1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 間違いも多い?「ご確認ください」の正しい使い方、その他「ご確認」の敬語表現は?
間違いも多い?「ご確認ください」の正しい使い方、その他「ご確認」の敬語表現は?

間違いも多い?「ご確認ください」の正しい使い方、その他「ご確認」の敬語表現は?

社会人になると、会話上でもメール上でも「ご確認ください」という敬語を頻繁に使います。何かと使う機会が多い「ご確認ください」ですが、本来どのような意味を持つ言葉なのでしょうか。何となく丁寧な言い方だからといって、「ご確認ください」を使ってしまうと、相手に伝えたいことが伝わらない恐れもあります。そこで今回は「ご確認ください」に使い方や、その他の「ご確認」の敬語表現、類語について解説していきます。

「ご確認ください」は正しい敬語

「確認」は「確かにそうだと認めること」「また、はっきり確かめること」を意味します。 「ご確認ください」は、尊敬を表す接頭語「ご」+「確認」+丁寧語「ください」で成り立っています。 「ご確認ください」は「はっきりと確かめてください」「はっきりと認めてください」という意味になります。 上司や取引先など目上の人に使っても問題ありませんが、 ・お確かめください ・ご確認なさってください ・ご確認の程お願いします ・ご確認くださいますようお願い申し上げます ・ご確認くださいませ ・ご確認していただけますか ・ご確認いただければ幸いです ・ご確認願います などと表現すると、より丁寧になります。「お確かめください」「ご確認くださいませ」に関しては「ご確認ください」と丁寧さにあまり差はありませんが、より柔らかい言い回しになるので、企業によってはお客様に対してこの表現で統一していることもあります。 また、確認後に何かアクションを要望するときは、「ご確認ください」とするのではなく、「ご確認の上」という言い回しを使います。例えば、確認した後に連絡してほしいという場合は、「ご確認の上、ご連絡くださいますようお願いいたします」とします。

▶「ご確認ください」例文 ・お時間のあるときに、書類をご確認ください。 ・お忙しいところ、申し訳ありませんが、コメントをご確認ください。 ・注文内容にお間違いがないか、ご確認ください。 ・この件の詳細につきましては、添付資料の◯ページでご確認ください。 ・パンフレットをお送りいたしましたので、ご確認ください。 ・◯◯に関してはお客様の方で、お手数ですがご確認ください。 ・各位、資料をご確認ください。 ▶より丁寧な表現の例文 ・ご多忙中、恐れ入りますが、枚数をよくご確認の上、改めてご連絡ください。 ・資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします。 ・商品が届きましたら、内容物をご確認願います。 ・明日の会議の資料を同封いたしますので、ご確認いただれば幸いです。 ・ご確認の上、ご質問やご不明な点などがございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 ・署名、捺印いたしましたので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

「ご確認してください」は誤用なので注意

「ご確認」の使い方で間違いやすいのが、「ご確認してください」という言い方です。 「ご確認して」は「ご確認にする」を活用した形で、「ご確認にする」は「ご〜する」という文型なので謙譲表現になってしまい相手の行為に対して使用するのは不適切になります。 「する」の尊敬語は「なさる」「される」なので、正しくは「ご確認なさってください」「ご確認されてください」となります。 「ご」「お」をつけた言葉を使う場合、語尾は「してください」ではなく「ください」とするように覚えておきましょう。

例 ・(誤)ご安心してください  (正)ご安心ください ・(誤)ご注文してください  (正)ご注文ください ・(誤)お答えしてください  (正)お答えください ・(誤)ご連絡してください  (正)ご連絡ください

「ご確認ください」に対する返信・返事

ビジネスメールでは、あまり時間を置かずに返信することが重要です。 ビジネスシーンにおいて返信が遅いと、”時間をうまく使えない”・”約束を破る”などと信頼を失う要因になりえます。 では、メールなどで「ご確認ください」ときたら、 ・確認いたしました ・確認させていただきました と、確認したことを伝えます。 確認したことを伝えるメールは簡潔に短くて、問題ありません。「内容を確認いたしました」とカジュアルな表現で十分です。 ただ、もう少し丁寧に表現したいという場合は、 ・拝受いたしました ・拝見いたしました ・拝読いたしました などと、へりくだった表現を使うのが良いでしょう。 最後に「確認いたしました。ありがとうございます」「拝見いたしました。ありがとうございました」などとお礼を加えると丁寧です。

例文 ・確認いたしました。ありがとうございます。 ・確かに拝見いたしました。ありがとうございます。 ・内容を確認しましたので、ご連絡いたします。ご配慮いただきありがとうございました。

「ご確認ください」の類語

ご一読ください

ご一読」は<ごいちどく>と読みます。 「一読」は「一度読むこと。ひととおり読むこと」を意味しています。 「ご一読ください」といった場合は、配布した書類などに対して目を通しておいてくださいということになります。 ビジネスシーンにおいて「ご一読」は、会議が行われる際に資料を配布し、上司など目上の人に対して読んでおいてほしいときに使うことができます。 「目を通してください」と言っても問題ありませんが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性があるので、「ご一読ください」を使うのが良いでしょう。

例文 ・明日の会議までに、お渡しした資料をご一読いただければと思います。 ・弊社の新しいパンフレットで完成しました。大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いです。 ・◯◯の件についての詳細は、添付資料をご一読くださるとようお願いいたします。

ご査収くださいませ

「ご査収」は<ごさしゅう>と読みます。 「査収」は「よく調べた上で受け取ること」を意味しています。 「ご査収ください」は相手に何か渡す際に使いますが、ただ受け取るのではなく、中身や内容の確認をした上で受け取ってくださいということを伝えたい場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご査収ください」は、見積書や納品書、請求書などに記載している内容に間違いがないか、確認してもらう際に用います。 一般的に「ご査収」は口語よりもメールなど書き言葉として使います。

例文 ・見積書を送付いたしましたので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ・訂正いたしました書類を送付いたしました。何卒ご査収ください。 ・明日の会議についての資料を添付いたしますので、ご査収ください。

「ご高覧」の読み方と意味、使い方、例文、「ご査収」との使い分け

eigobu.jp

ご覧ください

「ご覧ください」は「見る」の尊敬語である「ご覧になる」に丁寧語の補助動詞である「ください」が付随した言葉です。「見てください」を丁寧にした表現になります。 「ご覧ください」には”私のためにどうか見てください”という意味合いがあり、”面倒なことをお願いして申し訳ありませんが”という気持ちを表します。 「ご覧ください」は正しい敬語であり、話者より立場の上の人に対してお願いするときに使うことができます。ビジネスシーンでは、上司や顧客、取引先などに対して「ご覧ください」を使うことができます。

例文 ・詳細はお手元の資料をご覧ください。 ・新商品のカタログを同封いたしましたので、ご覧ください。 ・企画書を添付いたしましたので、一度ご覧いただければ幸いです。

ビジネスシーンでの「ご覧ください」の意味と使い方 - 類義語も紹介

eigobu.jp

ご高覧ください

「ご高覧」は<ごこうらん>と読みます。 「高覧」は「他人が見ること」を意味する尊敬語です。 「ご高覧」は目上の人に、文章や商品を見てもらうことをお願いするときに使用します。 「ご高覧」はやや改まった言い方です。ビジネスシーンにおいての「ご高覧ください」は、目上の人に資料や書類を見てほしい場合、商品を紹介する場合などに使います。

例文 ・弊社のパンフレットを同封いたしました。よろしければご高覧ください。 ・会議の詳細につきましては、資料をご高覧いただきたく存じます。 ・資料を送付いたしますのでご高覧賜りますようお願いいたします。

お目通しください

「お目通し」は「目上の人が、書類や実物などについて全体的に目を通すこと」を意味します。 「お目」は「他人の目の尊敬語」を表しています。 「お目通しください」は「初めから終わりまでじっくり見る」ではなく、「全体を簡単に見渡す」「全体を大まかにチェックする」という意味合いになります。 ビジネスシーンでの「お目通しください」は、「軽くで結構ですので、読んでください・見てください」という場合に使います。 一方で、自分の行動に対して「この前の資料、目を通しておきましたよ」などと言ってしまうと、「適当に読んでおいた」という意味に捉えられてしまう可能性もあるので注意しましょう。

例文 ・企画書が完成いたしました。お時間がある時にお目通しください。 ・調査書の直しが終わりました。改めて、お目通しお願いいたします。 ・先日、お願いした◯◯の資料はお目通しいただけましたか。

ご参照ください

「ご参照」は<ごさんしょう>と読みます。 「参照」は「照らし合わせて見ること」「引き比べて参考にすること」を意味します。 「参照する」は”照らし合わせて確認し、そのものの理解を深める”という意味で使われます。例えば「お支払いの詳細は明細書をご参照ください」などと使われます。 「ご参照ください」といった場合は、「理解を深めるために、既にある資料や知識などと他の情報と照らし合わせて見てください、読んでください」という意味になります。

例文 ・詳しくは下記のサイトをご参照ください。 ・契約内容につきましては、別紙の資料をご参照ください。 ・記録ファイルをご参照ください。

ご検収ください

「ご検収」は<ごけんしゅう>と読みます。 「検収」は「納品されたしなが注文通りであることを確かめた上で受け取ること」を意味します。 「ご検収ください」は品が実際に届くときに使い、書類など数量を確認しないものには使われません。 また、コンピュータのシステムを外注したときに検証してほしいという場面でも用います。

例文 ・商品に間違いがないか、ご検収ください。 ・システムに誤りがないか、ご検収お願いいたします。

「ご確認ください」の英語

「ご確認ください」の英語表現を考えていきましょう。 「確認する」は、「check」という動詞がありますが、ビジネスシーンで使用する場合は「confirm」という動詞が適しています。「confirm」も「確認する」という意味ですが、より堅くフォーマルに使うことができます。 また「make sure」という表現も使うことができます。「make sure」の後にはthat節がフォローし主語、動詞と続きます。 英語のビジネスメールなどで依頼・お願いする際は「please」よりも、 「could you please...?」:...してくださいますか 「Would you be able to...?:...していただくことは可能でしょうか というフレーズが最もよく使われます。「please」だと意外と直接的な響きがあり、あまり親しくないビジネス関係者に対しては使用を避けておいた方が無難です。 それでは例文です。

Could you please confirm the current status?

現在の状況をご確認ください。

Would you be able to make sure that the revised document is attached in this email? Thank you.

修正した資料がこのメールに添付されているかご確認ください。よろしくお願いいたします。

「make sure」の使い方に関してもっと詳しくみたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

【完全版】「make sure」の意味と使い方

eigobu.jp

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「ご確認ください」について理解できたでしょうか? ✔︎「ご確認ください」は「確かめてください」「認めてください」を意味する ✔︎「ご確認ください」は目上の人に使っても問題ない ✔︎「ご確認なさってください」「ご確認の程お願いします」とすると、より丁寧な表現になる ✔︎「ご確認ください」の類語には、「ご一読ください」「ご査収ください」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「お願いしたく存じます」の意味と使い方、ビジネスにおける『お願い』の様々な表現

eigobu.jp

「概ね」の範囲や程度の定義は?正しい意味と使い方、類語、「概ね良好」も紹介!

eigobu.jp

「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?その他『連絡する』の敬語表現との使い分け

eigobu.jp

間違いも多い「ご賞味」の意味と使い方、「ご笑味」との違いを解説!

eigobu.jp

「さしあたって」の意味と使い方、例文、敬語変換、英語表現を解説します

eigobu.jp

「お送りします」の意味と使い方 - 「送る」の敬語変換と類語を紹介します

eigobu.jp

「送付」の意味と使い方、例文、類語「郵送・発送」との違いと使い分け

eigobu.jp

「できかねます」の意味と使い方、断る敬語表現、漢字、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

間違いも多い?「重々承知」の意味と使い方、英語表現、ビジネスシーンでの例文を紹介!

eigobu.jp

「念のため」の意味と使い方、英語表現を解説します

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 間違いも多い?「ご確認ください」の正しい使い方、その他「ご確認」の敬語表現は?