1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 上司に使える?「お引き立て」の意味と使い方、例文、類語「ご愛顧」との違いを解説!
上司に使える?「お引き立て」の意味と使い方、例文、類語「ご愛顧」との違いを解説!

上司に使える?「お引き立て」の意味と使い方、例文、類語「ご愛顧」との違いを解説!

「お引き立て」という言葉をご存知でしょうか。「お引き立て」は社会に出てから初めて知った、今まで知らなかったという人も多いかもしれません。ビジネスシーンでは、挨拶の際に使われ、他にもビジネス文書やビジネスメールなどで用います。「お引き立てを賜り〜」などと定型文のように書かれていることが多いですが、わかったつもりでつい見過ごしてしまうこともありますよね。よく使われる言葉でもあるので、しっかり意味を理解して、ミスなく使いこなしましょう。そこで今回は「お引き立て」の意味や使い方、類語との違いについて解説していきます。

「お引き立て」の意味

「引き立て」の意味は、 ・ひきたてること。ひきおこすこと ・特に挙げ用いること。ひいきすること。愛顧 となります。 動詞の「引き立てる」には、”ひいきにして力添えする。特に目をかける”という意味があります。 名詞の「引き立て」にも、”ひいきにすること。愛顧”という意味になります。 「お引き立て」の「お」は”尊敬”を表す接頭語です。 相手から受けた愛顧や、相手に求める支援などを「お引き立て」と呼びます。 ビジネスシーンでは企業や商店において、顧客から贔屓にしてもらい、相当額あるいは長年の取引実績を得ていることを「お引き立て」と言います。

「お引き立て」は正しい敬語?

「お引き立て」は正しい敬語です。 とてもフォーマルなので、取引先や顧客などに使うのに適してます。企業に対しても個人に対しても使っても、社内の上司などに使っても良いです。 「お引き立て」は”贔屓される側からいう語”です。 「お引き立て」を用いるには、取引の金額・回数・年数といった数値的な条件はありません。 一度だけの取引実績しかない相手でも、または取引実績のない相手であっても「お引き立て」という表現を使い、尊敬や感謝の意を示すのがマナーとなります。

「お引き立て」の言い回し

お引き立てを賜り〜 「賜る」は「もらう」の謙譲語です。「ひいきにしてもらい〜」という意味になります。 「お引き立てを賜りますよう〜」とした場合は、「ひいきにしてもらうよう〜」という意味です。 お引き立てのほど〜 「〜のほど」は”断定を避け、表現をやわげる表現”で、相手に何かを依頼するとき、してもらうときに使います。 「お引き立てのほど〜」は「ひいきにしてもらえるよう」「ひいきにしてくれるよう」よいう意味になります。 お引き立ていただき〜 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。「ひいきにしてもたらい〜」という意味になります。 お引き立てに与り〜 「与り(あずかり)」は、「 目上の人の好意や恩恵を受けること」を意味します。 「お引き立てに与り〜」は「目上の人のひいきを受ける」という意味になります。 お引き立ての賜物 「賜物(たまもの)」は、「恩恵や祝福として与えられたもの」「あることの結果として現れたよいもの」を意味します。「お引き立ての賜物」といった場合は、「ひいきのおかげで現れたもの」という意味になります。

「お引き立て」の使い方と例文

感謝・お礼

「お引き立て」は古くから、主に商店や企業などが顧客に対する挨拶として使われています。 主に、「平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます」などと使います。 これは、「日頃は特別にひいきにしてもらい、本当にありがとう」という意味です。 「いつもお世話になっています」と同じような意味で使われます。 「お引き立て」は話し言葉として使うことが多いですが、文語として、ビジネス文書や年賀状などでも使えます。ビジネス文書では日頃からお世話になっているお礼、年賀状では昨年お世話になってお礼を述べることができます。

例文 ・貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 ・平素は一方ならぬお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 ・日頃より格別のお引き立てに与り、深く感謝申し上げます。 ・当店は◯月◯日で開店10周年を迎えます。これも皆様のお引き立ての賜物と心より感謝申し上げます。 ・旧年中は格別のお引き立てをいただき、衷心より感謝申し上げます。

結びの言葉

「お引き立て」はビジネスシーンでは、取引先や顧客に対しても尊敬の意味を込めて、結びの挨拶としても使われています。 ”結びの挨拶”とは手紙で本題のあとに続けて、締めに向かうための言葉のことです。 「お引き立て」は、今後も親しい付き合いを続けることをお願いしたいときに使います。 主に、「今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます」などと使います。 これは、「これからもひいきしていただきますよう、お願いします」という意味です。簡単に言うと、「これからもよろしくね」となります。

例文 ・今後とも倍旧のお引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。 ・これもひとえに皆様のお力添えのおかげでございます。これからも変わらぬお引き立てをよろしくお願いいたします。 ・◯◯の理事に就任することとなりました。今後ともお引き立てくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・より良いサービスを皆様にご提供できるよう、尽力してまいりますので、これまで同様、お引き立てくださいますようお願いいたします。 ・今後益々のお引き立てに与りたく、ささやかではありますが小宴を催したいと存じます。

「お引き立て」の類語との違い

ご愛顧

「ご愛顧」は<ごあいこ>と読みます。 「愛顧」の意味は「目をかけて引き立てること、ひいき」です。 「ご愛顧」は「相手から贔屓にされること」を意味します。 「ご愛顧」は元々芸人や役者がひいきしてくれるお客さんに対して使う言葉でしたが、そこから転用させ現在ではビジネスシーンで全般的に使用されるようになりました。 企業や法人側がいつも贔屓してもらっている顧客などに対して使います。例えば「ご愛顧いただき~」「ご愛顧のほど~」「ご愛顧を賜りますよう〜」などの形で使います。 「ご愛顧」は、ビジネスシーンでは企業や法人(目下の存在)が顧客や取引先(目上の存在)に対して使います。企業側が主体となって「ご愛顧させていただく」などとは使いませんので注意しましょう。 「ご愛顧」は「お引き立て」と同義語です。 「お引き立て」はややフォーマルな言い方で、口上の挨拶として使われることが多いです。 「ご愛顧」はどちらかというと文章に合った表現で、口頭でも使うことはできますがやや堅い印象となってしまいます。

例文 ・平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 ・お客様の日頃のご愛顧に感謝して、本日より全品50%セールを実施いたします

Article 12 thumb

「ご愛顧(ごあいこ)」の正しい意味とビジネスにおける使い方、類似表現も紹介

eigobu.jp

ご高配

「ご高配」は<ごこうはい>と読みます。 「高配」は「他人への心配りや配慮」という意味です。 「ご高配」は”他人の配慮の尊敬語”になります。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 「ご高配」は相手を敬う言い方なので、基本的に目上の相手や顧客に対して使う言葉で、自分よりも立場が下の相手には使いません。 「お引き立て」は「ひいきにすること」を、「ご高配」は「お心遣い。お心配り」を意味します。

例文 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

Article 8 thumb

目上の人や上司に使える?「ご配慮」と「ご高配」の意味と使い方

eigobu.jp

ご厚情

「ご厚情」は<ごこうじょう>と読みます。 「厚情」は「厚いなさけ」「心からの深い思いやりの気持ち」を意味します。 「ご厚情」の意味は「目上の相手が深いなさけや思いやりを持っていること」です。 相手に大事にしてもらった、親切にしてもらったことを示します。 「ご厚情」は堅くフォーマルな言葉なので、日常生活で使用することはほとんどありません。 結婚式、就任セレモニー、祝賀会、葬儀などのフォーマルな式典やビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事で使用します。 また、ビジネスでの顧客や取引先に対する年賀状、暑中お見舞い状、感謝状などでも使用します。 「お引き立て」は「ひいきにすること」を、「ご厚情」は「厚い情け。心からの思いやり」を意味します。

例文 ・今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。

Article 5 thumb

「ご厚情」のビジネスでの意味と使い方!「ご厚誼」との使い分け、英語表現

eigobu.jp

ご厚誼

「ご厚誼」は<ごこうぎ>と読みます。 「厚誼」の意味は「心からの親しい付き合い」「手厚い親切」「深い親しみの気持ち」です。 「厚誼」は「厚い交わりである」というニュアンスになります。 敬語表現にするには「厚誼」に”尊敬”を表す接頭語「ご」をつけて、「ご厚誼」とします。 「ご厚誼」には、日頃からお世話になっている目上の相手に対しての感謝を示す気持ちが込められています。 「ご厚誼」は、ビジネス文書やスピーチの際の挨拶や結びの言葉として使われることが多いです。 年末年始の挨拶、訃報や葬儀の際にも使うことができます。 「ご厚誼」の使い方としては、 ・ご厚誼を賜る ・ご厚誼に感謝申し上げます などとなります。 「お引き立て」は「ひいきにすること」を、「ご厚誼」は「親しいお付き合い」を意味します。

例文 ・皆様への日頃のご厚誼を謝しつつ、下記の通り忘年会を開催いたします。 ・どうか今後とも変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

Article 2 thumb

「ご交誼(こうぎ)・ご厚誼・ご高誼・ご好誼」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

ご贔屓

「ご贔屓」は<ごひいき>と読みます。 「贔屓」の意味は「気に入った者に特別に目をかけ、力を添えて助けること」です。 「気に入った人やものを可愛がったり、世話をしたりする」というニュアンスになります。 「ご贔屓」は「相手が力を添えて助けてくれる」を意味します。 「毎度、ご贔屓に!」などと聞いたことがあると思います。 自分が相手をひいきする場合は、「妹を贔屓する」「贔屓にしている彼」などと言います。 相手が自分をひいきにしてくれる場合は、「贔屓にしてもらう」「ご贔屓にあずかる」などと言います。 「ご贔屓」は「お引き立て」と同義語です。 「お引き立て」はややフォーマルな言い方ですが、「ご贔屓」は少々親しみやすい印象を持ちます。 「贔屓」という言葉が昔からの商人言葉であるため、商人の雰囲気を出します。 現在でも、商売人が使う商人言葉というイメージが強く、伝統のある百貨店や老舗の名店などとその取引先との間で用いるのに適しています。

例文 ・平素は格別のご贔屓を賜り、誠にありがとうございます。 ・昨年も当店をご贔屓にしてくださり、誠にありがとうございました。

「お引き立て」の英語

「お引き立て」の英語表現を見ていきましょう。 「お引き立て」を英語変換するのはなかなか難しいのですが、ビジネスシーンで使う「お引き立て」のニュアンに一番近いのは「support」でしょう。

Thank you very much for your continuous support.

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「お引き立て」について理解できたでしょうか? ✔︎「お引き立て」は「ひいきにすること」「力を添えて助けること」を意味 ✔︎「お引き立て」は正しい敬語で、取引先や顧客に対して使うのが適している ✔︎「お引き立て」は感謝を述べるときや、結びの言葉として使う ✔︎「お引き立て」の類語には、「ご愛顧」や「ご贔屓」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 上司に使える?「お引き立て」の意味と使い方、例文、類語「ご愛顧」との違いを解説!