1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「貯める」と「溜める」の漢字の違いとは?意味の違いと使い分けを解説
「貯める」と「溜める」の漢字の違いとは?意味の違いと使い分けを解説

「貯める」と「溜める」の漢字の違いとは?意味の違いと使い分けを解説

「貯める」と「溜める」という言葉をご存知でしょうか。「お金を貯める」「雨水を溜める」といったように使います。では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。どちらも「ためる」と読むため、同じように使うことができると思いますよね。しかし、この二つの言葉は実は異なる点があります。違いがあるので、正しく使うためには、きちんと意味を覚えておくことが必要です。そこで今回は「貯める」と「溜める」の使い分けについて解説していきます。適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

「貯める」と「溜める」の違い

「貯める」・・・後に使ったり役立たせるために、お金を蓄えること 「溜める」・・・必要なものを無駄にしないで集めること、いらないものを集めること

お金に関しては「貯める」を使い、それ以外の物事は「溜める」を使います。 「溜める」には「金銭を集める」という意味も含まれているので「お金を溜める」と書いても誤用ではありませんが、「お金を貯める」と書く方が一般的です。

「貯める」の意味と使い方

「貯める」の意味は「金品を、あとで役立てるために蓄えておくこと」です。 「貯」は音読みで「チョ」、訓読みで「たくわえる・たくわえ」と読みます。 「貯」は「お金や品物をためておくこと」を意味します。 「貯」は金銭を表す「貝」+金銭を集めておく箱を表す「宁」で成り立っています。 「貯める」はものを蓄えることを表します。特に、お金を蓄えることを表す場合に使います。 何か欲しいものを買ったり趣味をしたりと、後に必要なもののため、少しずつお金を集めることを表します。例えば、「お金を貯める」「500万円貯める」「目標金額を貯める」「ポイントを貯める」といったように使います。 このように、「貯める」はお金だけではなくて、ポイントを集めることも表します。 お金を貯めることを熟語では「貯金」と言います。 「貯める」の類語には、「蓄える」「積み立てる」「貯蓄」「積む」「備蓄」「貯めこむ」などがあります。

例文 ・お金を貯めるには、無駄な買い物をやめるのが一番だ。 ・年末の海外旅行のために、今からお金を貯めている。 ・目標の金額を貯めたので、欲しかった洋服とアクセサリーを買った。 ・いくらお金を貯めるか決めておいた方が、モチベーションが上がる。 ・節約を心掛けたら、1年で100万円貯めることができた。 ・ポイントを貯めると、いくらか品物を安く購入することができる。 ・将来のためにお金を貯めておきたいので、なるべく浪費しないように気をつけている。 ・新しい釣りの道具を買いたいので、地道にお金を貯めている。

「溜める」の意味と使い方

「溜める」の意味は、 ・時間をかけて、あるものを集めること ・対応すべきものを滞らせて、増やすこと です。 「溜」は音読みで「リュウ」、訓読みで「たまる・ためる」と読みます。 「溜」は「水などが集まること」を意味します。 「溜」は水を表す「氵」+物事が途絶えることを表す「留」で成り立っています。元々「溜」は「水がたまって進まないこと」を意味していました。 必要なものを少しずつ集める、集めたものを使わずに取っておくことを表す場合に「溜める」を使います。 例えば、「雨水を溜める」「割引券を溜める」といったように言います。 「溜める」は必要なものを集める以外に、いらないものを集めることを表す場合にも使います。 例えば、「課題を溜める」「ゴミを溜める」「家賃を溜める」といったように言います。 「溜める」の類語には、「取り置く」「溜め込む」「延滞する」「滞納する」「滞らせる」などがあります。

例文 「あるものを集める」という意味 ・水やりや洗車に、溜めた雨水を使えば節約になる。 ・有給休暇が溜まっているので、来月長期の休みをとろうと思っている。 ・長い間、書き溜めた資料を一冊の本にまとめる。 「滞らせて増やす」という意味 ・夏休みの宿題が溜まっているので、そろそろ手をつけないと終わらない。 ・ストレスが溜まると、頭痛やめまいが起きる。 ・休んでいた分の仕事が溜まっているので、今週中までに全部仕上げないといけない。 ・数ヶ月分の家賃を溜めているので、早急に支払わなければならない。

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

目上の人に使える?「いかがでしょうか」の意味と使い方、例文、類語を解説!

eigobu.jp

「他山の石」の意味、由来、使い方を例文付きで解説!類語や英語表現も紹介!

eigobu.jp

「溜飲を下げる」の正しい意味と使い方とは?語源、類語、英語表現も例文付きで紹介!

eigobu.jp

「遺憾に思う」に謝罪・怒りの意味はない?正しい意味と使い方!類義語と対義語も紹介!

eigobu.jp

「人口に膾炙する」とは?「膾炙」の正しい意味、読み方、語源、使い方!

eigobu.jp

「大団円」の正しい意味と使い方とは?語源や類語・対義語、英語表現も紹介!

eigobu.jp

「いえいえ」の意味、場面ごとで変化する使い方、「いやいや」との使い分けを解説

eigobu.jp

ビジネスにおける「是非とも」の意味や使い方、類語、例文を解説

eigobu.jp

「感謝申し上げます」の意味や例文、ビジネスでの様々な感謝の伝え方を解説

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「貯める」と「溜める」の漢字の違いとは?意味の違いと使い分けを解説