1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 誤用に注意!「破天荒」の正しい意味と使い方、語源、性格の解説
誤用に注意!「破天荒」の正しい意味と使い方、語源、性格の解説

誤用に注意!「破天荒」の正しい意味と使い方、語源、性格の解説

「破天荒」という言葉をご存知でしょうか。よくテレビのバラエティ番組や漫画などでも、見聞きする機会が多いと思います。「破天荒」という字面から何となく、「破天荒な人」と言われている芸能人をみて、大まかに意味を理解しているという人もいると思います。しかし、この「破天荒」という言葉、間違った使い方をされていることが多いです。そこで今回は「破天荒」の正しい意味や使い方、語源、類語、破天荒な性格について解説していきます。意味を正しく知って、上手く使いこなしましょう!

「破天荒」の読み方と意味

「破天荒」は<はてんこう>と読みます。 「破天荒」の意味は「今まで誰もしなかったことをすること」「未曾有」「前代未聞」です。 「破」は「相手を打ち負かす」「枠から外れる」「終わりまでやり抜く」を意味します。 「天」は「大空」「自然界」「高い所」を意味します。 「荒」は「土地があれはてる」「あらっぽい」「あらあらしい」を意味します。 「天荒」は「天地未開の時の混沌たるさまで、これを破りひらく意」を表します。 「天荒を破る」と書くことから、「前人未到の境地を切り開くこと」という意味になります。 「破天荒」は、とても立派である様を表す言葉でポジティブなニュアンスがあります。

「破天荒」の語源・由来

「破天荒」は中国・宋代の説話集『北夢瑣言(ほくむさげん)』の記述に由来しています。 中国の唐時代、王朝成立から100年以上経った後も荊州(現:湖北省)から官吏渡洋試験である科挙の合格者が出ず、世の中の人はこの状況を「天荒」と称しました。 「天荒」とは、「未開の荒れ地」もしくは「凶作などで雑草が生い茂る様子」を表します。 やがて、劉蛻(りゅうぜい)という人物が荊州から初めて科挙に合格すると、人々は「天荒を破った」と言いました。このように、劉蛻が初めて合格して、天荒を破ったことが「破天荒」の由来とされています。 ここから、誰もが思いもよらないような驚くべきことをする、偉業を達成するという意味で「破天荒」が使われるようになりました。

「破天荒」の誤用に注意

「破天荒」の意味は「前人の成し得なかったことを初めてすること」です。 「誰も成し遂げていない」というと、「大胆」「突飛」、「型破り」などといったことをイメージしますよね。 このように、「破天荒」を「豪快」「大胆不敵」「無茶なことをする」といった意味で認識されていることが多いですが、これは間違いです。 「破天荒な女」「破天荒な奴」といった使い方は誤りになります。 テレビなどでもよく「破天荒芸人」などと使われていますが、誤用です。 ちなみに、文化庁が発表した『国語に関する世論調査』では「彼の人生は破天荒だった」を、本来の意味の「誰も成し得なかったことをする」で使う人が16%、間違った意味である「豪快で大胆な様子」で使う人が64%という逆転した結果が出ています。 このように、間違った意味で認識されていることが多いですが、誤用なので注意しましょう。

「破天荒」の使い方と例文

「誰も成し得なかったことを初めてすること」を表しているので、「破天荒の試み」「破天荒な記録」「破天荒な大事業」といったように用います。 例えば、◯◯高校から某有名大学に合格する人は今までいなかったが今年初めて合格者が出たというときや、何かのスポーツで日本人がランクインしたことはなかったが初めて上位に入ったなどと、今まで誰もしなかったことをする、偉業を達成した場合に使います。 このように、「破天荒」は本来、「前人未到の境地を切り開く」などと、見事な行いに対して使う言葉です。

例文 ・破天荒なテレビの企画に批判が殺到する。 ・あの選手は世界初の新記録を叩き出して優勝した。まさに破天荒な記録である。 ・破天荒な教育プランが話題となる。 ・彼は自家用ヨットで世界旅行をするという、破天荒な冒険を繰り広げた。 ・開店セールで、テレビが5000円になる破天荒の大安売りが行われている。 ・今まで誰も解けなかった暗号を初めて解いた、破天荒な研究者が来日した。 ・自転車で全国のラーメン屋を巡るという、破天荒の試みを実践する。 ・彼はこの高校が創立して初めて◯◯大学に合格した破天荒な生徒である。 ・その人気歌手のCD総売上枚数は、破天荒の快挙を達成した。

「破天荒」の類語

未曾有<みぞう> (意味:今までに一度もなかったこと。また、非常に珍しいこと) 「未曾有の災害が発生する」 前代未聞 (意味:これまでに聞いたこともないような珍しく変わったこと) 「前代未聞の出来事が起きる」 画期的 (意味:これまでとは時代をくぎるほど目覚ましいさま) 「画期的なフライパンを発明する」 エポックメーキング (意味:ある事柄がその分野に新時代を開くほど意義をもっているさま) 「エポックメーキングな発明をする」 空前 (意味:今までに例を見ないこと) 「その映画は空前のヒットを成し遂げる」 記録的 (意味:従来の記録に並ぶ、また、それを上回るほど程度が甚だしいさま) 「記録的な大雪となる」 歴史的 (意味: 歴史上、特記されるべき重要な意味のあるさま) 「歴史的瞬間を見届ける」 前人未到 (意味:今までだれも足を踏み入れていないこと。また、だれもその境地に到達していないこと) 「前人未到の記録を達成する」

「破天荒な人」の性格とは

「破天荒な人」というのは、今まで誰も成し得なかったこと、偉業を達成した人ということになります。 しかし、「破天荒」は非常に誤用が多いです。「大胆不敵」「豪快」といった意味であると認識されているので、「破天荒な人」というのも「型破りな人」「乱暴者」といった意味で捉えられる可能性があります。 確かに、前代未聞のことを達成したので、そういった意味では「型破りな人」かもしれません。 ただ、「破天荒な人」はあくまでも「今まで誰もできなかったことをする人」なので間違えないようにしましょう。 「破天荒な人」の性格としては、 ・常に新しいことに挑戦し続ける(アイデアを持っている) ・人とは違ったことを挑戦する ・勇気ある行動ができる ・パワーを持っている などとなります。

⚠︎「破天荒な人」とは良い意味です。 しかし、「破天荒」は誤用が多いため、相手に誤解を生んでしまうことがあります。 相手が何か初めてのことを成し遂げたときに、「あなたはとても破天荒な人ですね」と褒めたとしても、相手は「乱暴な人ですね」と悪い意味として受け取ってしまうかもしれません。 面と向かって相手を褒める場合は、「前代未聞の」「前人未到の」「先駆者」「パイオニア」などと言葉を言い換えてみるのも良いでしょう。

「破天荒」の英語

「破天荒」の英語表現は、 ・unprecedented(前例のない) ・extraordinary(普通ではない) ・crazy(狂った) ・eccentric(奇妙な) ・off the wall(突拍子もない) などになります。最初の2つはポジティブな意味で使い、後半の3つはネガティブな意味で使います。「crazy」は褒め言葉になることもあります。褒め言葉の場合は「good crazy」と言うこともあります。

He was a crazy guy.

彼は破天荒な男だった。

おすすめの英会話教室「NOVA」《英語部で一番人気!》

当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ 「格安で週一回NOVAのネイティブ講師と会話し、あとは自習する」という英語学習法が非常におすすめです。 ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!

NOVAの公式HPを見る

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「破天荒」について理解できたでしょうか? ✔︎「破天荒」は<はてんこう>と読む ✔︎「破天荒」は「今まで誰もしなかったことをすること」を意味 ✔︎「破天荒」を「大胆不敵」「無茶なことをする」という意味で使うのは誤用 ✔︎「破天荒」の類語には、「未曾有」「画期的」などがある

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「ご提示」の意味、使い方!「ご呈示」「ご教示」との違い、類語、英語

eigobu.jp

「お世話様です」と「お世話になっております」の違いと使い分け

eigobu.jp

「お目通し」の意味と使い方、敬語表現、類語、「ご一読」との違い

eigobu.jp

「お世話様です」「お疲れ様です」「ご苦労様です」の違いと使い分け

eigobu.jp

「当該」と「該当」の意味の違いと使い分けとは?類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いと使い分け

eigobu.jp

「取り急ぎ○○まで」の意味、使い方、例文、類語、英語を紹介

eigobu.jp

「ご足労」の意味と使い方、類語、敬語、お礼、「お手数」との違い

eigobu.jp

「迎合」の意味と使い方、類語、対義語、読み方、四字熟語、英語

eigobu.jp

「正念場」の意味と使い方、由来、類語、対義語、英語

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 誤用に注意!「破天荒」の正しい意味と使い方、語源、性格の解説