1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「留意」の意味と使い方、読み方、敬語は?類語「配慮」との違いとは?
「留意」の意味と使い方、読み方、敬語は?類語「配慮」との違いとは?

「留意」の意味と使い方、読み方、敬語は?類語「配慮」との違いとは?

「留意」という言葉をご存知でしょうか。「留意」は日常会話だけではなく、ビジネスシーンでも使われることが多いです。では、「留意」とはどのような意味なのでしょうか。普段何気なく使っているけど、意味はよくわかっていないという方も多いかもしれません。適切に使うには、意味についてしっかりと知っておくことが大切です。そこで今回は「留意」の意味や使い方、読み方、「注意」との違いについて解説していきます。正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「留意」の読み方と意味

「留意」の読み方は「りゅうい」

「留意」は「りゅうい」と読みます。

「留意」の意味は「心に留めること、気をつけること」

「留意」の意味は「心に留めること、気をつけること」です。 「留」は「止めること」、「意」は「こころ、思っていること」を意味します。 「意を留める」と書くように、ある物事を常に意識したり、注意を払いながら何かを行うことを表します。

「留意」と「注意」の違い

「注意」の方が危険度が高い

「注意」は「心を集中させて、意識すること」を意味します。 「◯◯に注意する」「注意して◯◯を行う」使い、危険な可能性がある物事に対して、最悪の事態にならないように気をつけることを表します。「注意」には「物事に警戒する」というニュアンスが含まれます。 「留意」と「注意」は意味が似ていますが、注意の方が危険度が高いです。

例文 ・雨が降って道がぬかるんでいるため、足元に注意する。 ・ミスを起こさないように、細心の注意を払って物事を進める。

「注意」と「留意」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「留意点」と「注意点」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「留意」と「注意」の言い換えは不可

「注意」は「留意」の類語であるものの、緊急度合いが異なるため基本的に言い換えることはできません。 ・細心の注意 ===> ☓細心の留意 ・足元に注意 ===> ☓足元に留意 ・飛び出し注意 ===> ☓飛び出し留意 ・取り扱い注意 ===> ☓取り扱い留意 ・やけどに注意 ===> ☓やけどに留意 上記のように言い換えるのは不適切です。意味は通じますが、通常このような言い回しは使いません。 危険度・緊急度がそこまで高くない場合は、「注意」を使わず、「留意」を使うとよいでしょう。

「留意」の使い方と例文

「留意する」「留意が必要」「留意しなければならない」などの形で使う

「留意する」ならば「ある物事に注意して、気をつけること」を意味します。 「◯◯に留意する」「留意して◯◯を行う」という形で用います。 「留意が必要だ」「留意しなければならない」などの言い回しも存在します。

例文 ・会社経営をするなら、社長は健康に留意するのも仕事の一つだ。 ・サービスを利用するにあたって、アカウントの管理に留意しなければならない。

「ご留意ください」は相手に注意を促す表現

「ご留意ください」は「心に留めて、気にかけておいてください」という意味です。 「ご◯◯〜ください」という形なので、丁寧な命令文です。 口語でも書き言葉でもビジネスシーンで広く使われます。

例文 ・実験を行う上で重要となるポイントがいくつかあります。各自ご留意ください。 ・明日の打ち合わせには社長が参加されます。失礼のないようにご留意ください。

正しい敬語?「ご留意」の意味とビジネスでの使い方!類語・言い換えも紹介

eigobu.jp

「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介

eigobu.jp

「ご留意くださいますようお願い申し上げます」「ご留意の程よろしくお願いいたします」はより丁寧

「ご留意ください」は正しい敬語表現ですが、直接的な表現なので目上の人に使うのは失礼だと感じる人もいます。 そこで、「ご留意くださいますようお願い申し上げます」「ご留意の程よろしくお願いいたします」などを使うとより丁寧な表現になります。

例文 ・資料を作成する上で、誤字脱字がないようにご留意くださいますようお願い申し上げます。 ・サイトをご利用するにあたって、下記の点についてご留意の程よろしくお願いいたします。

「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「くれぐれもお体にご留意くださいませ」は相手の体調を気遣う言い回し

「くれぐれもお体にご留意くださいませ」は「体調を崩さないように気をつけてください」という意味で、相手の体調を気遣う表現です。 「くれぐれも」は「何度も繰り返して、心を込めてお願いすること」を意味します。 「お体にご留意のほど、お願い申し上げます」「お体には十分ご留意ください」「体調を崩さないようご留意ください」「お風邪を召されないようご留意ください」など様々な言い回しがあります。 手紙やメールの結びの言葉として使われています。

例文 ・時節柄ご健康には一段とご留意のほどお願い申し上げます。 ・季節の変わり目は体調を崩しやすいですので、くれぐれもお風邪を召さないようご留意ください。

「留意いたします」「留意するようにします」は謝罪・お詫びで使う

自分が注意することを意思表明する場合は、「留意いたします」「留意するようにします」と使います。 「留意します」を丁寧にした表現が、「留意いたします」「留意するようにします」となります。 謝罪・お詫びの文章で使います。

例文 ・今後は同じ失敗を繰り返さないよう、十分留意いたします。 ・返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。以後このようなことがないように留意するようにします。

「留意点」「留意事項」などとも使う

ビジネスシーンでは「留意点」「留意事項」という言葉も使われます。 「留意点」「留意事項」は、相手に気に留めておいてほしいこと、覚えてほしいポイントなどを記入するときに使います。

例文 ・取引を行う上で留意点がいくつかある。 ・企画実行に関する留意事項を関係者に説明する。

「留意」の類語は「配慮」「考慮」「顧慮」「気遣い」「気配り」「心配り」など

「留意」の類語には、「配慮」「考慮」「顧慮」「気遣い」「気配り」「心配り」「用心」「心遣い」「警戒」「関心」などがあります。 これらの表現は「ある物事に対して注意を払うこと」を意味します。 「配慮」は「注意を払う」という意味だけではなく、「心を働かせる」と相手のことを思いやるという気持ちも含まれます。

例文 ・この度は会議の日程についてご配慮いただき、誠にありがとうございます。 ・相手の事情を考慮した上で、スケジュールを決定しなくてはならない。

「留意」の英語

「Please keep...in mind」「Please note that...」

「留意」の英語表現は、 ・Please keep...in mind ・Please note that... などと使います。

Please keep this point in mind.

この点ご留意ください。

Please take care of your health.

お身体にご留意ください。

Please take care of your health.

お身体にご留意ください。

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話に関してまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習におすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 イラストや例文などが満載なので、これを機会にスラング英語をマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

まとめ

「留意」について理解できたでしょうか? ✔︎「留意」は「りゅうい」と読む ✔︎「留意」は「心に留めること、気をつけること」を意味する ✔︎「ご留意ください」「くれぐれもお体にご留意くださいませ」などと使う ✔︎「留意」の類語には、「配慮」「考慮」「気配り」「用心」などがある

「すみません」が正しい!「すいません」との違いや分別は?ビジネスでの使い方を紹介

eigobu.jp

「ご照会」の意味とメールでの使い方、敬語、「ご照会の件」とは?

eigobu.jp

「以下」と「未満」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「おしなべて」の意味と使い方、方言、類語「あまねく・おおむね」との違い

eigobu.jp

「できません」は敬語での言い換えは?ビジネスメールでの使い方を開設

eigobu.jp

「以下」と「未満」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

おすすめの記事

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「留意」の意味と使い方、読み方、敬語は?類語「配慮」との違いとは?