1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「さしあたって」の意味と使い方、例文、敬語変換、英語表現を解説します
「さしあたって」の意味と使い方、例文、敬語変換、英語表現を解説します

「さしあたって」の意味と使い方、例文、敬語変換、英語表現を解説します

ビジネスシーンにおいては、「さしあたって〜する」と曖昧な表現をすることがあります。そもそも「さしあたって」という言葉をご存知でしょうか。よく使われる表現ではありますが、使い方を誤ってしまうと、意味が通じなかったり、相手に失礼な印象を与えてしまいます。日常会話では何気なく使っていたとしても、ビジネスの場ではあまりイメージがよくない言葉があります。「さしあたって」もその中の一つです。そこで今回は「さしあたって」の意味や使い方、敬語変換について解説していきます。正しい意味を知って、上手く使いこなせるようにしましょう。

「さしあたって」の意味

「さしあたって」はラ行五段活用の動詞「さしあたり」の連用形で、”副詞”になります。 代わりに「さしあたり」を使っても、意味は同じです。 「さしあたって」の意味は、 ・この場合、先のことはともかく今のところ、当面、とりあえず ・さしせまって、突然 となります。 「さしあたって」は「変わる可能性はあるが、現在のところは....」という意味合いです。 「さしあたって」は漢字だと「差し当たって」と書きます。

「さしあたって」の使い方と例文

「さしあたって」は”将来のことは考慮せずに、今現在について言及するさま”を表すので、先のことが不明確な場合に使います。 ですので、すでに結論が出ている事柄であったり、物事の方向性が決まっている事に対して使ってしまうと意味不明になってしまいます。注意しましょう。 「さしあたって」は、ビジネスシーンにおいてよく使われます。 ただ、「さしあたって」は、少々曖昧な表現なので、結論を避けるため、直接的な返事を避けるために使われることも多く、ネガティブな印象を与えてしまいます。 そのため、決断力がないと思われたり、信頼を失う恐れもあるので、なるべく多用しないようにしましょう。

例文 ・もしかしたら、日程が変わるかもしれませんが、さしあたってご報告いたします。 ・お忙しい中、資料を送ってくださり誠にありがとうございます。さしあたって、資料を受け取ったご報告とお礼を申し上げます。 ・私の考えだけでは、お答えしかねますので、さしあたって社内で一度検討をしてから、お答えしたいと存じます。 ・この度は弊社の求人に応募いただき、誠にありがとうございます。さしあたりまして履歴書の提出をお願いいたします。 ・スケジュールが定かではないため、きちんとした返事ができないが、さしあたってメールの返信だけでもしておく。 ・今の暮らしには十分満足している。さしあたって、生活に困るようなことはない。 ・新しいお店をオープンする予定ですので、さしあたってアルバイトを募集します。 ・困ったことは起きていないので、さしあたって人数を増やす予定はない。 ・万が一の時に備えて、さしあたって必要なものを買い揃える。 ・予約が取れるかはわからないが、さしあたって電話してみよう。

「さしあたって」の類語

「さしあたって」の類語を紹介します。

▶︎現在の状態を表す類語 ・今 ・現在 ・今のところ ・現時点では ・現在のところ ・目下のところ ・今しばらくの間 ▶︎”すぐに行動する”・”一時的に”を表す類語 ・さし向き ・差し詰め ・いったん ・ひとまず ・まずは ・当分は

使用する場面によって、「さしあたって」よりも相応しい表現になるので、状況によって使いこなせるようにしましょう。 類語の中でも使用する際に注意が必要な表現については、下記で紹介します。

「さしあたって」と「とりあえず」の違い

「とりあえず」の意味は、 ・たちまちに。たちどころに ・さしあたって。まず。一応 になります。 「とりあえず」は「本来とるべき対応は後に回して、今現在できることを最優先にすること」を表します。 ですので、「とりあえず」は「十分な対応はできないけれど、これだけはやっておく」「できることだけをしておく」というニュアンスです。 「とりあえず」は日常会話で使う分には問題ありませんが、ビジネスシーンにおいては注意が必要です。 最近では「とりあえず」は”地雷語”と呼ばれていて、聞き手と話し手との間で意味のズレが生じてしまいます。

A「これ、明日の会議で使う資料だから読んでおいてね」 B「はい。とりあえず読んでおきます」

この場合、Bさんは「急いで」「すぐに」という意味で「とりあえず」を用いましたが、Aさんとしては「とりあえず」が「なんとなく」「気の向いた時に」と解釈し、いい加減な印象を与えてしまいます。 自分としては、そういった意味で使ってなても、周りの人に誤解や勘違いを招いてしまうことがあるので、「とりあえず」はなるべく使わない方が良いでしょう。

例文 ・近日中にあらためてお礼に伺いますが、とりあえずお手紙にて感謝申し上げます。 ・大雪で電車が動くか分からないが、とりあえず駅に行ってみる。

「さしあたって」と「そこで」の違い

「そこで」は「前述の事柄を受けて、次の事柄を導く」「話題をかえたり、話題をもとにもどしたりすることを示す」という意味の”接続詞”です。 「そこで」は「それで」「そんなわけで」「さて」を表します。 例えば、

・新しいお店をオープンする予定ですので、さしあたってアルバイトを募集します。 ・新しいお店をオープンする予定です。そこでアルバイトを募集します。

どちらも、同じ意味になり、大きな違いはありません。 しいて言うならば、「さしあたって」はメールや手紙など書き言葉として用い、口頭では「そこで」を使うようなイメージです。

例文 ・ここしばらく遊んでいない。そこで、彼女とともに旅する計画を進めた。 ・最近体調が悪い。そこで、私は一週間の休暇を願い出ることにした。

「取り急ぎ」は使う際に注意が必要

「取り急ぎ」は「とりあえず急いで」を意味しています。 「取り急ぎ」は「急な事態が起きたため、十分な準備や対応はできないが、急ぐべきこととして」といったニュアンスになります。 ビジネスシーンでは、「取り急ぎ◯◯まで」という表現を使うことが多いです。 「取り急ぎ◯◯まで」は、本来詳しく説明すべきところを省略して、とりあえず用件のみを伝える場合に使います。ですので、「取り急ぎ◯◯まで」は「とりあえず急いで何かを連絡する必要があり、細かい説明は省略するが用件のみを伝える」ときに使用する表現です。 「取り急ぎ◯◯まで」は文末を省略した言い方なので、目上の人には使用を避けた方が良いでしょう。 目上の人に対して使う場合は、「取り急ぎ◯◯まで」ではなく、「取り急ぎ◯◯します」「取り急ぎ◯◯いたします」といったように完結した文章にするのが適切になります。 ただ、目上の人でも親しい間柄であったら、「取り急ぎ◯◯まで」と略した表現でも問題ありません。

例文 ・取り急ぎのご報告になってしまい大変恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。 ・先ほどメールを拝見しました。取り急ぎご連絡申し上げます。

「取り急ぎ〜まで」の意味とビジネスにおける正しい使い方とは??

eigobu.jp

「さしあたって」と「当面」の違い

「当面」は「さし迫っていること」「さしあたり」を意味します。 「当面問題はない」「当面予定はない」などと言いますよね。 例えば、

・今の暮らしには十分満足している。さしあたって、生活に困るようなことはない。 ・今の暮らしには十分満足している。当面は、生活に困るようなことはない。

この場合、どちらも特に違和感なく使うことができます。 ただ、「当分」は「しばらく」というニュアンスが含まれているので、相手によっては、大変長い期間を連想する可能性があります。 そのため、「今のところは」という意味で「さしあたって」の代わりに「当面」を使うと、自分が思っている時間や期間よりも、長い印象を相手に与えてしまうことがあります。 「当面」を使う際は注意するようにしましょう。

例文 ・家が火事で燃えてしまった。彼は当面、土手で生活するようになる。 ・当面はこの家に住んでいますが、後少ししたら、引っ越すつもりです。

「さしあたって」の敬語変換

さしあたりましては

「さしあたって」を敬語表現にすると「さしあたりましては」となります。 例えば、「さしあたってご報告いたします」と「さしあたりましてはご報告いたします」だと、後者の方が丁寧な印象ですよね。 「さしあたりましては」はビジネスメールや手紙でよく使われます。 ただ、「無事に退院できようと聞いて、さしあたりましては安心いたしました」などとすると「〜ましては、〜ました」と語尾が重なってしまい、少々くどい感じがします。 しかし、文法的には間違ってなく、意味も通じます。どうしても変な感じがするなというときは、語尾を変えたり、下記で紹介する敬語表現を使うのが良いでしょう。

ひとまず

「ひとまず」は「なにはともあれ」「とにかく」を意味します。 漢字だと「一先ず」と書きます。 例えば、「ひとまず安心いたしました」「ひとまずここまでの意見をまとめたものをご報告いたします」などと使います。 「ひとまず〜」と言うことで、相手に違和感を与えることなく、自分の意見を伝えることができます。 「さしあたりましては」を使うと語尾が重なってしまうという時は、「ひとまず」を使うのが良いでしょう。

「さしあたって」の英語

「さしあたって」の英語表現を意味ごとに見ていきましょう。 「今のところ」という意味の「さしあたって」は英語で、 ・for now ・at the moment ・at this moment ・for the moment ・at the present ・for the present などと言い表すことができます。 「当面」のように、「さしあたって」よりもう少し長いニュアンスならば、 ・for the time being ・until some other arrangement is made 「until some other arrangement is made」は「次の手配が整うまで」という意味です。 「差し迫った」という意味の単語は「urgent」を使います。

I'll let you know what we know for now.

把握していることをさしあたって報告しますね。

People in the disaster-stricken area are in urgent need of food and water.

被災地の人々はさしあたって食料と水が必要だ。

The union decided not to strike for the time being.

労働組合は当面はストライキをしないと決めた。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「さしあたって」について理解できたでしょうか? ✔︎「さしあたって」は「先のことはともかく、今のところ」「当面」という意味 ✔︎「さしあたって」は、先のことが不明瞭な場合にのみ使う ✔︎「さしあたって」の類語には、「とりあえず」「まずは」「当分は」などがある ✔︎「さしあたって」の敬語表現は「さしあたりましては」「ひとまず」となる

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

ビジネスにおける「恐縮です」「恐縮ですが」の意味と使い方

eigobu.jp

「次第」「次第です」の意味とビジネスでの使い方、例文!「所存」との違いは?

eigobu.jp

「そもそも」に「基本的に」の意味はない!正しい意味と使い方は?

eigobu.jp

ビジネスにおける「ひとえに(偏に)」の意味と使い方と例文を紹介

eigobu.jp

結局どういうことなの?「善処」という言葉の正しい意味と使い方

eigobu.jp

「了解しました」と「承知しました」ビジネスシーンで正しいのはどっち?

eigobu.jp

ビジネスにおける「改めて、改めまして」の意味と使い方

eigobu.jp

「矜持」の正しい使い方と「矜恃」との違いについて

eigobu.jp

例文付き「杜撰」の正しい意味と読み方、ビジネスでの使い方を解説

eigobu.jp

「しばらく」と読むのは間違い!「漸く」の正しい読み方と使い方

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「さしあたって」の意味と使い方、例文、敬語変換、英語表現を解説します