1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「足元」と「足下」の意味の違いと使い分け
「足元」と「足下」の意味の違いと使い分け

「足元」と「足下」の意味の違いと使い分け

「足元」と「足下」という言葉をご存知でしょうか。「足元を見る」「足元が悪い」などと使います。「あしもと」と聞くと、「足元」と「足下」、どちらの漢字をイメージするでしょうか。「足元」と「足下」では違いはないように思いますよね。しかし、「足元」と「足下」はそれぞれ意味が異なります。日常会話でも使うことが多いので、違いはきちんと知っておく必要があります。そこで今回は「足元」と「足下」の使い分けについて解説していきます。違いを正しく知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「足元」と「足下」の違い

▶︎「足元」・・・立ったり歩いたりしている足のあたり ▶︎「足下」・・・立ったり歩いたりしている足の真下

「足元」は「立っている場所の付近」、「足下」は「立っている場所」を表します。 「足下」よりも、「足元」の方が広い範囲を指します。 「足元」と「足下」は細かい違いがありますが、区別するのに迷ってしまう場合は「足もと」とするのが良いです。 新聞やニュースなどでは、「足元」が使われています。

「足元」の意味と使い方

「足元」は<あしもと>と読みます。 「足」は音読みで「ソク」、訓読みで「あし・たりる・たる・たす」と読みます。 「足」は「あし。ももから下のところ」を意味します。 「元」は音読みで「ゲン・ガン」、訓読みで「もと・はじめ」と読みます。 「元」は「ねもと」を意味します。 「足元」の意味は「立っている足のまわりの場所」です。 「足元」が1歩2歩進んだ距離を表します。 よく「お足元にご注意ください」という表現が使われますが、これは間違いです。「お」と「ご」が二重に用いられているので、二重敬語となってしまいます。 正しくは「足元にご注意ください」「お足元に注意してください」です。 「御御足(おみあし)」という表現がありますが、これは二重敬語ではありません。「御御足」は相手の足を敬っていう語です。 「足元」を用いた表現を紹介します。 「足元にも及ばない」==> 相手が優秀で比べられない 「足元を固める」==> 基礎となる部分を作ること 「足元を見る」==> 相手の弱点を見つけて、そこにつけこむこと 「足元を脅かす」==> 相手を危うくさせること 「お足元の悪い中〜」==> 悪天候にも関わらず、来てくれたことにお礼を述べる 「足元をすくわれる」は使うことが多い表現ですが、これは間違いです。この場合は「足をすくわれる」が適切になります。

例文 ・雨の影響で足元が滑りやすくなっているので、お気をつけください。 ・どれだけ練習をしても、天才肌の彼の足元にも及ばない。 ・彼は人の足元を見てばかりで、本当に意地が悪い。 ・成績不良で足元に火がついたため、もっと勉強を頑張らなくては。 ・借金を抱え人生のどん底に落ちたが、宝くじが当たって足元が軽くなる。 ・彼が裏切るとは考えていなかった。すっかり足をすくわれたよ。 ・足元の明るいうちに帰ってしまった方が身のためだ。 ・最近出てきたタレントは、今一番人気のある芸能人の足元を脅かす存在となりそうだ。

「足下」の意味と使い方

「足下」は<あしもと>と読みます。 「足」は音読みで「ソク」、訓読みで「あし・たりる・たる・たす」と読みます。 「足」は「あし。ももから下のところ」を意味します。 「下」は音読みで「カ・ゲ」、訓読みで「した・しも・もと・さげる・くだす・おりる」と読みます。 「下」は「低いところ」を意味します。 「足下」の意味は「立っている足の真下にある場所」です。 「足下」は足がついているところや1歩進んだ距離を表します。 上記で紹介した「足元」を用いた表現は、「足元」の部分を「足下」に変えて使うことができます。 「足下が悪い」「足下を見る」などと言えます。「足元」よりも狭い範囲を表すので、「程度が悪い」というニュアンスを込められます。

例文 ・足下が暗くなってきたので、急いで家に帰る。 ・気分が悪くなり、足下がふらついてきたので助けを求める。 ・足下が明るいうちに、近くの公園で計画を実行しよう。 ・ここの道はデコボコしていて歩きづらいから、足下に注意してね。 ・祖父は退院したばかりなので、まだ足下がふらついている。 ・昨日台風が上陸したので、足下がぬかるんでいた。 ・暗くて何も見えないので、ロウソクで足下を照らす。 ・足下に注意して階段を降りないと、滑って落っこちてしまうよ。

もう1つの「足許」

「足許」は<あしもと>と読みます。 「足」は音読みで「ソク」、訓読みで「あし・たりる・たる・たす」と読みます。 「足」は「あし。ももから下のところ」を意味します。 「許」は音読みで「キョ」、訓読みで「ゆるす・もと・がり・ばかり」と読みます。 「許」は「あたり・下の部分」を意味します。 「足許」の意味は「立っている足のあたり」です。 「足許」は「足元」よりも、さらに広い範囲を指します。 「足元」が1歩2歩進んだ距離とすれば、「足許」は3歩4歩進んだ距離を表します。 「足許」は「足元」「足下」と比べて、使う機会が少ないですが覚えておきましょう。

例文 ・床がぬかるんでいるので、足許に注意してください。 ・しっかりと足元を見ておかないと、転んでしまうよ。 ・足許に違和感があったので、見ると虫を踏み潰していた。

こちらの記事もチェック

Article 9 thumb

「お断りします」の意味と使い方!敬語の言い換えや類語、英語も!

eigobu.jp
Article 15 thumb

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

eigobu.jp
Article 13 thumb

敬語「ご覧ください」の意味と使い方 - 類語や英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 2 thumb

「お世話になっております」の意味、社内やメールでの使い方!英語も紹介

eigobu.jp
Article 22 thumb

「左様」「左様でございます」の意味と使い方!語源は然様?類語・英語も

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「足元」と「足下」の意味の違いと使い分け