1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?その他『連絡する』の敬語表現との使い分け
「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?その他『連絡する』の敬語表現との使い分け

「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?その他『連絡する』の敬語表現との使い分け

ビジネスシーンでは、”連絡をする”ことを伝えるという機会が多くあります。”連絡する”という表現はいくつかありますが、その中でも「ご連絡差し上げる」という表現は正しいのでしょうか。「ご連絡差し上げる」が適切なのかどうか、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。また、”連絡する”ことを伝える表現には何があるのでしょうか。そこで今回は「ご連絡差し上げる」は正しい敬語であるのか、その他の”連絡する”の表現と何か違いはあるのか解説していきます。正しい敬語表現を使って、ビジネスシーンで活かせるようにしましょう。

「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?

「差し上げる」は「与える」「やる」の謙譲語です。 「差し上げる」には「奉仕の気持ちをもって捧げる」というニュアンスが含まれます。 「来場者にお菓子を差し上げる」と「与える」という意味だけでなく、「よろしければご案内差し上げます」と「やる」という意味でも「差し上げる」を使うことができます。 「ご」と「差し上げる」が謙譲語のため、二重敬語なのではと思う方もいるかもしれませんが、「ご連絡差し上げる」は「ご(お)〜差し上げる」といった謙譲表現として使うため、二重敬語ではありません。 ただ、「ご連絡差し上げる」は正しい表現ですが、「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。

「ご連絡差し上げる」の類似表現との比較

ご連絡差し上げます

「ご連絡差し上げます」を使用する際は注意が必要です。 例えば、「今日は都合が悪いので、また明日ご連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じます。 「ご連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 逆に、相手に会議の内容を連絡してと頼まれた場合、自分が連絡をすることは相手にとってメリットがあります。この場合には「ご連絡差し上げる」は適切な表現となります。 「ご連絡差し上げます」は、相手にとって何か有利なことや利益がある場合に使用するようにしましょう。 また、「ご連絡差し上げます」は言い切り表現なので、疑問形にした方が丁寧です。 ・ご連絡差し上げればよろしいでしょうか ・ご連絡差し上げてもよろしいでしょうか ・ご連絡差し上げましょうか このように疑問形にすることで、言葉の印象が柔らかくなります。 上司や取引先など目上の人に対しては、疑問形を使うのが良いでしょう。

ご連絡いたします

「ご連絡いたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 「ご連絡いたします」は謙譲語が二つ含まれているので、”二重敬語”となります。 ”二重敬語”とは、同じ種類の敬語が二つ以上含まれた表現のことです。 本来は誤用になりますが、「ご連絡いたします」は慣習的に多く使われているため、使用しても問題ではありません。ただ、相手によっては失礼な印象を与えてしまう恐れがあるので、注意して使用するようにしましょう。 「ご連絡いたします」はあまり相手や場面などに関係なく、使われることが多い言い回しです。電話やメールなどでは、一般的に「ご連絡いたします」を使うことがほとんどです。

ご連絡申し上げます

「ご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「ご連絡申し上げます」は、取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「ご〜申し上げる」という形では、「ご説明申し上げます」や「ご報告申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。「ご連絡いたします」や「ご連絡差し上げます」よりも敬意が高い表現です。 また、「改めてご連絡申し上げます」という形でよく使われます。この場合は「また詳しく連絡します」「次の機会に連絡します」「今は全部伝えきれないので、また今度」といった意味合いになります。 ”今はすごく忙しいので”、”今はせわしないので”と自分の状況を表すことができる表現でもあります。

ご連絡させていただきます

「ご連絡させていただきます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「させて」=使役の助動詞「させて」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 もし、相手に許可を得ていたとしても「ご連絡させていただきます」は二重敬語のため、不適切です。

「ご連絡」を使った例文

・本日の会議の内容をお伝えしたく、ご連絡差し上げます。 ・担当の◯◯が現在席を外しておりますので、私が変わってご連絡申し上げます。 ・来週木曜日に△△様がご来社する予定ですので、当初より予定していた打ち合わせの日程を変更していただきたくご連絡いたしました。 ・企画書の詳細につきましては、追ってご連絡いたします。 ・先日お問い合わせいただきましたイベントの開催予定については、追々ご連絡差し上げる予定です。 ・ただ今、△△は外出しております。戻り次第、本人からご連絡差し上げるようにお伝えします。 ・後日、ご連絡差し上げる予定ですので、その際にご意向をお聞かせ願えますか。 ・ミーティングの日時が変更しましたので、ご連絡いたします。 ・ご注文になられた商品は明日発送の予定です。商品が届き次第、ご連絡差し上げます。 ・◯◯の件でお伺いしたいことがあり、ご連絡いたしました。

「ご連絡差し上げる」の英語

「連絡する」の英語は様々な表現が考えられます。 ・I'll be in touch. ・I'll contact you later. ・I'll e-mail you soon. ・I'll call you later. ・I'll contact you. などなど、たくさんあります。 「あとで返信します」は、 ・I'll get back to you. といいます。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「ご連絡差し上げる」について理解できたでしょうか? 「ご連絡差し上げる」は正しい敬語ですが、やや上から目線な印象を与えてしまうこともあるので、使用する際は注意する必要があります。 他、「ご連絡いたします」や「ご連絡申し上げます」といった表現もあるので、上手く使い分けることができると良いでしょう。

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

関連記事

Article 15 thumb

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味と使い方と言い換え表現

eigobu.jp
Article 26 thumb

正しい敬語?「ご連絡いたします」の意味と使い方、ビジネスにおける「連絡」の敬語表現

eigobu.jp
Article 13 thumb

「ご連絡ありがとうございます」の意味と使い方、返事の仕方、英語表現を解説

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?その他『連絡する』の敬語表現との使い分け