1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「拝聴」は音楽や講演でも使う!正しい意味、使い方、類語、英語を紹介!
「拝聴」は音楽や講演でも使う!正しい意味、使い方、類語、英語を紹介!

「拝聴」は音楽や講演でも使う!正しい意味、使い方、類語、英語を紹介!

「拝聴」という言葉をご存知でしょうか?「拝聴」は「聞く」の謙譲語ですが、間違った敬語表現で使っている方も少なくありません。しかしビジネスシーンでは間違った敬語表現での使用が認められれいるケースがあります。そこで今回は「拝聴」の意味や正しい敬語表現、または間違った使い方について解説していきます。

「拝聴」の読み方・意味

「拝聴」の読み方は「はいちょう」

「拝聴」は、「はいちょう」と読みます。

「拝聴」の意味は「聞く」の謙譲語

「拝聴」は「聞く」の謙譲語で、「つつしんで聞く」という意味です。 「拝」は音読みだと「ハイ」、訓読みだと「おがむ」と読みます。 「拝」には「頭を下げて礼をする」「あがめる」「ありがたく受ける」という意味があります。 「聴」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「きく」と読みます。 「聴」には「耳をすまして聞く」「聞き入れる」という意味があります。 また「拝」は「拝む(おがむ)」ことを表す言葉なので、謙遜の気持ちを表すときによく使います。 「拝む」は感謝を示す行為のことなので、「拝」が含まれる言葉には「ありがたく◯◯する」という気持ちが込められます。 つまり「拝聴する」は、「ありがたく聞くこと」を表しています。

「拝聴」の使い方

「拝聴」はビジネスシーンで使う

「拝聴」は日常会話ではあまり使いませんが、ビジネスシーンではよく使われる言葉です。 ビジネスシーンでの「拝聴」は主に、目上の相手のプレゼンテーションや講演・取引先の話を聞くときに使われます。 「拝聴」は主に書き言葉として使うので、口語ではあまり使いません。

「拝聴」は音楽や講義に対しても使う

「拝聴」はビジネスシーン以外でも、音楽や講義を聞いた際にも使うことができます。

「拝聴する」「拝聴します」が正しい表現

「拝聴します」は「聞く」の謙譲語「拝聴する」+丁寧語「ます」が組み合わさっています。 敬語としても正しい表現であり、相手に丁寧な印象を与えることになります。

「拝聴しています」/「拝聴しております」は継続・進行を表す

「拝聴しています」は「聞いている」「聞いています」という意味になります。 例としては、「いつもラジオを拝聴しています」などと使うことができます。 「拝聴しています」は「今聞いている」とかではなく、「前々から聞き続けていること」を表すときに使用します。 また「テレビを拝聴しています」という使い方は不適切になります。 テレビは「聞く」と言うよりも、「見る」ものと認識されています。そのため「テレビを拝聴しています」よりかは「テレビを拝見しています」の方が適切な表現になります。 「拝聴しております」の「〜しております」は、行動が継続・進行している様子を表します。 「拝聴しています」より「拝聴しております」の方が丁寧な表現になります。

「拝聴」の例文

「拝聴する」「拝聴します」の例文

・◯◯様のお話を直接拝聴できますことを、心から楽しみにしております。 ・先日は先生のご高話を拝聴することができ、大変光栄でした。 ・先日の講演では大変興味深いお話を拝聴しました。 ・たくさんのアドバイスを拝聴することができ、大変勉強になります。 ・有名なピアニストの演奏を拝聴することができました。

「拝聴しています」「拝聴しております」の例文

・○○さんの曲は、毎晩拝聴しております。 ・先生のラジオは、中学生の頃から今もずっと拝聴しています。

「拝聴」を使う上での注意点

「拝聴」は他人の聞く行為には使用しない

「拝聴」は「聞く」ことの謙譲語です。謙譲語は「自分を低くしながらも相手に敬意を示す敬語」です。謙譲語は自分を低くするため、自分のことを表す時に用います。 謙譲語からわかるように「拝聴」は「自分が聞くこと」を伝えたいときに使用するので、他人が「聞くこと」を表すときは使用しません。 例えば「この案件について拝聴しましたか」と相手に聞くことは間違いになります。目上の相手には下記で紹介する尊敬語を用います。

他人が聞く場合は「お聞きになる」を使う

「聞く」の尊敬語は、「お聞きになる」「聞かれる」になります。 「尊敬語」とは、相手を立てるときに使う敬語になります。目上の相手に敬意を示す時に使用します。 「お聞きになられる」は、尊敬語「〜れる・られる」と受身・可能の「〜れる・られる」と間違えられやすいのであまり使用しません。

○「お聞きになる」「聞かれる」を用いた例文 ・お聞きした件の内容について聞かせてもらえないでしょうか。 ・課長はプロジェクトの件について聞かれましたか。 ・もしよろしければ、一度お聞きになってください。

「ご拝聴」などは過剰な敬語表現になる

例えば「ぜひお話をご拝聴したいです」、この使い方は間違いになります。 なぜなら「拝聴」にはすでに謙譲の意味が含まれているため、「ご~する」という謙譲表現を足す必要があないからです。「ご拝聴」だと二重敬語になってしまいます。 この場合であったら、「ぜひお話を拝聴したいです」が適切になります。 丁寧な表現にしようとして、過剰に敬語を付け加えてしまうと、かえって相手に失礼な印象を与えてしまいます。「拝聴」は「ご」をつけずにそのまま使って問題ないので気をつけましょう。

「拝聴いたします」は二重表現

「拝聴いたします」はよく使われる言葉ですが、文法的に正しい使い方ではありません。 「拝聴いたします」は「聞く」の謙譲語「拝聴する」+「する」の謙譲語「いたす」になるため、二重敬語になってしまいます。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため良くないとされていますが、ビジネスシーンで「拝聴いたします」「拝聴いたしました」は頻繁に使用されています。 文法的には正しくありませんが慣習的によく使う表現なので、違和感のある表現ではありません。 しかし、しかし、慇懃無礼だと相手にくどい印象を与えてしまう場合もありますので注意しましょう。

「拝見させていただきます」も二重表現

「拝聴させていただきます」は、「聞く」の謙譲語「拝聴する」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」なので、二重敬語になります。 「〜させていただく」は、相手から許可をもらい何かをして、それを敬語で報告する表現です。 「拝聴いたします」と同様で文法的には正しくありませんが、ビジネスシーンでは「拝聴させていただきます」や「拝聴させていただきました」がよく使われています。 しかし「拝見いたします」と同様に、慇懃無礼だと相手にくどい印象を与えてしまう場合もありますので注意しましょう。

「拝聴」に似た敬語表現

「拝見」は「見る」の謙譲語

「拝見」は<はいけん>と読みます。              「見る」の謙譲語で、自分が見る動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝見する」はメールや書類を「見る」「読む」「目を通す」という意味になります。 「内容や目的を理解した」というニュアンスも含まれています。 「拝見」は「拝見します」という形でよく使われます。 例えば、目上の相手に「見せていただいてもよろしいでしょうか」だとくどい言い方になりますが、 「拝見してもよろしいでしょうか」と言い換えることでスマートな印象を与えられます。 「拝見いたします」「拝見させていただきます」は二重敬語になりますが、ビジネスシーンでは慣習的によく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。

例文 ・教授が出版された本を拝見しました。 ・御社の求人広告を拝見して、メールをお送りいたしました。 ・参考文献を送ってくださりありがとうございます。さっそく拝見しました。 ・企画書を拝見しました。とても素晴らしい内容だと思います。

「拝読」は「読む」の謙譲語

「拝読」は<はいどく>と読みます。 「読む」の謙譲語で、自分が読む動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝読する」は「メールや書類を読んだ」という意味になります。 例えば目上の相手に「こちらの資料は拝読されましたか?」と聞くと、逆に相手を下げて自分を高めているという表現になってしまいます。 「拝読」はその読み物を書いた本人に対してへりくだる意味があります。 例えば上司からのメールは「拝読しました」と言いますが、 上司から借りた本を上司に「拝読しました」と伝えるのは、上司に敬意を払っていないことになります。 「拝読」はメールや手紙、資料を読んだことを、相手に伝えるときに使うのが一般的です。 「拝読しました」「拝読します」といったように使うことができます。

例文 ・◯◯様、お手紙拝読しました。 ・◯◯さんからお借りした本を拝読した。 ・先ほど頂いた資料を拝読したところ、間違いがあったのでご報告いたします。 ・同窓会の案内状を拝読する。 ・企画書を拝読したところ、お尋ねしたい点があったので連絡いたしました。

「拝借」は「借りる」の謙譲語

「拝借」は<はいしゃく>と読みます。 「借りる」の謙譲語で、自分が借りる動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「お手を拝借!」と聞いたことがある方もいると思います。「拝借」は基本的には「御本を拝借してもよろしいでしょうか」といったように物を借りる時に使うことが多いですが、他にも「◯◯様のご意見を拝借したいです」といったように使うこともできます。 また「借りる」の謙譲表現には「恩借(おんしゃく)」という言葉もあります。 「恩借」の意味は「人の好意によって金銭や品物を借り受けること。また、その金品」になります。 「恩借」は「経営難や借金などで知人や親族などに金を借りる」という意味で使われることが多いです。 「拝借」と「恩借」では意味が全く違うので間違わないように注意しましょう。

例文 ・◯◯様のお知恵を拝借したいです。 ・失礼をもかえりみず貴重なお時間を拝借いたしましたこと、お詫び申し上げます。 ・貴重なお時間を拝借いたしましたこと、伏してお詫び申し上げます。 ・お手洗いを拝借したいのですが、どちらにありますか?

「拝覧」は「見る(主に観覧)」の謙譲語

「拝覧」は<はいらん>と読みます。 「拝覧」は、「見る」の謙譲語で、自分が見る動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝覧」は「拝見」と同義語になります。 「拝見」は見ること全般に使うことができる言葉です。 一方「拝覧」は主として宗教関係の建物や美術品などを観覧・鑑賞する場合に使用します。 「拝覧」は基本的にはあまり使わない表現で、「拝覧」と「拝見」では「拝見」の方が多く使われます。

例文 ・◯◯寺の非公開の庭園を拝覧させていただきました。 ・博物館では最古の写本を拝覧することができました。

Article 17 thumb

二重敬語に注意!敬語「拝見する」の正しい意味とビジネスでの使い方

eigobu.jp
Article 23 thumb

「拝読」の正しい意味とビジネスでの使い方!類語や二重敬語も解説

eigobu.jp

「拝聴」の類語

拝聞(はいぶん)

「拝聞」は、「聞く」の謙譲語で、「謹んで聞く」という意味です。 「拝聴」と同じ意味ですが、「拝聴」よりも使用頻度が少ない言葉になります。

例文 ・◯◯様のご意見を拝聞する ・並々ならぬ苦労をなさったと拝聞する

清聴(せいちょう)

「清聴(せいちょう)」は、「聞く」ことを敬っていう表現です。 「清聴」は講演などで、相手が自分の発表・演説を聴いてくれたことや自分の話を聞いてくれることに対して用いることが多いです。 講演やスピーチの最後に「私の話を聞いてくれてありがとうございます」という意味を込めて「ご清聴ありがとうございました」と言うことができます。

例文 ・本日のご清聴に感謝申し上げます。 ・ただいまより始まりますのでご清聴をお願いいたします。

謹聴(きんちょう)

「謹聴」は、「謹んで聞くこと」を意味しています。 「謹聴」は「拝聴」と「拝聞」と同じ意味になります。 ただ「謹聴」は 演説会などで、「静かに聞く」の意で聴衆が発する語でもあります。 相手に「謹聴」と言うことによって「静かに聞いてください」ということを伝えられます。

例文 ・彼の演説が始まると観客は謹聴した ・間も無く講演が始まるので謹聴してください。

伺う

「伺う」は「聞く」の謙譲語になります。 「伺う」は「拝聴」と同じ意味になります。 「伺う」は「聞く」という意味の他に「誰かから伝え聞く」という意味で「伺っております」と使うこともできます。例えば、「今日の会議のことについて聞いた?」と言われた場合に、「◯◯さんから伺っております」と言うことができます。

例文 ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・ちょっと伺いたいのですが、◯◯さんの家はどの辺でしょうか。

承る

「承る」は「聞く」の他にも、「受ける」「伝え聞く」「引き受ける」の謙譲語で、「謹んで聞く」「謹んで受ける」という意味になります。 「承」漢字一字には、「前のものを引き継ぐ」「相手の意向・意図を受け入れる」といった意味があります。 つまり「承る」は、相手の話を「しっかり聞いた」「引き受けた」「対応した」という意味になります。 「承る」は「伺う」よりも敬意が強い表現になります。

例文 ・ご依頼いただきました件について、承りました。 ・ご注文承りました。明日までにはお送りいたします。

傾聴(けいちょう)

「傾聴」は「耳を傾けて、熱心に聞くこと」を意味しています。 元々「傾聴」はカウンセリングにおける技法で、相手の気持ちに寄り添って、注意深く共感的に「聞く」ことを意味しています。ちなみに「傾聴」は敬語ではありません。

例文 ・私は彼の話に傾聴していた。 ・彼女は口を挟まずに傾聴していた。

「拝聴」の英語表現

「拝聴」の英語表現を考えていきましょう。 英語には謙譲語という概念がありませんので、「拝聴」は「聞く」を意味する英語を考えればOKです。 「拝聴」は、 ・listen to ...:(意識的に)聞く を使うとよいでしょう。 「hear」は「(意識せずに)聞こえる」という意味なので、「拝聴」には適しません。

It was such an honor to listen to your honor.

お話拝聴できて、ともて光栄でした。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。ビジネス英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「拝聴」のまとめ

「拝聴」について理解できたでしょうか? ✔︎「拝聴」は「聞く」の謙譲語 ✔︎ 謙譲語なので自分の動作に使い、相手の動作には使えない ✔︎「聞く」の謙譲語「拝聴する」+丁寧語「ます」の「拝聴します」が正しい表現 ✔︎「拝聴いたします」「拝聴させていただきます」は二重敬語だが、慣習的によく使われる表現 ✔︎「拝聴」に似た言葉には「拝見」や「拝読」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

Article 12 thumb

「お申し付けください」は間違い?意味、社内での使い方、別の言い方、英語も紹介

eigobu.jp
Article 18 thumb

「逡巡」の意味、使い方、例文、類語「葛藤」「躊躇」との違い、英語

eigobu.jp
Article 8 thumb

「お忙しいところ恐れ入りますが」ビジネスメールや返信の例文、類語、英語

eigobu.jp
Article 2 thumb

「あしからず」の意味、使い方、類語、英語!ビジネスでは「ご了承ください」をつける

eigobu.jp
Article 15 thumb

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

eigobu.jp
Article 14 thumb

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方、返し方、類語・言い換え、英語も

eigobu.jp
Article 9 thumb

「お伺いします」の意味、メールの使い方、類語、英語

eigobu.jp
Article 2 thumb

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

eigobu.jp
Article 3 thumb

「微力ながら」の意味、ビジネスにおける使い方と例文、類語、英語も

eigobu.jp
Article 4 thumb

「差し支えなければ」の意味、使い方、例文、類語、英語表現も紹介

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「拝聴」は音楽や講演でも使う!正しい意味、使い方、類語、英語を紹介!