1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「自尊心」と「自負心」の意味の違いと使い分け
「自尊心」と「自負心」の意味の違いと使い分け

「自尊心」と「自負心」の意味の違いと使い分け

「自尊心」と「自負心」という言葉をご存知でしょうか。「自尊心が強い」「自負心がある」といったように使います。では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。この二つの言葉は日常会話でも聞くことが多いですよね。よく使われている言葉ではありますが、意外と意味を知らないという方がいるかもしれません。二つとも同じように使いますが、実は違いがあります。正しく使うのは、意味について知っておくことが必要です。そこで今回は「自尊心」と「自負心」の使い分けについて解説していきます。適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

「自尊心」と「自負心」の違い

「自尊心」・・・自分自身を認めて大切だと思う気持ち、他者からの干渉を無視して品位を保つ気持ち 「自負心」・・・自分の能力・業績・仕事に対して、誰にも負けないという自信や誇りがある気持ち

「自尊心」は「自分自身を敬う心」、「自負心」は「自分自身に責任を持つ心」を表します。 「自尊心」は「自分を大切にする気持ち」ですが、自尊心が強すぎると相手に対して傷つけるようなことを言ったり、周りの人に嫌われることがあるので、気をつけることが必要です。 どちらも良い意味として使いますが、「自尊心」は悪い意味で使うこともあります。

「自尊心」の意味と使い方

「自尊心」は<じそんしん>と読みます。 「自尊心」の意味は、 ・自分を優れている者だと思う気持ち ・自分の考えや言動に自信を持って、他人の干渉を受けないで品位を保とうとする気持ち です。 自分自身を優秀だと思い込むこと、特に、自分の尊厳を意識して他からの干渉を排除することを表します。 自分を大切だと思うことで、他の人は関係ありません。自分自身を好きになって、どんな状態においても自分を高く評価する気持ちを指します。 「自尊心」は「プライド」と呼ぶこともできます。 自分自身を敬ったり、自分の価値を認める気持ちを表す場合に「自尊心」を使います。 「自尊心」は自信を持つとプラスな意味合いですが、その気持ちがあまりに強すぎると、周りの人に嫌われたり、他の人を傷つけることがあります。基本的に良い意味で使いますが、悪い意味でも使われています。 使い方としては、 ・自尊心が強い ・自尊心が低い ・自尊心が許さない ・自尊心を傷つけられる などとなります。

例文 ・何事もポジティブに捉えることができるならば、彼自身の自尊心も保てるだろう。 ・自尊心をしっかりと意識することによって、自分の才能を発揮することができるはずだ。 ・彼女は自尊心が強いから、あまり細かいことを言わない方が良いよ。 ・彼は自尊心が低くて、何事においても周りの人に流されてしまうのだ。 ・みんながいる前で駄目出しをしてくるなんて、自尊心を傷つけられたようで悔しかった。 ・その企画内容を変更することは、彼の自尊心が許さないだろう。 ・あの人は自尊心が強いから、他の人からの手を借りずに一人で物事を進めた。

「自負心」の意味と使い方

「自負心」は<じふしん>と読みます。 「自負心」の意味は「自分の能力・業績・仕事に、自信や誇りがある気持ち」です。 物事や自分の実力などに対して、自信や誇りを持っている気持ちを表します。 「この分野においては誰にも負けない」「ある物事において自信がある」といった気持ちを指します。自分のことに対しても、周りのことに対しても全て自分に責任があるということです。 自分の才能や仕事などに自信を持ち、誇らしく思うこと・強く自信を持っていることを表す場合に「自負心」を使います。「自負心」でも「自負」としても意味は同じです。 「自負心」を使うことで、あることに対して強い決意があることを表すことができます。「自負心」は「責任が強い」というニュアンスが含まれているので、プラスな意味合いで用いることが多いです。 使い方としては、 ・自負心がある ・自負心が強い ・自負心を持つ ・自負心が高い などとなります。

例文 ・監督の強い自負心が、そのチームを引っ張っているのだ。 ・彼は研究者として、その分野については細かいことまで知っているという自負心を持っている。 ・プロのサッカー選手としての自負心が、彼自身を支えている。 ・彼は自負心が強いから、難しい研究も責任を持って行なっている。 ・私には、自分の作品で色々な賞を受賞してきたという自負心がある。 ・社員が良い商品を生み出したという自負心を持っているから、その商品は売れ続けている。 ・自負心を持つには、技術や知識を身に付けることが必要となるだろう。

Article 3 thumb

悪い意味で使う?「自負」の意味と使い方、語源、類義語、対義語について解説!

eigobu.jp

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 4 thumb

「一両日中」はいつまで?意味と使い方!「近日中」との違い

eigobu.jp
Article 12 thumb

「お力添え」の意味、ビジネスでの使い方、類語「ご尽力」との違い、英語

eigobu.jp
Article 24 thumb

「尽力」の意味、敬語「ご尽力」の使い方、例文、類語「貢献」との違いも紹介

eigobu.jp
Article 8 thumb

「ご高配」の意味、使い方、類語「ご配慮」、英語も紹介

eigobu.jp
Article 4 thumb

「一期一会」の正しい意味、語源、使い方、類語、英語を例文付きで紹介

eigobu.jp
Article 3 thumb

「生憎(あいにく)」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

eigobu.jp
Article 15 thumb

「小生」の誤用に注意!正しい読み方、意味、ビジネスでの使い方

eigobu.jp
Article 14 thumb

「俯瞰」の意味と使い方!「鳥瞰」との違い、「俯瞰的に見る」は誤用?

eigobu.jp
Article 25 thumb

「お手すき」は敬語?失礼のない電話やメールでの使い方、意味、類語、対義語、英語

eigobu.jp
Article 23 thumb

「拝読」は敬語!意味と使い方の例文「拝見」との違い、類語、対義語、英語も紹介

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「自尊心」と「自負心」の意味の違いと使い分け