1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 例文付き「痛み入ります」の意味と使い方、返し方、類語を紹介
例文付き「痛み入ります」の意味と使い方、返し方、類語を紹介

例文付き「痛み入ります」の意味と使い方、返し方、類語を紹介

「痛み入ります」の正しい意味、使い方、それに対する返答は知っていますか?「痛み入ります」は「恐れ入ります」と同じようなニュアンスで、ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですが、正しい意味を理解していない人も多いのではないでしょうか?また「痛み入ります」と「恐れ入ります」もニュアンスが微妙に違うので注意が必要です。今回は「痛み入ります」の正しい使い方を徹底解説したします。

「痛み入ります」の意味

「痛み入る」には ・相手の親切・好意に恐縮する ・相手の図々しい様子にあきれる という意味があります。 基本的に「相手の親切・好意に恐縮する」といった意味で使います。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなく、あくまでも「感謝」の気持ちを表します。

「痛み入ります」の使い方

「痛み入ります」は、取引先や上司など目上の相手に使うことができる言葉で、ビジネスシーンでは頻繁に使用されます。 目上の相手に対して使う言葉なので、親しい友人や同僚に対して使うと皮肉だと受け取られてしまう可能性があります。 「お心遣い痛み入ります」「ご厚情痛み入ります」「お気遣い痛み入ります」といったようにも使えます。 また葬儀や身内に不幸があった際などに、「この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」と言われたときの返答として、「お悔やみ痛み入ります」「ご丁寧に痛み入ります」といったように用いることができます。 「ご忠告痛み入るよ」と嫌味を込めた表現もありますが、これは親しい仲間などに使うもので、本来の使い方とは違います。目上の相手に使わないように気をつけましょう。

「痛み入ります」への返し方

「痛み入ります」と言われた場合、なんて答えたら良いのでしょうか? 「痛み入ります」と言われたときは、 「とんでもないです」 と返すのがベターです。 「とんでもございません」は間違った表現になるので、使用しないようにしましょう。

「痛み入ります」の例文

「痛み入ります」の例文を紹介します。

「ご面倒をおかけすることになり、痛み入る思いです」 「◯◯様のお心遣い、誠に痛み入ります」 「わざわざ遠方からのご挨拶、痛み入ります」 「身に余る程お褒めのお言葉をいただき、痛み入ります」 「貴重なご意見、痛み入ります」 「この度の急な申し出を引き受けていただき、ありがとうございます。皆様のお気遣い痛み入ります」

「痛み入ります」の類語

「痛み入ります」の同義語を紹介します。

恐れ入ります

「恐れ入る」には5つもの意味があります。 ・ 大変恐れる ・ 目上の人に迷惑をかけたり失礼なことをしたりして申し訳ないと思う ・ 相手の行為をありがたく思う ・ 相手の力量・実力に圧倒され、まいったと思う ・ 相手のあまりの酷さに言葉が出ないほど呆れる 「痛み入る」と同じ意味なのは「相手の行為をありがたく思う」のみになります。 「痛み入る」と「恐れ入る」は共に心情を表現する言葉ですが、全く同じ意味を表すわけではありません。 相手の好意に感謝の意を表すときに、「痛み入る」か「恐れ入る」、どちらを使った方がいいのか混乱します。 使い分けとしては、 「痛み入ります」は「相手の親切や好意が自分には勿体無いと感じ、心が痛くなるほど申し訳ない」で、 「恐れ入ります」は「相手の好意や親切に対して感謝の気持ちよりも申し訳ないという気持ちが勝って、恐縮してしまう」 というニュアンスです。 「痛み入ります」の方が感謝の度合いが強くなります。

「恐れ入ります」の例文を紹介します。

◯「相手の行為をありがたく思う」という意味の「恐れ入ります」 「あたたかい励ましの言葉をいただき、恐れ入ります」 「いつもこのようなお気遣い、恐れ入ります」 ◯他の意味での「恐れ入ります」 「またお世話になると思います。そのときは恐れ入りますがお願いしてもよろしいでしょうか」 「恐れ入りますが、出口はあちらでございます」

恐縮です

「恐縮」の意味は「身もちぢまるほどに恐れ入ること」です。 「恐縮です」は、相手に感謝する気持ちや、相手に迷惑をかけて申し訳ない気持ちを表現するときに使う言葉です。 心からの有り難い気持ちを示すこともあれば、形式的に言ってるだけでかなり軽いニュアンスの場合、また相手に対する感謝の気持ちから派生する照れくささを表現している場合などもあります。 「恐縮です」には謝罪の意味が含まれていますが、「恐れ入ります」には含まれていません。

「恐縮です」の例文を紹介します。

「本日はお忙しい中ご足労いただき大変恐縮です」 「わざわざお忙しい中お時間を割いていただき恐縮です」 「お取り計らいをいただき、恐縮です。ありがとうございます」

お心遣いに感謝いたします

「お心遣いに感謝いたします」は「お(御)」+「心遣い」+「感謝」+「する」の謙譲語「いたす」で成り立っています。 「心遣い」の意味は「気を配る」「思いやる」です。 「お心遣い」は相手が自分のためにしてくれた好意に対して、思いやりや気配りを感じたときに、それに対しての気持ちを表すときに使用します。 「お心遣い感謝いたします」は、主に取引先や目上の相手や上司などに対して使います。

「お心遣いに感謝いたします」の例文を紹介します。

「皆様のあたたかいお心遣いに感謝いたします」 「毎度のことながら、ご親切なお心遣い感謝いたします」 「わざわざ控え室まで設けてくださり、お心遣いに感謝いたします」

「痛み入ります」の英語表現

「痛み入る」は「相手の親切・好意に恐縮する」という意味ですが、英語圏の人々に「好意に対して申し訳なく思う」という感覚はありません。相手の好意に対する感情は「感謝」になります。 よって、「痛み入ります」は Thank you for...:...痛み入いります。 となります。 例文を見てみましょう。

Thank you so much for your kindness.

心遣い痛み入ります。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。ビジネス英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

Article 16

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

さいごに

「痛み入ります」について理解できたでしょうか? ✔︎「痛み入ります」は「相手の好意に恐縮する」という意味で感謝の気持ちを表す ✔︎「痛み入ります」は目上の相手に使う表現 ✔︎「痛み入ります」の返しは「とんでもないです」が良い ✔︎「恐れ入ります」よりも「痛み入ります」の方が感謝の気持ちが強い

この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 例文付き「痛み入ります」の意味と使い方、返し方、類語を紹介