(道具を持って食事を助ける)手を左というところからできた文字とも言われています。 「証拠」という意味の「証」+「支え助ける」という意味の「左」で、「補佐役的な証拠のこと」を表す「証左」という言葉が誕生しました。

「証左」の使い方と例文

「証左」は「証拠」といった言葉と同じように使うことができます。 例えば、「被告人は十分な証左によって有罪の宣告を下された」「パワハラ被害を証明する証左」などと言ったように使います。 「証左」という言葉は、文章に堅いイメージを与える効果があります。 少し文章に重みを感じさせたかったり、堅い印象をつけたい場合は「証拠」や「証明」といった言葉よりも「証左」を使うのが良いでしょう。

例文

  • これらのデータが、当企画が失敗に終わったという事実の証左だ。
  • 私にとって失敗は、物事を頑張っているという証左なのです。
  • 当社の営業方針が頻繁に変わるのは、迷走しがちであることの証左なのかもしれない。
  • 人の悪口ばかり言っている人は、裏を返せばその人がロクでもない人であるという証左なのかもしれない。
  • 物事が上手いように進んだのは、両者の協力関係が良かった証左と言えるだろう。
  • 作業が捗らないのは、自分が疲れていることの証左ではないか。
  • 苦労が多いというのは、使命が重大であるという証左であって、本来は感謝するべきことだ。
  • このような事態になったのは、先方のミスによるものだが、それを証明する証左がない。
  • 転職してから夜すぐに眠ることができないが、睡眠不足が定着したことも慣れの証左なのかもしれない。

「証左」の類語との使い分け

証跡

「証跡」は<しょうせき>と読みます。 「証跡」の意味は「証拠となる痕跡」です。 ある事が行われたという証拠となる跡形・後々の証拠となるような痕跡を表します。 「証左」は「事実を明らかにするための材料」で、「証跡」は「何かの真実を確立するのに役立つ、事実に基づく証拠」を表します。 ですので、「証跡」は”後々、あることが行われたという証左となる痕跡である”ということが言えます。

例文

  • 室内に犯罪の証跡が残っている。
  • 他殺であるという証跡が残っている。
  • その島には人が住んでいたと思われる証跡があった。

左証

「左証」は<さしょう>と読みます。 「左証」の意味は「(割符の左半分の意から)証拠。証左」です。 事実を明らかにするよりどころとなるもの・真実をはっきりさせるための材料を表します。 「左証」は「証左」と同じ意味なので、同じように使うことができます。 ただ、「左証」という言葉を使うことは少なく、一般的には「証左」を使うことが多いです。

例文

  • 新車販売台数が減少したのは、若者の車離れの証左と言えるだろう。
  • 経営が活発化したのは、国内経済の成長や活性化の証左とも考えられる。

証拠

「証拠」は<しょうこ>と読みます。 「証拠」の意味は、

  • 証明の根拠。事実認定のよりどころ。あかし
  • 裁判所が法律を適用すべき事実の有無を確定する材料

となります。 「証拠」も、事実を明らかにするよりどころとなるもの・真実をはっきりさせるための材料を表します。 ほとんど意味は同じですが、「証左」の方が堅い言葉で、一般的には「証拠」の方がよく使われます。 また、「証左」は「証拠」に置き換えることができますが、どちらかというと「証左」の方が文語で、「証拠」の方が話し言葉となります。

例文

  • 彼が犯人であるという有力な証拠はまだない。
  • 証拠不十分のため、不起訴になる。
  • あくびをしてしまうのは、退屈しているという証拠である。

証人

「証人」は<しょうにん>と読みます。 「証人」の意味は、

  • 保証に立つ人。保証人
  • 事実を証拠立てる人。特に、訴訟法上、裁判所から過去に経験した事実について報告を命じられた第三者

となります。 「証人喚問」と言いますが、これは「議院が議案の審査または国政に関する調査のため、証人の出頭・証言等を求めること」を表します。 また、「生き証人」といった場合は「事件や出来事を直接経験し、その体験や事実を語ることができる人」を表します。 「証左」にも「保証人」という意味が含まれますが、ほとんどこちらの意味では使いません。 「保証人・保証に立つ人」ということを表したい場合は、「証人」を使うのが良いでしょう。

例文

  • 祖母の遺言書の作成に、証人として立ち会う。
  • 彼は明日、証人として喚問されることになっている。
  • 裁判所は、彼女を窃盗事件の証人として法廷に召喚した。

証明

「証明」は<しょうめい>と読みます。 「証明」の意味は、

  • ある事柄が事実または真理であることを、理由や根拠に基づいて証拠立てること
  • 事実または法律関係の存否ないし真偽を明らかにすること

となります。 ある物事や判断の真偽を、証拠を挙げて明らかにすることを表します。 よく「身分を明かすため身分証明書を見せる」「本人であることを証明する」などと言いますよね。 「証左」は「事実を明らかにするための材料」、 「証明」は「ある事柄が事実であることを明らかにすること」を表します。 「証左」と「証明」は非常に似ていますが、少々ニュアンスが異なるので間違えないように注意しましょう。

例文

  • 入場するには、身分証明書が必要となる。
  • この世に幽霊が存在するということを証明するのは難しい。
  • その事実は、身の潔白を証明することができる。

「証左」の英語で「エビデンス」か?

「証左」の英語表現を見ていきましょう。 「証拠」という意味の「証左」は、英語で「エビデンス」で正解です。 カタカナ語「エビデンス」は、英語「evidence」が語源です。 「証人」という意味の「証左」は、英語で「witness」といいます。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

WURK

まとめ

「証左」について理解できたでしょうか? ✔︎「証左」は<しょうさ>と読む ✔︎「証左」は「事実を明らかにするための材料。あかし。証人」を意味 ✔︎「証左」という言葉には、文章に堅いイメージを与える効果がある ✔︎「証左」の類語には、「証跡」「証拠」「証明」などがある

おすすめの記事

幸せという意味?「僥倖」の正しい意味と使い方

WURK

「顰蹙」や「顰蹙を買う」の正しいと読みと使い方

WURK

「意図的」や「偶然的」とは違う、「恣意的」の正しい意味と使い方

WURK

「お大事に」の意味、言い換え、ビジネスでの敬語表現やメールの返事の仕方

WURK

「ひいては」の意味とビジネスでの使い方は?「しいては」との違い

WURK

2つの読み方がある「泡沫」の正しい意味と使い方

WURK

次は「成長期」が来る?「黎明期」の正しい意味と読み方

WURK

ビジネスシーンでもよく使われる「拙い」正しい意味と読み方

WURK

「乖離」の正しい読み方と使い方、「解離」との違い

WURK

批判やクレームとは違う「辛辣な言葉」とは?「辛辣」の正しい意味と使い方

WURK

「対外的」の意味と使い方!「対外的な仕事」とは?対内的との違い

WURK

「行間を読む」の意味と使い方、類語、「空気を読む」との違い

WURK

「そんな折」の意味と使い方、「そんな時/そんな状況」との違い

WURK

「七転八起」の意味と使い方、「七転び八起き/七転八倒」との違い

WURK

「要項」の意味と使い方、「要綱・要領・概要」との違い、英語表現

WURK

「不敵な笑み」の意味と使い方、心理、例文、類語、英語表現

WURK

「節目」「節目を迎える」の意味と使い方、語源、類語、例文、英語表現

WURK

「妙案」の意味と使い方、敬語表現、「名案」「良案」との違い

WURK

「先んじて」の意味と使い方、敬語、「先だって・前もって」との違い

WURK

「ぬか喜び」の意味と使い方、語源、類語、対義語、英語表現

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 日本語表現・熟語
  4. 「証左」の意味と使い方、類語「証拠・証人・証明・証跡」との違いは?