1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「必須」「必要」「必至」「必死」の違いを解説!類語や英語表現も紹介
「必須」「必要」「必至」「必死」の違いを解説!類語や英語表現も紹介

「必須」「必要」「必至」「必死」の違いを解説!類語や英語表現も紹介

よく使われる日本語に「必」のつく言葉がいくつかあります。 今回はその中から「必須」「必要」「必至」「必死」の違いについて説明します! それぞれの正しい意味、使い方、類語、英語表現も解説します!

「必須」とは

「必須」の意味

必ず須いる(もちいる)べきこと」で「必須」です。 必ずなくてはならないことを指します。 「須いる」は「用いる」と同じ意味を持ちます。 「須」の字は、本来「ひげ」の意味を持ちました。 ひげは「男として必要なもの」とされていたので、「用いる、待ち求める」という意味で使われるようになりました。 その後「必須」などと様々な言葉として使われるようになったため、本来の「ひげ」の意味を持つ漢字を作ろうと「鬚(ひげ)」が生まれました。

「必須」の使い方

「必須」は「必須である」「○○は必須」などと用いられます。 また「必須項目」「必須科目」など、いくつか選択肢があるうちで「必ずしなくてはならないもの」を指す言葉としても使われています。 その他使い方は例文を参考にしてください。

「必須」の例文

「我が社の営業部は車の運転をしなければならないため、運転免許証は必須である」 「今度の取引の必須条件を確認する」 「我が家の日曜日の朝ごはんに納豆は必須メニューだ」 「この契約では、オプションは必須である」

「必須」の類語

○必要 意味:なくてはならないこと、どうしてもしなければならないこと ○強制的 意味:相手の意思を無視して、無理にさせるさま ○必需 意味:どうしても必要であること、なくてはならないこと ○不可欠 意味:欠くことのできないこと、必須であること

「必要」とは

「必要」の意味

必ず要ること」で「必要」です。 「なくてはならないこと」「どうしてもしなければならないこと」といった意味を持ちます。 「物や行為」に対して使われます。

「必要」の使い方

「必要」も「必要である」「○○する(動詞)必要がある」「○○(名詞)は必要」などと使われます。 また、必要には、打ち消しの助詞「不」を付けて「不必要」となり「必要ではない」といった言葉としても用いられています。 詳しくは例文を参考にしてください。

「必要」の例文

「仕事上どんなことも報告・連絡・相談することが必要だ」 「あなたの心配の必要はない」 「明日の会議にその資料は不必要です」 「必要な資料は本日配布します」 「今回のプロジェクトこそ彼の必要性を感じる」

「必要」の類語

○入用 意味:用をたすのに必要なこと ○肝要 意味:非常に大切なこと、最も必要なこと ○須要 意味:なくてはならないこと、どうしても必要なこと

「必至」とは

「必至」の意味

必ず至る」で「必至」です。 必ずその結果になることです。 「至」は「至る」という漢字で、「行き着く、到着する」といった意味も持ちます。 要するに「必死」は「必ずそうなること(至ること)」「そうなることが避けられないこと」といった意味です。 「そうなることが必然である」ことを指します。

「必至」の使い方

文脈では「必至なこと」「必至である」と用います。 「どうなるか結果がわかっていること、予測できること」に対して「○○となるのは必至である」といった使い方をします。 詳しくは例文を参考にしてください。

「必至」の例文

「売り切れ必至!」 「入社して4年目の異動は必至なことである」 「誰にも言わずに他社の人間と密会していれば疑われることは必至である」 「いくら個々に才能があったとしても、仲が良くなければチームの解散は必至だ」 「あれだけの練習量をこなしているのだから、彼女が金メダルを獲るのは必至だと思っていた」

「必至」の類語

○必然的 意味:必ずそうなるさま ○不可避 意味:避けようがないこと ○余儀ない 意味:他になすべき方法がない ○不可抗 意味:人の力では逆らうことができないさま

「必死」とは

「必死」の意味

必ず死ぬ」で「必死」です。 「必ず死ぬこと」といった意味もありますが、日常的には「死ぬ覚悟で全力をつくすこと」「死にものぐるい」といった意味で使われています。

「必死」の使い方

「必死」は「必死になる」「必死だ」などと使います。 「必死で我を忘れているさま」を「必死の形相」などと言ったりします。 また、「必死の思いで」ともよく使われています。 詳しくは例文を参考にしてください。

「必死」の例文

「次のプランについて必死になって考える」 「とにかく合格するために必死に勉強をした」 「必死な形相で走ってくるから何事かと思った」 「残業代が出なくとも、必ずプロジェクトを成功させようと必死の思いで働き続けた」 「必死にトレーニングと練習を重ね、彼女は金メダルを獲得した」

「必死」の類語

○本気 意味:冗談ではない本当の気持ち、まじめな気持ち ○真剣 意味:いい加減や遊び半分ではなく本気なこと ○死に物狂い 意味:死ぬことも恐れずにがんばること ○懸命 意味:ある限りの力を出し尽くして頑張ること ○決死 意味:命を投げ出す覚悟をすること、死を覚悟して物事を行うこと

「必須」「必要」「必至」「必死」の違い

「必須」は「必要」よりも「なくてはならない」ことを強く表現しています。 「絶対に必要!」なものが「必須」です。 「必要」は「無かったら役に立たない」、「必須」は「無かったら成り立たない」といったニュアンスです。 「必至」は「必ずそうなること」、「必死」は「そうなるために死にものぐるいでやること」です。 「必須」と「必要」は似た意味を持ち、「必至」と「必死」は同じ読みを持ちますが、それ以外は「」という漢字こそ共通するものの、意味や示されている内容は異なります。

「必須」「必要」「必至」「必死」の英語表現

「必須」「必要」「必至」「必死」の英語表現を見ていきます。文章でよく使う形容詞を見ていきます。 ・「必須」は「required」「mandatory」「compulsory」 ・「必要」は「necessary」 ・「必至」は「inevitable」 ・「必死」は「desperate」 一つずつ例文で使い方を見ていきましょう。

Working at Osaka office is required.

大阪オフィス勤務が必須です。

Is it necessary for all of us to be present at the meeting this afternoon?

今日の午後の会議全員出席する必要ありますか?

The factory closure is seemingly inevitable.

工場の閉鎖は必至だろう。

I was desperate to earn money at that time.

その当時、お金を稼ぐことで必死だった。

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「必須」「必要」「必至」「必死」について理解できたでしょうか? ✔「必須」と「必要」は似た意味を持ち「なくてはならないこと」 ✔「必至」と「必死」は同じ読みを持つが、意味は異なる ✔「必」という字がつき、どの漢字も「必」の次にくる漢字を強調している 日本語には、意味が混同しやすいものや読み方が同じものがたくさんあり、誤用することが多いので注意しましょう!

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

Article 5 thumb

「平素」の読み方、意味、ビジネスメールなどの使い方、類語、英語を紹介!

eigobu.jp
Article 1 thumb

「恐縮」の意味、ビジネスにおける感謝・謝罪での使い方、類語、英語

eigobu.jp
Article 6 thumb

「おかげさまで」の意味、使い方、例文、類語、敬語と英語表現も

eigobu.jp
Article 22 thumb

「終日」の意味とビジネスでの使い方、「全日」との違い、類語、英語

eigobu.jp
Article 9 thumb

「揶揄」の読み方、意味、使い方「比喩」との違い、類語、英語も

eigobu.jp
Article 20 thumb

「ご了承ください」の意味、使い方、返事の仕方 - 類語「ご容赦」「ご理解」も紹介

eigobu.jp
Article 1 thumb

「ご指導ご鞭撻」の意味、ビジネスや結婚式の使い方、類語、英語

eigobu.jp
Article 24 thumb

「痛み入ります」の意味、ビジネスでの使い方、類語、英語を紹介

eigobu.jp
Article 11 thumb

「おこがましい」の意味と類義語「厚かましい」「差し出がましい」との違い

eigobu.jp
Article 15 thumb

「齟齬」の意味、漢字、使い方、類語、英語を紹介!「相違」との違いも

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「必須」「必要」「必至」「必死」の違いを解説!類語や英語表現も紹介