1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「加入」と「入会」の意味の違いと使い分け
「加入」と「入会」の意味の違いと使い分け

「加入」と「入会」の意味の違いと使い分け

「加入」と「入会」という言葉をご存知でしょうか。「サービスに加入する」「クラブに入会する」といったように使います。では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。この二つの言葉は、日常会話でも使うことがあります。よく使われている言葉ですが、違いはと聞かれるとうまく説明できない方が多いのではないでしょうか。どちらも同じように使うので違いはないように思いますが、実は区別しなくてはいけません。そこで今回は「加入」と「入会」の使い分けについて解説していきます。適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

「加入」と「入会」の違い

「加入」・・・団体や組織など、ある集まりに仲間として加わり入ること 「入会」・・・ある団体やクラブに入って、その会員となること

「加入」と「入会」はどちらも「ある集まりに仲間として入ること」を意味します。 「加入」は一員となることで何らかの利益を得たり、義務を負うことを意味しますが、 「入会」は一員となっても、特に大きな義務や責任を負ったりはしません。

「加入」の意味と使い方

「加入」は<かにゅう>と読みます。 「加」は音読みで「カ」、訓読みで「くわえる・くわわる」と読みます。 「加」は「仲間になること」を意味します。 「入」は音読みで「ニュウ・ジュウ」、訓読みで「いる・はいる・しお」と読みます。 「入」は「ある分野や範囲の中にはいること」を意味します。 「加入」の意味は「組織や団体などの仲間として、そこに加わり入ること」です。 ある組織や団体など、集まりに加わることを表します。「加入」は集まりに加わることによって、何らかの義務を守ったり、利益を得るという場合に使います。 「加入」はその集まりに加わるものが、組織でも個人でも使うことができます。 主に「◯◯に加入する」という形で用います。 使い方としては、 ・保険に加入する ・年金に加入する ・組合に加入する ・グループに加入する ・自治会に加入する などとなります。 「加入」の類語には、「加盟」「参加」「参画」「仲間入り」「所属」「属する」などがあります。 「加入」の反対語は「脱退」となります。

例文 ・その制度を利用したい場合は、Webサイトで加入の申し込みをする必要がある。 ・新しい部員が加入してくれたおかげで、人数が増えて練習のレパートリーが増えた。 ・そのサービスに加入すると、今まで見れなかったチャンネルを無料で見れるようになる。 ・加入希望の人を対象にオーディションを開催して、新しいメンバーを決定する。 ・学生がそのグループに加入を希望する場合は、保護者の同意が必要となる。 ・自治会に加入すると、地域の人と顔見知りになったり交流を深めたりすることができる。 ・その組合に加入している人には、遊園地の入場無料券がもらえるという特典がついてくる。

「入会」の意味と使い方

「入会」は<にゅうかい>と読みます。 「入」は音読みで「ニュウ・ジュウ」、訓読みで「いる・はいる・しお」と読みます。 「入」は「ある分野や範囲の中にはいること」を意味します。 「会」は音読みで「カイ・エ」、訓読みで「あう」と読みます。 「会」は「ある目的のために集合すること」を意味します。 「入会」の意味は「ある団体や会に入って、その会員になること」です。 ある集まりの会員になることを表します。会員になったからといっても、そのことで責任を負う必要がないことを表す場合に「入会」を使います。 「入会」はその集まりに加わるものが、個人である場合に使うことが多いです。 主に「◯◯に入会する」という形で用います。 使い方としては、 ・サービスに入会する ・サークルに入会する ・クラブに入会する ・ファンクラブに入会する ・スポーツクラブに入会する などとなります。 「入会」の類語には、「交ざる」「参加」「参画」「エントリー」「着任」「就任」などがあります。 「加入」の反対語は「退会」「脱会」となります。

例文 ・入会を希望する方は、当社のホームページより申し込みができます。 ・そのサービスは入会金は不要になるが、会費が月ごとに必要となる。 ・入会資格をしっかりと満たしていないと、その会に入ることはできない。 ・体を引き締めるために、スポーツクラブに入会したので毎日通いたい。 ・ファンクラブに入会すれば、限定グッズをもらうことができる。 ・会員になるためには、お店に行って入会手続きをしなければいけない。 ・地域のゴルフクラブに入会してからは、毎日行くのが楽しみになった。

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 12 thumb

「慰労」とは?正しい意味や使い方を解説!”慰労会”は何をするのか?

eigobu.jp
Article 8 thumb

「大丈夫です」の敬語への言い換えを意味ごとに解説!【例文付き】英語表現も紹介します

eigobu.jp
Article 11 thumb

「当方」の意味とビジネスでの使い方、例文、読み方、反対の表現、類語

eigobu.jp
Article 21 thumb

「陰ながら」とは?正しい意味や使い方を解説!「影ながら」との違いは?

eigobu.jp
Article 20 thumb

ビジネスでの「今しばらく」の意味や使い方、例文、「少々」との違いを解説

eigobu.jp
Article 19 thumb

「ご一考」の正しい意味や使い方とは?例文、「ご検討」「ご思案」との違いを解説

eigobu.jp
Article 18 thumb

「申し上げます」の意味とビジネスでの使い方!「致します」との使い分けも解説!

eigobu.jp
Article 17 thumb

「気配り」の意味と使い方と例文!「気遣い・心配り」との違いも解説

eigobu.jp
Article 15 thumb

「よろしければ」は正しい敬語?「よろしければ」の意味、漢字、類語、英語表現などを解説

eigobu.jp
Article 14 thumb

「図らずも」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語、英語表現を徹底解説!

eigobu.jp
Article 13 thumb

「深謝」の2つある意味と使い方とは??「陳謝」との使い分けも解説

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「加入」と「入会」の意味の違いと使い分け