1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「違う」と「異なる」の意味の違いと使い分け
「違う」と「異なる」の意味の違いと使い分け

「違う」と「異なる」の意味の違いと使い分け

「違う」と「異なる」という言葉をご存知でしょうか。「話が違う」「様子が異なる」などと使います。どちらも「ある物事が他の物事と別である」という意味で使いますよね。では、「違う」と「異なる」の違いについてしっかりと理解しているでしょうか。何気なく使っていることが多い「違う」と「異なる」ですが、二つは同じように使えるわけではありません。二つともよく使うけれど違いについては意識したことがない、わからないという方が多いと思います。そこで今回は「違う」と「異なる」の使い分けについて解説していきます。違いを適切に知って、上手く使い分けできるようにしましょう!

「違う」と「異なる」の違い

▶︎「違う」・・・二つ以上の物事が、ある事に関して合わないこと。普通の状態と合わないこと ▶︎「異なる」・・・二つの物事の間に差が生じていること

「違う」と「異なる」はどちらも「ある物事が他の物事と別であること」を表す語です。 「違う」は「ある状態からずれていて、正しくないこと」、「異なる」は「他の物事と比較して、差があること」を表します。 「違う」は「間違っている」という意味で使いますが、「異なる」はこの意味では使いません。 「異なる」よりも「違う」の方が、否定的でやや強めのニュアンスを伴います。 例えば、「意味が違う」「意味が異なる」と言った場合は、「AとBの意味が別であること」ですが、「意味が違う」は意味が正しくない、間違っているという意でも用います。 「違う」は話し言葉として、「異なる」は少々堅い表現なので文章語として使うことが多いです。 学問においては、主に数学で「異なる2点」などと、「異なる」を用いることがほとんどです。

「違う」の意味と使い方

「違う」は<ちがう>と読みます。 「違」は音読みで「イ」、訓読みで「ちがう・ちがえる・たがう」と読みます。 「違」は「食いちがっている。従っていないこと」を意味します。 「違う」の意味は「二つ以上の物事が一致しないこと。正しくないこと」です。 「違う」は「ある事物とは別のものである。普通の状態からずれている。適切であるもの合っていない」という場合に使います。 「約束とは違う」「意味が違う」といったように正しい状態から離れているという意味や、「頭の出来が違う」「格が違う」などと他のものよりも秀でているという意味で用いることもできます。 言い回しとしては、 ・間違う ・勘違い ・行き違う ・掛け違う ・見違う ・場違い ・勝手が違う などとなります。

例文 ・そのサービスに加入するには、お金がかかるなんて話が違う。 ・彼と彼女では親子ほど年が違うのに、付き合っているわけがない。 ・君と彼では格が違うのだから、変に自信を持たない方が良い。 ・彼女は私と違って頭が良いから、この問題はすぐに解けると思うよ。 ・リフォームしたばかりの家は勝手が違うから、物がどこにあるか迷ってしまう。 ・見違えてしまうほど、AさんとBさんは似ている。 ・電話を掛け違ったため、全く知らない人物が出た。 ・どうやら現場へ向かっている途中で行き違ったらしい。

「異なる」の意味と使い方

「異なる」は<ことなる>と読みます。 「異」は音読みで「イ」、訓読みで「こと」と読みます。 「異」は「他のものと別であること」を意味します。 「異なる」の意味は「ある物事が別の物事と同じでないこと」です。 ある物事と対象となる物事の間に、明らかに差がある場合に「異なる」を使うことができます。 例えば、「事実とは異なる」と言った場合は「ある話が実際の話と比べてみて、同じではないこと」を表します。 間違いではないけれど、事実とは少し差があるというニュアンスが込められます。 「異なる」は数学用語として用いることもあり、「異なる二点」「異なる二つの線」などと言えます。

例文 ・今日の先生はいつもとは異なった態度で、なんだか怖い。 ・流れている噂は事実と異なっているので、訂正しておく。 ・料理の作り方は人によって異なるから、いちいち口出ししない方が良い。 ・あなたのやり方は一般的な方法と随分異なるが、きちんと形ができている。 ・今まで日本の色々と異なる場所に出向いたが、京都が一番良かった。 ・彼の丸めた団子は大きさが異なっていたが、何とか上手に焼けた。 ・彼女は双子のお姉さんと顔がそっくりだが、性格はだいぶ異なる。 ・人によって考えが異なるが、どの意見も個性が出ていて素晴らしい。

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 9 thumb

「お断りします」の意味と使い方!敬語の言い換えや類語、英語も!

eigobu.jp
Article 15 thumb

「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

eigobu.jp
Article 13 thumb

敬語「ご覧ください」の意味と使い方 - 類語や英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 22 thumb

「左様」「左様でございます」の意味と使い方!語源は然様?類語・英語も

eigobu.jp
Article 21 thumb

「賜る」「賜ります」の正しい送り仮名は?使い方と類語!承るとの違いは?

eigobu.jp
Article 7 thumb

「もしもし」は失礼?語源、意味、ビジネスでの使い方、英語

eigobu.jp
Article 11 thumb

「いちおう」と「とりあえず」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp
Article 10 thumb

「方々」の3つの意味と使い方、読み方、「皆様・皆様方」との違い

eigobu.jp
Article 13 thumb

「あながち」の意味と使い方、語源、類義語、例文について解説

eigobu.jp
Article 14 thumb

目上の人に失礼?「貴殿」の意味と正しい使い方、類語、複数表現について解説!

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「違う」と「異なる」の意味の違いと使い分け