1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご入用」の読み方、意味、使い方!「ご用命・ご利用」との違い、英語も紹介
「ご入用」の読み方、意味、使い方!「ご用命・ご利用」との違い、英語も紹介

「ご入用」の読み方、意味、使い方!「ご用命・ご利用」との違い、英語も紹介

「ご入用」という言葉をしっかり使いこなすことができているでしょうか。よく買い物をするとき店員さんに、「何かご入用のものはございますか」なんて聞かれることもありますよね。こういったように「ご入用」はビジネスシーンで頻繁に使われることが多い言葉です。そこで今回は「ご入用」の意味と使い方、類語との違いについて解説していきます。

「ご入用」の読み方・意味

「ご入用」の読み方は「ごいりよう」

「ご入用」は「ごいりよう」と読みます。 また「ご入用」は、「ごにゅうよう」と読んでも誤りではありません。

「ご入用」の意味は「ある用事のために必要であること」「必要な費用」「大切なこと」

まず「入用」の意味は、 ・ある用事のために必要であること。また、そのさま ・必要な費用、入費、いりめ ・大切なこと、重要 を意味しています。 「入」は音読みだと「ニュウ」、訓読みだと「いる」と読みます。 「入」は「必要とする」「人や物がある場所・範囲・状態などに移る」を意味しています。 「用」は音読みだと「ヨウ」、訓読みだと「もちいる」と読みます。 「用」は「必要にこたえる働きのあること」「役に立つこと」を意味しています。 「ご入用」は、「入用」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けた形になります。

「ご入用」と「お入用」は同じ意味だが、「ご入用」が一般的

「ご入用」は漢字だと「御入用」と書きます。 「御」は音読みだと「ゴ」、訓読みだと「お」と読みます。 「ご入用」の他に「お入用」と読むこともあるそうですがこれは正しいのでしょうか。 結論としては、「ご入用」と「お入用」、どちらでも同じ意味になります。 ただ正確な表記は、和語である「入用」には「お」をつけた「お入用」になるそうです。 しかし、現在では「ご入用」の方が一般的に使われることが多くなってきているため、「ご入用」を使用するのが良いでしょう。 「ご入用」が頻繁に使用されていますが、基本的には「ご入用」を使っても「お入用」を使っても問題ありません。

「要り用」や「ご要りよう」は間違い

「要る」だけでも意味は、「費用・品物・時間などが必要になる」「入用である」となります。 ただ実際は「要り用」や「ご要りよう」という言葉は存在しません。間違わないように気をつけましょう。

「ご入用」の使い方

相手に必要なものを聞くときに便利な言葉

「ご入用」は、目上の人が何か金銭や物品を必要としているときに使用する言葉になります。 親しい間柄の相手や友人には「何か必要?」と聞くことができますが、目上の人に対して「何か必要?」と聞くのは失礼に当たってしまいます。そんなときに「ご入用」という言葉を使うことができます。 例えば、上司が何かを必要としていた場合に「何かご入用ですか」「何かご入用のものはございますか」などと聞くことができます。 また「ご入用」は「何か私にできることはあるでしょうか」というニュアンスを含んでいるため、ビジネスシーンでも営業のときに非常に多く使われる言葉になります。 「ご入用」は、立場が上の人に使うことができる言葉なので社内で上司に何か尋ねる場合にも使用できます。 「ご入用」は社内だけではなく、取引先とのビジネスメールでも頻繁に使用するので覚えておきましょう。

「ご」を取って「入用」であれば、自分に対しても使える

「ご入用」は他人に対して使いますが、「ご」を取って「入用」とすると自分に対して使うことができます。 「入用」を自分に対して使うときは「お金」に関することが多いです。 例えば、今はお金をそんなに持っていないということや、散財しすぎてしまったことを伝えたいときに、「最近は何か入用で〜」などと使うことができます。 お金のことについて直接言うことは少々気が引けますが、「入用」を使うことによって、相手に気を遣わせることなく、自分の事情について伝えることが可能になります。 一方で「入用」を自分に対して使用する場合は、「必要なものやこと」という意味ではあまり使用することはありません。自分が何かを必要としている場合は、「◯◯が必要です」「◯◯を用意しなくては」などといったように具体的に示すことが多いです。

「必要な経費、費用」という意味でも使う

「ご入用」は「何か必要な物」以外にも「必要な経費、費用」という意味で使うこともできます。 ビジネスシーンにおける「ご入用」は、商品や費用が必要な場合に用いることが一般的です。 上司や先輩など目上の人に対して金銭を必要としているときにお伺いをたてる言葉として「ご入用」を使用します。「急な祝いごとが多くて、お金が入用だ」、「何かご入用ですか」などと使うことができます。 例えば、上司と出かけたとして、上司が十分なお金を持ってきていなかったとします。そんな場合に「お金が必要ですか」と直接的に聞いてしまうと相手に恥をかかせてしまいます。そのため代わりに「ご入用でしたら、私が〜」と言い換えることができます。このように「ご入用」を使うことによってストレートに聞くことを避けることができます。

「重要なこと、大切な箇所」という意味でも使う

「入用」は「大切なこと」「重要」をいう意味で使うこともできます。 例えば、「ここが入用のところである」「入用の部分だけをまとめておく」などといったように使うことができます。 ただ「入用」は「必要なこと」という意味で使われることが多いため、「大切なこと」という意味で使うことは少ないです。

「ご入用」に対する返事の仕方

「ご入用ですか」と言われたときにお願いする場合は「お願いします」などと言うことができますが、断る場合はなんて返事をすれば良いのでしょうか? 「ご入用ですか」と聞かれた場合に断る場合は、 ・大丈夫です ・構いません ・問題ありません ・結構です などと言うことができます。

「ご入用」の使用上の注意点

「ご入用」は「ご用命」と間違えやすい

「ご入用」は「ご用命」と間違えてしまうことが多いです。 例えば、「何かありましたら、弊社へご入り用ください」といった使い方は間違いです。 「ご用命」は「用事を言いつける、注文する」という意味になります。 「ご入用」は相手に何かを尋ねるときに使うのに対して、「ご用命」は自分に対して相手がしてほしいことがあったら言ってほしいと伝えたいときに使います。 「ご用命」は「ご入用」と違い、少し命令的なニュアンスが含まれているので使用する際は注意が必要です。「ご用命」については下記でも紹介しているので参考にしてみてください。

「ご入用」と「物入り」は違う

よく「ご入用」の代わりに、同じような意味の「物入り」という言葉が使われることがあります。 「物入り」は「費用のかかること」を意味しています。 「入用」は「ものやお金が必要なこと」を表していて、「物入り」は「出費が重なってお金の困っていること」を表します。「入用」の代わりに「〜物入りでしょうか」とは言えません。 2つを組み合わせて「物入りだから、お金が入用である」と使うことができます。 「入用」と「物入り」は、意味が全く異なるので間違わないように注意しましょう。

目下の人には使用しない

「ご入用」は基本的に目上の人に対して使用する言葉です。 「ご入用」は、物品や金銭に対して使う言葉です。 目上の人が困っているのを見て手助けするときに「ご入用」を使用します。 本来は目上の人が目下の人を助けるということが一般的で、目下の人が目上の人を助けるというのは失礼に当たってしまうことが多いです。しかし状況次第では、目下の人からの助けが必要になるときがあります。 また逆に、目下の人が目上の人に「力になるように私が尽力します」と申し出ることで敬意を示すことができます。そんなときに「ご入用」を使うことができます。 「ご入用」は、親しい間柄の相手や友人に対して使用すると、違和感を与えてしまうので注意しましょう。ビジネスシーンでも自分より立場が下の相手だったり、同等には使用しません。

「ご入用」の言い回し・例文

「ご入用ですか」は必要か尋ねるときに使う

「ご入用ですか」は、相手に必要ですか?と尋ねるときに使います。 「ご入用」はとても丁寧な表現になるため、ビジネスシーンでもよく使われています。 目上の人に対しては、特に「何か必要ですか?」「どれくらい必要ですか?」などと使わずに「ご入用ですか?」を使うようにしましょう。

・このお品物はどのくらいご入用ですか? ・この経費はいくらご入用ですか?

「ご入用の際はご用命ください」は「必要なものがあれば言ってください」

「ご入用際はご用命ください」は、「何か必要なものがあれば言ってください」を丁寧に言った言葉になります。 ビジネスシーンでも目上の方に対して使われています。

・ご入用の際は、私までご用命ください。 ・ご入用の際は、いつでもご用命ください。

「ご入用でしたら」は「もし必要でしたら」

「ご入用でしたら」は「必要でしたら」といった意味になります。 相手が必要かどうか分からない状態で、必要だった場合にどうしたらいいのかを伝える際に使います。

・ご入用でしたら、ここからお使いください。 ・ご入用でしたら、すぐにお申し付けください。

「ご入用の際は」は「必要な時は」

「ご入用の際は」は「必要な時は」といった意味になります。 ビジネスシーンでもよく使われるフレーズです。

・ご入用の際には、お早めにご注文ください。 ・今後もご入用の際は、ご遠慮なくお申し出ください。

「ご入用の場合は」は「必要な状況であれば」

「ご入用の場合は」は「必要な場合は、必要な状況であれば」といった意味になります。 「ご入用の場合は」もビジネスシーンでよく使われるフレーズになります。 相手から必要だと言われる前に、必要になった時にどうすべきかを伝えておくことはとても丁寧ですね。

・領収書がご入用の場合は、何なりとお申し付けください。 ・人手がご入用の場合は、スタッフにお声がけください。

「ご入用のもの」「ご入用の品」

「ご入用のもの」「ご入用の品」は、「必要なもの、必要の品」といった意味です。 行動・対応にも使われる「ご入用」ですが、この場合は物品にのみ使います。

・他に何かご入用のものがありましたら、お申し出ください。 ・これだけでは足りないと思うので、他にご入用の品がございましたら私の方までお声がけください。

「入用」は自分ことに使う

先程も説明しましたが、敬語である「ご」を取って「入用」とすると、自分自身が必要としている場合に用いることができます。 日常的な会話ではあまり使われませんが、ビジネスシーンではかしこまった表現となり使われています。

・突然申し訳ありませんが、◯◯が入用になりました。お借りしてもよろしいでしょうか。 ・○○が入用となりましたので、経費にて購入してもよろしいでしょうか?

「ご入用」の類語との違い

「ご用命」の意味は「用事を言いつけること」「命令すること」

「用命」は、「用事を言いつけること」「命令すること」「注文すること」を意味しています。 「用命」に尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご用命」と敬語表現になっています。 「ご用命」は、相手から注文を受けるときや、用事を命じられるときに使います。 「ご用命ください」「ご用命賜り」といった使い方で、「注文してください」「何か用事があるなら自分に命じてください」といった意味になります。 自分が用事を言いつけるときは「ご用命する」とは使わないので気をつけましょう。 「ご用命」は少々堅い表現になるため、メールや手紙で使われることが多い言葉になります。 「ご用命」は目上の相手に使うことが一般的で、目下の相手や同等には使わない表現です。「ご用命」は相手に敬意を払いつつも、自分の誠意を示すという役割を持っています。 「ご入用」は「〜が必要である」という意味で、「ご用命」は「〜か用事がある」という意味になるので間違わないようにしましょう。

例文 ・何かありましたら何なりとご用命ください。 ・ご検討の上ご用命賜りますようお願いいたします。 ・ご用命がございましたお品をお届けいたします。

「ご利用」の意味は「利益になるように物を用いること」「役に立つように用いること」

「利用」は、「利益になるように物を用いること」「役に立つように用いること」を意味しています。 敬語表現にするには「利用」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご利用」とします。 お店などで「レシートはご利用ですか」「袋はご利用ですか」などと聞かれることも多いと思います。 「ご入用」と「ご利用」は、「ごいりよう」と「ごりよう」で音が似ています。 間違えやすいですが、「ご入用」と「ご利用」は違います。 「入用」は「必要であること」を意味していて、「利用」は「役立つようにうまく使うこと」を意味しています。 例えば「袋はご利用ですか」といった場合は「いつも袋は使っていますか」といった意味合いになり、「袋はご入用ですか」といった場合は「袋は必要ですか」といった意味合いになります。この場合は「袋はご入用ですか」の方が適切な言い方です。 「ご入用」と「ご利用」は状況に合わせて使い分けできるようにしましょう。

例文 ・本日も当店をご利用いただき誠にありがとうございます。 ・このサービスをご利用になっていますか。

「ご所望」の意味は「あるものが欲しい、またはこうしてほしいと望むこと」

「所望」の意味は「あるものが欲しい、またはこうしてほしいと望むこと」です。 「所望」は文字通り「望む(のぞむ)」「所(ところ)」で、「自分は望んでいる」という意味の名詞になります。敬語表現にするには「所望」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご所望」とします。 「ご所望」は、敬意を払う上司や取引先の相手といった、目上の相手が何かを欲したり望むときに使う言葉です。自分が何かを欲したり、希望したりすることを改まって表現する際に、「~を所望する」などと使います。「所望される」「所望いたす」といった場合は敬語表現になります。 「ご所望」の使い方としては、 ・ご所望される ・ご所望いたす ・ご所望の〜 ・ご所望なさる といったようになります。 「ご所望」は「望むもの・望むこと」に対して、「ご入用」は「必要であるもの」に対して使用します。

例文 ・◯◯様はお茶を一杯ご所望です。 ・今日の午後に予約の空きが出ましたので、ご所望の方がいましたらご連絡ください。 ・お客様ご所望の品のご用意ができました。

敬語「ご所望」と「ご要望」の意味と使い方の違いとは?《例文付き》

eigobu.jp

「ご要望」の意味は「物事の実現を強く望むこと」

「要望」の意味は、「物事の実現を強く望むこと」です。 尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご要望」とします。 「要望」は「要(かなめ)」と「望(のぞむ)」で成り立っています。 「要」は、「要点」や「概要」といった言葉があるように、「大事な部分ではあるが概念的なもの」を指す表現です。「要望」にも同じニュアンスが含まれます。 つまり「ご要望」は、敬意を払う上司や取引先の相手といった、目上の相手が何かを欲したり望むときに使う言葉です。「ご要望」とは「相手の漠然とした望み」を指していて、「目上の人が強くそうなって欲しいと思っている」という意味合いになります。 「ご要望」の使い方としては、 ・ご要望にお応えする ・ご要望に沿える ・ご要望をお伺いします ・ご要望を承ります といったようになります。 「ご要望」は「望むもの・望むこと」に対して、「ご入用」は「必要であるもの」に対して使用します。

例文 ・御社のご要望にお応えすることができず、誠に申し訳ありません。 ・◯◯様のご要望に沿えるよう全力を尽くす所存でございます。 ・お客様のご要望やご意見をお知らせいただければ幸いです。

「ご必要」の意味は「必ず要すること」「欠くことのできないこと」

「必要」は、「必ず要すること」「欠くことのできないこと」「なくてはならないこと」を意味しています。 尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご必要」とします。 相手が何か必要にしているときに「〜ご必要ですか」「〜ご必要ならお申し出ください」などといったように使います。 「ご必要」は「ご入用」と同様に、「ある物事のために何か必要なこと」を表しています。 ただ「ご必要」は直接的な表現のため、ビジネスシーンでは「ご入用」が使用されることが多いです。

例文 ・ご必要の場合は近くのスタッフにまでお申し出ください。 ・他にご必要の物があればお申し付けください。

「ご入用」の英語

「必要」の英語は、「need」で表現可能です。

He needs money.

彼はお金がご入用です。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

さいごに

「ご入用」のまとめ

「ご入用」について理解できたでしょうか? ✔︎「ご入用」は「ある用事のために必要であること」を意味している ✔︎「ご入用」は、ビジネスシーンで使うことが多く、目上の人に対して使うことができる言葉 ✔︎「ご入用」は「ご」を取って「入用」とすれば自分に対して使用することができる ✔︎「ご入用」と似た言葉には、「ご用命」「ご利用」などがある

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「取り急ぎ〜まで」の意味とビジネスにおける正しい使い方とは??

eigobu.jp

例文付き「軋轢」の意味と使い方!類語「確執」との違いは?

eigobu.jp

「拝啓 時下ますますご清祥のこと...」の「時下」意味と使い方、例文、読み方

eigobu.jp

「過日(かじつ)」の意味と使い方とは?「先般」「先日」との違いとは

eigobu.jp

「ご清祥」の意味と使い方!「ご清栄」「ご健勝」との違い

eigobu.jp

「よしなに」は目上の人に使える敬語?正しい意味と類語、例文を解説

eigobu.jp

とんでもないです・とんでもございませんは誤用!正しい意味と使い方とは?

eigobu.jp

目上の人に使える?「結構です」の意味とビジネスでの正しい使い方とは

eigobu.jp

営業でよく使う「引き合い」の意味と正しい使い方とは?英語表現も解説

eigobu.jp

「お世話になります」の意味とビジネスでの使い方、返事、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご入用」の読み方、意味、使い方!「ご用命・ご利用」との違い、英語も紹介